フリーランスがマイホームを持つには?
フリーランスが「家を買う」と決めたなら読んでおきたい記事まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスで働きながら「マイホームを建てたい」と考えている方もいらっしゃるかと思います。
しかしいざ購入するとなると、ローンの審査、将来的な不安、税金や経費の管理などさまざまな課題が出てくるもの。
そこで今回は、マイホーム購入の不安や疑問を払拭してくれそうなお役立ち記事をピックアップしました。気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

(1)フリーランス(個人事業主)が住宅ローンに通るには

nakanさんは、グラフィック・映像関連の業界でフリーランスとして活躍されている一人。
フリーランスとして働きながら注文住宅を完成させた彼は、《フリーランス(個人事業主)が住宅ローンに通るには》という記事の中でローン契約の時のことを綴っています。

記事内では、nakanさんが住宅ローン"フラット35S"を組む時に、事前審査~本審査で対策を講じたにも関わらず落ちてしまった話から、最終的に工務店の方のサポートで地方銀行のローンが通るまでの体験談が書かれています。
この体験から、nakanさんは「フリーランス・個人事業主が住宅ローンを借りるにはやはり審査は厳しい」と感じたそうです。

そこでnakanさんは、厳しいローン審査をクリアするために事前にやっておきたいことについて言及しています。
いずれマイホームを建てたいと考えている方は、ぜひ目を通しておくとよいでしょう。

また、nakanさんが運営している『フリーランスパパのノート』には、"住宅"のカテゴリが設けられており、住宅展示場巡りの話、土地契約のこと、予算の削り方など、マイホーム建築の体験談やコツがわかる記事がエントリーしています。
ぜひこちらも併せてチェックしてみてくださいね。

【参照元】http://moonstepper.com/mayhome007/

 

(2)自営業と住宅ローン 家を買うなら注意しておきたい点

『ちょいビズ』は在宅ワーク歴15年以上のちょいビズさんが管理人を務めるブログです。
物販やコンテンツ制作、ITサポートなどの仕事を行っている彼がこのブログ込めている思いは「働く人を繋ぐ助け合う」。
個人事業主の方や、在宅ワークを始めたい方の背中を押してくれるような記事がたくさん公開されているので、ぜひ読んでみてくださいね。

その中で今回注目したのは、《自営業と住宅ローン 家を買うなら注意しておきたい点》という記事。
自営業の方が受託ローンを組む前に押さえておきたいポイントが詳しく書かれています。
過去三期分の所得が大事であること、会社員である奥さんの名義でローンを組む手法など、注意点・コツが挙げられているので確認しておくとよいでしょう。

また、「現在は会社務めだけど、近々フリーランスになる予定」という方の場合は、会社員のときにローンを通すのもおすすめなのだそう!
記事内ではその理由にフォーカスした関連記事も紹介されているので、「いずれフリーランスになりたい」と考えている方はチェックしてみてくださいね。
他にも様々な方法が紹介されているので、マイホーム購入の前に一度目を通してみてはいかがでしょう?

【参照元】https://choibiz.com/jutakuroan/

 

(3)35年ローンがお得すぎる理由

「マイホームは欲しい。でも、多大なローンを長期に渡って組むのはリスクを感じる」
というフリーランスの方は少なくないのではないでしょうか?

ただし、《35年ローンとかお得すぎて笑えるww 他人のお金で家建てられて資産形成もできるとかww》の記事を読めば、その考えがガラリと変わるかもしれません。
記事を執筆したのは、『らふらく^^ ~ブログで飯を食う~』の管理人で現在、ブログで生計を立てているというタクスズキさん。

彼は、35年ローンを「お得すぎる」と表現しています。
たしかに、低金利の時期に、固定ローンを組んでおけば、僅かな利子で大きなお金を手にすることができます。
さらに、将来価値が上がることが分かっているマンションを購入し、しばらく住んでから売却すれば、資産運営という面で大きな利益を得ることが可能です。
もちろん、住宅ローンを組むからにはずっと働き続ける覚悟がいりますが、働く上でのモチベーションにつながると思えば自分にとってプラスになります。

