オンラインカウンセリング実施中

テストエンジニアの将来性について|年収、キャリアパス、関連資格なども解説

テストエンジニアは、テスト計画書の策定からテスト実施まで、テストに関する幅広い業務を担うエンジニアを指します。一定の将来性が見込める職種とされていますが、シーンによって、求められるスキルが変わってきています。この記事では、テストエンジニアの将来性・年収・スキル・資格・キャリアパスなどについて解説します。

テストエンジニア案件を提案してもらう

目次

テストエンジニアとは?
テストエンジニアの将来性について
テストエンジニアの年収
未経験からテストエンジニアになるには?
テストエンジニアとして活躍するために必要なスキル
テストエンジニアのキャリアアップに必要な資格
テストエンジニアのキャリアパス
テストエンジニアの将来性についてのよくある質問

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

テストエンジニアとは?

テストエンジニアとは、ソフトウェアやIT機器類が正常に動くか、不具合がないかなどのテストや検証を行い評価するエンジニアです。テスト計画の作成から、結果をもとに問題点の改善提案まで担う重要な仕事になります。また、テストを実行するほか、テスト計画書の策定やテスト設計などの上流工程も担います。さらに、テスト実施後にはテスト結果の資料作成やプロジェクト関係者に報告を行い、システムの品質改善の提案を行うことも多いです。

関連記事 : テストエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

テストエンジニア案件を提案してもらう

テストエンジニアの将来性について

ここでは、テストエンジニアの将来性について紹介します。

AIによる自動化の傾向がある

さまざまな分野・領域でAIの活用が注目されるようになっています。総務省も「AIの民主化」という概念が広まっていると公表しています。そして、システムやIT機器類におけるテスト業務もAIによる自動化が進んでいることから、AIを扱えその膨大なデータや結果を正しく分析できるテストエンジニアの需要は、今後増加していくと予想されます。

※参考:進む「AIの民主化」|総務省

ソフトウェアテスト・第三者検証に注目が集まり、需要が高まっている

近年ではITの発展に伴い、多くのシステムが開発されています。品質を担保するためにも、ソフトウェアテストや第三者検証が重要視される傾向にあり、正確性・信頼性の高いテストを実施できるテストエンジニアの需要が高まっています。

今後活躍していくにはテストエンジニア+αのスキルが必要

テストを自動化・効率化するツールは、今後も普及されていくことが予想されており、テストだけを担うエンジニアの需要は減少していく可能性も考えられます。つまり、今後のテストエンジニアには、+αのスキルが求められているのです。

文部科学省では、今後「AI×専門分野」を持つ人材を育成しようと公表しています。このことから+αのスキルには、AIのスキルを身に付けるとよいでしょう。

関連記事 : テストエンジニアの将来性

テストエンジニアの年収

ここでは、レバテックフリーランスが公開している求人・案件をもとに、平均年収・平均月単価について紹介します。

フリーランステストエンジニアの年収相場

参照元 :テストエンジニアの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 672万円
最高年収 1740万円
最低年収 144万円


レバテックフリーランスの求人・案件を参考に算出すると、フリーランスのテストエンジニアの平均月単価は56万円です。12ヶ月分を年収とすると平均年収は672万円と計算できます。また、最低月単価は12万円、最高月単価は145万円で、求人・案件によって単価の幅が広いのが特徴です。キャリアアップできれば、テストエンジニアの年収は1,000万円を超えることもできるでしょう。

ただしこの数値は、レバテックフリーランスの求人・案件を参考に算出した数値であるため、テストエンジニア全体の平均年収とは異なる点に注意が必要です。

関連記事 : ITエンジニアの平均年収と給料事情|年収1000万円を目指すには?

未経験からテストエンジニアになるには?

スキルや知識をしっかりつけることで、未経験からでもテストエンジニアになることは可能です。ただし、未経験の場合、最初は決められた項目をテストするテスターとして配属されることが多いでしょう。テストエンジニアとして重宝されるためには、後述するテストエンジニアに必要なスキルを身に付けたり、資格を取得したりすることで、テストエンジニアとしてキャリアアップしていくことが重要です。

関連記事 : テスターとは|仕事内容や向いている人、今後の需要についても解説

テストエンジニアとして活躍するために必要なスキル

ここでは、テストエンジニアになるために必要なスキルについて紹介します。

ソフトウェア開発

テストエンジニアには、テストを実施するソフトウェア開発のスキルが求められます。開発スキルがあれば、どのようなテストが必要なのかが把握しやすくなります。開発者との連携が取りやすくなると、テスト工程をスムーズに進めることができ、テストケースが足りない場合には、開発者へ適切な提案ができるでしょう。

コミュニケーションスキル

テストエンジニアには、コミュニケーション力が求められます。システム開発の上流工程を担当するテストエンジニアは、クライアントやエンドユーザと接する機会も多くあります。そのため、エンドユーザが求めている要望を正確にヒアリングするスキルや、チームメンバーに認識齟齬を生まないコミュニケーションスキルが要求されます。

