フリーランスで成功する人の特徴とは?
フリーランスに向いている人の特徴を知るための記事特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

自由な働き方を求めてフリーランスを目指す方が増えています。しかし、安定した収入を得たり、クライアントと信頼関係を築いたりしながら長く活躍するためには、スキルだけでなく適性も影響するようです。そこで今回は、フリーランスに向いている人の特徴にフォーカスした記事を紹介したいと思います。独立を夢見る方やフリーランスになったものの、思うように結果が出せていない方は、自分を見つめ直すきっかけにしてくださいね!

 

(1)フリーランスに向いている人はどんな人?自己管理の大事さ

フリーランスとしてWeb制作やコーディングの仕事に携わっている古閑健太郎さん。
彼が綴った《フリーランスに向いている人はどんな人?【自己管理の大事さ】》という記事には、自身の経験をもとに、フリーランスに向いている人の特徴と働く上でのポイントがまとめられています。

古閑さん曰く、フリーランスに向いているのは、自己管理ができる人とのこと。
フリーランスは、スケジュールの立て方から仕事をする・しないまで、全てが自分次第であり、自己管理ができなければ仕事を続けていくことは難しいと語っています。
そこで、古閑さんは自己管理をする方法として、Todoアプリを使う方法を取り入れているそうですよ。
記事にはおすすめのアプリが紹介されているので、自己管理が苦手な方は要チェックです!

また、仕事とプライベートとのバランスを取ることの重要性や、フリーランスになろうとする動機に対する見解についても書かれているので、フリーランスの適性や快適に働くヒントが知りたい方も読み応えがあることでしょう。

さらに、彼が運営しているサイト『Tarokenlog』には、Web制作情報をはじめ、英語の勉強法や日々の中で得た気付きなどの記事もラインナップしています。
Webの知識を得るのに役立つ記事や興味を惹く体験談が豊富にアップされているので、空いた時間にじっくりと目を通してみてくださいね。

【参照元】https://taroken.org/features-of-people-who-is-good-at-being-freelancer/

 

(2)フリーランスに向いている人とは

木口恒事務所は、22歳のときからフリーランスとして活躍している木口さんによって設立されたブランディングデザインの事務所です。
こちらのサイト『HISASHI KIGUCHI OFFICE』には、事務所の紹介や作品例などが紹介されている他、ブログも掲載されているので、気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょう?

さて、そんな木口恒事務所のブログには、今回のテーマにピッタリの記事がありました。
《フリーランスに向いている人とは》という記事です。

木口さんが思うフリーランスに向いている人の特徴は以下の4つ。
・常に仕事の事を考えていたい人
・生活自体はメリハリをつけたい人
・孤独に強い人
・不安に強い人

木口さんは普段生活している中で、デザインのことを考える機会が多いと言います。
もちろん、無理して仕事のことを考えているわけではありません。
無意識のうちに仕事に役立つ情報をキャッチしている感覚なのだそうです。
しかしその一方で、生活リズムは意識的に一定になるようにしているのだとか。
毎日同じルーティーンで過ごすことで、体調の変化にも気づきやすくなったと語っています。

「周りの環境に左右されることなく、規則正しい毎日を送っていきたい」という方は、木口さんのライフスタイルを真似してみるといいかもしれませんね。
記事には、孤独や不安を感じたときの対処法も紹介されているので、そちらもぜひ参考にしてみてはいかがでしょう。

【参照元】https://hisashikiguchi.com/blog/suitable-for-freelance/

 

(3)【実体験】フリーランスWebデザイナーの向き・不向きは?

長野県千曲市に拠点を置く『七変化デザイン』は、長島圭佑さんが運営するWeb制作事務所。
ホームページ制作・UIデザイン・Webメディア構築など、幅広い技術サービスを提供しています。

今回は、そんな"七変化デザイン"のブログに掲載されている《【実体験】フリーランスWebデザイナーに向いている人、向き不向きは?》という記事に注目してみました。
この記事には、フリーで活躍している長島さんの視点で、フリーランスのWebデザイナーに向いている人の特徴が書かれています。

・Webデザイン以外の業務も楽しめる
・サイト設計からコーディングまで一人で完結できる
・ある程度の技術力・デザイン力を持っている
・監視されなくても仕事ができる

