オンラインカウンセリング実施中

夜型を脱して朝型になる方法

フリーランスは夜型になりやすい?

公開日:2020年10月16日

更新日:2020年10月16日

フリーランス(特に在宅型)は働く時間の自由度が高く、生活リズムが夜型になりやすい傾向があります。夜は静かな環境で作業できるなど、夜型に一定のメリットがあるのは事実です。しかし、生活サイクルが夜型になることで、日中の取引先への返信が遅くなる問題も生じます。夜型の体質を治すべきか迷っている人、朝型の生活リズムを手に入れる方法を知りたい方は、ぜひコラムをご覧ください。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスは夜型になる人もいる
夜型のメリット・デメリット
夜型から朝型になる方法
フリーランスの自己管理

フリーランスは夜型になる人もいる

在宅型フリーランスは出社・退社時間が決まっている会社員と比べて1日の時間が自由に使え、自分のライフスタイルに働く時間を合わせることが可能です。案件によっては、朝早く起きて夕方には仕事を終える働き方もできますし、夜型の人は午後から夜を中心に働くこともできるでしょう。

ただ、在宅型フリーランスは生活の自由度が高いために、仕事とプライベートのメリハリがつかなくなったり、生活リズムが崩れたり、といった問題を抱えることもあります。特に朝起きるのが苦手な人は夜型生活になってしまうことも。

関連記事:雇われない生き方とは

自分に合う案件を提案してもらう

夜型のメリット・デメリット

夜型の生活には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリット

まずはメリットを確認していきましょう。

人との交流の機会が増える

夜型の人は夜遅くまで活動するのが苦にならないため、仕事が終わった後に食事に行くなど、人との交流が増えるメリットがあります。

就寝時間に縛られない

「朝○時に起きるから早く寝なくちゃ…」という風に就寝時間にとらわれず、プライベートを楽しんだり仕事に没頭したりできます。

静かな環境で仕事ができる

外を走る車の音や家族の生活音などが気になる場合、夜は静かな環境で仕事ができるのがメリットです。音が気になるタイプの人にとっては、夜が最も集中できる時間帯かもしれません。

デメリット

夜型の働き方には一定のメリットがありますが、その一方でどんな問題が起こりやすいのでしょうか?

日中の連絡が遅くなる

夜型で起床時間が遅くなると、取引先との日中の連絡がスムーズにいかなくなってしまいます。メールの返信の速さは仕事の信頼につながります。取引先からの連絡や問い合わせへの反応が遅れるのは、フリーランスとしてあまり良くはないでしょう。

日中に活動するのが辛くなる

日中に対応しなければならない依頼があった時に、朝起きるのが辛く効率が落ちてしまいます。生活リズムを1日で変えるのは難しいと考えられます。夜型生活に慣れていると、翌日に備えて早く寝ようと思ってもなかなか眠れないでしょう。

肌荒れや体調不良につながる

夜型の生活が体に合わないと、肌荒れや体調不調などのトラブルにつながります。夜型の生活をしていて体調が優れない、仕事の効率が落ちたと感じるときは、生活リズムを朝型に戻すのが賢明です。

関連記事:フリーランスは体が資本!健康意識が高まるお役立ち記事特集

夜型から朝型になる方法

ここでは、夜型の生活リズムを朝型に変える方法をご紹介します。

夜の過ごし方を変える

朝気持ちよく目覚めるには、就寝前の過ごし方を変えることが必要です。夜遅くまでテレビやパソコン、スマートフォンを見ている場合、その習慣は改めましょう。夜食も睡眠の質に影響するので、就寝直前に食事をするのは避けてください。夕方以降のカフェインの摂取も睡眠に影響するので、コーヒーを飲むタイミングにも注意すると良いでしょう。

起床時間は少しずつ早める

朝型になりたいといっても、ある日突然1時間も2時間も早く起きるのは難しいことです。起床時間は毎日少しずつ早めるのが負担が少なく、成功しやすい方法。「今日はいつもより10分早く起きる、明日は20分早く起きる…」という風に、徐々に時間をずらしていきましょう。

朝日を浴びる

朝起きたら日光を浴びて体内時計を整えましょう。ベッドからなかなか出られない人は、起きたらすぐカーテンをあけられる位置にベッドを移動させるのも良いアイデアです。

朝食をとる

体内時計を整えて規則正しい生活を送るには、朝食をとることも有効です。起きた直後に食べる気にならないときは、ストレッチや散歩で体を動かした後に食事をとるのもOK。栄養バランスのとれた食事は健康管理にも役立ちます。

関連記事:フリーランスは安定しない働き方なのか?

フリーランスの自己管理

フリーランスは働き方の自由度が高いために、生活や仕事のペースが乱れがちな側面があります。仕事とプライベートを充実させるには、しっかりと自己管理を行うことが必要です。以下で自己管理の例をまとめたので、参考にしてください。

稼働時間を把握する

自分で働く時間が決められる在宅型フリーランスは、気づかないうちに長時間労働をしていることがあります。決まった休みがないため、「土日に関係なく働いている」という人も少なくないでしょう。在宅型フリーランスの稼働時間は人によって異なり、「仕事をしすぎてはいけない」というわけではありません。ただし、体の負担を無視して働くと体調不良や将来的な健康のリスクにつながる恐れがあります。また、体調を崩して作業が滞ると取引先に迷惑をかけることになりかねません。

そんな事態を防ぐには、自分が1日何時間働いているか、どのくらい休んでいるかを常に把握し、健康管理に努めましょう。夜型生活を直して規則的に生活したい人は、事前に「○~○時は仕事、○~○時は休憩」という風に、その日の過ごし方を決めるのも効果的です。

スケジュール管理を徹底する

案件を受注したらスケジュールを組んで、打ち合わせや納期をしっかり把握しましょう。自分のスケジュールを分かっていれば、隙間時間にスキルアップの勉強をするなど、時間を有効に使えます。「やることが沢山あるのに違う予定を入れてしまった」などのミスも、スケジュール管理によって防げます。

関連記事:フリーランスに向いている人の特徴を知るための記事特集

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.