フリーランスデザイナーの案件獲得方法や年収は?メリットデメリットも紹介

この記事のまとめ
  • フリーランスデザイナーになるには、まずは広告制作会社やデザイン事務所で経験を積む
  • フリーランスデザイナーが案件を獲得する際は、クラウドソーシングやエージェントを利用すると良い
  • フリーランスデザイナーとして活躍するにあたり大切なのは、スキルを磨き続けること

「これまで会社員としてデザイナーをしていたけど、フリーランスに転身したい」と考えている方もいるでしょう。

本記事では、フリーランスデザイナーのなり方や転向前の準備、案件獲得方法などを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

デザイナー案件を提案してもらう

目次

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

フリーランスデザイナーになるメリット・デメリット

ここでは、フリーランスデザイナーになるメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

  • フリーランスデザイナーになるメリット
  • フリーランスデザイナーになるデメリット

メリットとデメリットの両方を把握し、フリーランスになるかどうか慎重に選択してください。

フリーランスデザイナーになるメリット

フリーランスデザイナーになるメリットは、以下の通りです。

  • やりたい仕事を選ぶことができる
  • 働き方の自由度が上がる
  • 年収アップが期待できる
  • 人間関係で悩むことが少なくなる可能性も

それぞれ内容を見ていきましょう。

やりたい仕事を選ぶことができる

会社員のデザイナーとして働く場合、「得意分野を活かしたい」「この業務に携わりたい」と思っていても、必ずしも実現できるとは限りません。しかし、フリーランスデザイナーであれば、自身でどの案件に着手するかを自由に選択しやすくなります

とはいえ、クライアントが求めるレベルに達していなかったり、実績が足りなかったりした場合は、案件を選べないことも。前提として、デザイナーとしての経験を積む過程で、ある程度のスキルを身に付けておくことが大切です。

働き方の自由度が上がる

自己管理を徹底する必要はありますが、フリーランスデザイナーは働く場所や時間などを自由に選んで働けます(※在宅案件の場合)。親の介護を行っている方や小さな子どもがいるという方でも、空いた時間に業務を進めることが可能です。

自身の状況に合わせて働き方を柔軟に調整できるのは、フリーランスデザイナーのメリットといえるでしょう。

年収アップが期待できる

フリーランスデザイナーは、スキルが高ければ高単価の案件を獲得できる可能性が高まります。そのため、高いスキルを持つフリーランスデザイナーであれば、年収アップを実現しやすいでしょう

反対に、実績が少なかったり、スキルが低かったりする場合は、収入ダウンにつながりかねません。もちろん、次第に収入をアップさせていくことは可能ですが、独立前には十分な準備をしておいた方が安心でしょう。

人間関係で悩むことが少なくなる可能性も

人間関係で悩むことが少なくなるのも、フリーランスのメリットです

上述のとおり、フリーランスはどのクライアントの案件を受けるか、基本的には自分で選択可能です。そのため、人間関係が固定化されやすい会社員と比べ、気疲れが減る可能性があります。気が進まない飲み会の誘いも、フリーランスであれば断りやすいでしょう。

フリーランスデザイナーになるデメリット

フリーランスデザイナーになるデメリットは以下の通りです。

  • 本業以外の雑務も自分で行う必要がある
  • 収入が安定しない可能性がある
  • 自ら営業しなくてはならないのが大変

それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

本業以外の雑務も自分で行う必要がある

フリーランスデザイナーは、案件の獲得からクライアントとの交渉、見積書の作成など、本業以外の雑務もすべて自分自身で行います。手が回らないからと後回しにしてしまうと、結果的に本業にも支障をきたしてしまう可能性もあるため注意しましょう。

収入が安定しない可能性がある

フリーランスデザイナーは、会社員と異なり、自分で案件を獲得する必要があります。そのため、案件を獲得できなければ収入がゼロになってしまう可能性も。病気や怪我で働けなくなった際も、自分で保険に入らない限りは補償がありません。収入面に関して安定性に欠けるのはフリーランスデザイナーとして働くデメリットといえるでしょう。