これら4つの詳細が気になる方は、ぜひ記事の中で確認してみてくださいね。

ただし、長島さんは「全ての特徴持ち合わせていなかった場合でも、人それぞれに適応の仕方はある」とも語っています。
苦手分野で人の力を借りたり、一人でもモチベーションを維持しやすい時間や場所を確保したりといった、自分らしい在り方を確率することがポイントのようですよ。
フリーランスのWebデザイナーとして活躍したい方は、長島さんの記事を参考にして、今後の働き方を考えてみてはいかがでしょう。

【参照元】https://7henge.site/blog/【実体験】フリーランスwebデザイナーに向いてい/

 

(4)「会社員が向いてない人」と「フリーランスが向いてない人」

絵の描き方やデザインに関すること、さらにはフリーランスの働き方などについて書かれた記事が豊富に掲載されている『フリーランスWebデザイナーのリアル』
デザイナーの方はもちろん、フリーランスエンジニアの方にとっても、大変興味深い内容の記事がたくさん公開されています。

今回はその中から、「フリーランスという働き方に興味があるものの、自分に合っているのか分からない」という方におすすめの記事を紹介します!
そのタイトルは、《「会社員生活が向いてない人」と「フリーランス生活が向いてない人」の違い》
ここでは、フリーランス生活に向いている人と会社員生活に向いている人の特徴がそれぞれ紹介されています。

記事によると、一人の時間が好きな人や自己管理が得意な人、好きな仕事をしたい人、ライフスタイルにこだわりたい人はフリーランスに向いているとのこと。
しかし、孤独感を感じやすい人や組織にいることに苦痛を感じない人は、会社員が向いていると述べられています。
もし、前者の特徴に当てはまり、「将来は独立をしたい!」という夢を持つ方は、フリーランスという働き方を視野に入れてみてもいいかもしれませんよ。

もちろん、これだけの判断材料で「フリーランスとしてやっていけるかどうか」を決めることはできませんが、適性を知る上ではとても参考になるのではないでしょうか?
記事にはさらに詳しい内容が綴られているので、興味のある方はぜひ記事を熟読してみてくださいね。

【参照元】https://free-webdesigner.com/column/life

 

(5)フリーランスの向き不向きはウサギとカメで考えよう!

フリーランスの向き不向きについて、非常にわかりやすくまとめられている記事を発見しました!
記事のタイトルは、《フリーランスの向き不向きはウサギとカメで考えよう!》
この記事は、現在フリーランスとして活躍中のmioさんに届いた「フリーランスに向き不向きがあるのか」という質問をきっかけに綴られたものです。
記事の中でmioさんは、「向き不向きはある」と断言しています。
では、その適性の有無はどのようにして判断するといいのでしょうか?

ここで例として用いたのは、昔話でおなじみの"ウサギとカメ"。
物語に登場するウサギとカメのうち、カメの方がフリーランスに向いているというのです。
例えば、フリーランスは精神的に休めないため、カメのように地道に仕事について考えることが大切なんだとか。
カメの特徴を捉えた上で、フリーランスに必要なマインドを解説しているので、理解しやすい内容ですよ。

また、mioさんが運営する『みおろぐ!』には、フリーランスとして活躍するためのノウハウや、日常生活で気になる話題を取り上げた記事などもエントリーしています。
アクセスすると、あなたが気になる情報が得られるかもしれませんよ!
ぜひ他の記事も併せてチェックしてみてくださいね。

【参照元】http://ricci-solution.com/freelance-type/

 

(6)フリーランスに向いている人・向いていない人の10の特徴

ブログ『じゆしこ』を運営するカルロ・クマさんは、10年以上のフリーランス経験を持つ一人。
彼のブログの中の《フリーランスに向いている人・向いていない人の10の特徴》という記事には、フリーランスに向いている人の特徴10個とその理由が詳しく書かれていました。

例えば、"自由に対して過度な期待がない"という項目では、覚悟もスキルもない状態で自由を求めると挫折してしまう点にフォーカスし、「フリーランスは自由だけど律している人でなければ成功しない」とコメントしています。
ここでは、自由の中にある厳しい側面を窺い知ることができますよ。

その他にも、"自己投資が大事だと知ってる""収入ゼロでも平気という覚悟がある"などの項目があり、フリーランスの適性と実態がリアルに垣間見ることができます。
さらに記事の最後には、今後フリーランスになりたい人がうまくいくかどうかを決定づける判断基準も書かれているので、ぜひ確認してみてくださいね!

