オンラインカウンセリング実施中

フロントエンドエンジニアのやりがい|仕事内容や必要なスキル、年収は?

フロントエンドエンジニアのやりがいは人によっても違いますが、主にユーザーの反応がダイレクトに届きやすい、最先端の技術やデザインに触れることができる、プロジェクトでさまざまな職種と関われるといった点にあるといえます。本記事では、フロントエンジニアのやりがいや仕事内容、必要なスキル、年収、将来性、キャリアパスなどについてまとめました。

フロントエンドエンジニア案件を
提案してもらう

目次

フロントエンドエンジニアの仕事内容
フロントエンドエンジニアのやりがい
フロントエンドエンジニアに必要なスキル
フロントエンドエンジニアの年収
フロントエンドエンジニアの将来性
フロントエンドエンジニアのキャリアパス
フロントエンドエンジニアのやりがいに関連するFAQ

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアはHTMLやCSS、JavaScriptなどの言語を使用し、フロントエンド部分の開発をします。また、UI(ユーザインターフェース)やUX(ユーザーエクスペリエンス)、SEOを考慮した設計もフロントエンドエンジニアの仕事です。ここではその仕事内容を、他の職種と比較しながら紹介していきます。

バックエンドエンジニアとの違い

フロントエンドの部分の開発を行うフロントエンドエンジニアに対し、バックエンドエンジニアは、PHPやRuby、Javaなどの言語を使って、サーバー側の処理に関する仕事を担当しています。ブラウザ側で入力された情報を処理する機能や、データベースからのデータの呼び出しといった処理をする機能を実装。サーバーの運用・保守や、データベースの設計・構築もバックエンドエンジニアの仕事に含まれます。

マークアップエンジニアとの違い

マークアップエンジニアは、SEOやユーザビリティを考慮してHTML・CSSのコーディングなどを行う職種ですが、企業によってはフロントエンドエンジニアとほとんど変わらない仕事をしている場合があります。一般的にはフロントエンドエンジニアの仕事内容にはJavaScriptなどのプログラミングが含まれるという点が違いといえます。

HTMLコーダーとの違い

HTMLコーダーは、HTMLやCSSを利用してコーディングを行うのが主な仕事です。HTMLとCSSを使用するため、マークアップエンジニアと同様にフロントエンドエンジニアと混同されやすい職種ですが、一般的にフロントエンドエンジニアはJavaScriptなどに関して、HTMLコーダーよりも幅広く深いスキルが求められる仕事といえます。

関連記事 : フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニア案件を
提案してもらう

フロントエンドエンジニアのやりがい

フロントエンドエンジニアの仕事のやりがいとしては、以下のような点が挙げられるでしょう。

ユーザーの反応がダイレクトに届きやすい

フロントエンドエンジニアは、UIやUXなどユーザーに直接関わる部分を扱うため、ユーザーの反応がダイレクトに届く機会も多い職種です。

直接的にフィードバックを受ける以外にも、自分の仕事の成果を数値から判断できることがあるため、それがやりがいにつながることも多いようです。

最先端の技術やデザインに触れられる

フロントエンドエンジニアは、最先端の技術やデザインに触れる機会が多い職種です。近年では、Webコンテンツが増加および多様化しており、フロントエンドエンジニアの業務範囲は拡大しつつあります。

特に、フロントエンドの開発で使用されることが多いJavaScriptのフレームワークについては次々と新しい技術が生み出されているため、常に新しい技術や使い方を勉強し、実際に取り入れるという面白さがあります。

日々新しい技術を勉強しなければならないという大変な一面もありますが、新しい技術に触れてみたいという方には、やりがいにつながる仕事だといえるでしょう。

さまざまな職種と関わることができる

フロントエンドエンジニアは、関係者と多くのコミュニケーションを必要とします。たとえば、顧客の要望を聞く機会もあれば、Webデザイナーから設計について聞かれる機会もあるでしょう。

また、バックエンドエンジニアとシステムに関する相談をする機会もあり、さまざまな職種の人と関わる仕事です。多くの人と関わるからこそ、プロジェクトを完遂したときの喜びも大きいでしょう。

関連記事 : フロントエンドエンジニアとは?仕事内容やスキル、年収などを解説

フロントエンドエンジニアに必要なスキル

ここでは、フロントエンドエンジニアになるために必要なスキルの例として、以下を紹介します。

  • コーディング/プログラミングスキル
  • UI/UXデザインの知識
  • CMSの知識

コーディング/プログラミングスキル

Webデザイナーが作成したWebデザインを実現し、ブラウザ上に表示させるためには、コーディングやプログラミングのスキルが不可欠です。

また、キャリアアップするには、単にWeb制作ができるだけではなく、SEOに関するスキルやアニメーション制作のスキルなども必要になるでしょう。

UI/UXデザインの知識

フロントエンドエンジニアは、常にユーザーの目線に立ち、Webサイトの実装を行う必要があります。たとえば、見栄えが綺麗なWebサイトであったとしても、ユーザーにとって使いづらくては価値が下がってしまうでしょう。

UI/UXデザインのスキルを身につけることで、ユーザーの行動を考慮してWebサイトなどを設計することができるようになり、ユーザーが有益と感じるWebコンテンツを作成することにつながるでしょう。

