オンラインカウンセリング実施中

ITエンジニアにおすすめの資格12選|未経験からの転職に役立つ資格は?

ITエンジニア向けの資格には、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験といった国家資格の情報処理技術者試験から、オラクルマスター(ORACLE MASTER)、LinuC、CCNAなどのベンダー資格・民間資格まで、さまざまな種類があります。ITエンジニアになるために必須となる資格はありませんが、本記事では未経験からの転職に役立つ可能性がある資格を含め、ITエンジニアにおすすめの資格をご紹介します。

自分に合う案件を提案してもらう

目次

ITエンジニアになるには資格が必要?
ITエンジニアにおすすめの国家資格
ITエンジニアにおすすめのベンダー資格・民間資格
IT資格を取得して転職を成功させよう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

ITエンジニアになるには資格が必要?

ITエンジニアになるために必須となる資格はありません。基本的に、ITエンジニアとして転職するときには資格を取得していることよりも、実務経験の有無や期間の長さが重視されます。

しかし、実際の業務に関連した資格を取得することで、一定のスキルの証明や、向上心を示すアピール材料となることはあります。したがって、他業種からの転職を目指す人や、現場での実務経験がない人にとっては、ITエンジニアの関連資格を取得していることが役立つ場面はあるでしょう。

関連記事 : ITエンジニアに未経験から転職するには|志望動機例文や転職活動のコツ

自分に合う案件を提案してもらう

ITエンジニアにおすすめの国家資格

ITエンジニアが取得すると役立つ可能性がある国家資格は、以下のとおりです。

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者試験
  • 情報セキュリティマネジメント試験
  • 応用情報技術者試験
  • システムアーキテクト試験
  • ネットワークスペシャリスト試験

上記の資格には、ITの基礎知識、ITシステム開発、セキュリティやネットワークの専門知識などが含まれており、いずれも開発に携わるITエンジニアに役立つ資格です。

ITパスポート

資格名 ITパスポート
運営 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)
試験日 スケジュールから選択可能
受験料 5,700円(税込)
合格基準 総合評価点600点以上であり、かつ分野別評価点もそれぞれ300点以上であること
受験資格 なし

※参考 : IPA(独立行政法人情報処理推進機構)|ITパスポート試験

「ITパスポート」は、ITを利活用する社会人や、これから社会人になる学生などを主な対象とした、ITの基礎的な知識が証明できる国家試験です。IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が実施する情報処理技術者試験のなかでは、最も難易度が低いとされています。具体的な出題内容として、以下のようなことが問われます。

  • AI
  • ビッグデータ
  • IoT
  • アジャイル
  • 経営戦略
  • マーケティング
  • 財務、法務
  • ネットワーク
  • セキュリティ

上記のように、IT基礎や経営全般など、幅広い分野の総合的な知識が問われます。総合評価点は満点が1,000点で、そのうち600点以上かつ、分野別の評価点がそれぞれ300点以上で合格です。試験方式がCBT方式の選択問題という点でも、難易度は低めの国家試験といえます。

これからITエンジニアを目指す人や、異業種からの転職を目指す人、幅広いIT系の職種で働く人に役立つ資格です。

基本情報技術者試験

資格名 基本情報技術者試験
運営 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)
試験日 上期・下期
受験料 5,700円(税込)
合格基準 午前・午後の試験でともに60点以上
受験資格 なし

※参考 : IPA(独立行政法人情報処理推進機構)|基本情報技術者試験

「基本情報技術者試験」は、ITエンジニアやその他のIT職種に従事する人、これからITエンジニアを目指す人を対象とした国家資格です。IPAが実施する情報処理技術者試験のなかでは、レベル2となっています。具体的な出題内容として、以下のようなことが問われます。

  • アルゴリズムとプログラミング
  • コンピュータシステム
  • インタフェース
  • マルチメディア
  • データベース
  • ネットワーク
  • セキュリティ
  • プロジェクトマネジメント
  • システム、経営戦略
  • 企業と法務

上記のように、ITに関する知識から経営戦略、法務など幅広い分野の総合的な知識が問われます。また、プログラムに関する問題があることを考慮すると、ITパスポートに比べて難易度がやや高めといえるでしょう。

試験は、午前と午後に分かれています。午前の試験では80問の選択問題が出題され、午後の試験では11問の多肢選択式形式の問題が出題され、そのうち5問に回答します。IPA公式サイトによると、2019年度の試験の応募者数は169,170名、合格率は25.7%となっています。

ITエンジニアとして駆け出しの人や、ITエンジニアとしてスキルアップを狙う人に役立つ資格です。

情報セキュリティマネジメント試験

資格名 情報セキュリティマネジメント試験
運営 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)
試験日 上期・下期
受験料 5,700円(税込)
合格基準 午前・午後の試験でともに60点以上
受験資格 なし