自ら営業しなくてはならないのが大変

自ら営業して案件を獲得しなければならないのが、フリーランスの大変なところです。収入を得るために営業活動に力を入れすぎると、仕事に集中できなくなる恐れもあります。

デザイナー案件を提案してもらう

フリーランスデザイナーの年収

フリーランスデザイナーには、WebデザイナーやCGデザイナー、ゲームデザイナーなど、さまざまな種類があり、案件や年収もそれぞれ異なります。ここでは、レバテックフリーランスで公開中の案件単価から、Webデザイナーの年収目安を確認しましょう。

2022年8月時点で、レバテックフリーランスが取り扱う「Webデザイナーの案件」は、50万前後のものが多い傾向にあり、これを12ヶ月分に換算すると年収は600万前後になります

しかし、案件を継続的に獲得できるとは限らないため、あくまでひとつの目安として考えてください。

デザイナー案件を提案してもらう

フリーランスデザイナーになるには?

フリーランスデザイナーは、広告制作会社やデザイン事務所で経験を積んだ後になるのが一般的です。独学から目指すことも不可能ではありませんが、未経験からフリーランスデザイナーになるケースは稀であると考えておきましょう。

フリーランス転向を検討中のインハウスデザイナーは、まずポートフォリオを作成してください。デザイナーにとってのポートフォリオとは、作品をまとめた資料を指します。フリーランスになった際、これまでの実績やスキル、作品の雰囲気をクライアントに知ってもらえるのがポートフォリオのメリットです。

フリーランスデザイナーに必要なスキルは、Photoshop/Illustrator/InDesignなどを扱う技術に加え、入稿・印刷の知識、マーケティングの知見なども挙げられます。経験年数を重ねながら新たなスキルを習得していくことで、年収アップも狙えるでしょう。

フリーランスWebデザイナーの仕事のリアル|未経験で独立して稼げる?年収は?」では、フリーランスWebデザイナーになる方法や必要なスキルを解説しています。あわせて参考にしてみてください。

デザイナー案件を提案してもらう

フリーランスデザイナーに転向する準備

フリーランスデザイナーに転向する際は、下記の準備が必要になります。

  • 制作環境を準備する
  • 自分のWebサイトやSNSを作る
  • 保険や年金を切り替える
  • 開業届を出す

一つずつ解説します。

制作環境を準備する

パソコンやグラフィックソフト、スキャナーなど、制作環境を整えましょう。グラフィックソフトは、PhotoshopとIllustratorが必須となります。

自分のWebサイトやSNSを作る

WebサイトやSNSも、フリーランスデザイナーの営業に欠かせません。Webサイトは、自身の作品をアピールする「ポートフォリオ」として作成するのも良い方法です。

保険や年金を切り替える

フリーランスに転向する際には、保険や年金の切り替えが必要です。元勤務先の保険を継続できる場合もあるので、希望する人は退職前に確認しておきましょう。

開業届を出す

フリーランスとして活動を開始したら、税務署に開業届を提出します。提出期限は、事業開始から1ヶ月以内です。

開業届を出さなくても、特に罰則はありません。とはいえ、節税効果が高い青色申告ができたり、廃業時に「退職金」がもらえる小規模企業共済に入れたりなどのメリットがあるため、提出するのが望ましいといえます。

参照 : [手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続|国税庁

デザイナー案件を提案してもらう

フリーランスデザイナーの案件獲得方法

フリーランスデザイナーは、主に以下のような方法で案件を獲得します。

  • 人脈を活かす
  • イベントに参加する
  • SNSで実績をアピールする
  • クラウドソーシングで受注する
  • マッチングサービスを利用する
  • フリーランスエージェントを活用する

それぞれの内容を見ていきましょう。

人脈を活かす

プライベートの知人や、企業で働いていた時に出会った人から案件を提案される可能性があります。顔見知りはあなたのスキルレベルや作品のテイストをすでに理解しているので、もし案件があれば適切な作業を振ってくれそうです。

フリーランスデザイナーとして働くうえで、クライアントとは良い関係を築いておけると良いでしょう。

イベントに参加する

イベントや交流会、勉強会に積極的に足を運ぶことで、フリーランスデザイナー同士のコネクションが生まれます。

その中で、案件を提案されたり、逆にこちらが相手に協力を仰いだりといったやりとりが発生することがあるしょう。運が良ければ、長くつき合えるクライアントに出会える場合もあります