他にも興味深い内容が書かれているこちらの記事。気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

【参照元】https://laugh-raku.com/archives/18211

 

(4)フリーランスでマイホームが共有名義になっている時の注意点

『1972~千葉県四街道市の「町の税理士」のブログ~』は、"渡邉ともお税理士事務所"の所長を務める渡邉 朝生さんが運営しているサイト。
税金の豆知識を中心に、経営の話や仕事術といったフリーランス生活に活かせる情報が充実しています。
お金の管理術をきちんと頭に入れておきたい方は、サイト全体をじっくりと一読されることをおすすめします。

その中から、今回のテーマに沿った内容として注目したのがこちら、《フリーランスで、マイホームが共有名義になっている場合の注意点》
ここでは、フリーランスの方が結婚相手と一緒にマイホームを購入した場合に、両者の持分でトラブルになったり、住宅ローンで損をしたりしない為のポイントがまとめられています。

・マイホームの持分通りにお金を出す重要性
・住宅ローン控除の仕組みと注意点
・妻の持分の減価償却費を経費に計上できる点

上記3点にフォーカスして詳細が語られているので、パートナーと一緒にマイホーム購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【参照元】http://www.watanabe-zeirishi.com/20170106-kyoyu/

 

(5)個人事業主・フリーランスで持ち家マンションの経費とは?

自宅で仕事をしているフリーランスの方にとって、「どこまでを経費として計上できるのか?」は大変気になるポイントではないでしょうか?
特に持ち家の場合は固定資産税や住宅ローンなどの経費も関わってくるため、できるだけきちんとした知識を身につけておきたいところですよね。

そこで、今回ご紹介したいのが《個人事業主・フリーランスで持ち家マンションの経費とは?》の記事です。
こちらの記事ではまず、住宅ローン関連の中で経費として計上できる項目を確認できます。
持ち家マンションの場合、固定資産税・住宅ローン利息分・マンション管理費・火災保険・収入印紙・建物が経費に該当するそう。
もちろん、それらのすべてを経費として挙げられるわけではなく、どれくらいのスペースを事務所として使っているかによって金額が変わってきます。
それらの算定方法や注意すべき内容については記事に詳しく書いてあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

こちらの記事は、Webフリーランスのシロさんが運営するブログ『cashQA』に掲載されていました。
お金や投資に関する記事のほか、フリーランスの生き方に関する記事なども公開されているので、気になる情報を探してみてはいかがでしょう?

【参照元】https://cashqa.com/taxao-5/

 

(6)マイホームに中古の戸建てがおすすめな理由!

マイホームを購入する際には、それぞれの予算や自分が理想とする立地環境などさまざまな条件があるかと思います。
その中でも、新築か中古か、マンションか戸建てかという点は非常に重要なところでしょう。

その点に言及した記事がアップされていたのが、不動産投資、およびネット事業で生活をしているというペリカンさんブログ『あすなろLIFE』

ペリカンさんによると、マイホームを購入する場合は中古の戸建てがいいのだとか!
その理由について、こちらの記事《マイホームに中古の戸建てがおすすめな理由!》に記されています。

1,000万以下の物件をおさえることができれば、たとえリフォーム費用を足したとしても新築の物件より安く済ませることができるのだそう。
さらに、もし手放すことになったとしても、新築の物件より損失が少なくなるのもポイントとなるようです。
記事内ではペリカンさんのマイホーム購入・ローン契約・リフォームの事例を元に、さまざまな重要事項が書かれていますので、目を通して参考にしてみてくださいね。

また他にも、彼のブログには実体験から綴られる不動産投資・資産形成を中心に、時事ネタやITなどについても触れられています。
空いた時間にアクセスして、自分の糧になる情報をリサーチしてみてはいかがでしょう。

【参照元】http://www.asunarolife.net/entry/myhome-tyuuko-kodate

 

