フリーランス転向を考えるならライフイベントも見据えて検討を
ライフイベントの費用はいくら必要?人生の三大支出+1をFPが解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランス転向を考えるにあたって欠かせないお金の話。フリーランスになったら収入はいくらになるか?」も気になりますが、「先々でいくら必要になるか」も把握した上で検討することが大切です。そこで今回は、教育費や老後の費用などのライフイベントでかかる費用をファイナンシャルプランナーが解説します。

※本記事は2017年11月時点での内容を基に作成しております

フリーランスの働き方について話を聞く

 

※関連記事
■第1回

年収1000万円は高い?低い?FPが教えるフリーランスとお金の話
■第3回

老後の不安・心配に備える!フリーランスの家計管理・老後対策入門

0. 目次

 1. ライフイベントの費用をしっかり知れば安心
 2. 人生の三大支出。今はプラス1
  2-A. 老後資金 約24万円/月
  2-B. 教育資金 約1,000万円(幼稚園~大学まで全て公立の場合)
  2-C. 住宅購入資金 建売住宅:約3,320万円 マンション:約4,250万円
  2-D. 最後にプラス1 在宅介護 約5万円/月

1. ライフイベントの費用をしっかり知れば安心

はじめまして。ファイナンシャルプランナーの尾上堅視です。家計の総合相談センターでは相談員をしております。私自身も自営業の時期があり、その時期にお金に関する勉強を始め、お金に対する不安を乗り越えてまいりました。少しでも参考になれば幸いです。

今回は第2回目という事で、ライフイベントの費用などを紹介いたします。

相談をお受けしている中でも「教育費が心配」「老後が心配」とお話しされる方がいらしゃいますが、しっかりとデータを知っていれば、必要以上に心配することはありません。平均的なデータではありますが参考にしてください。

2. 人生の三大支出。今はプラス1

老後の生活に必要な「老後資金」、高校・大学の学費など子どもの教育に必要となる「教育資金」、家を買うのに必要になる「住宅購入資金」、この三つの支出のことを「人生の三大支出」と呼びます。三大支出と呼ばれるだけあって大きな金額となっております。
 

2-A. 老後資金 約24万円/月

総務省の「家計調査年報(家計収支編)」平成28年家計の概況によりますと、高齢夫婦の平均的な1ヶ月の支出は約24万円となっています。仮に老後を20年とするならば、約5,760万円と大きな金額が必要となります。しかし老後には、公的年金の収入がありますので、そこまでの心配は必要ありません※1
​※1:20歳から40年間、国民年金保険料を納付した場合、65歳からの国民年金受取額は1ヶ月約6.5万円

加えて、フリーランスの強みは定年がないことです。会社員の方と違い、老後であっても収入を得る方法を作っておくことができると思います。
 

2-B. 教育資金 約1,000万円(幼稚園~大学まで全て公立の場合)

教育費についての相談では、「大学までの費用」と「大学4年間の費用」、このギャップに戸惑っている方が多い印象です。

教育費についても、統計データが出ていますのでチェックしてみましょう。文部科学省「子どもの学習費調査」平成26年度のデータによりますと、幼稚園から高校卒業まで全て公立だった場合、約523万円となっています。

学習費総額※2,3
  年間費用(公立) 総額(公立)※4 年間費用(私立) 総額(私立)※5
幼稚園 22.2万円 66.6万円 49.8万円 149.4万円
小学校 32.1万円 193.0万円 153.5万円 921.4万円
中学校 48.1万円 144.5万円 133.8万円 401.5万円
高等学校 40.9万円 122.9万円 99.5万円 298.5万円
費用総額 - 527.2万円 - 1771.0万円

​※2:平成26年度子供の学習費調査 2.調査結果の概要(文部科学省)より抜粋
※3:学習費の総額となっていますが、これには学校教育費・給食費、学校外活動費(塾なども含みます)が含まれています
※4,5:年間費用を単純合計したものになります

 

3歳~18歳まで、すべて公立で進学した場合、約523万円となりますが、これを3歳~18歳までの15年間で割りますと1年あたり35万円、月約3万円の費用となります。総額でみると大きな費用ですが1か月の費用として考えるとイメージをつかんでいただけるかと思います。

しかし、大学に進学するとなると費用が大きく変わってきます。国公立:自宅通学だったとしても、4年間で500万円以上の費用が掛かってきます。自宅外の通学(一人暮らし)となると、これ以上の費用が掛かります。

