オンラインカウンセリング実施中

業務委託を転職の選択肢に入れるなら|契約の種類やメリット、注意点を解説

転職先を探している会社員の方のなかには、業務委託案件を受注するフリーランスなどの働き方を検討している人もいるのではないでしょうか。正社員や契約社員、アルバイトは企業と雇用契約を結んで給与を受け取りますが、フリーランスの多くは業務委託の案件を受注して委託料を得ます。本記事では、業務委託の概要や種類、業務委託の案件を受けて働くメリットやデメリットをご紹介。業界や業種、保有スキルによっては、会社員として転職するよりメリットが多くなるケースもあるので、ぜひご参考にしてください。

業務委託について相談する

目次

業務委託とは
業務委託の種類
業務委託で働くメリット・デメリット
業務委託で働くときの注意点

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

業務委託とは

業務委託とは、主に企業がフリーランスなど外部の第三者に特定の業務を委託することを指します。業務委託の案件を受けて働くフリーランスは、基本的に正社員や契約社員などのようにクライアントと雇用関係にあるわけではないため、自分の得意な分野を活かして働くことが可能になります。また、会社員と比較すると、勤務時間や場所などの制約が少ないのも魅力の一つでしょう。ただし、常駐型といわれる業務委託の案件では、クライアントのオフィスに出社して作業をすることになります。

業務委託の現状

働き方の多様化やコストパフォーマンスを高める目的で、業務委託を活用する動きは広がりつつあるようです。

また、フリーランスという働き方の普及や、テレワークの推進なども、積極的に業務委託を取り入れる要因になっているといえるでしょう。企業での業務経験を活かしてフリーランスに独立し、業務委託の案件を受注して働く人はたくさんいます。

会社員として転職する場合との違い

会社員として転職する場合は、転職先の企業と雇用契約を交わします。雇用契約は、正社員以外にも契約社員やアルバイト、パートなどが企業と結ぶ契約です。雇用契約を交わした従業員は、定められた時間の労働を企業に提供し、その対価として給与を受け取ります。雇用契約を交わした企業と社員は、雇用主と従業員という関係になります。

一方、フリーランスとして業務委託の案件を受注する働き方の場合、フリーランス側は、持っているスキルをクライアントに提供することで報酬を得ます。原則としてクライアントとフリーランスに雇用関係になく、あくまで対等な立場で業務を行うので、業務の進め方についてクライアントから指揮命令を受けることはありません。

関連記事 : 業務委託契約とは|委任契約と請負契約の違いや契約書、税金について

業務委託について相談する

業務委託の種類

業務委託で交わされる契約を業務委託契約と呼ぶことがありますが、これは民法に記載されている言葉ではなく、実際には「業務委託契約」といった契約は法律で定義されていません。業務委託で結ばれる契約には、主に「請負契約」と「委任・準委任契約」の2種類があります。下記で、双方の特徴について確認しておきましょう。

請負契約

請負契約は、主に成果物の完成と引き換えに依頼主の企業から委託料が支払われます(e-Gov法令検索「民法第632条 請負」)。成果物の納品の際は、どんな業務をどの程度の時間行ったかという過程は原則として問われず、主に成果物が不備なく完納されたかが問われます。

請負契約を交わすことの多い主な業務委託の職種は、デザイナーやライター、営業などです。ただし、業務内容によっては上記の職種でも準委任契約が交わされることがあります。

委任・準委任契約

委任・準委任契約は、業務を遂行することに対して委託料が支払われ、受任者には善良な管理者の注意をもって事務処理を行う義務があるとされている契約です(e-Gov法令検索「民法第643条 委任」)。

ちなみに「委任契約」は法律行為を扱う弁護士などの業務を委任するときに結ばれるもので、ITエンジニアや事務職など法律行為を扱わない業務を委任するときには「準委任契約」が結ばれます。委任・準委任契約を結ぶことが多い主な職種例は、弁護士や医師、コンサルタント、美容師、受付、エステティシャンなどです。

請負契約と委任・準委任契約を比較する際の注意点

請負契約と委任・準委任契約の性質を比較する際、「仕事を完成」させる義務がある請負契約(民法第632条)に対し、事務の処理が義務とされている準委任契約(e-Gov法令検索「民法第656条 準委任」)を「仕事の完成責任を負わない契約」とするのは、妥当とはいえないでしょう。