カルロ・クマさんのブログには、ノマドワークに関する記事やブログ運営のコツ、糖質制限ダイエットなど、彼自身の経験をベースに綴ったお役立ち情報が満載です。
時間を見つけて、他の記事もリサーチしてみることをおすすめします。

【参照元】https://jiyushiko.com/soho/9219.html

 

(7)独立が向いている人、会社員が向いている人の違いとは?

時間に束縛されたり、仕事に見合った給与が得られなかったりする悩みを抱えている人にとって、その両方から開放されるフリーランスは魅力的に感じるワークスタイルかもしれません。
しかし、フリーランスには向き・不向きがあると語っているのは、ブログ『さっさとネットで稼いで、自分のやりたいことに集中できる人生を手に入れよう』を運営している月也さん。
彼は会社員を経て独立を果たしましたが、フリーランスの適性について時折考えることがあり、こちらの記事《独立やフリーランスになる前に!独立が向いている人、会社員が向いている人の違いとは?》に、そのことをまとめられています。

フリーランスは時間管理やお金を稼ぐ方法を自ら決めなければなりません。
そのため、"自分を律する力"と"自分で考える力"が必要になるのだとか。
そして、月也さんが考える適性のありそうな人物像として、以下のタイプが挙げられています。

・大学がすごく楽しかった人
・自分で何かを決めるのが好きな人
・熱中できるものを持っている人

これらの項目に一つでも当てはまる人は、自主性があったり、行動指針を持っていたり、没頭することでスキルに磨きをかけたりすることができるので、フリーランスとして結果を出しやすいのだそうです。

フリーランスに憧れつつも、一歩を踏み出すべきか否かで悩んでいる方は、ぜひ月也さんの記事を熟読してみてくださいね!
記事の後半には、独立する際のタイミングについても触れているので、自分に合った働き方を判断するときの参考になるのではないでしょうか。

【参照元】https://tusolu.com/archives/178

 

(8)独立・起業・フリーランスに向いてる人の特徴

キャッチコピーや詩、セールスレターなど、言葉を創造することを強みにしているクリエイター谷洋二郎さんが運営するブログ『たにちゃんねるジャーナル』には、自己啓発やマーケティング、Webネタなどの情報がリリースされています。
著書の出版やWebマガジンの開設など、ゼロベースから自身の力で立ち上げる谷さんは、こちらの記事《独立・起業・フリーランスに向いてる人の特徴》の中で、彼が考えるフリーランスに向いている人の特徴について触れていました。

谷さんはフリーランスの適性について、次のようなことを挙げています。
・自分で考えるのが好き
・アウトプットが好き
・稼ぐことに罪悪感がない
・自分で調べ尽くす
・弱点を都合よく使い倒す

ここでいうマイペースとは、家族や周囲を説得させ、一日でやれるべきことをストイックにこなすこと。
彼は独立や起業をしたり、フリーランスになることは「マイペースを貫く作業」そのもとだと述べています。
また「ギャラ交渉ができない」「当初のギャラから単価をアップできない」など、自分が稼ぐことに罪悪感を持っていることはフリーランスとしては短所になるのだとか。
お金に対してシビアになることも、独立して活動するために必要な要素であることが窺えます。

この他にも、独立や起業、フリーランスに向いている人の特徴について細かく説明されているので、フリーランスとしての活動を継続させるためのヒントが得たい方は、ぜひ記事をくまなく読んでみてくださいね!

