オンラインカウンセリング実施中

フロントエンドエンジニアとは|年収・必要スキル・やりがい・今後の需要を解説

フロントエンドエンジニアは、Webサイトやスマホアプリなどでユーザーが操作する画面を開発するのが仕事です。本記事ではフロントエンドエンジニアの仕事について、年収、必要スキル、やりがい、求人案件、今後の需要、キャリアパスなどを含めて紹介します。「未経験からフロントエンドエンジニアを目指したい」という人も参考にしてみてください。

フロントエンドエンジニア案件を
提案してもらう

目次

フロントエンドエンジニアとは
フロントエンドエンジニアの仕事内容
フロントエンドエンジニアの必要スキル
フロントエンドエンジニアの働き方
フロントエンドエンジニアの年収
フロントエンドエンジニアのやりがい
フロントエンドエンジニアの求人案件
フロントエンドエンジニアのポートフォリオ
未経験からフロントエンドエンジニアになるには
フロントエンドエンジニアに必要な資格
フロントエンドエンジニアの今後の需要
フロントエンドエンジニアのキャリアパス
強みを活かしてフロントエンドエンジニアに

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

フロントエンドエンジニアとは

フロントエンドエンジニアとは、Webサイトやアプリのユーザーに見える部分の開発を行うエンジニアです。具体的には、Webサイトの表示部分をコーディングしたり、Webサイトの見栄えに動きを加えたりします。また、フロント部分のコーディング以外にUI設計や実装前のテストなども業務に含まれる場合があります。

フロントエンドエンジニアの担当領域にはプログラムを書く以外の作業も含まれることがあるため、プログラマーやデザイナー、SEなど幅広い職種の人々と関わる機会があるポジションです。

関連記事 : フロントエンドエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

フロントエンドエンジニア案件を
提案してもらう

フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアの主な仕事内容には、以下のようなものが挙げられます。

  • フロントエンドのコーディング
  • UI設計
  • テスト

フロントエンドのコーディングは、フロントエンドエンジニアの業務の中心です。Webサイト開発であれば、HTML・CSSやJavaScriptを使い、スマホアプリ開発であれば、SwiftやJAVAなどを使用してコーディングを行います。担当するのは、ユーザーが実際に触る部分のコーディングです。

UI設計では、Webサイトやアプリの構造を設計します。SEやデザイナーなどとともにユーザーが少しでも使いやすいように全体の構造を考えたり、コンテンツが直観的に見つけやすいように工夫をしたりするなど、細かな設計を考えていくのが仕事内容です。

テストでは、完成した部分が設計通りに正しく動くか、エラーが発生しないかなどをチェックします。リリースしてから不具合が発生することも多くありますが、リリース前の段階でできるだけ検証を行うことが大切です。

バックエンドエンジニアとの違い

フロントエンドエンジニアは基本的にユーザーが直接見て触る部分に関する業務を担当するのに対し、バックエンドエンジニアはユーザーからは見えない部分に関する業務を担当します。また、フロントエンドとバックエンドでは、使用頻度の高い言語も異なります。

ただし、両方で必要な言語を習得しておくと、できることやできないことの把握、スムーズな情報共有ができ、プロジェクトが円滑に進みやすくなります。実際にフロントエンドとバックエンドに関係なく、どちらの言語も習得しているエンジニアは少なくありません。

コーダーとの違い

フロントエンドエンジニアとコーダーにも明確な業務領域の定義はありません。しかし、一般的にはコーダーのメイン業務はコーディングを行うことで、フロントエンドエンジニアはフロントエンドに関する開発業務全般がメイン業務と言えます。

実際にはコーダーとフロントエンドエンジニアの業務が明確に分かれていることは少なく、現場やプロジェクトによってはコーダーでもテスト業務や設計に関する業務に関わることがあります。

Webデザイナーとの違い

Webデザイナーのメイン業務はWebデザインとコーディングを行うことで、フロントエンドエンジニアのメイン業務はフロントエンドに関する開発業務全般という違いがあります。

Webデザイナーは、サイトや広告バナーなどのデザイン案を考えることだけが仕事ではなく、HTML・CSSのコーディング業務を担当するケースもあるので、こちらも業務の明確な線引きは難しい場合があります。

