オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

フリーランスWebエンジニアの年収や案件獲得方法|未経験でなれるかも紹介

WebサイトやWebアプリケーション開発を行うWebエンジニア。ビジネスにWebを活用するのが当たり前となる中で、活躍の場は広がり続けています。Webエンジニアは企業に所属する働き方だけでなく、フリーランスとして自由に働く選択肢もありますが、そのためには案件を獲得するためのノウハウが必須です。

今回は、フリーランスで成功できるか不安な方に向けて、フリーランスのWebエンジニアの年収や案件の獲得のコツについて幅広く解説。これからフリーランスを目指す方は必見です。

Webエンジニア案件を提案してもらう

目次

Webエンジニアとは
フリーランスWebエンジニアの年代別平均年収
フリーランスWebエンジニアになるメリット
フリーランスWebエンジニアになるデメリット
フリーランスWebエンジニアの案件獲得方法
フリーランスWebエンジニアの仕事の流れ
フリーランスWebエンジニアに求められるスキルレベル
未経験からWebエンジニアになる方法
Webエンジニアの将来性

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

Webエンジニアとは

WebエンジニアはWebサイトやアプリ、ソフトウェアなどWebを介して利用されるさまざまなものを開発することが主な仕事です。Webエンジニアの業務範囲は雇用される企業や契約する案件によって違いますが、担当領域によって以下の2つに分類されることがあります。

フロントエンド(クライアントサイド)エンジニア

Webサイトやアプリ、ソフトウェアでユーザーから見える部分をフロントエンドと呼びます。この部分の開発で活躍するエンジニアを「フロントエンド(クライアントサイド)エンジニア」と言います。HTMLやCSS、JavaScriptなどを用いた作業がメインで、デザインに関する知識はもちろん、時代に合ったデザインや技術のキャッチアップが求められます。

バックエンド(サーバサイド)エンジニア

Webサイトやアプリ、ソフトウェアにはユーザーの目に留まらない部分もあり、代表的なのはサーバーやデータベースです。このような部分の開発を行うエンジニアを「バックエンド(サーバサイド)エンジニア」と呼び、サイトの土台となる部分やユーザーから登録された情報の処理などを行う部分の開発を行っています。開発に用いるのは、LinuxやPHP、MySQLといったシステムです。

関連記事 : Webエンジニアの仕事とは?年収やスキル、Webプログラマーとの違いも解説

Webエンジニア案件を提案してもらう

フリーランスWebエンジニアの年代別平均年収

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が公開している「IT人材白書2016」には、フリーランスとして活躍するエンジニアが稼げる年収を調査した項目があります。これはWebエンジニア特有のデータではありませんが、参考情報として確認していきましょう。

30代まで

30代までのフリーランスエンジニアは、約62%が年収500万円未満となっています。ただ、収入には幅があり、年収700万円~1000万円、年収1000万円以上を得ている人がそれぞれ約9%ずつ存在しています。

40代

40代のフリーランスエンジニアの年収は、全体的には30代までのフリーランスエンジニアと似た傾向です。年収500万円未満の人は約64%、続いて年収700万円~1000万円の人が約14%、年収1000万円の人が約6%となっています。

50代

50代でも、年収500万円未満の人が約60%を占めます。年収700万円~1000万円の人は約17%と、ほかの世代より多少割合が増えますが、年収1000万円以上の人はおよそ2%しか存在しません。

企業に雇用されるWebエンジニアは、年齢に比例して年収が高くなる傾向がありますが、フリーランスのWebエンジニアは、基本的に年齢と年収の相関関係はありません。スキル次第では、30代で年収1000万円以上に達することも不可能ではないでしょう。

関連記事 : フリーランスエンジニアの年収・収入|年収1000万円を目指すための働き方とは

フリーランスWebエンジニアになるメリット

フリーランスWebエンジニアのメリットをご紹介します。

  • 自分のペースで働ける
  • 自分のスキルにあった案件を自由に選べる
  • スキルアップが報酬増につながりやすい

自分のペースで働ける

フリーランスWebエンジニアは、会社に雇用されるWebエンジニアと比べて、自分のペースで働きやすいというメリットがあります。私生活も大切にしたい人、たくさん働いて多くの報酬を得たい人など、できるだけライフスタイルや目標に合わせた働き方をしたい人には、フリーランスという働き方が適しているといえるでしょう。

自分のスキルにあった案件を自由に選べる

フリーランスWebエンジニアは、基本的には参画する案件を自由に選ぶことが可能です。そのため、自分のスキルに見合った案件、やってみたいと思う案件を選べることもメリットとなります。

