オンラインカウンセリング実施中

VBAのスキル習得方法について|学習するメリットや活かせる資格も紹介

VBAとは、手動入力作業の自動化・文字列操作/変換・WebAPI連携などができるようになるスキルのひとつです。ExcelやAccessへの指示を記述するVBAは、Visual Basicをベースに、Microsoft Office製品用に開発されたプログラミング言語なのです。

VBAを使えばExcelやAccessのデータを自在に制御できるため、企業内ではルーティンワークの自動化・大量データの一括処理・業務システムの開発など、多岐にわたって活用されています。この記事では、こういったスキルの取得方法をはじめ、VBAにまつわる資格などについて解説していきます。

VBA案件を提案してもらう

目次

VBAとは?
VBAのスキルを習得すればできること
VBAスキルの習得方法
VBAスキル習得に役立つ資格について
VBAの将来性について
VBAスキルを活かした職種について
VBAのスキルに関するよくある質問

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

VBAとは?

VBAは、Visual Basicをベースにしたプログラミング開発環境で、Microsoft Office製品に標準搭載されています。ちょっとしたプログラミングにとどまらず、Office製品を利用した本格的なシステム開発にも用いられているのがVBAです。

例えば、「Officeに最初から備わっている機能では不十分なのでもっと機能拡張したい」「手作業では大変なので自動処理させたい」といった時に活用されています。

単純な繰り返し作業を自動化し、業務を効率化することができるようにもなるため、VBAを覚えればより複雑な処理を作成できるようになるでしょう。

2021年6月時点でのレバテックフリーランスに掲載されている「VBA」の求人・案件の平均月額単価は58万円、最高単価は145万円、最低単価は30万円となります。掲載されている求人・案件の月額平均単価は58万円ですので、仮にこの数値をもとにして概算すると、平均年収は約700万円と計算できます。

フリーランスVBAの年収相場

参照元 : VBAの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 696万円
最高年収 1740万円
最低年収 360万円


ただしこれは、あくまでレバテックフリーランスの求人・案件をもとにしたデータとなり、VBA求人・案件全体の平均年収とは異なる点に注意が必要です。

関連記事 : VBAの仕事|VBAエンジニアの年収、役立つ資格、求人状況は?

VBA案件を提案してもらう

VBAのスキルを習得すればできること

VBAのスキルを習得すればできることとして、手動入力作業の自動化・文字列操作/変換・WebAPI連携の3つが挙げられます。

手動入力作業の自動化

今まで手動で入力を行っていた部分や、繰り返し操作する部分などをVBAで自動入力するようプログラミングすれば、入力作業の時間を大幅に削減できます。

文字列操作、変換

VBAでプログラミングすることで、任意のデータを結合・分割したり大文字/小文字変換したりすることが自動的に可能になります。これらを手動で行っていた操作が不要になるため、作業の効率を上げることができます。

WebAPI連携

WebAPIとは、Web上にて公開されている特定のサービスや機能を利用するために提供されたインターフェースのことです。自作のVBAの中にWebAPIを組み込むことで、例えば、特定のWebページを開くときにExcelに入力したIDやPASSを自動で入力しWebサイトにアクセスすることが可能になったりします。VBAのWebAPI連携を適切に使うことで、活用の用途を広げ、効率性を上げることができるようになるでしょう。

関連記事 : VBAの資格・VBAエキスパートの試験の難易度や種類、勉強方法は?

VBAスキルの習得方法

VBAを学習する方法は、書籍と学習サイトが挙げられます。それぞれの学習方法を紹介していきましょう。

書籍

専門の書籍は基本から応用まで用意されており、独学で進められます。初心者におすすの勉強方法の例は、まずは入門書を読み全体の概要を理解した上で、実務的な基礎の本を読んで学習することです。それが理解できてから応用の書籍を勉強するという流れになります。たくさんの書籍があるため、専門の雑誌やWebサイトなどで推奨されているものを参考にしながら、実際に中身を確認してから購入することをおすすめします。

学習サイト

多くの学習サイトは、目的に応じた最適な学習プランが組めるようになっています。自身にあったカリキュラムが選べて段階的に勉強できるので、実践的なプログラミングから概念的な理論まで学ぶことができるでしょう。

関連記事 : Excel VBAの勉強方法|初心者の独学におすすめの学習方法を紹介

VBAスキル習得に役立つ資格について

VBAスキル習得に役立つ資格のひとつに、VBAエキスパートがあります。VBAエキスパートとは、ExcelやAccessのマクロとVBA(Visual Basic for Applications)のスキルを証明する資格です。