関連記事 : フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアの必要スキル

フロントエンドエンジニアに必要なスキルとして、以下のようなものが挙げられます。

  • HTML・CSSの知識
  • プログラミング言語の知識
  • ライブラリ・フレームワークの知識
  • CMSの知識
  • Webデザイン・UI/UXデザインの知識
  • SEOの知識
  • 英語力
  • コミュニケーションスキル

HTML・CSSの知識

HTML・CSSの知識は、Webコンテンツを作成する上で重要なスキルです。フロントエンドエンジニアは、コーダーやプログラマーがいる現場でもコーディング業務を行うことがあるため、最低でもランディングページを作成できる程度のスキルが必要になるでしょう。

HTML・CSSのスキルがあれば、WebデザイナーやSEとも情報共有が円滑できるようになります。

プログラミング言語の知識

フロントエンドエンジニアに必要なプログラミング言語としては、以下のようなものが挙げられます。

  • JAVA
  • Swift
  • JavaScript
  • Ruby
  • PHP

たとえばアプリ開発の現場では、iOSならSwift、AndroidならKotlin、Javaのようなプログラミング言語を使ってアプリを作成できるレベルのスキルが求められます。また、RubyやPHPなどといった主にバックエンドで使用する言語についても一定の知識があると、開発現場でバックエンドエンジニアとの連携がスムーズになるでしょう。

ライブラリ・フレームワークの知識

Web制作やアプリ開発の現場では、各メンバーのコーディングに統一性を持たせたり、効率をあげたりするためにライブラリやフレームワークが使用されます。フロントエンドエンジニアが使用するライブラリやフレームワークには、以下のようなものがあります。

  • Bootstrap
  • jQuery
  • React
  • Angular
  • Vue.js

BootstrapはCSSのフレームワークです。再利用性の高いWebコンテンツのパーツやレイアウトに関連する機能が多く、CSSのコードを一から全て書く必要がなくなります。

jQueryはJavaScriptライブラリのひとつです。JavaScriptがより簡単に記述できるもので、多くの開発者が利用しています。

React、Angular、Vue.jsは、JavaScriptのフレームワークです。いずれもHTMLの要素をデータと関連づけ、動的なページを構成します。開発の規模や特徴によって使い分けされており、フロントエンドエンジニアであればいずれかを使用する機会が出てくるでしょう。

CMSの知識

フロントエンドエンジニアは、Webサイトの管理システムといえるCMSを頻繁に使用します。CMSの設定を行い、コードを書いてCMSに載せ、フロントの表示を確認します。

CMSで代表的なものは「WordPress」で、多くのサイト構築に利用されています。WordPressの実装からSEO対策までできるスキルがあれば、Webサイト構築の現場で役立ちます。

Webデザイン・UI/UXデザインの知識

フロントエンドエンジニアに必要なデザインの知識としては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • マルチデバイス対応
  • レスポンシブデザイン
  • UI/UXデザイン

マルチデバイス対応・レスポンシブデザインは、WebサイトやアプリをPCやスマートフォン、タブレットなど、デバイスを問わず表示させるためのデザインです。スマホをはじめ多様なデバイスが普及したことにより、Webサイトをひとつ構築するにもデバイスの種類によって、複数の表示パターンを作成する必要があります。それぞれの表示を調整するのもフロントエンドエンジニアの役目と言えます。

UI/UXデザインに関する知識は、ユーザーの利便性を考慮したデザインを作成するために重要です。ただ見栄えが良いだけのサイトでは使いづらさが際立ってしまい、ユーザーが離脱する原因にもなりかねません。UI/UXデザインへの理解があると、フロントエンドエンジニアもより質の高い仕事ができるようになるでしょう。

SEOの知識

Webサイトを制作するフロントエンドエンジニアにとって、SEO(検索エンジン最適化)の知識は重要になります。SEOとは、Webページやサイトが検索結果の上位に表示されるよう、Webページやサイトの最適化を行うことです。

