オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

Swiftエンジニアの年収|求人案件数や将来性、有効なスキルなど解説

2020年12月時点でレバテックフリーランスに掲載中のSwift案件の平均月額単価は80万円となっています。この月額単価で12ヶ月稼働したとすると、Swiftエンジニアの平均年収は960万円となります。なお、これは税金や保険料を差し引く前の金額であり、あくまで目安の年収と考えてください。iPhoneやiPad、Apple Watch、Macシリーズをはじめ、Apple製品のアプリ開発に欠かせないプログラミング言語として人気の高まるSwift。これからSwiftエンジニアを目指そうと思っている方は参考にしてください。

Swift案件を提案してもらう

目次

Swiftとは
Swiftエンジニアの年収
Swiftの将来性
Swiftの求人案件
iOSエンジニアの需要
iOSエンジニアの年収アップに必要なスキル
Swiftエンジニアの年収に関するよくある質問

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

Swiftとは

Swiftは2014年にApple社によって発表されたプログラミング言語です。iPhoneアプリ(iOSアプリ)やMacOSアプリを開発するために用いられることが多いほか、Apple WatchのwatchOSやApple TVのtvOS上で動くアプリケーション開発など、Apple製品全般のアプリケーション開発に対応している点が最大の特徴と言えます。

SwiftとObjective-Cの違い

SwiftはiOSやmacOSなどのApple製品のアプリケーション開発において標準的に用いられるプログラミング言語ですが、それ以前は「Objective-C」というプログラミング言語が広く用いられていました。Objective-Cは、C言語をもとに開発されたオブジェクト指向のプログラミング言語で、1983年にリリースされた歴史ある言語です。

しかし、Objective-CはもともとC言語がベースとなっていることもあり、比較的習得が難しい言語とされており、独特の文法が採用されている点から、プログラミング初心者にとっては学習しにくいとされることもありました。

SwiftはObjective-Cよりもシンプルな構文ながら表現力に富んでおり、Appleの開発者向けサポートサービスである「Apple Developer」でも「簡単に習得することができる」点が強調されています。この点は初心者の方にとっては大きなポイントだと言えるでしょう。

参照 : Swift - Apple Developer

加えて、Swiftは安全でないコードを排除するなど、安全性を重視した設計になっていたり、開発当初から高速性を目指して構築された言語だけに「高速で動作する」という特徴も併せ持っていたりといった特徴を持っています。

関連記事 : モバイルエンジニアとは?仕事内容や年収、求人状況、今後の需要を解説

Swift案件を提案してもらう

Swiftエンジニアの年収

ここではレバテックフリーランスに掲載されているSwift求人・案件の月額単価相場のデータを参考に、Swiftエンジニアの収入に迫っていきます。

Swiftの求人・案件一覧

2020年12月時点のSwiftエンジニアの平均月額単価は80万円となっています。これは近い案件数のGo言語(81万円)やRuby(80万円)とほぼ同じ金額です。この月額単価で12ヶ月稼働したとすると、税金や保険料を差し引く前の年収は960万円となります。最高月額単価は125万円となっており、この点においても同時点のGo言語(125万円)やRuby(125万円)と同額です。

Swiftの開発案件はiOSなどのApple製品向けアプリに特化しているため、Go言語やRubyとはやや開発ターゲットが異なりますが、Swiftはこれらの比較的新しいプログラミング言語と単価レンジが似ている傾向にあると分かります。

Swiftエンジニアに未経験から転職したときの年収

ここでは、経済産業省が集計した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」を参考に、未経験からSwiftエンジニアに転職した場合の年収の目安を解説していきます。同レポートの「スキル標準レベル別の年収の平均」によると、レベル1(新人・初級者レベル/仕事に慣れ始めたレベル)に相当するITエンジニア、つまり未経験から転職した場合の平均年収は437.8万円となっています。

参照 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」

レベル2(上位者の指導のもとに仕事ができる若手人材レベル)の平均年収は499.2万円、レベル3(独立して仕事ができる中堅人材レベル)は576万円と、スキルレベルに応じた年収の上昇幅はここまでは緩やかです。これがレベル4(部下を指導できるチームリーダーレベル)になると平均年収は726.1万円まで増加し、レベル5(社内での指導者・幹部レベル)は937.8万円と1,000万円に迫っています。

こうしたデータから、Swiftエンジニアについても未経験で最初から高収入を狙うことは難しいでしょう。まずは経験を積みながらスキルレベルを上げていくことが大切だと言えます。

Objective-Cエンジニアの年収

2020年12月時点でレバテックフリーランスに掲載されているObjective-Cの求人・案件一覧ページの情報では、Objective-Cの平均月額単価は76万円、最高月額単価は115万円となっており、いずれもSwiftよりやや低い傾向にあります。この平均月額単価で12ヶ月稼働した場合、年収は912万円となります。

Objective-Cの求人・案件一覧

関連記事 : Go言語エンジニアの年収は?将来性やフリーランス案件事情と合わせて検証

Swiftの将来性

Swiftは、Apple社がiPhoneやiPad、Macシリーズ、Apple Watch、Apple TVといったAppleのデバイス上で動作するアプリケーション開発のために作った言語です。そして、Appleのデバイスは今後も進化を続け、よりシェアを拡大していくことが予想されるため、Swiftエンジニアの需要も増加していくでしょう。総務省「平成29年版情報通信白書」にある「世界のスマートフォンOS別インストールベース台数」を集計したデータでも、世界におけるiPhoneの利用者はさらに増えていくという予測が示されています。