CMSの知識

Web制作の現場ではCMS(Content Management System、コンテンツ管理システム)が使われることがよくあります。WordPressやMovable TypeなどのCMSを利用することで、簡単にWebコンテンツを作成することができます。

フロントエンドエンジニアはCMSの構築やカスタマイズを担当することもあるため、CMSの知識があると役立つでしょう。

関連記事 : UXエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアの年収

2021年4月時点でレバテックフリーランスに掲載されているフロントエンドエンジニアの求人・案件の平均月額単価は70万円です。よって、12か月分を年収とすると、平均年収は840万円と計算できます。

また、同時点の最低月額単価は24万円、最高月額単価は115万円です。高度なスキルを持つフロントエンジニアであれば、年収1,000万円を超えることもできるといえるでしょう。

フロントエンドエンジニアの年収相場

参照元 : フロントエンドエンジニアの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 840万円
最高年収 1380万円
最低年収 288万円


なお、これらのデータはレバテックフリーランスの求人・案件の単価をもとにして算出した値であり、フロントエンドエンジニア全体の平均年収とは異なります。

関連記事 : フロントエンドエンジニアの平均年収|給料アップで年収1000万円を目指すには?

フロントエンドエンジニアの将来性

経済産業省の「IT人材需給に関する調査」の報告書で示されているようなIT人材の不足もあって、フロントエンドエンジニアは将来性が高い仕事のひとつといえます。

※参考 : 経済産業省「IT人材需給に関する調査」

「Internet Live Stats」のデータによると、世界におけるWebサイトの数は年々増加傾向にあり、2014年9月には10億を超えました。また、2021年4月時点ではおよそ18億5000万件以上のWebサイトが存在しているとされています。

※参考 : Total number of Websites - Internet Live Stats

よって、フロントエンドエンジニアの需要は今後も増加していくことが予想されるでしょう。ただし、IT業界ではすぐに新しい技術が生み出されます。市場価値の高いフロントエンドエンジニアとなるためには、常に新しいスキルを身につける姿勢が重要です。

また、1つのスキルだけではなく、複数のスキルやマネジメントに関するスキルを身につけることで、応用力のあるエンジニアとなることができるでしょう。

関連記事 : フロントエンドエンジニアに必要なスキル

フロントエンドエンジニアのキャリアパス

フロントエンドエンジニアのキャリアパスとしては、以下のような職種が挙げられます。

Webディレクター

フロントエンドエンジニアからWebディレクターを目指すというキャリアパスがあります。Webディレクターは、Web制作に関するプロジェクトの企画や提案、要件定義、進捗管理、品質管理などの業務を行うプロジェクト責任者です。

※参考 : Webディレクター - 職業詳細 | 職業情報提供サイト(日本版O-NET)

Webディレクターになるためには、マネジメントに関するスキルが必要です。また、Web制作に関する高度な知識や技術、顧客との交渉力なども求められるでしょう。今後、Webディレクターを目指すのであれば、Web制作に関するスキルのほか、顧客など関係者とのコミュニケーション力を高めていくことが重要です。

フルスタックエンジニア

フロントエンドエンジニアから、フルスタックエンジニアを目指すというキャリアパスもあります。フルスタックエンジニアは、Web制作におけるすべての工程に関わる、広範囲の知識や経験を持っているエンジニアのことをいいます。

フルスタックエンジニアになるためには、Web制作に関するコーディングやプログラミングのスキルのほか、サーバーサイドのスキルも必要です。LinuxなどのOSに関するスキルは重要になるでしょう。

関連記事 : Webエンジニアのキャリアパス

フロントエンドエンジニアのやりがいに関連するFAQ

フロントエンドエンジニアのやりがいに関連するよくある質問と回答を紹介します。

Q. フロントエンドエンジニアのやりがいは何ですか?

A. フロントエンドエンジニアとしてどんなことにやりがいを感じるのかは人によっても違いますが、 ユーザーが直接関わる部分を開発することが多く、ユーザーからの反応が届きやすい点や、最先端の技術やデザインに触れられる機会が多い点、さまざまな職種の人と関われる点などが挙げられます。

Q. 未経験からフロントエンドエンジニアになるにはどんな勉強が必要ですか?

A. フロントエンドエンジニアには、HTML・CSSのコーディングスキルや、JavaScriptなどのプログラミングスキルが必要です。また、UI/UXデザインや、CMS、SEOなどに関する深い知識があると、仕事の幅が広がるでしょう。スキルを身につけるためには、資格を取得したり、プログラミングスクールに通ったりして勉強するとよいでしょう。

Q. フロントエンドエンジニアに転職するのに役立つ資格はありますか?

A. フロントエンドエンジニアに転職するために必須の資格はありませんが、スキルアップや転職時のアピールに役立つ可能性がある資格のひとつとしては「HTML5プロフェッショナル認定試験」が挙げられます。LPI-Japanが認定するHTML5プロフェッショナル認定試験は、HTML5、CSS3、JavaScriptなど、Web制作に関する一定のスキルを有していることが証明できる資格です。

関連記事 : フロントエンドエンジニアとは|年収・必要スキル・やりがい・今後の需要を解説

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フロントエンドエンジニア案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっとフロントエンドエンジニアの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.