分析力

テストエンジニアの仕事は、システムのバグ・エラーを見つけるだけではありません。バグやエラーを発見したあとはその原因分析をし、修正方法の指示や実際に修正を行うところまでが業務の一貫です。通常、原因分析には時間がかかることが多いため、素早くアウトプットを出せる分析力があれば、より重宝されるでしょう。

関連記事 : テストエンジニアのスキル

テストエンジニアのキャリアアップに必要な資格

ここでは、テストエンジニアのキャリアアップにつながる資格について紹介します。

JSTQB認定テスト技術者資格

JSTQBが運営しているテストエンジニア向けの資格試験です。JSTQBとは、日本におけるソフトウェアテスト技術者資格認定の運営組織で、世界各国のテスト技術者認定組織が参加しているISTQBの加盟組織として認定されています。そのため、JSTQBが認定する資格は、国際的に通用する資格といえるでしょう。試験には、Foundation Level・Advanced Level(TA)・Advanced Level(TM)の3種類があります。TAはテストアナリスト、TMはテストマネージャーを意味します。

※参考:JSTQB認定テスト技術者資格|JSTQB

IT検証技術者認定試験

一般社団法人IT検証産業協会(IVIA)が主催しているテストエンジニア向けの資格試験です。実務現場におけるテストスキルを重要視した試験を展開しているのが特徴です。役割ごとにレベル1からレベル7までの資格があり、未経験者から研究者までの試験が用意されています。

※参考:IT検証技術者認定試験(IVEC)|一般社団法人IT検証産業研究会

ソフトウェア品質技術者資格

一般財団法人日本科学技術連盟が主催している、ソフトウェアの品質力を認定する試験です。試験には初級・中級の2つがあり、初級試験は選択式のみ、中級試験には選択式に加えて記述式の問題も出題されます。試験はソフトウェア品質の仕事に携わる全ての方を対象としているため、品質保証部門に所属する方だけではなく、開発者からテストエンジニアまで向いている資格といえます。

※参考:ソフトウェア品質技術者資格(JCSQE)|JCSQE

関連記事 : テストエンジニアの資格|仕事や転職に役立つ資格の取得方法、勉強方法を紹介

テストエンジニアのキャリアパス

ここでは、テストエンジニアのキャリアパスについて紹介します。

スペシャリスト

テストエンジニアとして高度なスキルを身に付け、スペシャリストを目指すキャリアプランがあります。テスト計画書を策定するなどの上流工程を担当できるテストエンジニアになれば、高年収・高待遇が期待できるでしょう。

テストマネージャー

テストを実施する組織で、テストマネージャーを目指すのもキャリアプランのひとつです。大規模なプロジェクトになれば、テスト工程の中でも設計者やテスターなどの作業ごとに担当者を割り振り、個々で管理するマネージャーが決められることもあります。

管理職は組織のトップとなるため責任が大きく、テストエンジニアとしてのスキルに加えて、マネジメントするスキルが要求されます。

テストアナリスト

テスト計画・テスト条件・テスト項目の間には、複雑な関連性が存在することがあります。テストアナリストには、これらの関係性を適切に把握して、依存性を最小限にすることが求められます。テストアナリストになるためには、製品・ソフトウェアの仕様や、顧客の要件を細部まで把握するスキルが必要となるでしょう。

プログラマー

テストエンジニアから、別の職種であるプログラマーになることも選択肢のひとつです。テスト工程でもプログラミングを利用する機会があるため、テストエンジニアのスキルを生かしたプログラマーとして活躍することも可能です。

関連記事 : プログラマーに必要なスキル10選|仕事に役立つ資格は?スキル不足だとどうなる?

テストエンジニアの将来性についてのよくある質問

テストエンジニアの将来性についてのよくある質問をまとめました。

Q. テストエンジニアは将来性が期待できる仕事ですか?

A. テストエンジニアには、一定の将来性が見込めます。AIによる自動化の傾向があることやソフトウェアテスト・第三者検証の需要が高まっていることが理由として挙げられます。市場価値を高めるためにも、テストエンジニアのスキルに加えて、+αのスキルを身に付けていくことが重要です。

Q. テストエンジニアの年収はどれぐらいですか?

A. レバテックフリーランスのデータをもとに算出すると、テストエンジニアの平均年収は672万円です。テストエンジニアの年収は幅があるため、スキルを磨きキャリアアップしていくことが重要です。

Q. 未経験からテストエンジニアになるにはどんなスキルや資格があると役立ちますか?

A. テストエンジニア向けの資格として、JSTQB認定テスト技術者資格・IT検証技術者認定試験・ソフトウェア品質技術者資格などが挙げられます。

関連記事 : QAエンジニアの仕事内容

※本記事は2021年6月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

テストエンジニア案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとテストエンジニアの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.