オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

テストエンジニアの平均年収|仕事内容や年収アップに役立つ資格・スキルは?

テストエンジニアの年収は、上位層と下位層の差が大きい傾向にあります。変化が激しいといわれるIT業界ということもあり、多くのテストで自動化が進んでいることが理由のひとつです。この記事では、テストエンジニアの平均年収に加え、年収アップにつながるスキルや資格、さらにテストエンジニアの将来性などについて解説していきます。

テストエンジニア案件を提案してもらう

目次

テストエンジニアの平均年収
テストエンジニアの仕事内容
テストエンジニアの年収アップに役立つ資格
テストエンジニアの年収アップに役立つスキル
テストエンジニアの年収アップが目指せるキャリアパス
テストエンジニアの将来性
テストエンジニアの年収についてのよくある質問

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

テストエンジニアの平均年収

2021年6月時点でレバテックフリーランスの「テストエンジニア」の求人・案件の平均月額単価は56万円、最高単価は145万円、最低単価は12万円でした。月額平均単価は56万円であるため、仮にこの数値をもとにして概算すると、平均年収は約670万と計算できます。

フリーランステストエンジニアの年収相場

参照元 : テストエンジニアの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 672万円
最高年収 1740万円
最低年収 144万円


ただし、これはレバテックフリーランスに掲載されているテストエンジニアの求人・案件をもとにしたデータとなり、テストエンジニア全体の平均年収とは異なる点に注意が必要です。

テストエンジニアは、ほかのエンジニア関連の職種より、最高単価と最低単価の差が大きい傾向にあります。単価が高い案件では、テストの設計やテストリーダーとしてメンバーをマネジメントすることが要求される一方、単価が低い案件では、品質管理業務としてテストを行う案件が多いようです。

※参考:テストエンジニア」の求人・案件
関連記事 : ITエンジニアの平均年収と給料事情|年収1000万円を目指すには?

テストエンジニア案件を提案してもらう

テストエンジニアの仕事内容

テストエンジニアは、ソフトウェアやIT製品、電子機器などが正しく動作するかどうか、テスト・検証・評価を行います。テストを実施していく中で、プログラムやデータの設計ミスなど、プログラム中にあるエラーを発見し、製品の品質向上に貢献します。

さらに、テスト計画の策定やテスト設計、テストの実施、テスト結果の確認(分析)などを担当します。近年では、セキュリティ要求や品質要求の高まりなどから、テスト技法に関する深い知見を持ったエンジニアが活躍するケースが増えています。

関連記事 : テストエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

テストエンジニアの年収アップに役立つ資格

テストエンジニアになるために必須の資格はありません。しかし、テストエンジニアとして年収をあげることを考えると持っておくと役立つ資格があります。

  • JSTQB認定テスト技術者資格
  • IT検証技術者認定試験(IVEC)
  • ソフトウェア品質技術者資格(JCSQE)
  • 基本情報技術者試験

上記資格について紹介していきます。

JSTQB認定テスト技術者資格

JSTQBとは、日本におけるソフトウェアテスト技術者資格認定の運営組織で、各国のテスト技術者認定組織が参加しているISTQBの加盟組織として、2005年4月に認定されています。JSTQBが運営するソフトウェアテスト技術者資格は、海外でも有効な資格となっています。

※参考:JSTQB認定テスト技術者資格|JSTQB

IT検証技術者認定試験(IVEC)

一般社団法人IT検証産業協会(IVIA)が認定するテストエンジニアの資格試験です。特徴はテストの現場における実務を重視していることです。実務力を問う記述式試験を設けており、その合格者は実際の現場でも安心して仕事が任せられると、業界でも高い評価を受けています。

※参考:IT検証技術者認定試験(IVEC)|一般社団法人IT検証産業研究会

ソフトウェア品質技術者資格(JCSQE)

日本科学技術連盟が認定する技術者資格です。すべてのソフトウェア技術者に品質技術を身につけ、実践することにより、ソフトウェア品質の向上を実現することを目的としています。

品質保証部門だけでなくシステム開発者やテストエンジニアなど、ソフトウェア品質に携わるすべての方が対象です。合格者はソフトウェア品質力が認定され、専門知識を有していることを外部に対し証明できます。

※参考:ソフトウェア品質技術者資格(JCSQE)|JCSQE

基本情報技術者試験

経済産業省の情報処理技術機構が運営している情報処理技術者試験のひとつです。基本情報処理技術者試験とは、「情報処理の促進に関する法律」に基づき、情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定する国家試験です。ITエンジニアとしてキャリアをスタートするには、まず基本情報技術者試験を受験することがすすめられています。

※参考:基本情報技術者試験|情報処理推進機構
関連記事 : テストエンジニアの資格|仕事や転職に役立つ資格の取得方法、勉強方法を紹介

テストエンジニアの年収アップに役立つスキル

テストエンジニアの年収アップに役立つスキルの例として、「テスト技法の知識」「AI・テスト自動化ツールの知識」「コミュニケーションスキル」が挙げられます。ここでは具体的なスキルの詳細と必要な理由を解説していきます。