Webページやサイトには、基本的により多くのユーザーをサイトに誘導してコンバージョンにつなげるという目的がありますが、Webサイトやページの検索順位が高いほど多くのユーザーに閲覧される可能性が高くなります。そのためSEO対策を行い、訪問時のキーワード、閲覧回数や離脱時間などのデータを分析し、Webサイトやページの改善を進めていくのです。

サイトの構造やコンテンツの品質によって検索順位は変動することから、SEOを意識したWebサイト制作ができるようになるためにも知識が必要です。

英語力

フロントエンドエンジニアで英語力を兼ね備えていると、さまざまな場面で役立ちます。たとえば、企業のコーポレートサイトを作成する場合、日本語サイトと英語サイト両方作成する必要があるケースもあります。英語力があれば英語のコンテンツを直接作成することができ、実装前テストの際にも役立つでしょう。

また、IT業界は技術の潮流が変わりやすいため、プログラミングなどの最新情報を英語でキャッチアップできると、フロントエンドエンジニアとしてのスキルアップに役立つでしょう。

コミュニケーションスキル

フロントエンドエンジニアはデザイナーやSE、コーダーなど多くの職種の人々と関わるため、しっかりと意思疎通をしたうえでプロジェクトを円滑に進める必要があります。

Webサイトなどの開発フェーズでは、ワイヤーフレームや仕様書に記述されている情報だけでは完璧に作成するのは不可能なことが多くあります。そのため、ほとんどの場合SEやデザイナーとコミュニケーションをとって詳細を確認しながら作業を進めていくことになります。認識違いが発生しないためにも適宜コミュニケーションを取らなければならないので、コミュニケーションスキルもフロントエンドエンジニアに必要なスキルと言えるでしょう。

関連記事 : フロントエンドエンジニアに必要なスキル

フロントエンドエンジニアの働き方

フロントエンドエンジニアの主な働き方として、以下の2つが挙げられます。

  • 会社員
  • フリーランス

会社員

フロントエンドエンジニアが会社員として働く場合のメリットは、収入が安定していることです。企業などで働く会社員のフロントエンドエンジニアは、基本的にアサインされたプロジェクトで実務をしますが、通常は案件内容や進み具合に関係なく、毎月一定の給料をもらうことが可能です。

一方で、デメリットは働き方を選びにくい点にあります。出勤や退勤の時間が決まっていれば、自分の作業をどれだけ効率的に進めたとしても、一定の時間は必ず働かなくてはいけません。リモートワークが可能な現場も増えていますが、企業によっては出社が義務づけられていることもあります。

フリーランス

フロントエンドエンジニアがフリーランスとして働く場合のメリットは、働き方の自由度にあります。フリーランスには、大きく分けて在宅型と常駐型の案件がありますが、どちらの形態で働くかは自由です。特に在宅案件では、働く場所や時間を自由に決めやすいでしょう。

また、自宅では作業に集中できない場合は、常駐案件を受けてクライアントのオフィスで働くという選択も可能です。このように自分の希望に合わせて働き方を選択できることが、フリーランスフロントエンドエンジニアのメリットと言えます。

ただし、一定の経験やスキルが必要な高単価の案件は、基本的に在宅案件よりも常駐案件が主流であることは留意しておきましょう。好条件で一部またはフルのリモートワークが可能な案件も増えていますが、リモートができない案件は少なからずあります。

また、収入が不安定になりやすい点はフリーランスのデメリットです。良い条件の案件が受注できれば収入がアップしますが、その案件が終われば次の案件を受注することが必要です。もし良い条件の案件が見つからないと収入は減少してしまいます。フリーランスは会社員のように基本給がないので、案件を受注できるか、案件の単価がどのくらいかによって収入が増減しやすいです。

関連記事 : ITエンジニアのフリーランス案件の実態|求人数や内容は?安定した収入は可能?