SNSで実績をアピールする

Twitter/InstagramのようなSNSを通じて自身の作品やスキルを発信することも、アピールにつながります。その際、連絡先やキャリアを併せて記載すると効果的。あなたに作業を頼みたいと思った人が、コンタクトをとってくるかもしれないからです。

クラウドソーシングで受注する

クラウドソーシングを利用すれば、オンライン上で案件を受発注できます。「人脈があまりない」「営業活動がなかなかうまくいかない」という方は活用してみると良いでしょう。

クライアントが募集している内容を見てデザインを提案し、それが提案されることで案件を受注できます。

マッチングサービスを利用する

クラウドソーシング以外のマッチングサービスを利用するのも手です。案件単位でクライアントとやりとりするクラウドソーシングとは異なり、クライアントと出会うことが主たる目的となっているサービスもあるようです。

フリーランスエージェントを活用する

フリーランスエージェントを活用すれば、案件探しや単価交渉など、エージェントが担当してくれます

クラウドソーシングよりもまとまって発注ができたり、単価が高めに設定されていたりするケースもあるため、安定性と効率を重視したい方には向いているといえるでしょう。

フリーランスエージェントの比較方法や利用するメリットなど、詳しく知りたい方は「フリーランスエージェントはどんな人におすすめ?比較のコツやメリット」の記事もチェックしてみてください。

デザイナー案件を提案してもらう

フリーランスデザイナーとして成功するには?

フリーランスとして長く活躍するためには、以下のポイントを意識しましょう。

  • スキルを磨き続ける
  • 信頼性を高める
  • 案件やクライアントを選ぶ

それぞれの内容を見ていきます。

スキルを磨き続ける

スキルアップを欠かさないことで、参画できる案件の幅が広がります。高単価の案件を獲得できる可能性が高まり、収入を上げるチャンスも増えるでしょう。単一のスキルだけでなく、関連する知識や技術も身につけられればなお望ましいといえます。

信頼性を高める

フリーランスを続けるには、リピーターになってくれるクライアントの存在が重要です。常に納期を厳守し、基本的なビジネスマナーを守るなど、「またあの人に依頼したい」と思ってもらえる行動を心がけましょう

クライアントの要望を深く理解した上で、あなたならではの知見を活かした提案ができれば、信頼度はさらに高まります。

案件やクライアントを選ぶ

早く実績を作りたかったとしても、自分の経験やスキルが軽く見られるような案件およびクライアントは避けた方が無難。たとえば、低単価の割に負担が大きい案件や、無償で作業を引き受けることなどです。

自分を守るためにも、経験とスキルに見合った案件・クライアントを選びましょう。

デザイナー案件を提案してもらう

活躍しているフリーランスデザイナーのブログ

ここまで、フリーランスデザイナーになる方法や成功のポイントについて解説してきました。続いては、具体的にフリーランスデザイナーとして働くイメージを描けるよう、活躍中の方々のブログを見ていきましょう。

  • 今マジになる!!ブログ
  • YOSHIPAN web Design
  • ポポデザイン
  • arairio
  • ぱるログ
  • Monica web Blog
  • Recost Design
  • Design & Creation manakaweb

以下が、その内容です。

今マジになる!!ブログ

自身を"脳内アーティスト"と名乗るSHUN INANUMAさん。

彼は頭の中で考えた面白い企画をアーティストとして表現していくことをライフワークにしつつ、フリーランスでデザインの仕事をしています。

彼が運営しているサイト『今マジになる!!ブログ』には、SHUN INANUMAさんの仕事に対する考え方や活動の記録をはじめ、デザイン、表現、旅など、さまざまなことが独自の視点で語られています。

「自分の好きなことを仕事にしたい」「誰もやったことがないようなことにチャレンジしたい」という方は、ぜひチェックしてみてください

デザイナーはテクニックはもちろん、豊かな感性や発想も求められます。人とは違うオンリーワンの仕事を目指すのであれば、クライアントの要望を満たしつつ、個性を打ち出すことも必要です。同ブログは、そんなときのヒントになるかもしれません。

