あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

webサイト活用や英語環境の作り方など自分に合った方法で必要な英語力を伸ばす
ITエンジニアと英語力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

ITエンジニアの業務によっては英語力が求められるシーンもあります。例えば、技術について英語のドキュメントを読む、英語圏の関係者とやり取りする、などが一例です。ITエンジニアの業務と英語力の関係について整理してみましょう。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

英語力の必要性
英語力の技能
英語の習得方法

英語力の必要性

ITエンジニアに関わる技術は日々進展しているため、新しい情報を積極的に集めることが大切です。IT業界では、最新の技術・製品は海外から日本に伝わる傾向があります。英語で書かれた記事であっても、英語力のあるエンジニアであれば内容を理解して業務やスキル向上に活かせるでしょう。

また、海外展開をする日本の企業は増えており、採用の際に英語力を求める会社は増加傾向にあります。そのため、ITエンジニアとして活躍の場を広げるために英語力は役立ちます。

関連記事 : フリーランスにおける英語の必要性

自分に合う案件を提案してもらう

英語力の技能

英語力と一口に言っても、ライティングやスピーキング、リスニング、リーディングの4つの技能があります。ITエンジニアとして英語力をつけるのであれば、まずはリーディングスキルが必要です。

前の項目でご紹介したように、最新の情報を得る際は、英語のメディアに触れることが多くあります。内容を理解して業務に活かすためには、読解力が大切です。

リーディングスキルを伸ばす中で文法や単語を習得するため、身につけた知識はライティングやリスニング、スピーキング能力を高めるときにも役立つと考えられます。

また、将来海外で働きたいのであれば主にスピーキングやリスニングスキル、海外のスタッフとメールなどで連絡をとる必要がある場合はライティング能力など、ご自身の状況に合わせて力を伸ばしましょう。

関連記事 : Webエンジニアの英語学習

英語の習得方法

ここでは、英語の勉強法の例を2つご紹介します。

■英語環境を作る
英語に慣れるために、自ら環境を作るのが一つの方法です。具体的には、スマートフォンの言語設定を英語にしたり、英語で書かれたニュースを読んだりする方法があります。まとまった勉強時間をとるのが難しい人も、環境作りによって英語に触れる機会を増やすことが可能です。

■Webサイトを活用する
たとえばリーディングは英語のニュースサイト、ライティングは添削サービスの活用によって、スキルを伸ばすことができます。また、字幕付きで講演を聞けるサイトはリスニング、オンライン英会話であればスピーキング能力を高められるでしょう。

上記は、英語力を伸ばす勉強方法の一例です。人によって適した勉強法は異なるため、取り組む中で効果的な習得方法を見つけましょう。

関連記事 : 英語を習得して仕事の幅を広げよう!フリーランスにおすすめの英語勉強法

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.