Excelでの作業を効率よくこなそう!
試してみたくなる!Excelの小技・Tips紹介記事まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

資料制作やデータの集計などを行う際に便利なソフト"Excel"は、ショートカットや関数を上手く用いることで、作業の効率化が図れます。今回ピックアップした記事には、さまざまなTipsが紹介されているので、気になる記事をチェックして、ぜひ日々の業務に活かしてくださいね!
 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

 

(1)作業効率を倍速に! すぐに使えるExcelの小技

資料制作や事務作業に欠かせないExcelは、あまりに身近なソフトであるため、なんとなく自己流で操作しているという方が多いのではないでしょうか?
しかし、膨大なデータが入力されたExcelシート内のセルをコピペしたり、セルを移動したりするのにマウスを使っていると以外に面倒。
そこで、ここではキーボードを使って入力作業を簡単に行う小技が書かれた《作業効率を倍速に! すぐに使えるExcelの小技》というに記事にスポットを当ててみます。

この記事を執筆した松山智也さんによると、Excel作業の効率化を図るためには、でるだけマウスを使わずショートカットキーで操作を行うのがベストなのだとか。
確かにショートカットキーで作業ができれば、ドラッグしたり、スクロールしたりといった手間が省けるので、その分時短につながりそうです。
記事に記載されているショートカットキーは誰でも頻繁に使う可能性のあるものばかりなので、マウスに頼りがちな方はぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

今回はExcelの小技について書かれた記事にフォーカスしましたが、松山さんが運営している『税理士まつやまの知ってる人だけ得するブログ(知っ得ブログ)』には、この他にも仕事の作業効率化や生活のお役立ち情報がアップされています。
気になる記事をチェックして、ぜひ暮らしの中に取り入れてみてくださいね。

【参照元】http://matsuyamatax.com/excel-small-trick

 

(2)Excel操作を効率化する便利な小技14選

『jMatsuzaki』の運営者であるjMatsuzakiさんは、6年半の会社員生活にピリオドを打ち、ブロガーとして独立した後、音楽家としても活躍しています。

そんな彼は自身を「Excelフリーク」と語っており、こちらの《Excel操作を効率化する便利な小技14選》の記事の中で、Excel操作を効率化できる便利な小技を14個紹介してくれています。

コピペや複数セルの選択、図の作成、データの絞り込みなど、よく使う操作ばかりなので、ぜひ頭に入れておくことをオススメします。
これだけのショートカット機能を使いこなせば、面倒だったExcel操作がちょっと楽しくなりそうですね。

また、こちらのブログには、音楽家の夢を追い続けるjMatsuzakiさんの活動と共に、夢を実現するためのさまざまなメソッドも紹介されています。
「夢を叶える」「人生を変える」そんなワードが気になる方は、他の記事も併せて読んでみてはいかがでしょう?

【参照元】https://jmatsuzaki.com/archives/13782
 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

 

(3)Excelで行の挿入を飛び飛びで一気に挿入するテク

カテゴリーごとのデータをセルに入力し終わった後、さらに追加しなければならないカテゴリーのデータが発生した場合、あなたならどうしますか?
手間だけれど、1行ずつを手動で挿入していくという方法をとっている方が多いかもしれませんね。
挿入する数が少なければその方法でも問題ありませんが、膨大な数を挿入する必要が出てくると、1つずつ挿入していくのは大変です。
そんな手間を最小限にできる便利な小技が、《Excelで行の挿入を飛び飛びで一気に挿入するテク》に紹介されていました。

方法はいたって簡単で、Ctrlキーを押しながら行を挿入する箇所を選択し、右クリックで挿入を押すだけ!
記事には実際に画像つきでフローが説明されているので、ぜひ確認してみてくださいね。

この記事の筆者であるvekitomoさんは、ブログ『外資系社員が実践している成果の出る仕事術』を運営しており、その中には今回ピックアップしたExcelの小技以外にも、仕事術やリーダーシップ、メンタルといったカテゴリーの記事がラインナップしています。
ぜひブログにアクセスして、仕事に役立つ情報をゲットしてみてはいかがでしょうか?

