在宅プログラマーを未経験で目指す方法|求人・案件の探し方は?

未経験で在宅プログラマーを目指すには、プログラミング基礎知識の習得と実績づくりが重要です。政府によるテレワークの推進や通信環境の整備により、在宅プログラマーの仕事は増えています。一方で競合が多く、リモートワーク実現が難しいのも事実です。この記事では、在宅プログラマーとして、自分の好きな環境で活躍できるようになるヒントをお届けします。 

在宅プログラマー案件を提案してもらう

目次

未経験で在宅プログラマーになれる?
未経験でプログラマーになるには
在宅ワーカーという働き方
未経験でプログラマーになるには
プログラマーとして在宅で働くために
在宅プログラマーの働き方
在宅プログラマーの年収
求人・案件が豊富な在宅プログラマー向けの言語

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

未経験で在宅プログラマーになれる?

全くの未経験で知識もない状態から、いきなりプログラマーに挑戦するのは難しいでしょう。プログラムを書くには、各言語の知識や経験が必要になってくるからです。プログラマーとして独立する前に基礎を学び、プログラミングの知識を得たうえで、実務経験を積むことが重要となります。

プログラミングの中には難易度が高いものもありますが、論理的な思考ができる人であれば、ゼロからスタートしてスキルを習得することは不可能ではありません。主体的にプログラミングを学び、アウトプットを繰り返すことで、文系や理系などの学歴に関係なくプログラマーになれるでしょう。

関連記事 : 在宅プログラマーの働き方|企業常駐型フリーランスエンジニアとして働く道もある

在宅プログラマー案件を提案してもらう

未経験でプログラマーになるには

未経験からプログラマーになるためには、幅広い知識やスキルを身につけなければなりません。JavaやPHP、Rubyといったサーバーサイドのプログラミング言語はもちろん、ほかにもさまざまなスキルが必要です。ここでは例として、「HTML、CSS」と「Git(ギット)」の2つを解説します。

HTML、CSSを勉強する

HTMLとCSSはWebサイトの基礎であり、プログラマーには求められることが多いため、学んでおいて損はないでしょう。

HTMLおよびCSSは、厳密にいえばプログラミング言語ではありません。HTMLは、Webサイトの文書構造を記述するためのマークアップ言語で、CSSはHTMLを装飾するためのスタイルシート言語です。HTMLとCSSだけで作られたWebサイトは、リクエストに対して決められて文書をそのまま返すことから、「静的ページ」と呼ばれます。

HTMLとCSSを学習する方法は、以下のとおりです。

1.オンライン学習サービスで徹底的に基礎練習する

近年、プログラミングをオンラインで学習できるサービスが登場しています。HTMLやCSSのみならず、各プログラミング言語の学習コースを受講できます。

さまざまなサービスやコースがありますが、未経験者はあれこれ手をつけず、まずは徹底的に基礎を勉強できるサービスを選択しましょう。

2.Webサイトの模写をする

Webプログラマーを目指す人は、Webサイトの模写も有効です。プロが制作したサイトを模写することで、「ここが難しい部分なのか」「このコードは真似してみよう」という風に、新たな発見や学びが得られます。

最初は身につけた知識を使って独力でサイトを作成し、完成後に模写したサイトのコードを照らし合わせて、自分でフィードバックしてみましょう。模写を続けていくことで、次第に「サイト構造のセオリー」が見えてきます。「まずメインがあって、newsがあって……」とサイト構造のセオリーを理解できれば、Webプログラマーへの第一歩を踏み出したといえるでしょう。

3.プログラミング教室に通う

プログラミングの基礎的な知識は、プログラミング教室でも身につけられます。独学で挫折した人は、講師のもとで学ぶのも良いでしょう。 一口にプログラミング教室といっても、完全オンラインの授業や、講師とマンツーマンの対面レッスンなど、教室ごとに違いがあります。自分に合った形式を選びましょう。