試験は、「Excel VBA ベーシック」「Excel VBA スタンダード」「Access VBA ベーシック」「Access VBA スタンダード」の4種類に分類されます。ベーシックレベルはビジネスで一般的に利用されるレベルのスキルを評価し、スタンダードレベルはITプロフェッショナルなどに求められる、より高いレベルのスキルを評価します。

VBAを使うことで、ExcelやAccessを自在に制御することができます。資格を取得し、その能力を証明できれば、就職・転職時に実力のアピールにつながるでしょう。

参考:VBAエキスパート|オデッセイ
関連記事 : VBAエンジニアの年収|求人案件数や将来性、Excelの資格も解説

VBAの将来性について

現在は多くの企業でMicrosoft Officeが導入されていることから、VBAの利用率は高いと考えられます。VBAは主に効率化の観点で使われていますが、部門全体でシステム化されて利用しているケースもあります。Microsoft Officeの中でも利用用途が特に多いのは、ExcelVBAです。

VBAは、Microsoft Office製品がある限り重宝されると考えられるでしょう。簡単に開発ができるのと、これらの製品を使う際の作業効率化や工数削減に欠かせないからです。

ただし、Microsoft Officeとセットで使用されているため、企業がMicrosoft Officeの利用を辞めてしまうと、必然的にVBAツールは利用されなくなります。その際には、VBAツールをVB.netやJavaなどに置き換えていくと考えられます。

また、企業内で保有しているVBAツールの最近の傾向をみると、属人化させない動きになってきています。VBAは個人に依存するところがあるので、管理をしっかり行っていく企業ではVBAの使用を制限しているケースもみられます。

さらに、VBAは大量のデータを処理するには不向きなため、用途に限界があります。昨今では、便利なWebアプリケーションもあり、プログラミングをすることなくWebAPIにアクセスできたり、省力化できたりするものが多くあります。必ずしもVBAでなくてはいけないという時代ではなくなりつつあるのが現状です。そのため、VBAから他のサービスを使うことが主流になると、需要が減っていく可能性もあることを視野に入れておくとよいでしょう。

関連記事 : VBAの将来性|メリット・デメリットや今後の需要、求人案件の動向は?

VBAスキルを活かした職種について

VBAを活かした職種については、事務職やSE・プログラマーがあります。ここでは、VBAを活かした職種について解説していきましょう。

事務職

Officeでよく使われるVBAは、Excelです。Excelが多く使う職種は、給与計算やそのほかの管理表を多く作成している事務職であることが多いでしょう。具体的には、データをExcel上でまとめたり、セルの結合で構成された様式にデータを転写する作業をしたりする作業などでExcelのVBAを使います。単純作業になりがちなこれらの作業をVBAで自動化できれば、作業の効率化が見込めるでしょう。

SE・プログラマー

SEやプログラマーの方は、仕様書や数値計算をするシートなど、プロジェクトに関する資料をExcelで作成することも多いでしょう。今後もExcelが使われる機会が根強く残るのであれあれば、業務効率化で力を発揮するVBAもまた必要不可欠な技術として使われる機会は多くありそうです。

また、VBAはVisual Basicをもとにしたプログラミング言語なので、VBAのプログラミング知識を活かせば、他言語の学習にも活かせるはずです。VBAのプログラムを作成することが苦でないようであれば、自身で学習を深めることでSEやプログラマーへの転職も検討できるでしょう。

関連記事 : VBAの在宅ワークの求人・案件を探す方法|副業でできる仕事はある?

VBAのスキルに関するよくある質問

VBAのスキルに関するよくある質問をまとめました。

Q. VBAとはどんな言語ですか?

A.ExcelやAccessなどのアプリケーションに、指示した通りの処理を実行させる機能をマクロといいます。VBAは、マクロにExcelやAccessへの指示を記述するための言語で、Visual Basicをベースに、Microsoft Office製品用に開発されたプログラミング言語です。

Q. VBAスキルを習得するメリットは何ですか?

A.VBAのスキルを習得すれば、手動入力作業の自動化・文字列操作/変換・WebAPI連携などができるようになり、作業を効率化することができます。また、転職・就職の際にもそのスキルをアピールできます。

Q. VBAスキルを活かせる職種は何ですか?

A.VBAを活かした職種には、事務職やSE/プログラマーが挙げられます。事務職では、給与計算や、そのほかの管理表をExcelで作成することが多いため、ExcelファイルをVBAで自動化することで、作業の効率化が実現できます。

SEやプログラマーにとってVBAを作成することは、プログラム作成の一環ともいえます。VBAのプログラムを作成することが苦でないようであれば、SEやプログラマーへの転職も、VBAスキルを活かせる職種といえるでしょう。

関連記事 : プログラマーとシステムエンジニア(SE)の違い|仕事内容や年収、将来性を比較

※本記事は2021年6月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

VBA案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとVBAの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.