屋号決めの大事なポイントとは?
個人事業主としてスタートを切る方へ!屋号を決めるときの参考になる記事特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

「屋号」は、信頼性や集客効果を左右する大切なもの。
長く愛用できる屋号を考える為にも、大事なポイントや注意点を把握しておいた方がよいでしょう。
そこでここでは、屋号付けのポイントや役に立つアドバイスが書かれた記事をピックアップしています。
参考にして、心から納得できる屋号をつくってみてくださいね。

 

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

0. 目次

1. 屋号を決めるときに考えたいコツ
2. 会社名や屋号をどうするか(避けるべき名前と望ましい名前)
3. 屋号の決めかた
4. 個人事業主の屋号の決め方にルールはあるの?事業名は慎重に
5. 屋号の決め方。ルールを守って夢に名前をつけよう!
6. 屋号を考えてみる
7. オシャレな店名や屋号をつける!使えるサイトと名付けのコツ

1. 屋号を決めるときに考えたいコツ

うさくま堂デザインの記事「屋号を決めるときに考えたいコツ」の画像

屋号は個人事業主の場合、絶対に必要というわけではありません。
しかし屋号があることによって、多くの人に認知してもらいやすくなることもあるでしょう。
《屋号を決めるときに考えたいコツ》という記事では、フリーランスデザイナーとして活躍中の竹村由佳さんが考える3つのポイントが紹介されていました。

彼女によると、屋号をつける際には事業内容がわかりやすくて使いやすい、そして印象に残るものがいいのだそう。
一方で、外国語やカタカナの屋号は覚えにくいとされており、オシャレであっても日本語の意味と結びつけにくいことから忘れてしまうのだと綴られています。

また、竹村さんの屋号に"うさくま堂デザイン"とつけたことによる効果についても記述されていました。
彼女自身、ふざけすぎたと思った時期もあったそうですが、現在はいろんな理由が重なり悪くないと思えるようになってきたのだそうです。
ここで語られていることは、親しみを持ってもらうための屋号を考えるためのヒントになるかもしれませんよ!

今回ピックアップした記事が掲載されているのは、竹村さんが運営している『うさくま堂デザイン』というサイトのブログコンテンツ。
デザイナーや個人事業主が参考になる情報の他、日常的なことなども綴られています。
大変参考になる記事ばかりですので、ぜひ仕事や生活に活かしてみてくださいね!

【参照元】https://usakuma-do.jp/archives/1828

 

フリーランスになれるか相談する

2. 会社名や屋号をどうするか(避けるべき名前と望ましい名前)

よねづ税理士事務所の記事「《コラム》会社名や屋号をどうするか(避けるべき会社名と望ましい会社名)」の画像

名古屋を拠点に活動している『よねづ税理士事務所』のミニコラムの中に、今回のテーマにピッタリな内容を発見しました!
それがこちら、《《コラム》会社名や屋号をどうするか(避けるべき会社名と望ましい会社名)》という記事です。

コラムを執筆している米津晋次さんは、税理士として100社以上もの会社設立に関わってきた一人。そんな自身の経験を交えながら、屋号の付け方をさまざまな角度から語ってくれています。

・新設法人の会社名によく使われている単語
・お客様の会社名・屋号によく使われている単語
・屋号で避けるべきこと
・望ましい屋号の付け方

上記について具体的にまとめられているので、屋号を付ける前にぜひ確認しておくことをオススメします。
米津さんの視点からみたポイントを参考にして、「コレだ!」と思える納得いくネーミングを作ってみてくださいね。

また他にも、米津さんのコラムの中には、開業届や確定申告のことなど税金に関するさまざまな豆知識が綴られています。
自分でお金を管理しているフリーランサーは、こちらも併せてチェックしてみてはいかがでしょう?