関連記事 :HTMLコーダーの仕事とは|未経験からのなり方やきついといわれる理由も解説
関連記事 :CSSの仕事とは?HTML・CSSコーディング求人・案件のレベルや探し方を解説

Git(ギット)を使えるようになる

Gitは、プログラムなどのバージョン管理に用いられるツールです。開発でGitを使用する企業は多いため、Gitを理解することで、参画できるプロジェクトの幅を広げられます。

Git習得の勉強法で重要なのは、「1人でWebサイトを制作する段階から、チーム開発でのコミュニケーションを意識する」こと。Webサイトを模写するときは、過去と現在、未来の自分とのコミュニケーションを意識しましょう。作成するWebサイトの内容を、未来の自分が理解できるように工夫してバージョン管理を行うことで、Gitへの理解が深まります。

プログラミングを学ぶ上では、論理的思考力が重要です。論理的思考力は、文系や理系といった学歴に関係なく身につけられます。そのため、ゼロからプログラミングの学習をスタートしてプログラマーになる人も珍しくありません。主体的に学んでいけば、未経験者でもプログラマーになれるでしょう。

関連記事 : 未経験からプログラマーに転職する方法|年収や勉強しておきたいおすすめの言語も紹介​

在宅ワーカーという働き方

プログラマーになるには各言語の習得が必要ですが、プログラマーを目指す中で身につくスキルや、実際にプログラマーになった際のメリットも豊富です。この項では、
未経験からプログラマーに挑戦するときに押さえたい「3つのこと」をご紹介します。

1.稼げるプログラマーになるのは簡単ではない

まず押さえておきたいのは、「誰もが稼げるプログラマーになれるわけではない」ということです。プログラミングの知識や技術は、一朝一夕で身につきません。勉強と実務経験を積み重ねて、スキルを高めていきましょう。

また、フリーランスの場合は、会社員とは違い自分から仕事を探さなければなりません。案件を獲得するためにコツコツ努力し、基礎知識を積み上げる必要があります。フリーランスが安定的に稼ぐためには、クライアントの信頼を勝ち取ることが重要です。質の高い案件を受注して、納品しましょう。また、常に新たなスキルや知識をキャッチアップする姿勢も重要です。

2.プログラマーの需要が高まっているのでチャンスがある

プログラマーの需要は高まっているため、これからプログラマーとしてキャリアを築く方にとっては、就職先や案件を見つけやすい状況が続くといえるでしょう。

経済産業省「IT人材需給に関する調査」によれば、国内のITニーズは今後も拡大するとされています。2030年には、最大で約79万人のIT人材が不足すると予測されています(高シナリオの場合)。

参照 : 経済産業省「IT人材需給に関する調査(概要)」

3.プログラマーで得た技術はほかの職種でも活かせる

プログラマー業務で得た技術は、ほかのIT系職種でも活かせます。たとえばプログラマーとしてプログラミングスキルを身につけ、チームで開発をやり切った場合、ほかの職種でもその技術や経験を活かせるでしょう。

マーケティングや営業などの職種にキャリアチェンジをした場合は、スクリプトを書いてルーティンワークを効率化したり、SQLを書いてデータベースからデータを取得し活用したりといった経験が役立ちます。また、プロジェクト管理のスキルや経験も、多くのシーンで活かせるでしょう。

関連記事 : プログラマーの仕事はきつい?向いている人と向いていない人の特徴

未経験でプログラマーになるには

ひと昔前まで、家でする仕事は「内職」というイメージでしたが、現在は在宅ワークが浸透しつつあります。総務省のページではテレワークを、「雇用型テレワーク」と「自営型テレワーク」に分けて定義しています。「雇用型テレワーク」は企業に雇用される正社員などが行うテレワーク。「自営型テレワーク」は、フリーランスなどが行うテレワークです。

参照 : 総務省|テレワークの推進|テレワークの意義・効果

また、「自営型テレワーク」は、さらに専門性があり、独立自営の度合いが高い「SOHO」と、業務内容が簡単で独立自営の要素が薄い「内職副業型勤務」に分類されています。

