オンラインカウンセリング実施中

リモートワークとノマドワークの違いとは?両者のメリット・デメリットも解説

「リモートワーク」と「ノマドワーク」は、どちらもオフィス外で作業する働き方です。両者には明確な定義がなく、文脈によって会社員のみを指したり、フリーランスや自営業者を含めたりもします。

この記事では、リモートワークとノマドワークについての一般的な解釈をご紹介。フリーランスエンジニアが、リモートワークやノマドワークをするメリット・デメリットも解説しています。独立後リモートワークしたいと考えている人は、ぜひお読みください。

リモート案件について相談する

目次

リモートワークとノマドワークの違い
リモートワーク・ノマドワークと類似する言葉
リモートワーク・ノマドワークのメリット
リモートワーク・ノマドワークのデメリット

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

リモートワークとノマドワークの違い

特定のオフィスに縛られない自由な働き方として、「リモートワーク」や「ノマドワーク」といった言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。両者には明確な定義がないため、はっきりと違いを説明することは困難です。そのためこの記事では、両者の一般的な解釈をいくつかの例に分けて紹介します。「リモートワーク」「ノマドワーク」それぞれのイメージを掴んでみてください。

リモートワークとは

リモートワークは、会社員がオフィスではない場所で働くこと指す場合もあれば、フリーランスなども含め、デジタルツールを使ってオフィス外で作業する働き方全般を指す場合もあります。

会社員のリモートワーク

リモートワークの解釈のひとつは、「会社員がオフィス外で作業を行うこと」です。

会社員がリモートワークするためには、仕事内容や自宅環境などの条件を満たさなければいけない場合があります。また、リモートワークできる日数や曜日が決まっていることも。完全なリモートワークではなく、出社とリモートワークを交互に行うケースも多いようです。

フリーランスのリモートワーク

リモートワークの解釈として、「オフィスの外で、PC・タブレット・スマートフォンなどを使って作業すること」を指すケースもあります。この場合は会社員だけでなく、フリーランスや個人事業主も含まれます。

ノマドワークとは

「ノマド」は英語で遊牧民を意味する言葉です。ノマドワークとは、決まった作業場所を持たない働き方を指します。拠点を変えながらデジタルツールで作業するスタイルを「デジタルノマド」という場合もあります。

デジタルノマドとは

デジタルノマドとは、PCやタブレット・スマートフォンなどのデジタルツールを使って作業し、拠点を次々と変える働き方です。デジタルノマドワーカーの中には、常に旅行しながら作業するという人もいます。

関連記事 : リモートワーク向きの職種

リモート案件について相談する

リモートワーク・ノマドワークと類似する言葉

リモートワークやノマドワークと類似する言葉には、「テレワーク」「デュアルライフ」などが挙げられます。

テレワーク

厚生労働省のテレワーク総合ポータルサイトによると、テレワークは「情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)を活用した時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」と定義されています。

同サイトでは、働く場所によるテレワークを区分として、「在宅勤務」「モバイル勤務」「サテライトオフィス勤務」の3種類が紹介されています。

参照 : テレワークとは | テレワーク総合ポータルサイト(厚生労働省)

デュアルライフ

デュアルライフは、2ヶ所の拠点を構える生活様式を指します。デュアルライフでは、ある時期には耕作地に、ある時期には都会のオフィスに、といった働き方や、寒い時期は温暖な地域に、暖かい時期は避暑地に、といった働き方ができます。日本においては、基本的にはフリーランスや自営業者を対象とした働き方と考えられるケースが多いでしょう。

関連記事 : フリーランスの作業場選びに役立つ記事まとめ

リモートワーク・ノマドワークのメリット

リモートワーク・ノマドワークをするメリットとしては、以下が挙げられるでしょう。

通勤ストレスがない

通勤しなくていいのは大きなメリットの一つといえるでしょう。リモートワーク・ノマドワークをすることで、満員電車に朝晩揺られるストレスや、通勤中の健康上のリスクなどから開放されます。また、リモートワーク・ノマドワークでは、服装や髪型、化粧なども自由になることが多いです。身支度にかかっていた時間が短縮されれば、プライベートな時間を増やせるでしょう。

働く時間や場所を選べる

フリーランスのリモートワーク・ノマドワークが可能な案件では、契約で特に規定がない限り、働く場所や時間は自由なことが多いです。その場合は自宅に限らず、カフェや図書館など、好きな場所で作業できます。また、案件によっては一日の作業時間が自由に決められることもあります。体調やプライベートな予定に合わせて作業量を調整できるのがメリットといえるでしょう。

人間関係のストレスが少ない

オフィスに出社すると、業務外でも他者とコミュニケーションを取る機会が多いため、人間関係が苦手な人はストレスが溜まることも。その点リモートワーク・ノマドワークでは、連絡は基本的にチャットやメール、ビデオ通話などで行います。連絡を取り合うのは必要なときだけなので、人間関係のストレスは減ると考えられます。

関連記事 : リモートワークのメリット・デメリットを解説|その実態は?

リモートワーク・ノマドワークのデメリット

リモートワーク・ノマドワークのデメリットとしては、以下が考えられます。

コミュニケーション不足になる

先述のとおり、リモートワーク・ノマドワークでは、連絡をチャットやビデオ通話などで行います。そのため、対面に比べて言葉のニュアンスが伝わりづらいこともあります。

また、相手の様子が見えないリモートワーク・ノマドワークでは、相手がいま何の作業中なのか、いつなら手が空きそうかが分かりづらいです。オフィス出社なら立ち話で済むようなちょっとした話し合いでも、オンラインだと会議を設定しなければならないことも。チームワークが重視される作業では、リモートワーク・ノマドワークが難しいと感じる人もいるようです。

セキュリティの問題

オフィス外で作業するということは、それだけセキュリティ面のリスクも高まります。特に、自宅以外のカフェや電車内など、不特定多数の人が集まる場所で作業する場合は注意が必要です。

案件によっては常駐型より単価が低いことも

フリーランスエンジニアの場合、クラウドソーシングなどで見つかるリモートワーク可能な案件は、常駐型の案件と比べて高度なスキルが求められるものは少ない傾向があり、単価が低めに設定されている場合もあります。

自己管理を徹底する必要がある

リモートワーク・ノマドワークは、プライベートとの切り替えに苦労する人もいるようです。「オフィスにいないとついダラけてしまう」という人も。また逆に、オフィスにいるときより長時間労働になってしまう場合もあるようです。リモートワーク・ノマドワークでは、オンオフの切り替えをしっかり行うのが大切といえるでしょう。

関連記事 : リモートワークのデメリット

※本記事は2020年11月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

リモート案件について相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.