【参照元】http://www.yonezu.net/column/3611.html

 

フリーランスになれるか相談する

3. 屋号の決めかた

ひとみウェブの記事「屋号の決めかた」の画像

「起業家さんの夢を叶える応援がしたい!」との想いを胸に、個人事業主向けのホームページ制作の仕事を行っている一木祐子さん。
彼女が運営している『ひとみウェブ』のブログの中にも、屋号のネーミングに悩む方の参考になる記事がありました!
それがこちらの《屋号の決めかた》という記事です。

フリーランスにとって、屋号は事業を表す代名詞になります。
イメージを損ねないよう、さまざまな視点を踏まえてネーミングを付けることが大切です。
記事内では、そんな重要な屋号決めの時に役立つ、アイデア出しのヒントや気をつけたいポイントが紹介されています。
ここで挙げられているのは以下の7項目。

・仕事におけるコンセプトやイメージ、大切にしたいことを考える
・商品やサービスのルーツになること、自分と関連のあるキーワードを集める
・商標登録の有無を確認する
・読んだり、発音したりしやすいかをチェックする
・検索エンジンで検索して他者と混同されたり、ネガティブなイメージに繋がったりしていないかを確認する
・ネーミングの吉凶を占ってみる
・ドメインの空きがあるかを調べる

個人事業主として屋号を掲げると、名刺や自社サイト、確定申告など、あらゆるところで使用することが可能です。
愛着を持って長く付き合っていくためにも、上記の項目をもとに、あなた独自のステキな屋号を考えてみてくださいね!

【参照元】https://hitomiweb.com/archives/471

 

フリーランスになれるか相談する

4. 個人事業主の屋号の決め方にルールはあるの?事業名は慎重に

今日の経営の記事「個人事業主の屋号の決め方にルールはあるの?事業名は慎重に」の画像

個人事業主の中には、個人名で仕事をしている人もいれば、屋号を掲げて活動している人もいます。
SNSの普及により、個人名でもブランド化することが可能な時代なので、敢えて屋号をつけずに活動するのも一つの手ですが、オンとオフとを切り替えたり、事業に対するモチベーションを高めたりすることを考えると、屋号を決めておくことは効果的です。
しかし、命名するときにはポイントを押さえておかないと後悔することになりかねません。

ビジネスに役立つ知識を『今日の経営』に掲載している川原裕也さんは、個人での事業立ち上げと株式会社設立の両方の経験があるそうですが、いずれのときも屋号づけで「失敗をした…」と感じたことがあったのだとか。
そこで、自身の経験を交えながら、屋号を考えるときに気をつけたいポイントを《個人事業主の屋号の決め方にルールはあるの?事業名は慎重に》という記事にまとめています。

川原さん曰く、地名や事業内容がわかるワードを盛り込んだり、読みやすく、聞き取りやすい屋号にしたりすることが大切とのこと。
また、SEO対策や屋号名の由来を明確に語れるようにしておくことも意識したほうが良いと述べられています。

「屋号を掲げて心機一転頑張りたい!」という方は、ぜひ川原さんのアドバイスを参考にしてみてはいかがでしょう?
記事の後半には、屋号つきの銀行口座を作る方法も書かれているので、気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね。

【参照元】https://keiei.co/yagou/

 

フリーランスになれるか相談する

5. 屋号の決め方。ルールを守って夢に名前をつけよう!

女性こそ起業!ハッピー自営業ライフの記事「屋号の決め方|ルールを守って夢に名前をつけよう!」の画像

ブログ『女性こそ起業!ハッピー自営業ライフ』を通して、自分らしく働きたい女性へエールを送っているのは、主婦としてフリーランスな働き方を実現している金子めぐみさん。
風船屋、ライター、キャリアコンサルタントの3つの仕事をバランス良くこなしながら、自分らしく生きている素敵な女性です。

「収入面だけを満たす働き方ではなく、自分らしい働き方を実現していきたい」
という方はぜひ、金子さんが執筆されている記事をチェックしてみてくださいね。

そんなブログの中から今回取り上げたのが、《屋号の決め方|ルールを守って夢に名前をつけよう!》の記事。
ここでは、屋号の決め方と、決める際の注意点やアイデアなどが紹介されています。
まず、注意点として挙げられているのは以下の通り。
・屋号に◯◯会社、◯◯法人とつけることはできない
・すでに商標登録されている屋号はつけないようにする

また、「屋号を含めたドメインが取得できるか?」という点についても、考慮したほうが良いと金子さんはアドバイスしています。
その他、お客様にとって分かりやすい屋号を考えたり、インパクトのある店名にするのもおすすめだそうですよ。