リモートワークのメリット・デメリット

リモートワークには、通勤などの交通の手間がかからないことや、自由な服装やスケジュールで1日を過ごせるといったメリットがあります。駅まで徒歩でかかる時間や、オフィスまでの交通の便を気にしなくて良いので、物件を選ぶときの選択肢も広がります。転勤についても、そもそもオフィスに通う働き方ではないため発生しません。

一方デメリットとして考えられるのは、セキュリティ面の心配や、モチベーションの低下です。リモートワークでは、会社のデータを社外に持ち出して作業するため、セキュリティ面の不安があります。とくにカフェやコワーキングスペースなど、自宅以外の場所で作業するときは、情報漏えいに注意する必要があります。また、オフィスとは違い、周りに上司や同僚がいないため、人によってはモチベーションが保てないこともあるようです。

フリーランスとして在宅で働くメリット

在宅型のフリーランスは、基本的に出社時間が設定されていないので、起床時間を自由に決められます。残業という概念もないので、作業の終了時刻も自由。会社員は週休何日というルールの中で働きますが、在宅型フリーランスは成果物を納期までに納品できれば、自由に休日を設定できます。長期休暇も取りやすい働き方です。

関連記事 : リモートワークとは何ですか?にお答え|テレワーク、在宅勤務との違いも

プログラマーとして在宅で働くために

在宅で働くのに必要なスキルや案件の探し方は、会社員として働く場合と、フリーランスで働く場合とで異なります。

会社員として在宅で働く場合

企業に勤める会社員がリモートワークを行うには、「1人で開発ができる基礎知識」と「ほかのメンバーと一緒に開発に関わる力」が必要です。

在宅で働く場合、「周囲の人に相談しづらい」「(自分から発信しなければ)困っている状況で手を差し伸べてもらえない」といった状況があり、オフィスで仕事をする場合よりも教育・サポートを受けづらいです。ビデオチャットなどでコミュニケーションを取れる場合もありますが、対面よりも情報量が減ることもあります。そのため、ある程度自走できるレベルの開発スキルが求められます。

また、会社員として開発に関わる場合、さまざまな人とコミュニケーションをとりながら開発を進めますが、これは在宅であっても同じです。同じチームのプログラマーはもちろん、営業、ディレクター、デザイナーとさまざまな職種とチームを組んで進めます。リモートワークでは特に、ほかのメンバーと協力するチームワークが求められるでしょう。

会社員のプログラマーとしてリモートワークできる求人を見つけるには、自走できる力量があることを示す「実績」と、どのような在宅ワーク環境なのかを把握するための「リサーチ」が必要です。実績は報酬の発生したものが望ましいでしょう。逆に既存サイトの模写など、仕事として納品していないものは、実績としては弱いです。

求人・案件を探す方法

現在の会社にリモートワーク制度がない場合、条件が合う企業への転職が考えられます。転職先を求人広告情報から絞り込むときは、その求人が完全に在宅での勤務が可能かどうか確認しましょう。在宅やリモートで勤務が可能と記載されている求人でも、「週に数日はオフィス出勤」としている場合や、実際は在宅勤務制度が推奨されていない場合もあります。

求人に応募するときは、その会社の在宅勤務の実態を調べておくと良いでしょう。実際にその会社で働いている知り合いがいれば、社員のうち何割が在宅勤務制度を利用しているかリサーチするのも一つの手です。

また、会社員として就職・転職する場合は、「給与(月給・時給)」「手当の種類」「年間休日数」「残業は何時間以内か」「フレックスなどの制度はあるか」「社食など福利厚生は充実しているか」「未経験歓迎か」など、求人広告の詳細な条件も気になることでしょう。

