フリーランスを目指したい方に!
いつかはフリーランスになりたい!そんな方に読んでほしい記事まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

「フリーランスになりたい」とは思うものの、大変・不安といったイメージが先行してしまい、なかなか転身する勇気が出ないという方も多いでしょう。フリーランスになるためには、事前にしっかりと気持ちや身の回りの準備をすることが大切です。ここでは、現役フリーランスの方が綴る、フリーランスを目指すうえで参考になりそうな記事をピックアップしてみました。

 

(1)「失敗したらあそこに帰ればいい」と思える心の拠り所を作る

フリーランスは収入が不安定。
しかも社会保証もないので、サラリーマンから転身を図ろうとすると不安な気持ちになってしまうこともあるでしょう。

そんな方にぜひ読んでほしいのが、『プロ無職』というブログの中の《独立が不安な人は「失敗したらあそこに帰ればいいや」と思える心の拠り所を作っておいた方がいい》という記事。

筆者のるってぃさんは大手アパレルメーカーを退職後、フリーランスとしてWebメディアの運営をしたり、クラウドファンディングで集めた資金をもとに、自身の企画を発信したりして収入につなげていますが、その行動力の根底にあるのは「失敗しても帰れる場所がある!」という精神的な支えになる場所や存在なのだそうです。
もちろん、活動資金や収入に結びつくスキルはフリーランスにとって大切な武器。
しかし、未知への世界に飛び出すときは、それ以上にメンタル的な部分が重要なのかもしれません。

夢とリスクとを天秤にかけては身の振り方に迷う日々を送っている方は、ぜひるってぃさんのアドバイスを参考にしてみてくださいね。
心の拠り所を見つけられると、新しいチャレンジへの意欲が増し、不安を拭えるのではないでしょうか。

【参照元】https://rutty07.com/entry/freelance-anxiety/

 

(2)自分で仕事を作るって、楽しい。わたしはフリーランス!

「フリーランスに憧れるものの、正直不安もある…」という方も少なくないはず。
でも、《自分で仕事を作るって、楽しい。わたしはフリーランス!》の記事を読めば、その不安が楽しみに変わるかもしれませんよ!

ブログ『雨宮の迷走ニュース』の管理人でこちらの記事を執筆したのは、ドイツ在住の雨宮紫苑さん。
フリーランスのライターとして活躍されている女性です。

最初は「経験のない自分がフリーランスとしてやっていけるのか?」という不安もあったそうですが、一つ一つの仕事をこなしていくうちに段々と自信がついてきたといいます。
そして、次第に自分で仕事を作る喜びを感じるようになっていったそうですよ。

ドイツに渡ってたくさんの挫折を味わい、自分らしい生き方を探した結果、フリーライターの道にたどり着いた雨宮さん。
「文章を書くことが好き」という自分の気持ちを大事にして、ライターになる夢を叶えた彼女の言葉からは、フリーランスとしての喜びや楽しさが存分に伝わってきます。

独立することにためらっている方はぜひ、こちらの記事を読んでみてはいかがでしょう?
きっと、前向きな気持ちになれるはずですよ!

【参照元】http://www.amamiyashion.com/entry/2016/06/17/205028
 

(3)フリーランスの僕が語る!フリーランスになるためのSTEP

フリーランスデビューを果たすべく、滋賀県移住後に開業届を出したというきしころさんのブログ『フリーランス農家』には、ブログ運営のノウハウや、プログラミング知識を詰め込んだ記録、猟師のすすめなど多彩なジャンルの記事が発信されています。

その中でも今回ピックアップしたのが、こちら《現役フリーランス3年目の僕が語る!フリーランスになるための2STEP》という記事。
きしころさんがフリーランスになって3年を迎えた頃に、自身の経験を踏まえたうえで、独立開業デビューを果たすための注意点やアドバイスを伝えてくれています。

彼曰く、フリーランスを目指す前にやるべきことは「時間」の確保なのだそう。
時間を作り「手に職を付けるための知識や技術を身に付ける」ことが大切といいます。
学生なら
・夏休みなどの長期休暇を使って勉強
・バイトを辞めて勉強の時間に当てる

社会人なら
・通勤時間
・朝1時間早く起きる
・残業を1時間減らすように業務効率化する
時間の使い方に工夫して、フリーランスに必要な知識を蓄えていくことが先決のようです。

きしころさんは、ゼロベースからフリーランスデビューをしたようで、非常に苦労したといいます。
後々のことを考えると、しっかり勉強した方がスムーズにいくのですね♪

こちらの記事には、フリーランスになるためのSTEPも綴られています。
しっかりと段階を踏んで、憧れのフリーランスデビューを果たすためのポイントをチェックしておきましょう!