大学入学から卒業までにかかる費用(自宅通学時)※6
  国公立 私立(文系) 私立(理系)
入学費用 79.7万円 95.9万円 120.1万円
在学費用※7 405.2万円 599.2万円 759.6万円
合計 484.9万円 695.1万円 879.7万円

​※6:教育費負担の実態調査結果(平成29年01月30日発表)(株式会社日本政策金融公庫)より抜粋
※7:年間費用を単純合計したものになります

教育費を考える上でのポイントは、「備えあれば憂いなし」となります。高校や大学の費用の準備や奨学金を利用するかなどを、少し早目に意識しておくと良いでしょう。

 

フリーランスの働き方について話を聞く

 

2-C. 住宅購入資金 建売住宅:約3,320万円 マンション:約4,250万円

高い買い物として思い浮かべるのは、やはり住宅の費用になるかと思います。購入しないとしても、家賃は必要となる方も多いはずです。いずれにしても住居のための費用は大きな金額となります。家を購入する場合は頭金、賃貸の場合でも引っ越しや敷金(礼金)など、まとまったお金が必要になりますので、お金を貯めておくことは大事です。

現在(2017年11月)の環境はマイナス金利も影響もあって、住宅ローンの金利もかなり低くなっていますので、住宅購入の相談は非常に多くなっています。「賃貸」か「購入」かと、どちらが良いのか私たち金融業界でも話題になりますが、どちらにもメリット・デメリットはございます。住宅が欲しいと思った場合、フリーランスならではのことを覚えておきましょう。
 

フリーランスが住宅費用を考える上でのポイント

・フリーランスが自宅兼事務所として使用する場合、賃貸住宅の場合なら仕事場として使っている「床面積分の割合の家賃を経費として計上」できます
・住宅ローンを申請する場合「過去3年分の所得」の所得を目安にされ、ローンの返済能力が問題ないかを審査されます


キャッシュフロー的に心配ないかなど、経営の事も意識しながら、「賃貸」か「購入」を考えていくと良いでしょうか。
 

2-D. 最後にプラス1 在宅介護 約5万円/月

今は「人生の三大支出」に加え、介護費用を考えなければいけない場合もあります。この介護ですが、ご自身たちの場合もありますし、両親・親族の場合もあります。介護については、介護保険制度がありますので、もし介護が必要な場合の負担も昔に比べ、かなり軽減はされています。

家計経済研究所2016年のアンケート調査によりますと、在宅介護にかかる費用の平均は、約5万円/月となっています。平均とはなっていますが、介護の度合いによって費用は変わってまいります。

最後になりましたが、もしかすると収入が無い時期が突然やってくるかもしれません。無収入の時期が続いたとしても、最低でも半年は生活できるように貯金をしておくことが大事です。

そして、少しずつでもいいので貯蓄や備えの仕組みを作っていきましょう。

しかし、あまり先の心配ばかりしても始まりません。心掛けて欲しいことは、会社員であってもフリーランスであっても「身体が資本」です。健康に仕事をしていきながら、しっかりと稼ぐことを意識していただければと思います。
 


 

本記事の執筆者
ファイナンシャルプランナー・尾上 堅視(おのうえ けんじ)
株式会社家計の総合相談センター相談員:2005年に資産運用を身近なものにするためのサイト「かえるの気長な生活日記。」を立ち上げる。2009年にはサイトをきっかけに、投資信託・投資に纏わる証券会社・運用会社の取材記事のライターを務める。また、2010年12月より家計の総合相談センターに勤務。FPとして生活者の目線で、お金と仲良くおつきあいする方法を伝えるために広める活動中。
 

 

お金にまつわる疑問や悩みをファイナンシャルプランナーに相談してみませんか?

レバテックフリーランスではご利用者に向けて、ファイナンシャルプランナーへの無料相談サービスを提供しております。本記事でご協力くださった尾上先生をはじめとした経験豊富なファイナンシャルプランナーから、お金にまつわる悩みや疑問についてアドバイスを受けられます。

フリーランス転向を考える上で将来のお金のことも気になりはじめた方や、「ライフプランニング」「教育資金・住宅資金・老後資金」「資産形成」…、こういったワードに「興味はあるけれど…」で止まっている方など、ぜひご検討ください。

ライフ&マネ―プラン無料相談サービスについて詳しく見る
 

フリーランスの働き方について話を聞く

 


※関連記事
■第1回
年収1000万円は高い?低い?FPが教えるフリーランスとお金の話
■第3回
老後の不安・心配に備える!フリーランスの家計管理・老後対策入門

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.