テスト技法の知識

テスト技法を知っていることで、短時間で効果的にテストを行うことが可能です。たとえば、設定の最小と最大、中間値を検証することで全体を把握する手法は境界テストといいます。このようなテスト技法を知っていると、少ない回数で網羅的にテストすることができます。

AI・テスト自動化ツールの知識

一般的にテストとは繰り返し行うため、数が多く、すべて実施するには時間がかかります。その場合、テスト自動化ツールを使うのが効果的です。

一度、実際に行うテスト方法を自動化で組んでしまえば、頻繁に行うテストをまとめて効率よく実施できます。さらにAIを使えば、不具合が見つかった場所を重点的にテストすることも可能です。IT業界では人手不足が慢性化しており、効率的に作業を行えるテスト自動化やAIの知識は必要な技術といえるでしょう。

コミュニケーションスキル

テストの設計、実施、確認など、テストをスムーズに行うには、顧客と継続した関係を保ちつつ、テスト設計、実施していく必要があります。そのため、顧客との円滑な対話と要望を聞き出せるコミュニケーションスキルが非常に重要になります。

関連記事 : テストエンジニアのスキル

テストエンジニアの年収アップが目指せるキャリアパス

テストエンジニアの年収アップが目指せるキャリアパスとしては、「スペシャリストを目指す」「管理職を目指す」「別の職種に転職する」といったキャリアパスが挙げられます。ここでは具体的なキャリアアップ・キャリアチェンジの方法と、そのために必要なスキルを紹介します。

スペシャリストを目指す

テストエンジニアとしてスペシャリストを目指すことで、年収アップにつながります。テスト計画・設計・実施などの実際のテスト業務を数年間経験し、実務の中でテスト技法やテスト自動化などの知識や技術を習得していきます。テストの計画、設計から実施、そしてテスト自動化の設計から実施まで行うことができれば、スペシャリストとしての価値が認められるでしょう。

管理職を目指す

テストエンジニアとしてチームのリーダーを経験し、最終的に管理職になるというキャリアパスです。テスト業務も、大規模のものでは何十人のメンバーとチームを組んで行うため、リーダーとして人材をマネジメントするスキルやコミュニケーションスキルが必要です。これらのスキルを養うことで、管理職の道が開かれます。

別の職種に転職する

テストエンジニアから、別の職種に転職することでキャリアアップもできます。テストの設計業務などを行っていると、システムエンジニアなど開発エンジニアへの転職もスムーズになります。システム開発系エンジニアはプログラミングスキルや情報処理のスキルも必要です。

関連記事 : ITエンジニアのキャリアパス|向いている仕事内容は?キャリアプランの考え方

テストエンジニアの将来性

現在のIT業界では、人手不足が続いています。テストエンジニアも同様の状況であり、打開策のひとつとして、テストの自動化が進んできています。

テストの自動化が進めば、テストエンジニアの業務も軽減できるでしょう。しかし、中には複雑なテストもあり、自動化ができない部分もあります。こういった箇所は人が担っていかなければなりません。

また、テスト自動化自体の作成や運用などの業務には、どうしてもテストエンジニアの力が必要です。こういった業務は今後も増加すると考えられており、仕事内容の変化に対応していく力が求められるでしょう。

関連記事 : ITエンジニアの将来性|今後の需要が見込める仕事の種類やスキルを紹介

テストエンジニアの年収についてのよくある質問

テストエンジニアの年収についてのよくある質問をまとめました。

Q. テストエンジニアの平均年収はいくらですか?

A. レバテックフリーランスに掲載されているテストエンジニアの求人・案件の平均月額単価は56万円、高単価は145万円、最低単価は12万円です。求人・案件の月額平均単価は56万円であるため、仮にこの数値をもとにして概算すると、平均年収は約670万と計算できます。

ただし、これはあくまで現時点での求人・案件をもとにしたデータとなり、テストエンジニア全体の平均年収とは異なる点に注意が必要です。

Q. テストエンジニアの年収アップに役立つ資格はありますか?

A. テストエンジニアの年収アップに役立つ可能性がある資格には、「JSTQB認定テスト技術者資格」「IT検証技術者認定試験(IVEC)」「ソフトウェア品質技術者資格(JCSQE)」「基本情報技術者試験」などが挙げられます。

Q. 未経験からテストエンジニアに転職することは可能ですか?

A. はい、可能です。まずはテスターとして従事してください。経験を踏めば、テスト設計など上流設計を行えるようになります。また企業によっては、研修制度を用意していますので、転職の際は、研修制度の有無についても確認するといいでしょう。

関連記事 : テストエンジニアの将来性

※本記事は2021年6月時点の情報を基に執筆しています。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

テストエンジニア案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとテストエンジニアの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.