しかし当然ながら、すべての条件を満たす求人はほとんどありません。そのため、自分の中での希望に優先順位をつけることも大切です。

関連記事 : プログラマーとは|仕事内容・種類・年収・資格など基本情報を紹介

フリーランスとして在宅案件を請け負う場合

フリーランスは、その案件をこなせる実力があるかをシビアに見られる働き方です。そのため、会社員プログラマー以上に、スキルと実績がものを言います。フリーランスを目指す人は、会社員時代から実績づくりを行うと良いでしょう。

たとえばWebサイト制作なら、オリジナルのサイトを作成するのが有効です。先述のとおり、単にテンプレートに沿ったサイトやどこかのサイトの模倣よりも、オリジナルサイトの方が効果的にアピールできます。加えて「なぜその機能を実装したのか」「なぜその技術選定に至ったか」といった理由を説明できれば、技術への理解・スキルをより正確に伝えられるでしょう。

また、フリーランスとして主体的に案件をこなすためには、実装スキルだけでなく、要求分析、要件定義から行えるスキルも重要です。クライアントによって、ITリテラシーの深度は異なります。そのため、クライアントが言語化できないニーズを抽出し、要件定義を行うスキルが求められます。

求人・案件を探す方法

フリーランスが在宅案件を獲得する方法としては、クラウドソーシングサイトの利用や自身のWebサイトからの流入、SNSでの受注といった方法があります。

クラウドソーシングサイトを利用する場合、プロフィールに実務経験・実績・スキルなどを書き込んでアピールしましょう。クライアントは実務経験を重視するためです。また、多くのサイトでは、クライアント側が受注実績を確認できる仕様になっています。過去にプログラミング案件を納品していれば、より案件を受注しやすくなるでしょう。

自身のWebサイトで案件を受注する場合は、スキルをアピールするために、実務経験・実績・スキル・成果物などをポートフォリオにまとめておきます。ポートフォリオに掲載する成果物の例としては、Webアプリやスマホアプリ、レスポンシブデザインのWebサイトなどが挙げられます。Webサイトの更新をSNSで発信すれば、より多くの企業から注目されやすくなるでしょう。

また、フリーランスとして活躍するためには、継続性も重要です。クライアントから信頼されれば、1つの案件から続けて案件を獲得できる可能性もあります。たとえば企業のコーポレートサイトの開発を受注したら、次にコーポレートサイトのリニューアル案件を受注、さらに同じクライアントのECサイトリニューアルを実施といった流れが考えられます。

関連記事 : 在宅フリーランスの案件を探すには|職種例や注意点も紹介

フリーランスとして常駐型案件に参画し、実績を積んでから在宅で働く場合

常駐型フリーランスとして客先で実績を積んだ後、在宅ワークに移行する方法もあります。フリーランスプログラマーの案件は、在宅型よりも常駐型の方が多く見つかります。理由としては、「現場でコミュニケーションを取りながら開発を進めたい」「セキュリティ上の事情から現場で作業をしてほしい」といった、企業側のニーズがあるためです。

一方現場で実績を積み、チーム内での信頼を築くことで、在宅ワークがOKとなる案件もあります。フリーランスとしての実績が少ない場合は、まず常駐型案件で実績を積み、クライアントの信頼を勝ち取ってからリモートワークに移行するのが良いでしょう。

案件を探す方法

常駐からリモートワークへ移行できる案件を探すときは、クラウドソーシングサイトやSNSを活用します。「技術名+案件」などで検索してみると良いでしょう。また、フリーラ スエージェントを利用するのも一つの手。常駐型案件を多く扱っているため、合わせてチェックすると良いでしょう。

関連記事 : フリーランスが「初めての常駐SE・プログラマ案件」を成功させるために気をつけるべき5つのこと

在宅プログラマーの働き方

在宅プログラマーには、以下のような働き方があります。

  • フルタイム在宅プログラマー
  • 週末だけ在宅プログラマー
  • 主婦・主夫の在宅プログラマー

この項では、フルタイム以外の概要を説明していきます。

週末だけ在宅プログラマー

まずは、週末や休暇中だけ在宅プログラマーとして働く働き方です。クラウドソーシングサイトや業務委託案件の紹介サイトを利用して、案件を受注すると良いでしょう。納期内で納品できそうで、かつ出社が不要な案件を選ぶのがポイントです。