【参照元】
http://imamagininal.com/

YOSHIPAN web Design

『YOSHIPAN web Design』は、フリーランスWebデザイナーとして活躍中のよしぱんさんが運営するブログです。

ここでは、京都府宇治を拠点に、広く関西で制作活動を行っている彼女の、仕事からプライベートまでを垣間見ることができます。

たとえば、「Web制作」カテゴリー内の《長らく地方で引きこもってたけど今年はいくつか登壇したよ!》では、セミナーで登壇したときの様子や経緯を紹介。Webデザイナーとしての充実した仕事ぶりを窺い知ることができます。


一方、「育児」や「家事効率化」カテゴリー内の記事では主婦、そしてママとしての役割を両立させ、充実した毎日を送っている様子が伝わってきます。

また、パステルカラーで女性らしい色合いが施されたブログ全体のデザインセンスも注目のポイントです。

サイト構成やWebデザイン、Webライティングなどを得意とする、よしぱんさんならではの見やすいデザイン仕様と、読み応えのある文章構成は目を見張るものがあります

Web制作の世界に踏み入れたい方は、今後の制作活動の参考にぜひ隅々まで覗いてみてください。

【参照元】
https://yoshipan.com/

ポポデザイン

可愛らしい雰囲気が漂うサイト『ポポデザイン』を運営しているのは、フリーでWebデザイナーとして活躍している恋田衣里さんです。

彼女はウェブデザイン技能士資格の2級を取得しており、その知識とスキルを活かしたサービスを提供しています。

恋田さんが仕事をする上で大切にしているのは、クライアントであるお客さまとのやり取り。錯綜したWebサイトは、一見すると凝っていて格好良く見えることも多いですが、訪れた方がどこに何があるか分からず迷子になる可能性もあります。

その点、恋田さんはヒアリングを通してお客さまが求めているものを形にしつつも、Webサイトを訪れた人が迷子にならない、直感で分かりやすいデザインの作成に努めているのだそうです

サイトには彼女の実績が掲載されており、作成したホームページの一部を見ることができます。

また、ブログ内には《Twenty Seventeen(無料テーマ)でホームページを作る》といった、WordPressを使用したホームページの作り方も掲載。 Webサイト作成のコツや、恋田さんの活動について詳しく知りたい方は、一度サイトに足を運んでみてください。

【参照元】
https://popo-design.net/

デザイナー案件を提案してもらう

arairio

ブログ『arairio』を運営しているのは、グラフィックデザイナーとして活躍している新井リオさんです。

彼がデザイナーになったきっかけは、自身のバンド活動。「CDジャケットやポスターなどのグッズを自分で作りたい」という思いから、デザイナーの道に進んだのだそうです。

学校には通わず、本とインターネットで独学をして、デザイナーのスキルを習得されました。

彼は《独学フリーランスデザイナーへの道。本→勉強→仕事の取り方まで全て》の中で自分の経歴を振り返り、「グッズを自分で作りたい」という明確な目標があったおかげで良いスタートが切れたと語っています。

目標がはっきりしているほど「目標達成のために何を学べば良いか」も見えてくるものです。そういった意味でも、明確な目標をしっかりと立てることは大切だといえます

海外留学の経験もある新井さん。ブログには、カナダでの生活の様子について書かれた記事も多く掲載されています。

《カナダ体験記part3:フランス語圏のモントリオールで仕事/ワーホリ/英語留学は大丈夫なのか【2016.7月】》では、英語力を伸ばす為にやって来たカナダのモントリオールでしたが、実際にはフランス語圏だったという現地のリアルな体験が綴られています。

フランス語圏のモントリオールに住みながら、どのように英語の勉強をしたのか、気になる方はぜひ一読してみてください。

もちろん、ブログ内にはデザインに関する記事も満載です。新井さんのこれまでの作品を見たい方は、ポートフォリオもチェックしてみると良いでしょう。

【参照元】
http://arairio.com/

ぱるログ

ブログ『ぱるログ』の管理人を務めるのは、フリーランスのクリエイターとして活躍している男性、ぱるしさんです。

ぱるしさんがフリーランスになったのは、2015年のこと。その後、結婚や奥様の出産といった人生の一大イベントを経験し、現在は育児に仕事に大忙しの毎日を過ごされているそうです。

