企業や人によって定義の異なる職種
Webエンジニアに興味を持ったら何を勉強すればよいか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

WebサイトやWebアプリケーションなどの開発に携わる職種―Webエンジニアに興味を持った方へ向けて、Webエンジニアの仕事内容やどんな勉強が必要かなどをご紹介していきます。

【併せて読みたい関連記事】
webエンジニアの仕事とは?webプログラマーとの違いも解説

フリーランス専門エージェントに無料相談する

0. 目次

1. Webサイトやソフトウェアを開発する仕事
2. Webエンジニアに必要な勉強やスキル
3. Webエンジニアの将来性

1. Webサイトやソフトウェアを開発する仕事

Webエンジニアは、WebサイトやWebを通して利用されるソフトウェア、アプリなどを開発する職種のことです。Webエンジニアという言葉は明確な定義付けがされていません。

案件によって名称が異なりますが、担当領域の違いによって「フロントエンドエンジニア」「バックエンドエンジニア」などと区別されることもあります。

それぞれ必要なスキルが異なるため、勉強をする際や案件を探す際には自分が求めている情報を見つけられるように、違いを知っておいたほうが良いでしょう。

■フロントエンド(クライアントサイド)エンジニア
フロントエンドとは、ユーザーに直接操作される部分や目に留まる場所のことです。HTMLやCSSを用いた作業がメイン。ユーザーのニーズにあったデザインに関する知識も求められる場合があり、トレンドに対応できるような知識も普段から身につけておいたほうがいいこともある職種です。

■バックエンド(サーバサイド)エンジニア
バックエンドは、サーバやデータベースといった、ユーザーからは見えない部分を取り扱う領域のことです。LinuxやPHP、MySQLといったシステムを用いて、サイトの土台となる部分やユーザーから登録された情報の処理などを行う部分の開発します。
 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

2. Webエンジニアに必要な勉強やスキル

Webエンジニアについてもっと知りたいという方へ向け、押さえておきたい知識やスキルなどを、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアに分けてご紹介します。基本的にどちらも常に急速な発展を遂げている業界です。いつでも新しい情報をキャッチし、対応できるスキルは共通して必要になると考えられます。

■フロントエンドエンジニア
まずHTMLやCSSなどのコーディングスキルが必須です。jQueryやReact.jsといったライブラリに関する知識もあると、仕事の選択の幅がさらに広がることでしょう。

UIやUXなどのデザインに関する知識やスキルもあると、開発やデザイナーとのやりとりがスムーズになります。求人・案件によっては、デザインもフロントエンドエンジニアの担当領域に含まれる場合もあるので、ある程度習得しておくと役立つこともあるでしょう。

■バックエンドエンジニア
PHPやRuby、Pythonなどのプログラミング言語に関する知識やスキルが必要になります。OSについてはLinux、データベースはMySQLといったものについても勉強しておくと良いでしょう。

3. Webエンジニアの将来性

Webエンジニアの業界は近年の急速な発展に伴い、人手が追いついていない状態です。需要が高く、興味のあるジャンルや得意なジャンルの仕事を選びやすい環境であるといえるでしょう。

キャリアパスとしては、技術スペシャリストや開発チームのマネージャー、エンジニアの経験を活かした企画担当などがあります。いずれもエンジニアとしての経験を活かして、現場がより効率よくプロジェクトを進める仕事なので、やりがいを感じられるシーンも多いことでしょう。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.