スキルや将来性なども解説
ネットワーク監視の仕事とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

ネットワーク監視は、インターネット利用者が、不自由なくブラウジングできる環境を守るための作業に携わっています。ある程度の専門知識と集中力が求められる作業です。スキルや将来性とともにご紹介していきます。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

0. 目次

1. ネットワーク監視の具体的な仕事内容
2. ネットワーク監視・運用に必要なスキル
3. ネットワーク監視の将来性

1. ネットワーク監視の具体的な仕事内容

インターネットを利用するユーザーが、365日24時間いつでも快適に使えるように環境を維持するためにネットワーク監視の仕事はあります。

まずは、ネットワーク監視に関するお仕事の作業内容について解説します。監視のみを行うものもありますが、障害が発生した場合の復旧作業までを含む運用が作業内容に含まれる場合が多いようです。運用も併せて確認してみましょう。

■ネットワーク監視
ネットワークやサーバに障害が起きていないかをチェックする作業です。異変があるとアラートやエラーメッセージを出してくれる、専用のソフトウェアを使って行います。

企業によって作業の範囲が異なりますが、死活監視やトラフィック監視、リソース監視、ハードウェア監視と呼ばれる作業が一例です。ネットワーク環境にどの程度の負荷がかかっているか、正常な応答があるか、機器に物理的な故障がないかなどが具体的な監視事項です。ソフトのアラートを確認したら、管理者へと報告するところまでがネットワーク監視の作業となっています。

■ネットワーク運用
アラートを確認し、管理者へと報告したのち復旧までを行うことが運用の作業です。用意されているマニュアルやエンジニアのオペレーションに沿って、症状に合わせた解決を行います。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

2. ネットワーク監視・運用に必要なスキル

■集中力
ネットワーク監視・運用の作業はある意味でシンプル。そういった環境の中でも常に集中してネットワーク障害やサーバの異常を察知できるようにしなくてはなりません。

■交代制に対応できる体力
ネットワーク監視・運用は365日24時間稼働する仕事なので、2交代制か3交代制の形式が多いようです。そういった生活リズムに対応できることが求められます。自己管理をしっかりと行い、作業に支障を来さないようにすることが重要です。

■ネットワークに関する知識
ネットワークに不良があった場合、どういった症状なのか理解し、正確に伝達できる程度のスキルは必要となるでしょう。運用も行う場合は、マニュアルに沿った操作ができることも必要です。

3. ネットワーク監視の将来性

長期的に見て、ネットワーク監視だけをやり続けるのはなかなか厳しいものがあるかもしれません。夜勤があるシフト制では体力的な問題もありますし、ネットワーク監視や運用は基本的に指示されたことを行っていく面があるため、自分で判断する機会が少なくなり、成長スピードが遅くなりがちです。

作業の中でネットワークがどのようになっているのかを学ぶ機会があるため、そこからどのようにキャリアアップを図っていくのかを考えておくとベターでしょう。またシフト制であれば比較的時間を確保しやすいため、スキルアップを目指すための学習時間に充てやすいという面もあります。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

簡単60秒!無料会員登録

  • Step1
  • Step2
  • Step3
  • Step4

ご希望の働き方があれば選択してください

次へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.