フロントエンドエンジニアの年収

フロントエンドエンジニアに限定した公的な年収データはありませんが、平成29年に経済産業省が発表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、インターネット関連企業で働くエンジニア・プログラマーの平均年収は592.2万円となっています。

また、同調査におけるIT人材の年代別の年収を見てみると、20代の平均年収は413万円、30代の平均年収は526万円、40代の平均年収は646万円でした。年齢が上がるとスキルや経験が得られる分、年収も上がる傾向にあると言えます。

参照 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」

また、厚生労働省の職業情報提供サイトにある「システムエンジニア(Webサイト開発)」のページ情報によると、令和元年の同職種の年収は666.9万円となっています。

参照 : 厚生労働省 職業情報提供サイト(日本版O-NET)「システムエンジニア(Webサイト開発)」

フロントエンドエンジニアとしてプロジェクトで経験を積み、プロジェクトマネージャーなどの上流ポジションになることで、年収アップを期待できます。

関連記事 : フロントエンドエンジニアの年収

フロントエンドエンジニアのやりがい

フロントエンドエンジニアのやりがいとしては、以下の2点が挙げられます。

  • ユーザーの反応が見やすい
  • 新しい技術を学べる

ユーザーの反応が見やすい

フロントエンドエンジニアは、ユーザーの目につく部分を担当します。アクセス解析などを通じてユーザーの反応を把握できます。

Webページのユーザーのアクセス情報は「Google Analytics」などの分析ツールで集計されており、ページごとにアクセス数を見ることが可能です。自分が作成したワイヤーフレームでWebページを制作した場合、そのページのアクセスが伸びていれば、ユーザーにとって使いやすい・見やすいコンテンツを作ることができたと言えるかもしれません。

一般的にエンジニアは裏方的な仕事が多いとされますが、フロントエンドエンジニアはユーザーの反応をダイレクトに知りやすいというやりがいがあります。

新しい技術を学べる

フロントエンドエンジニアは、新しい技術や環境に触れる機会が多くあります。実際に新しいフレームワークやライブラリ、SPA(Single Page Application)というアーキテクチャなどが注目され、現場にも取り入れられるようになっています。特にWebサイトのデザインはトレンドが頻繁に変わっていきます。

フロント側に携わっていることで最新の技術やトレンドのデザインなどを学ぶことができ、やりがいにつながっているという人も多いようです。

関連記事 : システムにおけるバックエンド/フロントエンド

フロントエンドエンジニアの求人案件

令和2年7月分の厚生労働省「一般職業紹介状況」によると、フロントエンジニア単独の求人ではありませんが、開発技術者の有効求人数は12,770件、有効求人倍率は1.61倍となっています。

参照 : 厚生労働省「一般職業紹介状況(令和2年7月分)について」

フロントエンドエンジニアの求人は転職サイトなどでも一定数ありますが、実際の業務内容は企業によってばらつきがあります。たとえばフロントエンドエンジニア、コーダー、プログラマーが兼務になっていることもあり、その場合はコーディングをする業務が中心となるでしょう。

中途採用ではスポット的な業務で求人が出ていることもあり、プログラミングの知識があればよい場合もあれば、業務の経験年数やマークアップエンジニアなどの実務経験が条件に含まれている場合もあります。

関連記事 : フロントエンジニア必見!フロントエンド界隈で注目を集めるRiot.js入門資料まとめ

フロントエンドエンジニアのポートフォリオ

フロントエンドエンジニアが求人や案件に応募するために、ポートフォリオが必要になることがあります。ポートフォリオとは、スキルや実績などをアピールするための成果物のことを言います。ポートフォリオを通して、自分の保有スキルや得意なテーマなどを伝えることができるでしょう。

Web制作をするフロントエンドエンジニアの場合は自作のWebサイトやWebサービスを、アプリ開発では自作のアプリなどを用意するといいでしょう。

未経験から転職を目指す場合は、向上心やモチベーションの高さなどをアピールするうえでも有効となります。ポートフォリオが評価されれば、実務経験がなくても転職を成功させられる可能性もあるでしょう。

関連記事 : 独立したいあなたへ。フリーランスデビュー前にこれだけは知っておこう!

