育児とフリーランスの両立、実際のところどうなの?
子持ちだからこそ自宅で仕事!子育てフリーランサーまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

家で仕事ができるフリーランスは育児の両立に最適です。
しかし、実際は仕事との割り切りが難しかったり、保育園の利用の仕方で色々考えたりと大変な部分もあるよう。

一方で、子どもとの時間を過ごせるメリットは大きいといえます。今回はそんな気になる育児事情を綴った、子育てフリーランサーのブログを集めました!
 

(1)フリーランスママの育児・レジャー・食べ歩き記録

『フリーランスママの育児・レジャー・食べ歩き記録』は、2人の姉妹を育てるフリーランスママKaoさんのブログです。
その中の《どっちがお得!?「短時間保育」と「標準時間保育」》の記事には、Kaoさん自身の保育園事情が書かれていました。

「短時間保育」から「標準時間保育」に変えざるを得なくなった体験エピソードと一緒に、「短時間保育」「標準時間保育」どちらが得なのか?について言及されています。お子さんがいらっしゃる方もそうでない方も、今後のために参考にしてみてくださいね。

そして記事の最後では、「保育料だけでなく子どもの気持ちや状態も見て考えたい」とKaoさんの気持ちが綴られています。確かに子どもたちの為に働いていても、実際に今子どもたちの気持ちを疎かにしていては本末転倒です。

そういった意味でも、保育園の選択は慎重に行う必要がありそうですね。

その他にもブログには、お金や育児の話、家族でのお出掛けレポート、食べ歩き情報などなど気になる話題が多数エントリーしています。育児の大変さ、家族団欒の楽しさ、いろんな思いが詰まった記事たちをぜひご覧ください。

【参照元】
http://freekaomama.com/kids-1
 

(2)FREELANCE PAPA

今回ご紹介したいのが、フリーランスと子育てを両立させている"フリーランスパパ"こと神田翼さんのブログ、その名も『FREELANCE PAPA』
神田翼さんは「育児は手伝うという感覚ではなく一緒にやるもの」という考えのもと、日頃から積極的に子育てに関わっています。

子どもたちの成長を側で見守れるのは、フリーランスの特権だといっても過言ではありません。
《【プライベート編】フリーランスという働き方で良かったと思うとき4選》の記事にも、子どもたちとプライベートな時間を過ごす喜びが綴られています。

記事を読めば、育児に関わってこそ実感できる幸せ、そして家族と一緒に過ごす大切さについて考えさせられます。

子育てとフリーランスの両立はとても大変なこと。しかし子どもたちと関わった分だけ、かけがえのない思い出をつくることができます。神田翼さんの育児記録を見ると、子どもと過ごす時間がいかに貴重であるかが感じられます。

"大切な人との時間を優先"そんな生き方を体現している神田翼さんの記録を見れば、家族との関わり方や自分らしい生き方のヒントが見つかるかもしれませんよ。

【参照元】
http://lifestylecreators.net/1064
 

(3)310rich

妊娠・出産・子育ては、時代が変わっても多くの女性が関わるであろうテーマ。
そして近年は、育児経験をもとに、起業をするバイタリティーのあるワーキングウーマンが増えてきました!
いわゆる「ママ起業」です。

このことについて詳しく書かれている記事があったのでご紹介しましょう。
タイトルは、《子育てスキルはマネタイズする時代! 育児を活かしたママ起業の魅力》

筆者の藤川みどりさんは、プレママ・プレパパ向けの子育て情報ブログ『310rich』を運営しているママ起業家であり、記事には育児中の女性が起業するポイントやメリットが記されています。

「起業」というと子育てとの両立が難しいイメージがありますが、実際のところママ目線で事業展開ができたり、柔軟な働き方ができたりするので、育児の経験を活かしつつ働けるそうです。

子どもとの時間を大切にしながらも、社会とのつながりを持ちたい方は、働き方の選択肢に「起業」をプラスしてみるのも1つの方法かもしれませんね。

【参照元】
https://310rich.net/310rich/mamakigyou-miryoku/
 

(4)こどもぐらし

フリーのデザイナー・Webデザイナーとして活躍中のるこさん。
るこさんが運営するブログ『こどもぐらし』には、ワーキングマザーかつフリーランスママであるご自身の経験と観点から、るこさんを取り巻く環境や育児などについて綴られています。

その中でも今回紹介したいのが、在宅フリーランスママの実情を記載した《在宅フリーランスは、仕事と子育てを両立しやすい?》という記事です。

るこさん曰く、フリーランスは仕事と子育ての両立が叶いやすい働き方ですが、ある条件が必要とのこと。
子育てとの両立を叶えるための条件には、売上目標の設定や締め切りの調整の有無などが挙げられ、どれも本人のさじ加減次第で働き方に差が出てくるようです。

また、在宅ワークだと時間の割り切りがなかなか難しいことや、子どもを保育園に預けるべきかといった問題についても触れています。
さらに記事後半には、自宅でお仕事可能な職種情報も紹介されています。