参考にしたくなるポイントがたくさん詰まったこちらの記事は、お気に入りの屋号を考える際の良いヒントになるはず!
ぜひ時間をみつけてしっかりと一読してみてくださいね。

【参照元】http://do-kigyou.com/self-employed-shop-name

 

フリーランスになれるか相談する

6. 屋号を考えてみる

Studio Under The Treeの記事「屋号を考えてみる」の画像

『Studio Under The Tree』は「Engineering でDesingを強くする」をモットーに、DesignとEngineeringとが融合したサービスを提供している会社です。
その代表である木下さんは、ブログの中で屋号を決めたときのエピソードを紹介しています。
それがこちら、《屋号を考えてみる》です。

木下さんが屋号を考える際に重視したのは以下の3つ
・覚えてもらいやすい名前
・ドメインに考慮した名前
・何をする会社なのかがひと目で分かる名前

それらのポイントを押さえながら屋号を考え、最終的に残ったのが今の社名である「Studio Under The Tree」。
名字をそのまま英訳した "Under The Tree"に、仕事場やアトリエという意味を持つ"Studio"を組み合わせた、シンプルながら業務内容のイメージがしやすい屋号となっています。
10年以上使っているドメインとの相性も良かったということで、木下さんが重視していたポイントはしっかりクリアできていますね。
他にも、周りの評判、不思議な偶然など、屋号付けの決め手となった体験が綴られているので、気になる方は内容をチェックしてみてはいかがでしょう。
自分が屋号で重視したい部分がハッキリと見えてくるかもしれませんよ。

また、別の記事では、ロゴマークを作ったときの経緯や、経営理念を考える過程についても取り上げられているので、興味のある方はぜひそちらにも注目してみてくださいね。

【参照元】https://www.under-the-tree.jp/blog/think-of-the-company-name/

 

フリーランスになれるか相談する

7. オシャレな店名や屋号をつける!使えるサイトと名付けのコツ

はじめてのWEB集客&デザインレッスンの記事「オシャレな店名や屋号をつけたい!ネーミングにおすすめサイトと名付けのコツ」の画像

『はじめてのWEB集客&デザインレッスン』を運営する村上かおりさんは、フリーランスのグラフィックデザイナーとして活躍している一人。
これまで携わってきたデザイン経験に基づいたさまざまな講座が好評で、多くの女性起業家から支持されています。

そんな彼女が綴るブログの中から、気になる記事を見つけました。
記事のタイトルは、《オシャレな店名や屋号をつけたい!ネーミングにおすすめサイトと名付けのコツ》
「絶対この屋号にする!」と心に秘めたものをお持ちの方以外は必ず悩む屋号のネーミングですが、ここではその名付けのコツが紹介されています。
それも、今回のテーマは"オシャレ"。
特に、横文字の屋号でオシャレなインパクトを与えたいという方の参考になりそうです。

名付け方の一つの方法として、彼女は"ネーミング辞典"をオススメしています。
その他には"類語辞典"を使ってみるという方法も。
記事では、検索のコツや具体的な使い方をキャプチャ付きで解説しているので、参考にして実際にいくつかの方法を試してみてはいかがでしょう。

また、ネーミング時に注意すべき事柄についても言及。
ただオシャレでかっこいいという部分だけを重視するのではなく、屋号の決定前にあることを確認しておいたほうがいいようです。
詳しい内容については記事内でしっかりまとめられているので、ぜひ隅々まで目を通してみてくださいね。

【参照元】http://kaokaograph.com/how_to_name/

フリーランスになれるか相談する


レバテックフリーランスはIT・Web系フリーランスエンジニア専門エージェントです。ご自身にマッチする案件をご提案するだけでなく、「自分のスキルで通用するか?」「将来性にフリーランス転向を考えているので話を聞きたい」といったご相談も承っています。

もしフリーランスに興味をお持ちで、個人事業主のなり方や段取り、具体的な手続きを知りたいという方は下記の記事も併せてご覧ください。「そもそも個人事業主とは?」「会社員と比べた場合、個人事業主のメリット・デメリットって?」といった疑問にもお答えしています。

関連記事 : 個人事業主になるには?必要な知識と手続き

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?