エンジニア人生に響く名言を集めました
仕事で辛いときに読みたい名言7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

エンジニアの仕事は、やりがいを得られる反面、疲れてしまうことや、辛い気持ちになることも少なくないでしょう。今回は、共感できる言葉や新たな視点をもたらす言葉など、ポジティブになれる名言をエンジニア/非エンジニア問わずご紹介します。

目次

1.「ベストを尽くして失敗したら……ベストを尽くしたってことさ」(スティーブ・ジョブズ)
2. 「ぼくは、仕事を通じて学んでいるんだ」(マーク・ザッカーバーグ)
3. 「イエス」から始めれば、人との対立は生まれず、協力関係が生まれるのです(アレックス・ミラー)
4. 自分がいいものを作ろうと努力するのも必要だが、同時にいいものを要求する人もいなければならない。(松下 幸之助)
5. 技術があれば何でも解決できるわけではない。技術以前に気付くということが必要になる(本田 宗一郎)
6. 風評をもとに誰かの良し悪しを決めつけたり、不確定な話をもとに自分のしていることに弱気になったりするのは、愚の骨頂である(藤巻 幸夫)
7. 悩み事にも締め切りをつくっておくことです(斎藤 茂田)

辛いときでもポジティブになれる名言


偉人や成功者たちも、そこに行き着くまで多くの失敗や挫折を味わってきました。自分に近い境遇で語られた言葉は、人生の指針にもなるのではないでしょうか。そんな名言をいくつかご紹介します。
 

1.「ベストを尽くして失敗したら……ベストを尽くしたってことさ」(スティーブ・ジョブズ)

『スティーブ・ジョブズ 偶像復活』(ジェフリー・S・ヤング、ウィリアム・L・サイモン 著 、井口 耕二 訳)より)
 

ベストを尽くしたのに失敗した…そんな状況に陥ると、自分にはもうできないと落ち込んでしまう人もいるのではないでしょうか。しかし、落ち込む必要はありません。

ジョブズは「失敗をおそれずトライするかぎり、アーティストなんだ」という名言も残しています。後悔が残らないようベストを尽くし、失敗してもトライし続ける。その姿勢が、成功するためには大切なのではないでしょうか。
 

2.「ぼくは、仕事を通じて学んでいるんだ」(マーク・ザッカーバーグ)

『フェイスブック 若き天才の野望』(デヴィッド・カークパトリック 著、 滑川 海彦、高橋 信夫 訳)より


ハーバード大学在籍中にFacebookを立ち上げた若き成功者ザッカーバーグ。ザッカーバーグはCEO就任後も、自らが勉強中であることを意識しており、衝突や失敗から学ぶことでさらなる成功につなげています。

仕事をする上でうまくいかないことや失敗は避けては通れないもの。そこから学び成長することが大切なのだということがわかる名言です。

 

3. 「『イエス』から始めれば、人との対立は生まれず、協力関係が生まれるのです」(アレックス・ミラー)

『プログラマが知るべき97のこと』(Kevlin Henney 編、和田 卓人 監修、夏目 大 訳)より


オープンソースのJavaクラスタリング製品「Terracotta」を開発するTerracotta社で、技術リーダーを務めるアレックス氏の名言です。営業やマーケターなどの非エンジニア職からの要望は、エンジニアからするとバカげているように見えることがあるかもしれません。また、限られた時間の中でより良い成果を上げるために、やること/やらないことを決めるのは大切なことです。

ですが、まずは「イエス」から始め、要望の背景を聞くことで、もっとローコストで実現する方法が見つかるかもしれません。要望には応えないにしても、その理由を説明することで納得感を持ってもらいやすくなるでしょう。

コミュニケーションで否定から始めないというのは、エンジニアの仕事に限らず、役立つシーンが多いはずです。
 

4. 「自分がいいものを作ろうと努力するのも必要だが、同時にいいものを要求する人もいなければならない」(松下 幸之助)

『物の見方 考え方』(松下 幸之助 著)より


どんな粗悪なものでも怒られずに売れている環境では技術は進歩しない…という文脈で語られた言葉です。叱責や無理に思える要求は辛く感じることもあるでしょうが、それを乗り越えることで成長してきた…といえば、思い当たる部分も多いのではないでしょうか。

自分が成長し、より良いものを作り出すためには、努力だけではなく、より良いものを要求されることが大切だということが伝わる名言です。

 

5. 「技術があれば何でも解決できるわけではない。技術以前に気付くということが必要になる」(本田宗一郎)

『夢を力に』(本田 宗一郎 著)より


技術が解決することができるのは、あくまで「技術的にどうしても解決しなければならない」という課題だけ。まず必要となるのは「気づき」であるという本田宗一郎の言葉。ジャンルこそ違えど、ITエンジニアの仕事にも通ずるものがあるはずです。

技術力の向上・追求はエンジニアにとって欠かせないものですが、なかなか成果がでない…というときには、見落としている部分がないか振り返ってみることも大切かもしれません。

 

6. 「風評をもとに誰かの良し悪しを決めつけたり、不確定な話をもとに自分のしていることに弱気になったりするのは、愚の骨頂である」(藤巻 幸夫)

『チームリーダーの教科書』(藤巻 幸夫 著)より


この名言を残したのは、伊勢丹のカリスマバイヤーであった藤巻幸夫氏。
噂話をもとに他人を判断したり、明確でない批判を受けて自分の仕事に自信がなくなったり…社会人としては身に覚えのありそうなエピソードを、「愚の骨頂」と切り捨てています。風評や噂などに惑わされず、自分が見たものや確証のあるものを信じて仕事をするという姿勢は大切です。

リーダーシップについて述べられた文脈での言葉ではありますが、リーダーと部下の関係に限らず、チームでの仕事や人間関係においても響く名言です。

 

7. 悩み事にも締め切りをつくっておくことです(斎藤 茂太)

「人生に必要な100の言葉」(斎藤 茂太 著)より


歌人・斎藤茂吉の長男であり、精神科医・医学博士である斎藤 茂太氏の言葉。悩みがあって一晩眠れなかった、休日を無駄にしてしまった、仕事に集中できない…そんな経験は多くの人が持っています。

しかし、ただ悩む時間というのは無駄なものです。エンジニアの仕事において期日は切っても切れないものであるように、悩み事も同じように期限と優先順位を決めて向き合うようにしてみましょう。悩み事があって前に進めない…そんなときに思い出したい名言です。

 


「辛い時」というのは人によってさまざまですが、ここで紹介した名言で辛い気持ちが少しでも紛れれば幸いです。

また、レバテックフリーランスでは参画中の方へ向け、業務のサポートから不安や悩みをお聞きしたりと、フリーランスエンジニアの「辛い時」をフォロワーがサポートをいたします(フォロワーについて)

もしフリーランスに興味をお持ちでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

個別相談会についてもっと詳しく見る


直接お越しいただく以外にも、メールで適性単価やご提案できる案件数などを診断するサービスも実施しております。
「フリーランスとして働くイメージを掴む」「現状とフリーランスになった場合とを比較する」などにご活用ください。

案件診断メールについてもっと詳しく見る
 


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.