オンラインカウンセリング実施中

サラリーマンのメリットとは?個人事業主との違いも解説

サラリーマンとは企業に所属する会社員を指します。サラリーマンのメリットや、フリーランスとの違いについてご紹介します。

フリーランスになれるか相談する

目次

サラリーマンの語源
サラリーマンのメリット
サラリーマンと個人事業主の違い

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

サラリーマンの語源

サラリーマンとは、正規雇用の会社員を総称する言葉です。一般的には民間企業に所属しているうち、役員や専門職を除く職種を示します。サラリーは「塩」を意味し、古代貴重なものであった塩が俸給とされていたことが語源です。サラリーマンという呼び方は明治期に登場したものです。

関連記事 : 会社員と個人事業主の違い

フリーランスになれるか相談する

サラリーマンのメリット

サラリーマンのメリットには、以下のような点があげられます。

  • 毎月の固定給に加え、ボーナスが出ることもある
  • 営業活動をしなくても、安定した作業がある
  • 休日が定められており、プライベートと切り分けた過ごし方ができる
  • 保険や手当があり、企業に守られている

日本では、企業に属して発展に貢献するという考えが根付いており、サラリーマンはごく一般的な働き方として知られています。

関連記事 : 個人事業主とサラリーマンの違いとは

サラリーマンと個人事業主の違い

サラリーマンの中には、将来的に脱サラをして個人事業主を目指している方もいらっしゃるかと思います。そこで気になるのは、サラリーマンと個人事業主にはどのような違いがあるのかという事。収入や休日、保険など、具体的な違いをピックアップしてみましょう。

収入

サラリーポマンの特徴として、毎月の収入が安定しているという点があります。またボーナス制度があれば、毎月の給与とは別に収入を得られる事もイントです。

フリーランスの収入は、サラリーマンとは対照的に変動する場合が多い傾向にあります。ビジネスが成功すればサラリーマン以上の収入を稼ぎ出す事も可能ですが、逆に業績が振るわなかったり、体調を崩してスケジュールに穴が空いてしまうとその間の収入は下がってしまうこともあります。
自分の頑張り次第で収入が大きく変動するのは、フリーランスの最たる特徴といえるでしょう。

休日

一般企業であれば、企業が定めた休日に従って休みをとります。フリーランスの場合は、一般的に作業する日を自分で調整します。休日を自由に設定できるというメリットがありますが、予定通りにはかどらないと休日を返上して作業をすることもあります。

保険・保障

会社員が万が一に退職・失業する場合、雇用保険の中の失業保険が適用されます。一方、フリーランスには原則として失業保険がないものとされています。健康保険にも個人で加入する必要があるため、保険に関する知識や選び方も求められます。

関連記事 : 青色申告はサラリーマンも可能?

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.