チャットだけじゃない!Slackの魅力に迫ります
コミュニケーションを高速化!Slackの使い方まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

Slackは、様々なサービスとの連携が可能なツールです。用途に合せて自分らしくカスタマイズできるので、活用方法は千差万別!そこで、ユーザーが教えてくれるSlackの便利でユニークな使い方を紹介します。コミュニケーションの活性化や、タスク管理の参考にしてくださいね。
 

(1)夫婦間でSlackを用いるとコミュニケーションがスムーズ

日常の連絡手段として万能なチャットツールSlack。
『IT系アラサーOLの悲喜こもごも日記』の管理人スプラウトさんは、夫婦間のコミュニケーションに活用しているそうです。

《夫婦間のやりとりをSlackにするととてもコミュニケーションがスムーズになった話》の記事には、夫婦でSlackを使うことにどんなメリットがあるのかについて書かれています。

2人共通の好きな絵文字が作れたり、Googleカレンダーアプリと連携してお互いのスケジュールを把握できたりと、Slackならではの嬉しい利点を知ることができますよ。
Slackは、チームメンバー専用にカスタマイズできるので、設定次第で様々な使い方ができそうですね!
また、便利なbot機能についても語られているので、気になる方はそちらにも目を通してみてください。

【参照元】
http://sprout-wings.hatenablog.com/?page=1485226800

 

(2)SlackからTodoistへのタスク追加を試してみた

SlackとTodoistの連携サービスを試したという、ブログ『penchi.jp』の執筆者@penchiさん。
どうやらかなり使い勝手が良いそうで、こちらの記事《SlackからTodoistにタスクが追加できるようになったので早速試してみた》に、スクショ付きで手順をしっかりと紹介してくれています。

記事を読むと、SlackからTodoistへのタスク追加は簡単なんだとか。
チャンネルとダイレクトメッセージの両方が追加可能なので、Todoistへ送る入力指定やプロジェクトとラベルの文法といったポイントさえ抑えておけば、簡単に連携させられるそうです。

ただし、プロジェクト指定をする際には注意点があり、指定する機能が使えない場合もあります。
その辺りを踏まえた詳しい情報は、記事の中でチェックをしてくださいね!

また、ブログ内には、電気関係やWeb関係に精通している@penchiさんならではの読み応えのある記事も豊富にあるので、そちらも一読してみることをおすすめします。

【参照元】
http://penchi.jp/archives/9374.html

 

(3)Googleカレンダーと連携させて予定を通知させる方法

チャットツールとして注目されているSlackは、Googleカレンダーとの連携が可能です。
Slackのユーザーや、便利なコミュニケーションツールを探している方の中には、Googleカレンダーでスケジュール管理をしている方も多いと思うので、ぜひ2つのアプリを連携させておくと便利ですよ!

その連携方法は、テック系、旅行、カフェなどに関する記事が綴られているブログ『RoughLog』の中の《Slackの便利な使い方。Googleカレンダーと連携させてスケジュールを通知する方法。》という記事で紹介されています。

「英語表記のSlackは設定が難しそう…」という方も、この記事を読むと簡単に対応できるのではないでしょうか。

SlackとGoogleカレンダーを連携しておくと、カレンダーに書き込まれた予定がチャット上に通知されるので、スケジュールの見落としが減ったり、仲間内でのミーティングやタスクの共有がしやすくなります。
チャットをしながら同時にスケジュールの把握もできるので、ぜひ試してみてはいかがでしょう。

【参照元】
http://rough-log.com/660

 

(4)【Slackの便利な機能】Slack botで遊んでみた

『Be My Style』は、Webサービスやガジェットまとめ、 海外留学や旅行関連の情報が掲載されている小嶋大貴さんのブログ。
特にWebサービスに関する記事が多く、評判のサイトやアプリの活用方法などをリサーチするときにおすすめです。

例えばこちらの記事、《【Slackの便利な機能!】Slack botで遊んでみた》もその中の1つ。
ビジネスシーンやプライベートで活用されているチャットツールSlackのユニークな使い方が紹介されています。

Slackは Todo管理やタクシーの配車依頼ができたりと、様々なサービスとの連携が可能ですが、小嶋さんが注目しているのは、設定したワードに自動的に反応してくれるbotとGiphyの2つのサービス。
どちらもSlackによる会話を楽しくする機能なので、トークに遊び心を取り入れたい方にピッタリですよ!