こちらの記事だけでなく、ブログ全体が大変興味深い内容となっているので、特に同じ境遇でフリーランスママとして活躍している方は共感できるのではないでしょうか。

【参照元】
https://kodomo-gurashi.com/freelance-working-mother
 

(5)akilog

雇われる立場から自由になって、「子どもと一緒の時間を確保したい」と考える人は少なくないでしょう。
場所・時間に縛られないフリーランスは、育児をする上で大変魅力的な働き方だといえます。

2児のパパあっきんさんは「子どもとの貴重な時間を奪われたくない!」という思いから、11年間勤めてきた公務員を辞めた一人。
《33歳で公務員からフリーランスに。ブログ収入とか。1年を総括!》の記事には、フリーランスになった後の収入、フリーランスになって良かったこと・悪かったことなど自身の実体験が綴られています。

フリーランスに憧れているものの、「子どもとの時間か安定した収入か…」と迷っている方は参考にしてみるといいでしょう。

また、あっきんさんはフリーランスで試行錯誤した結果、ブログによる収入が公務員時代の給与の約2倍になったそうです。しかも5月に至っては、100万円を超えたんだとか。

ブログ『akilog』には、彼が実践した資産運用術やネットで稼ぐコツも書かれています。フリーな働き方が気になるのなら、一度サイト全体を熟読してみることをオススメします。

【参照元】
http://akilog.jp/freelance/

(6)パパやる

パパ目線で、全力で育児に奮闘する様子が綴られているサイト『パパやる』
サイトからは息子さんへの愛情がひしひしと感じられ、日々成長していく我が子に対し、自然に父親としての背中を見せ成長過程に携わっている様子が伺えます。

そんなサイト管理人の北野さんは、フリーランスのライター兼編集者。
こちらの記事《フリーランスの確定申告と健康診断、どっちも完了! 子育て真っ盛り、その結果は……》を見ても分かるように、今回、確定申告と健康診断の両方を無事済ませることができたそうです。

子育てパパは身体が資本です。個人事業主になれば、すべて自分の責任になるため、積極的に健康診断に行くことが求められます。

そして、抜かりなくさまざまな手続きを済ませておくことも大切であることを教えてくれます。たとえフリーランスであっても開業届けをしっかり出しておけば、子どもの保育園活動に有利に働くかもしれないとのことです。詳しい内容は記事をチェックしてみてくださいね。

その他、パパの子育てに役立つコツがサイト内に網羅されているので、併せて目を通してみてはどうでしょうか。

【参照元】
https://papayaru.com/freelance-kakuteishinkoku-kenkoushindan/
 

(7)うちの娘の場合。~色素性母斑治療と日々の暮らし~

フリーランスで働くメリットは、サラリーマンに比べて時間の融通が利くことですが、たくさんの仕事を抱えていたり、納期に追われていたりすると、そうも言っていられません。
特に小さなお子さんがいる方は、時間の確保に苦労することでしょう。

そんなときに頼りになるのが保育園の存在ですが、希望する施設に入園できるとは限らないのが悩ましいところ。
フリーランスママが娘さんの保育園入所権利を得るまでの過程をまとめた記事、《会社員夫とフリーランス妻の保活》を読むと、狭き門をクリアするための苦労を垣間見ることができます。

この記事が掲載されている『うちの娘の場合。~色素性母斑治療と日々の暮らし~』の運営者、あおまめさんによると、会社員に比べて自営業者は保活で不利になったり、フリーランスは開業届けの有無が影響したりするとのこと。

また、保育園の申し込み書で大変だった点についても書かれています。
申し込み書を書く時に勝負どころとなったのが
「なぜその保育園を希望するのか」
「何かあればご自由にお書きください」
と書かれた用紙の白紙部分。

ここは保育園入所の必要性を訴える大事な部分であり、自分がなぜ保育園に娘を入所させなければならないのか、という思いを伝えるために試行錯誤した経験が綴られています。

ネットで人の意見を参考にして、徹夜で考えたというあおまめさん。
その努力は実り、念願の保育園入所の決定通知が届いたそうです。

"保活"という言葉があるように、保育園入所は子育ての大きな難関になっています。お子さんを保育園に預けるか検討中の方は、あおまめさんの記事に目を通しておくと、いざという時の参考になるかもしれませんよ!

【参照元】
http://mama-no-ichinichi.blog.jp/archives/20660369.html

(8)Freelance Web Designer Blog

『Freelance Web Designer Book』は、「フリーランスと子育てを両立させたい」そんな女性たちを支える、お役立ちコンテンツを発信しているサイトです。

管理人さんは2人のママであり、フリーランスWebデザイナーとして育児と仕事の両立を実現しています。サイト内には管理人さんの実体験をもとに、家事・育児の合間に仕事をこなす大変さや、そこで学んだ働き方のノウハウが綴られています。

その中からオススメしたいのが、《お家でお仕事!フリーランスママWebデザイナーのストレス発散方法》の記事。ここでは、家に引きこもって仕事をする苦悩とフリーランスママに必要なストレス発散方法が紹介されています。

育児とフリーランスを両立させる中ストレスが溜まり、何度も壁に打ち当たったと語る管理人さん。大変な日々を乗り越えてきた彼女のアドバイスをぜひ参考にしてみてくださいね!自分に合った、無理のない働き方が見つかるかもしれません。

【参照元】
http://freelance-webdesignerbook.com/ikuji/huntou/249/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.