【参照元】http://vekitomo-0.hatenablog.jp/entry/2016/05/19/194534

 

(4)表入力を効率化するショートカットキー18選

通信会社に勤務する森田貢士さんは、Excel関連の資格を有し、複数の業界のバックオフィスの設計をしたり、書籍を執筆しているExcelのスペシャリスト!
また、ブログ『Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~』でも、数々のExcelの活用方法を紹介しており、読者に有益な情報を提供してくれています。
Excelを頻繁に使う方やExcelでの作業の効率化を図りたい方は、参考書代わりになるのではないでしょうか。

例えば、ブログ内にあるこちらの《表入力を効率化するショートカットキー18選》も、Excel操作をスムーズに行うためのノウハウが書かれている記事の1つ。

この記事には、【F7】でカタカナ変換や【Ctrl+Home】で最初のセルへジャンプするといったメジャーなものから、【Ctrl+Shift+;】や【Ctr+-】で行や列の挿入をしたり、削除をしたりする便利なものまで、実践で役立つ18のショートカットキーが紹介されています。
入力作業を行う際には、これらのTipsをマスターしておくと、かなりの時短が期待できそうですよ!

単純な入力作業もデータの量が多い時には、以外なほど時間を要します。
少しでも効率よく仕事をこなすためには、このようなショートカットキーを積極的に使ってみてくださいね。

【参照元】https://excel-master.net/shortcut-key/table-input-efficiency18/

 

(5)【Excel】たった2つのショートカットで作業効率!

PCを扱いながら電卓を使っている人に読んでみてほしいのが《【Excel】たった2つのショートカットで作業効率!》の記事。
記事内では、Excelの表計算機能にフォーカスを当てたショートカットが紹介されています。

ここで取り上げられているのは、以下の2つ。
・セルの数字を合計する方法
・書式設定画面を出す方法

セルの数字を合計する方法を知れば、電卓を使わずPCだけでスピーディに計算をすることが可能になります!
さらに、書式設定画面をショートカットで出せば、表を作る際のこまごました作業も削減できそうですね。
操作方法はgif画像で添付されているので、ひと目見てすぐに実践できますよ。
この小技は多様なシーンで使えるので、チェックしておくと便利です。

こちらの記事を執筆したのは、現役プログラマーとして活躍中ののらくらさん。
彼のブログ『のらくらプログラマーがゆく。』には、IT情報や仕事論の他、気になった出来事やレビューなど、多岐にわたった内容が綴られています。
ぜひスキマ時間を見つけて、自分にピッタリの記事を探してみてくださいね!

【参照元】https://norakura-jyoko.com/excel-shortcut

 

(6)【時短で残業なしへ!】エクセルの便利なおすすめ小技5選

『わがママライフ』は、Webコンサルタントやファイナンシャルプランナー、資格アドバイザーなど、さまざまな顔を持つこでりんさんのブログです。
このブログには、Webコンサルティングや資格の勉強方法、育児に関する記事などがラインナップしており、魅力的なライフスタイルを実現したい方にお役立ち情報を発信しています。
その中には、今回のテーマにうってつけのExcelの小技について書かれた記事もありました!

こちらの《【時短で残業なしへ!】エクセルの便利なおすすめ小技5選》という記事です。
この記事を執筆したアカツキさんはこでりんさんの旦那さまで、PCでExcelを使って入力作業をする機会が多いご様子。
しかし、その際には、事務作業でよくある日付や時刻を即座に入力したり、簡単にセルを移動させたりすることができるショートカットキーを活用しているそうです。
やはりみなさんが口を揃えて言うように、Excelの入力を短時間で進めるためにはショートカットキーの使用がポイントになるようですね。

「仕事を少しでも早く切り上げたい!」「単純な作業に時間をかけたくない!」という方は、ぜひ上記の記事に紹介されているショートカットキーをチェックしてみてくださいね!
マウスを使わずサクサクと入力ができるようになると、仕事全体の効率化が図れるのではないでしょうか?