委任・準委任契約であっても事務を遂行しさえすれば結果や質はどうであってもかまわないというわけではなく、善管注意義務を果たしていないと判断された場合などは、一定の責任を問われる可能性もあるので注意しましょう。

関連記事 : 業務委託の種類(委任と請負の違い)

業務委託で働くメリット・デメリット

業務委託の概要や種類について分かったところで、次は業務委託の案件を受託して働くメリット・デメリットを確認しておきましょう。

業務委託で働くメリット

業務委託の案件を受けて働くメリットは、得意な案件に注力できること、自由なスタイルで働きやすいこと、会社員として転職するより収入アップを目指せる場合があることなどです。

得意な案件に注力できる

業務委託の案件を受けて働くメリットのひとつは、自分が得意な分野の業務に特化して案件を受注できる点でしょう。正社員の場合などは、自分がやりたい仕事だけをする機会は少ないのが一般的ですが、業務委託であれば自由に受注する案件を選べるので、得意分野や好きな業務だけを行える可能性も高まります。

自由なスタイルで働きやすい

案件ごとに契約を結ぶスタイルであれば、時間・場所に縛られず自由に働きやすいのも大きな魅力でしょう。定期的に働く場所を変え、常に新鮮な状態で案件に挑むことでモチベーションを維持できる場合もあります。

会社員として転職するより収入アップを狙えることも

一つひとつの案件に対する報酬が明確に分かる、成果が見えやすいというのもモチベーションの維持につながるでしょう。さらに業務委託は、自分自身の業務量やスキルの高さがそのまま収入に繋がることも多いので、会社員として転職するよりも大幅な収入アップを見込めるケースもあります。

業務委託で働くデメリット

業務委託の案件を受注して働く場合のデメリットには、原則として労働法が適用されないこと、確定申告や保険料の支払いを自分で行う必要があること、収入が安定しない可能性があることなどが挙げられます。

労働法が適用されない

業務委託の案件を受けて働くフリーランスなどには、原則として労働基準法などの労働法が適用されない点はデメリットになり得るでしょう。

確定申告や保険料の支払いを自分で行う

正社員であれば基本的に企業が行う所得税の納税や保険料の支払いなどの手続きも、業務委託の案件を受注して働く場合は自分自身で行わなければいけません。

収入が安定しない可能性がある

フリーランスは業務委託の案件を自分自身で獲得しなければならず、収入が安定しないリスクも考えられます。安定した収入を得て生活したい場合、会社員として転職したほうが無難ともいえます。

関連記事 : 業務委託で働くメリット・デメリット|派遣やアルバイトとの違いや契約書のポイントも

業務委託で働くときの注意点

最後に、業務委託の案件を受注して働く際の注意点を押さえておきましょう。

セルフマネジメントを怠らない

フリーランスが業務委託案件を個人で受注し業務を遂行、納品するときには、体調管理やスケジュール管理などのセルフマネジメントをしっかり行うことが大切です。正社員であれば、もし体調が悪くても有給休暇を取って休むことも可能ですが、フリーランスの場合有給休暇の制度は適用されないので、休むことはそのまま収入減に直結しやすくなります。

そのため、食事や睡眠といった健康管理や、精神的に疲労しないためのリフレッシュ方法などを心得ておく必要があるでしょう。体調を崩さず作業をするため、案件の受注量や作業の進捗を無理のない範囲でコントロールしていくバランス感覚も重要です。

自分自身で稼いでいく自覚を持つ

先述のとおり、フリーランスは自分の得意分野の業務委託案件を選んで受注できるメリットがある反面、個人で生活していくための収支計算、契約周りの知識、締め切りに余裕を持って成果物を納品するためのタスク管理など、自分自身でこなしていく必要があることも増えます。そのため、会社員して転職する場合とは働き方が大きく変わることが予想されます。

常に自分が成長できる案件の選び方をする

業務委託の案件を受けてキャリアを積んでいくためには、自分自身のスキルアップや成長が見込める案件にも貪欲に挑戦していく姿勢が大切になるでしょう。そのため、無理のない範囲で、経験してきたレベル以上の案件を受注し、自分を成長させるための戦略を立てることも検討の余地があります。

関連記事 : 個人事業主が業務委託契約を結ぶ際の注意点

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

業務委託について相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.