ブログには、結婚や育児に関することの他、仕事やお金に関することなど、幅広いジャンルの記事が掲載されています。

たとえば、《Photoshopを使って30秒で四角や丸い「枠線」を作成する方法》は、枠で囲む作業を面倒に感じている方にぴったりの内容です。ぜひ、業務に役立ててみてください。

また、確定申告の時期に読みたい記事も公開されています。「フリーランスになったばかりで確定申告の仕方がよくわからない」という方は、こちらも参考にしてみましょう。

【参照元】
http://paru-log.net/

Monica web Blog

『Monica web Blog』の管理人さんは、Webデザイナー歴10年以上という実績を持ち、現在フリーランスとして大阪を中心に活動を行っています。

大手のホームページを作成したり、幅広い分野でホームページを作成したりと1つに留まらない経験を積まれています。

ブログの中には、Web制作やデザインに関すること、制作環境に関することなどWebデザイナーのヒントとなりそうな情報が多くあります

《デザイナーもGitでバージョン管理♪》は、バージョン管理システムであるGitを紹介した記事です。始めは導入を躊躇していたそうですが、いざ導入してみると、複数人での作業が円滑にできて良かったと綴っています。

フリーランスとはいえ、大きなプロジェクトであれば複数人で作業をするケースもあるでしょう。そんな時は、Gitを使ってみるのも手です。

その他には、日常に関することが掲載されており、管理人さんのちょっとした一面を知ることができます。

おすすめのお店の情報なども載っていますので、ぜひチェックしてみてください。

【参照元】
https://monica-web.com/blog/

デザイナー案件を提案してもらう

Recost Design

ブログ『Recost Design』の筆者は、大阪に在住しているフリーランスのWebデザイナー。
WordPressのホームページ作成、Webデザイン、コーディング代行に対応し、Web制作の現場で自身のスキルをフルに発揮されています。

サイト内には、CSS・WordPress・Web Designなどのカテゴリーの記事がエントリーしており、Web制作で役立つ内容が多く掲載されています。

ホームページ作成の各種設定方法やPhotoshopの便利機能、サイトをデザインする上でプラスになる情報など、読み応えのある記事が充実。Web制作に深く関わっていきたい方は、一度チェックしてみましょう。

また、筆者はフィリピン留学をしたり、オーストラリアに旅行してキャンプツアーに参加したり、ミャンマーに渡ってゴールデンロックを観光したり…と海外各地をアクティブに飛び回っている方です。

アップされている旅のレポートでは、現地ならではの出来事が綴られ、海外旅の素晴らしさを知ることができます。仕事をしながら旅ができるノマドワーカーを目指している方は、旅の様子も覗いてみましょう。

【参照元】
https://recost-design.com/

Design & Creation manakaweb

フリーランスWebデザイナーの等身大の素顔が語られているブログとして紹介したいのが、真中ユエさんが運営する『Design & Creation manakaweb』です。

真中ユエさんは、社会の在り方に疑問を抱き、新卒入社した会社を2年1ヶ月で退社することに。その後、フリーランスのWebデザイナー・創作家として活躍し、多数の制作実績を積んでいます。

ブログの中でも、フリーランスに踏み出したきっかけについて書かれているのが、こちらの《嫌なことから逃げたのは、嫌なことを肯定したくなかったから》の記事です。

「嫌だと思いながらもやり続けるのは、それを肯定することになる」という真中ユエさん自身が感じた、生き方に対する強い信念が語られています。

会社に雇われる立場を離れ、フリーランスになるのは勇気がいるもの。しかし、フリーランスになってから見える世界があるのも事実です。

真中ユエさん曰く、人生の軌道修正をしたことで、良くも悪くもストレートな生き方ができるようになったのだそう。社会のレールから外に出て、フリーランスになりたい!という思いを膨らませている方は、こちらの記事に目を通してみましょう

ブログでは、フリーでWeb制作をする上で役に立つ情報の他、カフェ巡りやお出掛けレポート、日頃考えていることなど、思いのままに書き綴られています。気になる方はアクセスして、興味のある記事を探してみてください。

【参照元】
http://manakaweb.com/blog/

※本記事は2022年8月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

デザイナー案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。