【参照元】https://kishikorofreee.com/entry/2017/08/24/career-freelance-2step

 

(4)フリーランスであるといいスキル

「フリーランスのプログラマになるにはどうすればいい?」という方におすすめの記事が、こちら《フリーランスであるといいスキル》です。

こちらの記事を書いたのは、2017年春にフリーランスプログラマになったanさん。
彼は、記事の冒頭で「スキル不足でもフリーランスにはなれる」と語っています。
では、フリーランスになるにはどういった力が必要なのでしょう?

まず言語について。
仕事数を重視するなら、JavaやPHPの言語を習得しておくのがおすすめだといいます。
単価は低いものの案件が多くあるため、「仕事がない!」という状況を防げるそうですよ。
逆に、単価を重視する場合は、PythonやRubyといった希少価値の高い言語を習得しておくといいのだとか。
まずは、自分がどのような案件を希望するかを考えたうえで、習得する言語を選ぶといいかもしれませんね。

加えて、コミュニケーション能力の高さも必要だと語るanさん。
常駐の仕事の場合は特に、周りの人との円滑なコミュニケーションが求められるといいます。
また、説明力や積極性なども大切になってくるとのこと。

「技術面に不安がある」という方は、人柄で勝負してみるのもいいかもしれませんね。

他にも、ブログ『FOR LIBERTY.』にはプログラミングやフリーランスに関する記事が多数掲載されているので、ぜひ覗いてみてくださいね。

【参照元】http://www.4liberty.xyz/entry/20170824_freelanceSkill

 

(5)会社員から、フリーランスWEBデザイナーになりました

現在、フリーランスのWebクリエイターとして活躍中のサトウマサヤスさん。
有名企業の案件を請け負う会社でのWebデザイナーや、インハウスデザイナーの経歴を持つ彼は、あることがきっかけでフリーランスへ転身しました。
そのきっかけは、「やってみなよ」という周囲の言葉。
フリーランスに興味があった彼は、現状への焦りや年齢的なこともあり、このタイミングで転身することを決意したといいます。

《会社員から、東京でフリーランスWEBデザイナーになりました。気をつけたこと、準備、考え方。》に、その思いが綴られていました。
また、同時に彼が実際に事前準備した内容についてもまとめられています。
例えば、独立前に済ませておいた方がいいこととして挙げられているのは、専用のクレジットカードと口座を準備しておくこと。
会社員時代に作っておく方が審査に通りやすいというのと、プライベートと支出を分けた方がいいという理由からのようです。
その他にも、フリーランスとして活動するにあたって準備しておいてよかったものの一つに、ポートフォリオサイトが挙げられています。
これは、Webデザイナーにとってクリエイティブな表現で自分をアピールするための、いわば名刺代わりにもなるため、ぜひ押さえておきたいところ。
ちなみに、サトウさんが作成したポートフォリオは、こちらの【http://satohmsys.info/portfolio/】です。
視覚的に鮮やかで見やすいデザインが印象的ですね。

そして、記事にはフリーランスになってからの収入についても触れられています。
しっかり記事内を読み込むことで、フリーランスへ転身するための心の準備ができるのではないでしょうか。

今回紹介した記事以外にも、彼が綴る『Two Blocker』には、デザイン関連やWebツール、マインド的なことなど、刺激を受ける記事がエントリーしています。
こちらにもぜひ目を通してみてください。

【参照元】http://satohmsys.info/freelance-webdesinger/

 

(6)新しいことを始める人が絶対やるべきことは個人メディア!