【参照元】
http://kojima1992.com/slack-%E4%BE%BF%E5%88%A9-%E6%A9%9F%E8%83%BD

(5)会社を出たらSlackに自動投稿するレシピの作り方

佐賀にお住まいのいつきさんも、Slackユーザーの1人。
彼が運営しているサイト『スキコミ』にも、Slackに関する記事がいくつかあります。

その中でも特に注目したいのが、《【IFTTT】会社を出たらSlackに自動投稿するレシピの作り方》という記事。
iPhoneアプリのIFTTTとSlackを連携させて、特定のエリアの出入りをSlack上に通知する方法が書かれています。

設定方法は至ってシンプル。
iPhoneでIFTTTを起動させ、My Recipesメニューのプラスボタンをタップして、対象となる場所を設定し、Slackと連動させます。
記事内には、スクショ付きでレシピ制作のフローが載っているので、興味のある方はぜひ参考にしてくださいね!

この位置情報の自動投稿レシピは、仕事場からの帰るコールや移動連絡の代わりに使えるので、設定しておくと便利なのではないでしょうか。

【参照元】
http://www.sukicomi.net/2016/03/ifttt-area-slack.html

 

(6)1人でも便利なチャットツール ぼっちSlackのススメ

Slackはビジネス向けのチャットツールとしてリリースされましたが、個人がスケジュールやタスク管理をするのにも打ってつけのツールです。

「チャットツールなのに、スケジュール管理に役立つの?」と思う方もいるかもしれませんが、そんな方は《みんなでも1人でも便利なチャットツール ぼっちSlackのススメ》という記事を読んでみてください!
この記事を執筆したshizoooさんは、以前勤めていた会社でSlackと出会い、その魅力にハマってしまったんだとか。
以来、Slackは生活に欠かせないツールになったそうです。

shizoooさんが1人Slackで行っている主なことは、以下のようなサービスと連携した活用法。
・Googleカレンダーのスケジュールをリマインド通知させる
・GoogleAnalyticsを通してブログのアクセス数を通知させる
・スマホアプリmy Thingsから翌日の天気予報を通知させる
・RSSフィードを通知させる

これらはほんの一部だそうで、まだまだたくさんの使い方ができるそうです。
チャットを利用する機会が少ない方も、Slackを生活の中に取り入れてみると、その便利さの虜になってしまうかもしれませんよ。

この記事は、shizoooさんが運営しているブログ『D.A.LOG』に掲載されていました。
ブログ内の記事は、"デジタル系"と"アナログ系"とに別れており、shizoooさんの人柄を思わせる柔らかな文章で、Webサービス活用法をはじめ、趣味や日々の出来事などが綴られています。
読み物としても魅力的な記事ばかりなので、ぜひ仕事の合間やブレイクタイムにアクセスしてみてくださいね!

【参照元】
http://shizooo.com/digital/20160523slack

 

(7)myThingsで簡単エゴサーチ!

主に外部との連絡手段として活用されるSlackですが、使い方次第で情報管理用のツールにすることも可能です。
『Bookarium』の管理人ニシマツさんは、ブログのエゴサーチ結果を自身のSlackチャンネルで共有しているんだとか。

そのやり方が、《myThingsで簡単エゴサーチ!TwitterとSlackを連携してみたよ[ブログ運営]》に書いてありました。

エゴサーチの前準備で必要になるのが、Slackとtwitterの連携。
ここで登場するのが、両ツールの組み合わせを可能にするmyThingsです。
これを使って連携をし、あとは条件設定を組み込めば、twitterでのエゴサーチ結果をSlack上で自動通知することができます。

記事には、SlackとmyThingsの各ツールで必要になる設定手順が丁寧に説明されているので、要チェックですよ!
ブログに対する周りの反応をより簡単に把握したい方は、上記の便利な方法を試してみることをおすすめします。

【参照元】
https://output-log.com/2016/02/18/post-2343/

 

(8)タスク管理ツールJootoとSlackの連携をやってみた

『考えるめがね』は、大手の人材会社で広告制作ディレクターとして活躍しているTetsuさんのブログです。
ブログ内には、Tetsuさんが出会った便利なツールやサービスをはじめ、ライフハックや日常の気付きなどが掲載されています。

その中には、今回のテーマにマッチしたSlack活用法を紹介した記事もありました!
記事タイトルは、《タスク管理ツールJootoとSlackが連携出来るそうなのでやってみた》

タスク管理ツールJootoも実はSlackと連携させることが可能なので、それを知ったTetsuさんは、早速試してみることにしました。

連携方法は公式HPを参照にするとスムーズに行えるそうですが、快適に利用するためには、設定の際に気をつけたいポイントがあるとのこと。
また、JootoとSlackの連携はどんな人におすすめなのかについても、記事内で触れています。

仕事やプライベートのタスク管理に複数のツールを使っているという方は、ぜひ上記の記事をチェックしてみてくださいね!
スケジュールの把握とともに、プロジェクト内でのコミュニケーションをスマートに行うヒントが得られるかもしれませんよ。

【参照元】
http://siemenspure.com/jooto-slack/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.