クラウドソーシングサイトの案件例としては、Webサイトのランディングページ作成が挙げられます。報酬は1ページ1万円程度です。HTML・CSSでの業務経験があれば、1~2日で作成できるものもあります。さらに単価が高い案件もあるので、新着案件を常にチェックし、無理なく納品できる案件を探しましょう。

主婦・主夫の在宅プログラマー

主婦・主夫の在宅プログラマーは、曜日ごとにある程度まとまった時間が取れる人が多いため、時間単位の案件や稼働日に規定がある案件を選ぶと良いでしょう。クラウドソーシングサイトや業務委託案件の紹介サイトから、案件に応募するのが一般的です。家事や育児との両立が負担にならないよう、稼働時間に余裕を持って案件を選択しましょう。

クラウドソーシングサイトで扱っている案件例としては、週3日稼働のPHPシステム開発や、週30時間程度稼働のWebページ作成といった案件が挙げられます。週30時間で時間単価1,500~2,000円の場合、一ヶ月あたり18~24万円を稼げる計算です。

関連記事 : 在宅プログラマーの仕事内容・探し方

在宅プログラマーの年収

在宅プログラマーの年収を調査したデータは、省庁で発表されていません。そのため、会社員プログラマーとフリーランスプログラマーの年収をご紹介します。

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」によれば、従業員規模10人以上の会社に勤めるプログラマーの平均年収は425.8万円です。

一方、レバテックフリーランスのプログラマー案件の平均月額単価は69万円。(2021年5月時点)。単純に12か月分で換算すると、フリーランスプログラマーの平均年収は828万円が目安です。

会社員とフリーランス、どちらの働き方をするかによって、年収には幅があります。また、本業か副業かによっても、年収は大きく変わってくるでしょう。

関連記事 : プログラマーの平均年収・給料|未経験からの転職でどれくらい稼げる?

求人・案件が豊富な在宅プログラマー向けの言語

最後に、比較的求人・案件が豊富なプログラミング言語をご紹介します。

  • Java
  • JavaScript
  • PHP

以下でそれぞれ見ていきましょう。

Java

「Java」は、さまざまな企業の基幹システムで使用されています。ほかのプログラミング言語と比べて汎用性が高く、OSに依存しないため、世界中の開発現場で使用されています。

Javaはモバイルアプリケーション(Android)開発やWebサイト開発、デスクトップアプリケーション開発といった幅広いプロダクトに活用できる言語です。そのため、案件数も、比較的安定しています。

JavaScript

「JavaScript」は、ユーザー側(ブラウザ)で動作するプログラム言語です。JavaScriptは主に、動的なWebページの作成やWebアプリケーション開発で使用されます。また、近年では、サーバーサイド言語として小規模なアプリ開発にも使用されたり、ゲームの開発に用いられたりすることもあります。

JavaScriptはWebサイト・WebアプリケーションでリッチなUI・UXを実現するために欠かせない言語です。また、AJAX(非同期処理)や、Node.js(サーバーサイドで動くJavaScript)でも必要なことから、JavaScriptに関する案件は数多くあります。

PHP

「PHP」は、Web開発の現場で用いられるスクリプト言語です。主にHTMLソースコードの生成やデータベースとの連携、HTMLフォームでユーザーが入力した情報の取得などを実行できます。PHPはWordPressの開発にも使用されており、テンプレートのカスタマイズにはPHPの知識が必要です。

WordPressは1995年の登場から現在に至るまで、世界中で高いシェアを占めるCMSの一つです。WordPressが普及したことで、日本の開発現場でもPHPが広く使用されるようになりました。現在も豊富な案件数を誇ります。

関連記事 : 在宅エンジニアの仕事とは|求人・案件の募集傾向や年収の目安は?

※本記事は2021年5月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

在宅プログラマー案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。