参照 : 総務省「平成29年版情報通信白書」

関連記事 : Javaエンジニアの年収|未経験から転職して高収入を目指すには

Swiftの求人案件

次に、Swift案件には単価別にどんな内容のものがあるのか見ていきましょう。2020年12月20日時点で、レバテックフリーランスにおけるSwiftの求人案件数は443件となっています。これは同時点でObjective-CやC言語といった比較的メジャーとされる言語の求人案件数より多く、Swiftが2014年に登場した比較的新しいプログラミング言語ということを踏まえると、安定したニーズがあると言えます。

中には、単価50万円ほどの求人案件も見られます。その内容としては、iPhoneやiPad向けのiOSアプリの開発が多い傾向にあります。最低単価近辺の案件内容は、プログラミング、テストといった実装工程が中心です。応募条件も経験年数や上流工程における経験は問わず、「Swiftを用いたiOS開発経験」「Objective-Cを用いた開発経験」など、最低限のものが多いと言えるでしょう。

一方、平均単価近辺の求人案件となるとハードルが上がり、「スマートデバイス向けのネイティブアプリ開発経験」や「Swiftを用いた開発経験2年以上」といった経験年数の条件などが加わります。またSwiftだけでなく、KotlinなどAndroid向けアプリ開発のプログラミング言語や、RubyなどWebサービス開発との親和性が高いプログラミング言語、データベースといった周辺技術のスキルなども併せて求められるようになります。

さらに高単価の求人案件では、Swiftを用いた一定期間以上の開発経験はもちろん、リーダーとしてチームをけん引した経験、プロジェクト立ち上げからリリースまで包括的に手がけた経験など、より高度なスキルを必要とする傾向が強くなります。

関連記事 : Kotlinの仕事内容とは?求人案件の特徴や未経験からのスキルアップ方法

iOSエンジニアの需要

前述のように、SwiftはiOSやmacOS、watchOS、tvOSなどApple製品のアプリケーションを効率的に開発するために作られたプログラミング言語です。この中でも、スマートデバイス市場で大きなシェアを占めるiPhoneのOSであるiOS向けアプリ開発のニーズは大きく、広い意味では「Swiftのニーズ=iOSアプリの開発ニーズ」と言い換えることもできます。

iOSの求人案件を調べることで、Swiftのニーズ傾向を把握することができるでしょう。レバテックフリーランスにおける「iOSの求人・案件一覧」を参照すると、2020年12月20日時点におけるiOSの求人案件数は429件となっており、Android(595件)よりは少ないものの、十分なニーズがあると言えます。

iOSの求人・案件一覧

また、総務省が発表した「平成29年版情報通信白書」によると、スマートフォンなどのモバイルコンテンツ産業は右肩上がりで成長を続けています。モバイルコンテンツだけでなく、モバイル機器を使って買い物などをするモバイルコマース市場も急速に成長していることから、これらを支えるiOSエンジニアやSwiftの需要は今後さらに増加していくと予想できます。

関連記事 : iOSエンジニアの年収|求人事情や未経験から転職、スキル、将来性などを解説

iOSエンジニアの年収アップに必要なスキル

iOSエンジニアが年収アップを目指すには何が必要なのでしょうか。3つの具体例をご紹介します。

複数のプログラミング言語に対応できるスキルを習得する

スマートフォン向けアプリは多くの場合、iOS向け・Android向けの両方がリリースされています。そのためSwiftだけでなく、JavaやKotlinなどAndroidアプリ開発向けの言語を習得することでスキルの幅が広がり、年収アップを狙う上で有利になるでしょう。

開発スキルに厚みを持たせる

SwiftやiOSの高単価案件では、新規サービスの立ち上げ経験やリーダーとしてプロジェクトチームをけん引した経験などがより重要となる傾向にあります。そのため、上流工程のスキルや、1つのプロジェクトを包括的に担当できるスキルを身につけることも年収アップに結びつくでしょう。まずは開発経験を積み重ねていくことが重要です。

基礎スキルをアピールできる資格を取得する

Swiftには「App Development with Swift」という資格が存在します。これはApple製品アプリの開発に用いられるSwiftおよびXcodeなどの基礎知識を証明できる資格です。実際の開発案件は資格よりも実務経験を重視する傾向が多いため、必ずしも年収アップに直結するとは限りませんが、自分のスキルレベルを証明する武器になるでしょう。

参照 : App Development with Swift 公式サイト

関連記事 : Kotlinエンジニアの年収|求人・案件事情や他言語との比較も解説

Swiftエンジニアの年収に関するよくある質問

最後に、Swiftエンジニアの年収に関してよくある質問を紹介します。

Q. Swiftエンジニアの平均年収はいくらですか?

A. 2020年12月時点におけるレバテックフリーランスのSwift求人・案件の月額単価相場を参考にすると、Swiftエンジニアの平均月額単価は80万円、最高月額単価は125万円、最低月額単価は50万円となっています。この平均単価で12ヶ月働いたとすると、年収は960万円になります。

Q. Swiftエンジニアは将来性が見込める仕事ですか?

A. SwiftはApple製品のアプリ開発のために作られた言語です。スマートデバイスの普及などに伴い、iPhoneをはじめとしたApple製品は今後もシェアが伸びていくと予想されていることから、今後Swiftエンジニアのニーズは高まっていくと考えられます。

Q. フリーランスのSwiftエンジニアの高単価案件ではどんな経験やスキルが求められますか?

A. フリーランスエンジニア向けのSwiftの高単価案件では、Swiftを用いた一定期間以上の開発経験や、新規サービス立ち上げ、チームリーダー経験、プロジェクトの起点からリリースまで包括的に対応できるスキルなどが求められる傾向にあります。

関連記事 : Pythonエンジニアの平均年収|他言語との年収比較や未経験からの入門・転職方法

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Swift案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとSwiftの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.