仕事内容・スキルなども解説
Webプログラマーの資格とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

Webプログラマーになるための必須の資格はありません。ですが、Webプログラマーとしてのスキルアップを図るために、資格取得を目指すことは意味があります。Webプログラマー向きの資格を、仕事内容などと併せてご紹介します。
 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

0. 目次

1. Webサイトの構築に必要なプログラミングを行います
2. プログラミング言語の知識や周りと連携する力が大切
3. Webプログラマー関連の資格

1. Webサイトの構築に必要なプログラミングを行います

Webプログラマーは、システムエンジニアが設計した仕様書に基づき、Webサイトの構築に必要なプログラミングを行う職種です。

企業によって異なりますが、小規模あるいは中規模サイトの開発に携わる際は、システムのデザインから構築まで担当することがあります。場合によっては、大規模なサイト開発の際は、システムエンジニアと連携し、長期間にわたってプロジェクトを進めるケースもあります。

 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

 

2. プログラミング言語の知識や周りと連携する力が大切

ここでは、Webプログラマーに必要な知識・スキルの例をご紹介します。

■HTMLやCSSの知識
HTMLはHyper Text Markup Languageの略称であり、Webページを作成する技術です。HTMLによって、テキストだけでなくリンクの挿入やレイアウトの作成が可能になります。また、CSSは、HTMLのタグで指定した範囲の文字の大きさや色、背景などを調整できます。

■プログラミング言語の知識
Webプログラマーに必要なプログラミング言語として、JavaScriptやPHPが挙げられます。JavaScriptは、動きのあるWebページを作成できる言語です。また、PHPは動的な指示によって、更新した記事を自動的にトップに表示したり、ショッピングカートやアクセス解析などを作成したりできます。

■周りと連携する力
チームで開発を進めることが多いWebプログラマーは、積極的な情報共有や傾聴する姿勢が大切になります。プロジェクトを成功させるためには、業務に必要な専門知識だけでなく、コミュニケーションスキルも必要です。

企業や案件によって必要となる知識・スキルは異なりますが、上記が基礎的なスキルといってよいでしょう。次の項目では、Webプログラマーに活かせる資格の例をご紹介します。

3. Webプログラマー関連の資格

ここではWebプログラマー向けの資格として、以下の2つをピックアップします。

■Oracle Certified Java Programmer
Javaの知識・技能をレベル別に証明するOracle社のベンダー資格です。レベルは3段階に分かれており、「Bronze」は言語未経験者向け、「Silver」は開発初心者向けの資格となっています。「Gold」は、独力で実装できることを証明する資格です。

■PHP技術者認定試験
一般社団法人PHP技術者認定機構が実施し、PHPの専門技術取得能力を示す試験です。レベルは初級、上級・準上級、ウィザードの3種類に分かれており、初級は初心者向けの内容、上級・準上級はPHPの言語仕様や実用的なスキルを問う試験になっています。ウィザードは、PHP技術者認定試験において最上位の資格であり、論文やコードの審査によって認定されるのが特徴です。
 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.