『イラストレーター橋本ナオキのブログ』の管理人を務めるのは、現在フリーランスとして活躍中の橋本ナオキさん。
もともとは、システムエンジニアとしてIT企業に勤務していた橋本さんですが、「イラストレーターの仕事に就きたい」「自由な働き方を手に入れたい」という思いから、退職を決意したといいます。
そんな彼のブログには、フリーランスとしての働き方やメリット、イラストに関することなどの記事が多数公開されているので、注目してみてくださいね。

その中から一つピックアップしてみると、《新しいことを始める人が絶対やるべきことは個人メディア!》は、フリーランス希望の方にぜひ読んでもらいたい記事の一つです。
橋本さんによると、自身が手がけた作品をブログを通して発信することは、大きなメリットがあるといいます。
例えば、助言や応援のメッセージがもらえたり、ブログを通して自己PRができたり、発信力が身についていくのだそう。
「まだ勉強中だから…」などの理由で情報発信を躊躇している方へのアドバイスも掲載されているので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょう?

また、記事では情報発信に欠かせないツールであるWordpressやTwitterについても触れており、そちらも併せてチェックしてみてくださいね。

【参照元】https://www.abhachi.com/?p=1966

 

(7)保育園使わないと仕事できないのに保育料は経費にならない?

2018年からフリーランスとして新たな一歩を踏み出したというはるママさん。
彼女は2児のママでもあり、ワーキングママとして育児を楽しみつつ仕事に励んでいる一人です。
日々、節税対策のため経費計上できるものがないか考えていた彼女は、ある日、衝撃的な事実を知ることになります。

「保育料は経費に計上できない」
その事実を知った彼女は、ショックを受けました。
なぜなら、仕事のための費用は全て経費にできると信じて保育料の領収書を保管していたから。
では、どうして保育料は経費に計上することができないのでしょうか。
《保育園使わないと仕事できないのに!?保育料は経費にならない!?ほんと?》に記載されているように、保育料はプライベートの支出として分類されるということと、会社勤めの人は給料から支払うため不公平になる、という理由があるようです。

ただ、その他にも子育て関連の補助について、フリーランスの場合はどうなのか気になった彼女は、調べているうちに「フリーランス協会」という団体を発見しました。
この「フリーランス協会」は年会費は必要とのですが、子育て関連の支援サービスを含む福利厚生を受けることができるのだとか。
詳しいサービス内容は、ぜひ記事で確認してみてくださいね。
記事内で、経費に計上するための方法についても触れてあるので、こちらも要チェックですよ!


今回紹介した記事が掲載されているのは、『副業のすすめ』というブログ。
特に仮想通貨に詳しくなれる記事が豊富にエントリーしているので、こちらも併せて目を通してみては?

【参照元】https://在宅ワーク副業.com/archives/2127

 

(8)コネがないフリーランスエンジニアがやる案件探し

個人の裁量で働くフリーランスに憧れ「将来はフリーランスとして生活したい!」と自身のキャリアパスを描いている人も多いのではないでしょうか。
自由度が高く、ライフワークバランスが取りやすいフリーランスは魅力的!しかし、案件を確保しなければ当然収入を得ることができませんよね。
そのため、先を見据えた準備が必要。案件を得る方法のひとつとして「人脈作り」いわゆる「コネ」が挙げられるでしょう。
しかし、全ての人がコネを作れるとは限りませんよね。

《コネがないフリーランスエンジニアがやる案件探し》という記事は、コネなしで案件を確保する術が紹介されています。
フリーランスプログラマーとして活動されている筆者自身、コネなしでフリーランスデビューを果たしたとのこと。そんな筆者がおすすめしている方法が、「フリーランス向けのエージェントを活用すること」です!

エージェントを活用するメリットとして
・単価を交渉してくれる
・契約書や請求書を発行してくれる
・精神的な負担がない
・金額も良い
・営業、事務的作業が省かれる
などがあります。開業したてのフリーランスには、大きな利点ですよね。

この記事紹介されているブログ『プログラマーの諸事情』は、筆者がフリーランスとして活動している時の体験談が綴られていますよ。フリーランスのいろはを知りたい方は、是非ブログをチェックしてみてくださいね。

【参照元】https://easy-programing.com/archives/111

簡単60秒!無料会員登録

  • Step1
  • Step2
  • Step3
  • Step4

ご希望の働き方があれば選択してください

次へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.