未経験からフロントエンドエンジニアになるには

「プログラマーやテストエンジニアなどの経験はあるが、フロントエンジニアは未経験」という場合であれば、フロントエンドエンジニアに必要な知識やスキルがあれば、未経験から目指すことも十分に可能と言えます。また、研修制度が整っている企業では、エンジニア未経験でも研修を受けながら実務経験を積むことができる場合もあります。

他の業界からの転職することを目指していてエンジニア未経験の場合は、まずは業務で使用するプログラム言語の習得が必要です。習得するにはプログラミングスクールに通ったり、プログラミング学習サイトで独学したりする方法があります。

関連記事 : 未経験でWebエンジニアに転職するには|求人数や必要な準備、おすすめプログラミング言語

フロントエンドエンジニアに必要な資格

フロントエンドエンジニアになるには必須の資格はありませんが、以下のような資格を取得しておくと、フロントエンドエンジニアの能力を証明できたり、実務に役立てたりすることができます。

  • ウェブデザイン技能検定
  • ウェブ解析士
  • HTML5プロフェッショナル認定試験

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定に合格すると、Webデザインに関する知識やスキルを証明する国家資格「ウェブデザイン技能士」に認定されます。フロントエンドエンジニアが直接的にデザイン業務を担当することはほとんどないかもしれませんが、Web制作では基本的にWebデザインをもとに開発が進められるため、デザインを再現しながら機能を実装していくフロントエンドエンジニアの業務に役立つ資格だと言えます。

参照 : ウェブデザイン技能検定

ウェブ解析士

ウェブ解析士は、Webマーケティングやデータ解析に関する知識を有することを証明する資格です。3種類のランクがあり、それぞれ難易度が異なります。フロントエンドエンジニアはSEO対策なども担当することがあり、Webマーケティングに関する知識を持っていれば実務に役立てることができるでしょう。

参照 : 一般社団法人ウェブ解析士協会

HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML5プロフェッショナル認定試験は、HTML、CSS、JavaScriptなど、Webコンテンツ制作に必要なスキルを証明する資格です。「Level.1」ではレスポンシブデザインを使ったWebコンテンツの作成などが出題され、「Level.2」ではシステム間での連携、マルチメディア技術を用いたWebアプリケーションや動的Webコンテンツの開発・設計などについて問われます。

参照 : 「HTML5プロフェッショナル認定試験」公式サイト

関連記事 : 在宅ワークで有利なおすすめ資格14選|国家資格から民間資格まで

フロントエンドエンジニアの今後の需要

フロントエンドエンジニアは、今後も一定の需要が見込める職種と言えるでしょう。Webサイトやアプリケーションの需要が急になくなることは考えにくく、それらの制作に携わるフロントエンドエンジニアも引き続きニーズがあると予測されます。

一方で、IT業界はトレンドが変化しやすいため、需要の高いスキルや知識を身につけていく努力は必要になるでしょう。将来的にキャリアチェンジをするとしても、汎用性の高い技術を持っていれば、需要のあるエンジニアでいることができます。

関連記事 : Webエンジニアの将来性

フロントエンドエンジニアのキャリアパス

フロントエンドエンジニアのキャリアパスとして、以下のようなポジションが挙げられます。

  • プロジェクトマネージャー
  • フルスタックエンジニア

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの人員・進捗・品質などの管理に責任を持つポジションです。技術的なスキル以外にも、チームメンバーをまとめ上げるマネジメント力が求められるので、プロジェクトの中心的な役割を果たしていきたい人に向いているでしょう。

フルスタックエンジニア

フルスタックエンジニアは「マルチエンジニア」とも呼ばれるように、開発の幅広い領域を担当できるエンジニアです。フロントエンドエンジニアであれば、バックエンドの言語やOSについての知識も身につけていると対応できる業務の幅が広がるでしょう。

関連記事 : プロジェクトマネージャー(PM)とは|役割や仕事内容、年収は?

強みを活かしてフロントエンドエンジニアに

フロントエンドエンジニアは一定の将来性が期待できる職種であり、努力次第ではその先のキャリアパスにも豊富な選択肢があります。求められるスキルはプログラミング言語の知識のほかにも多数ありますが、未経験からでも目指すことは不可能ではありません。自分の強みを活かして、フロントエンドエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事 : フリーランスと自営業の違い

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フロントエンドエンジニア案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとフロントエンドエンジニアの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.