Webエンジニアに興味を持った方に
Webエンジニアの必要スキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

Webエンジニアに求められる必要スキルとしては、PHPやPerlなどのサーバサイドの言語スキル、HTMLやCSS、JavaScriptといったフロントエンドのスキル、データベースやサーバのスキルなどが代表的なところです。以下に詳しく説明していきます。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

0. 目次

1. WebサイトやWebサービスの開発・運用が主な業務です
2. Webエンジニアに求められる代表的なスキルとは
3. Webエンジニアのキャリアパスは多様化しています

1. WebサイトやWebサービスの開発・運用が主な業務です

Webエンジニアとは、自社および受託のWebサイトやWebサービスを開発する職種です。Web開発をする場合、業務内容は要件定義にはじまり、設計、プログラミング、テスト、研修、運用、保守を行います。案件によっては工程の一部を請け負ったり、上流から下流まで全体的に請け負ったりと担当範囲は異なります。

またWebエンジニアの業務を細分化して、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニアに分けられることもあります。AI、Fintechなど最新テクノロジーの登場により、Web業界は今後さらに隆盛を極めていくと予想されており、それに伴いWebエンジニアが活躍できる機会も増えていくでしょう。

 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

2. Webエンジニアに求められる代表的なスキルとは

Webエンジニアにはさまざまなスキルが求められます。技術的なスキルのうち、業務上特に必要となるものをご紹介します。

・プログラミング言語
Webサービス開発に用いられるプログラミング言語としては、PHPやPerl、Java、Rubyなどが挙げれられます。フロントエンドも担当する場合には、基本となるHTMLやCSSに加え、JavaScriptも押さえておきたいところです。

・データベースの知識
Webサービス開発において、データベースの操作は切っても切り離せません。MySQLやPostgreSQLなどのデータベースへの理解と、データベースを操作するための言語であるSQLのスキルは求められることが多いでしょう。

・Webサーバの知識
Webアプリケーションが動作するのはサーバ上です。Webエンジニアにとって、ApacheやNginxなどのWebサーバの特性や違いについて理解することは重要な素養の一つといえます。

3. Webエンジニアのキャリアパスは多様化しています

Webエンジニアの需要は年々高まっており、即戦力だけでなくポテンシャル人材や他業界からの転職も流入している状況です。特に人気のある分野として、アドテク、Fintechなどが挙げられます。

Web業界が多様性を増している現在、Webエンジニアのキャリアパスも幅広い分野に分かれます。

エンジニアとしての技術を極めたい方は、技術スペシャリストなどの道があります。近年は運用形態をオンプレミスからクラウドへ移行する動きも目立っています。AWSやGCPなどのクラウドコンピューティングに関する知見を高めておきましょう。

また技術職以外では、企画職やマネージャー職など、これまでのエンジニア経験を活かしたキャリア転向もあります。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

簡単60秒!無料会員登録

  • Step1
  • Step2
  • Step3
  • Step4

ご希望の働き方があれば選択してください

次へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.