スキルアップが報酬増につながりやすい

企業に雇用されるWebエンジニアの場合、スキルだけでなく入社年数や社員間のバランスも考慮して給与が決まります。一方、案件ごとに契約を結ぶフリーランスWebエンジニアは、スキルによって評価されるので、スキルアップがそのまま売上増につながる傾向があります。Webエンジニアとしてのスキルを磨き、実務経験が増えれば、高単価な案件を契約できるようになるでしょう。

関連記事 : フリーランス(個人事業主)のメリット

フリーランスWebエンジニアになるデメリット

次に、フリーランスWebエンジニアのデメリットをご紹介します。

  • 営業活動や事務作業も行わなければならない
  • 収入が安定しにくい
  • 自主性がないとスキルアップできずに失敗する
  • 人間関係が消える孤独感がある

営業活動や事務作業なども行わなければならない

フリーランスWebエンジニアは、経費の計算や社会保険の支払い、税金の手続きをはじめとする事務作業に加え、営業活動も自分で行わなければなりません。そのため、会社員として働く場合に比べて、エンジニアとしての開発スキル以外にも、営業活動や経費の知識、事務処理に対応できるスキルを身につける必要があるでしょう。

収入が安定しにくい

フリーランスWebエンジニアの場合、案件の契約件数と単価で収入が決まるので、毎月一定の給与をもらっていた会社員時代に比べると、収入が保障されない実態もあります。

自主性がないとスキルアップできずに失敗する

フリーランスのWebエンジニアがスキルアップを図るためには、自分から行動を起こさなければなりません。会社と違い、周囲に質問に答えてくれたり、アドバイスをくれたりする同僚が常にいる訳ではないので、自主性がないとスキルアップができず、案件の契約が難しくなってしまうでしょう。

人間関係が消える孤独感がある

独立後は会社員時代と違って一緒に働く仲間がいなくなるため、人間関係が消えることを不安に思う人がいます。目標を共有する仲間がいないと、人によってはモチベーションの低下につながる心配もあるでしょう。

仕事上の人間関係を持ちたい場合は、在宅型より常駐型の案件を受けるのも一つの手です。また、フリーランスが集まる勉強会に参加すると、フリーランス同士の交流を持ています。

関連記事 : フリーランスエンジニアのデメリットとは?

フリーランスWebエンジニアの案件獲得方法

フリーランスWebエンジニアが案件を契約するには、以下のような方法が挙げられます。

  • 人間関係を利用して発注を受ける
  • クラウドソーシングサイトで応募する
  • エージェント経由で案件を提案してもらう
  • 企業に直接営業をかける

これらの方法についてそれぞれ詳細を説明していきます。

人間関係を利用して発注を受ける

仕事や趣味などを通じてすでに築き上げた人間関係がある場合、それを活用して案件を受けることが可能です。この方法で案件を契約するためには、日ごろから人間関係を広げることを意識しておく必要があるでしょう。

過去に仕事で関わったことがある人なら、自分の得意な作業やスキルレベルを把握したうえで案件を発注してくれると期待できます。

クラウドソーシングサイトで応募する

クラウドソーシングサイトでは、フリーランスのWebエンジニア向けの案件を契約できます。

クラウドソーシングはサイト上で多数の案件を探せるのがメリットですが、基本的にはページに書かれている情報のみからどの案件に応募するか決めなくてはいけません。自分に合った案件を見極めることが、スムーズに作業をこなして売上を得る鍵となるでしょう。

エージェント経由で案件を提案してもらう

フリーランスWebエンジニア向けの案件は、エージェントを利用することでも契約できます。エージェントがクライアントとWebエンジニアの間に入って案件を提案してくれるので、案件の単価から一定の手数料が差し引かれるのが一般的ですが、自分で営業活動をしたり、案件を探したりする手間を省きたいという方とっては近道です。

企業に直接営業をかける

フリーランスWebエンジニアは、企業に直接営業をかけることで案件を契約できます。ほかの方法と違い、そもそもWebエンジニアの需要があるか調べなくてはいけませんが、すぐに案件を獲得できなくても、今後案件が発生したときに声をかけてもらえたり、人脈が広がったりする効果が期待できます。

関連記事 : フリーランスの案件を初心者が獲得する方法|独立するエンジニアに必要な心構えとは?