【参照元】http://koderin-akatsuki.net/excel-shortcut/

 

(7)エクセル作業が速くなる!デキる人に見られる小技を紹介。

Excelでの作業を流れるようにスムーズにこなすコツにはさまざまなものがありますが、ここではワンランク上の小技を紹介した記事《エクセル作業が速くなる!デキる人に見られる小技を紹介。その1》に注目してみたいと思います。

Excelを使い慣れた方の中には、【Ctrl+C】や【Ctrl+↓】などのショートカットキーを駆使して、作業の効率化を行っている方もいることでしょう。
しかし、この記事の筆者はExcelファイルに名前を付けて保存したり、セルの値だけをコピーしたりすることができるショートカットキーも使っているのだとか。
マウスや右クリックを何度も使って行う作業がショートカットキーを用いると瞬時に実行できるので、周囲に一目置かれるのだそうですよ!
もちろん入力作業の効率化も図れるので、気になる方はぜひ詳細を記事の中でチェックしてみてくださいね。

また、この記事が掲載されているブログ『techtech通信』には、上記の記事以外にもExcelを使いこなすための小技を紹介した記事がエントリーしています。
「周りに差をつけたい!」「少しでも早く入力作業を終えられるようになりたい!」という方は、ぜひ他の記事もオススメですよ。

【参照元】http://it-human.com/work-3-136

 

(8)文字入力ができずに消える!?上書きを挿入に戻す方法!

「文字入力をしたいのに上書きされる…」
そんな時の対応策が紹介されているのがこちらの《【Excel】文字入力ができずに消える!?上書きを挿入に戻す方法!》

筆者のひろやんさんは、Excel初心者の時に上書き状態の戻し方がわからず苦労したのだそう。
記事内には、上書きされる原因と元に戻す方法が書かれているので、予期せぬ上書きに心当たりがある方は読んでみてくださいね。

ひろやんさんが綴るブログ『ひろこみゅ』には、PC操作のTipsをはじめ、グルメやガジェット、PC周辺機器など、さまざまな記事がエントリーしています。
記事には自画像アイコンとふきだしコメントが添えられており、どれも楽しく読み進められますよ!
ちょっとした合間をみつけて、興味のあるテーマを探してみてくださいね。

【参照元】https://hirocommu.com/excel-character-input/

 

(9)【エクセルで連続番号を自動で振る】必ず1から始まる方法

あなたはどんな方法でExcel上に通し番号を振っていますか?
もし【=ROW()-1】と入力して自動で通し番号を振っているのなら、ぜひ読んでほしい記事を見つけました!
それが《【エクセルで連続番号を自動で振る】行を追加しても必ず″1″から始まる方法》の記事。
ブログ『楽々生活』を運営するE太さんが、もっと便利な方法を紹介してくれています。

E太さんによると、【=ROW()-1】を入力する方法だと、関数のメンテナンスが必要になるとのこと。
記事の例を見るとわかるように、例えば表を作成して【=ROW()-1】を入力して通し番号を振った場合、その表より上に行を追加すると番号がズレてしまい、1から始まらなくなるそうで、それが欠点だと述べられています。

ところが、E太さんが紹介する方法だと、その問題が解決するそうです。
その方法とは、”ROW関数”と”絶対参照を使う”ということ。
これまで手動で関数をマイナス調整していたという方は、断然便利なこの方法をぜひ取り入れてみてはいかがでしょう。
詳しい方法については、記事を読んでみてくださいね。

また、E太さんが更新するブログには仮想通貨の話題をメインに、Excel関数や実践テクニック、ガジェットなど興味をそそられる記事もエントリーしています。
アクセスすると「こんな情報がほしかった!」というあなた好みの記事が見つかるかもしれませんよ。

【参照元】https://raku2life.com/excel-sequential-number/
 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.