(7)フリーランス夫婦が、なぜマイホームを買うことに決めたのか

賃貸住宅に住んでいる方の中には、「いつかは自分の城(マイホーム)を築きたい!」と思っている人もいることでしょう。
しかし、サラリーマンに比べて必ずしも所得が安定しているとは言い切れないフリーランスの場合、その一歩を踏み出すのには勇気が要ります。

そこでここでは、夫婦揃ってフリーランスというみおさんが、マイホーム購入を決心した理由を綴った《フリーランスで低所得夫婦のわたしたちが、なぜマイホームを買うことに決めたのか》の記事に注目してみることにしました。

みおさん夫妻の場合、新婚当初から住んでいたマンションは、家賃が高く、ときどき外に出て仕事をする場合にも不便な立地だったのだとか。
しかも、双方の実家からも遠く、子どもを両親に見てもらうときには、移動時間がかかってしまうというデメリットを感じていたと言います。

そこでこれらの悩みを解消するべく、そして自分たちらしいライフスタイルを送るために、マイホーム購入を決断することに!
当然不安はあるものの、それを打ち消すために理想の家のコンセプトを立てたことで、前向きに動き出すことができたそうですよ。
マイホームの夢を持ちつつも、理想と現実との間で揺れ動いている方は、一度みおさんの記事を熟読してみてはいかがでしょう?

また、みおさんのブログ『フリーランス夫婦の小さなおうちづくり』には、他にも住宅ローンの話、マイホーム選びの話など、参考になる情報が掲載されています。
どの記事もみおさん自身の経験をもとに書かれているので、リアルなエピソードを知るのにうってつけですよ。

【参照元】https://chi-sanaouchi.com/why-buy/

 

(8)家を買ったらどうなった?よかったことをまとめます。

「マイホームより賃貸の方が安く済むのでは?」という方にぜひ読んで欲しい記事がこちら、《家を買ったらどうなった? よかったことをまとめます。【購入前後の変化、中間報告】》
フリーランスとして活動している、"サラリーマンではない僕"さんが執筆しており、マイホームを購入したことによって起こった自身の変化について記載されています。

彼に起こった変化として、お金についてよく考えるようになったり、収入が増えたり、貯金が増えたりといったことがあったようです。
その他にも、広い家でのびのびと暮らせるようになったという嬉しい実感もあったそう。

そんな広々とした賃貸の場合は、どうしてもそれなりの値段がかかってきます。
一方、マイホームは購入するとローンや固定資産税を支払う必要はありますが、それらを合わせても賃貸より安く済ませることができるというのです。
それでいて、賃貸よりも広々とした住宅。
マイホーム購入に対して感じることは個人によって違うでしょうが、見方を変えることで、実際にはより多くのメリットがあるのかもしれません。
マイホームに興味を持っている方は、ぜひ一読してみてくださいね。

記事が掲載されているのは、『家を買ったらこうなった!』というブログ。
建売購入や建て替え、住宅コラムといったマイホームに関することをはじめ、健康や投資、旅行などについても触れられています。
幅広い情報をゲットできますので、隙間時間にアクセスしてみてはいかがでしょう?

【参照元】http://iewokau34.com/post-5280

フリーランスに興味をお持ちの方は

もし、フリーランスに興味をお持ちで、フリーランスのなり方や段取り、具体的な手続きを知りたいという方は下記の記事も併せてご覧ください。

フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

具体的な単価相場や案件数をメールで診断します

レバテックフリーランスではフリーランス転向を検討しているエンジニアの方に向けて、「今、フリーランスになったらどんな案件があるか」をメールでご提案するサービスも実施しております。具体的な案件数や単価の目安を知ることができますので、フリーランス転向を検討する際にお役立てください。
 

案件提案メールについてもっと詳しく見る
 

そのほか、「税金や保険などの手続きに不安がある」「フリーランスになったあとのキャリアパスを知りたい」「自分と同じような境遇の人の事例があれば聞いてみたい」などの相談に乗る個別相談会も実施しております。フリーランスエンジニアにまつわるお悩みや相談ごとがおありでしたら、ふわっとした内容でもかまいませんのでお気軽にご相談ください。
 

個別相談会についてもっと詳しく見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.