【参照元】http://tani-channel.com/starting-business/5765/

 

(9)フリーランスに向いている人、向いていない人

『Happy Life Career』を運営する加藤晶子さんは、ライフワーク・コーチとして活躍している一人です。
自分らしいキャリアの積み方で迷っている方に対して、ワークショップやセミナーなどを積極的に実施しています。
そんな彼女のブログには、銀行員や会社員、フリーランスなど、彼女の豊かな経験をもとに綴られた記事ばかり。
ライフスタイルや働き方を考える上で参考になるので、一度目を通してみることをおすすめします。

さて、そんな加藤さんのブログの中から今回はこちらの記事、《フリーランスに向いている人、向いていない人》に注目してみました。
どんなタイプの人や、どんなマインドの人がフリーランスに向いているのかについて語られています。

例えば、「人に指図されずに自分で決めたい」という人は、フリーランスに向いているとのこと。
まさしく、加藤晶子さんはこのマインドの持ち主のようで、自身が完全にフリーランス向きだと分かったと語っています。
また、本文ではフリーランスとして活躍する場合のシビアな部分についても言及。
フリーランスならではのシビアな部分に耐えられなかったり、苦手意識を感じたりするような場合は、もしかすると会社員として組織に属した方がいいかもしれないと述べています。
向き不向きを判断するための情報が知りたい方は、ぜひ本文をじっくり読んでみてくださいね。
しっかり読み込むことで、自身の働き方を今一度見つめ直すきっかけになるかもしれませんよ。

【参照元】http://akiko-kato.com/blog/lifework-blog/1000/

 

(10)フリーランスに向いている人の特徴とは?

『slow life blog』を運営しているのは、外資系のメーカーに勤めつつ、PRライターやPRプランナーとしても活動中の山崎春奈さん。
そんな彼女のブログの中にも、フリーランスの適性について書かれた記事が掲載されていました。
こちらの《フリーランスの楽しさは、数値化できないものを大事にできるかで変わる。フリーランスに向いている人の特徴とは》という記事です。

彼女は仕事を通して多くのフリーランスや起業家と知り合う機会が多いそうですが、成功している人には共通した特徴があると言います。
1つ目は、"成果を出しながらも、数値化できないものにも情熱を注ぐことができるか"ということ。
フリーランスが安定して仕事を獲得していくためには、スキルだけでなく、人と人とのつながりが欠かせません。
そのため、仕事に対する情熱や人としての在り方、誠実さなど、数字では表せない部分も疎かにはできないからです。

そして2つ目は、"好きな仕事もそうでない仕事も、うまく使い分けて対応する柔軟性を持てるか"ということ。
山崎さんは、会社員・フリーランス・経営者を経験している方から聞いた、「収益にならなくても好きでやりたい仕事と、それを実現するために今すぐにやっておくべき仕事もある」という教えから、フリーランスがこの視点を持つことが大事であることに気付いたのだそう。
多くの人が「フリーランス=好きなことを仕事にする」
というイメージを抱きやすい傾向にありますが、山崎さんは「仕事=全て好きなこと、でないといけないわけではない」という、働き方の選択肢が広がる考え方を持つことを推奨しています。

フリーランスは一見自由度が高い働き方のように感じますが、それを可能にするためには、上記のようなポイントが鍵になるようですよ!
「自分にはフリーランスとしての適性があるのか?」と悩んでいる方は、これらを踏まえた上で自身を客観的に見つめ直してみてはいかがでしょうか。

【参照元】http://すろーらいふ.com/post-1082/

フリーランスに興味をお持ちの方は

本記事では、フリーランスとして活躍している方々のライフスタイルや活動内容をご紹介してきました。もし、フリーランスに興味をお持ちで、フリーランスのなり方や段取り、具体的な手続きを知りたいという方は下記の記事も併せてご覧ください。

フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

具体的な単価相場や案件数をメールで診断します

レバテックフリーランスではフリーランス転向を検討しているエンジニアの方に向けて、「今、フリーランスになったらどんな案件があるか」をメールでご提案するサービスも実施しております。具体的な案件数や単価の目安を知ることができますので、フリーランス転向を検討する際にお役立てください。
 

案件提案メールについてもっと詳しく見る
 

そのほか、「税金や保険などの手続きに不安がある」「フリーランスになったあとのキャリアパスを知りたい」「自分と同じような境遇の人の事例があれば聞いてみたい」などの相談に乗る個別相談会も実施しております。フリーランスエンジニアにまつわるお悩みや相談ごとがおありでしたら、ふわっとした内容でもかまいませんのでお気軽にご相談ください。
 

個別相談会についてもっと詳しく見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.