フリーランスWebエンジニアの仕事の流れ

案件を受けた後のフリーランスWebエンジニアの作業は、基本的に以下のような流れで進んでいきます。

1. 受注
まず案件を探し、契約を結びます。

2. 設計
案件に求められる要件を定義し、設計書や設計書を制作します。この工程はシステムエンジニアが担当するのが一般的ですが、案件によってはWebエンジニアが設計から携わることもあります。

3. 開発
Webエンジニアのメインの作業である開発を仕様書にしたがって行います。

4. テスト
テストをして不具合があれば、その修正を徹底して行うことも重要な作業の一つです。

フリーランスWebエンジニアに求められるスキルレベル

フリーランスWebエンジニアは即戦力として開発を行うことが前提となるため、案件に対応できる言語スキルは絶対に必要な条件となります。フロントエンドエンジニアなら「JavaScript」や「HTML」「CSS」、バックエンドエンジニアなら「Java」「PHP」「Python」といった、使用頻度の高い言語は使用できるようにしておくと、案件を契約しやすくなるでしょう。

また、フロントエンドエンジニアはWebデザインのスキル、バックエンドエンジニアはデータベースやサーバーに関する知識を習得しておくと、より幅広い案件に対応でき売上アップが期待できます。

関連記事 :Webエンジニアのスキルセットとは

未経験からWebエンジニアになる方法

未経験の状態からいきなりフリーランスWebエンジニアを目指すのは、現実的ではありません。その理由は、実務経験がないと案件を獲得するのが難しかったり、信頼を獲得するまでに時間がかかったりするためです。

未経験から最短でフリーランスWebエンジニアになるためには、まず企業に雇用されてWebエンジニアとして働き、基本的なスキルを身につけることが手堅い方法です。

就職先の研修制度を利用すれば効率的にスキルが身につき、分からない点は先輩エンジニアに質問できます。周りのサポートを受けながらスキルアップできるのは、企業に就職するメリットでしょう。

フリーランスとして確実な成功を目指すのであれば、いきなり独学でフリーランスになるのではなく、経験を積んでフリーランスに転身するのがおすすめです。

以上を踏まえたうえで、今後フリーランスを目指す方がスキルを身につける方法と、就職する際のコツをご紹介します。

スクールや配信授業に通う

未経験からフリーランスWebエンジニアになる場合、まずは業務上必要となる知識を学ぶことが絶対の条件です。そのための1つの方法は、スクールや配信授業を活用すること。プロの指導で体系的に学ぶことは、基本情報技術者試験や応用情報技術者試験といった資格を取得する近道にもなります。

エンジニア関連の資格を取得して就職・転職活動をすると、基礎スキルが身についていることや向上心をアピールでき、企業からの期待を高められます。ただし、資格を取っただけでは成果物を作るスキルが身についている証明にはなりません。

資格勉強で得た知識は今後の仕事に役立ちますが、フリーランスとしてすぐにクラウドソーシングで案件を受けたり、エージェントに案件を提案してもらったりできるわけではないので注意してください。

独学で勉強する

フリーランスWebエンジニアに求められるスキルには、独学で身につけられるものもあります。独学で勉強する場合には、自分のレベルに合ったテキストを選ぶと良いでしょう。

また、スクールや配信授業では企業の紹介をしてくれることもありますが、独学の場合はそれがありません。そのため、独学でスキルを身につける場合には、サイトやブログなどを作成してポートフォリオを作り、自分を売り込むための営業ツールを用意しておくと良いでしょう。

未経験OKな企業に応募する

Webエンジニアの募集を行っている企業の中には、実務経験が必須ではなく未経験者でも応募できるところがあります。未経験からフリーランスWebエンジニアを目指す場合、まずは未経験者を歓迎する企業に就職し、経験を積んでから独立を目指すと良いでしょう。

関連記事 : 未経験でWebエンジニアに転職するには|求人数や必要な準備、おすすめプログラミング言語

Webエンジニアの将来性

現在、WebエンジニアはIT業界の急速な発展に伴い、人手が十分に増えていない状態です。Webエンジニアは需要が高く、スキルを身につけ経験を積めば、今後も興味のあるジャンルや得意なジャンルの仕事を選びやすい環境であるといえるでしょう。

キャリアパスとしては、技術スペシャリストや開発チームのマネージャー、エンジニアの経験を活かした企画担当などが考えられます。企業によっては、一般的なエンジニアのキャリアパスは職位を上げて管理寄りになるものしかないというケースもありますが、SaasやWebメディアなどを提供するWeb系企業では、現場でのスペシャリストとしてのキャリアパスが用意されているケースが見られます。

関連記事 : Webエンジニアの将来性

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Webエンジニア案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとサーバーサイド開発の案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.