※参考 : IPA(独立行政法人情報処理推進機構)|情報セキュリティマネジメント試験

「情報セキュリティマネジメント試験」は、ITエンジニアや情報セキュリティリーダー、その他のIT職種に従事する人を対象とした国家資格です。IPAが実施する情報処理技術者試験のなかでは、基本情報技術者試験と同じレベル2となっています。具体的な出題内容として、以下のようなことが問われます。

  • 情報セキュリティ
  • 企業と法務
  • コンピュータシステム
  • データベース
  • ネットワーク
  • プロジェクトマネジメント
  • サービスマネジメント
  • システム監査、戦略
  • 経営戦略

上記のように、情報セキュリティに関する知識から経営戦略、法務など幅広い分野の総合的な知識が問われます。プログラムに関する問題はありませんが、その分セキュリティやリスク管理などに関する問題が多く出題されています。

試験は50問の四肢択一問題が出題される午前と、多肢選択式の問題が3題出題される午後に分かれています。また、IPA公式サイトによると、2019年度の試験では応募者数が36,679人、試験の合格率は49.4%なので、情報処理推進機構が実施するIT関連の国家資格のなかでは、合格難易度は低い傾向にあります。

情報セキュリティ分野は、ITシステムの開発だけでなく運用保守でも必要となる知識なので、ITエンジニアはもちろん、その他のIT職種やセキュリティ管理に携わる職種においても役立つでしょう。

応用情報技術者試験

資格名 応用情報技術者試験
運営 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)
試験日 春期(4月第3日曜日)・秋期(10月第3日曜日)
受験料 5,700円(税込)
合格基準 午前・午後の試験でともに60点以上
受験資格 なし

※参考 : IPA(独立行政法人情報処理推進機構)|応用情報技術者試験

「応用情報技術者試験」は、基礎レベルからさらにレベルアップを図りたいITエンジニアを対象とした国家資格です。IPAが実施する情報処理技術者試験のうち、レベル3に分類されます。具体的な出題内容として、以下のようなものが問われます。

  • 基礎理論
  • アルゴリズム・プログラミング
  • コンピュータシステム
  • マルチメディア
  • データベース
  • ネットワーク
  • セキュリティ
  • 開発技術
  • プロジェクトマネジメント
  • サービスマネジメント
  • システム・経営戦略
  • 企業と法務

上記のように、プログラミングやシステムに関するIT知識全般から経営戦略、法務など幅広い分野の総合的、応用的な知識が問われます。

試験は四肢択一の問題が80問出題される午前と、記述式の問題が出題される午後に分かれています。

IPA公式サイトによると、2019年度の試験では応募者数が99,244人、試験の合格率は22.3%となっており、難易度が高い傾向にあることが分かります。

ITエンジニアとして、より高いスキルを身に付けたい人や、レベルアップしたい人におすすめの資格です。

システムアーキテクト試験

資格名 システムアーキテクト試験
運営 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)
試験日 春期(4月第3日曜日)
受験料 5,700円(税込)
合格基準 午前I・午前II・午後Iで60点以上であり、
かつ午後IIでランクAを取ること
受験資格 なし

※参考 : IPA(独立行政法人情報処理推進機構)|システムアーキテクト試験

「システムアーキテクト試験」は、IPAが実施する国家試験です。システム開発において上流を主導するような立場のエンジニアを対象としており、情報処理技術者試験のなかでは、レベル4と最もレベルが高い試験に分類されています。具体的な出題内容として、以下のようなものが問われます。

  • 契約・合意
  • 企画
  • 要件定義
  • 開発
  • 運用・保守

システムの開発にかかわる知識を持つことはもちろん、情報システム戦略を具体化するための設計スキルなど、幅広い知識が問われます。

システムアーキテクト試験は、以下の4部構成で行われます。

  • 午前I : 30問の四肢択一の問題
  • 午前II : 25問の四肢択一の問題
  • 午後I : 記述式の問題
  • 午後II : 論述式の問題

選択問題や記述式の問題のほか、論述式の問題が出題される点もこの試験の特徴です。IPA公式サイトによると、2019年度の試験では応募者数が8,340人、試験の合格率は15.3%との結果が出ており、その難易度の高さがうかがえます。

ITエンジニアとしてすでに豊富な経験があり、さらにレベルアップしたい人や、上級のエンジニアに向いている資格といえます。

ネットワークスペシャリスト試験

資格名 ネットワークスペシャリスト試験
運営 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)
試験日 春期(4月第3日曜日)
受験料 5,700円(税込)
合格基準 午前I・午前II・午後I・午後IIで
それぞれ60点以上
受験資格 なし

※参考 : IPA(独立行政法人情報処理推進機構)|ネットワークスペシャリスト試験

「ネットワークスペシャリスト試験」は、ネットワーク技術の構築や運用に携わるネットワークエンジニア、インフラエンジニアなど、情報処理技術者を対象とした国家資格です。IPAが実施するIT関連の情報処理技術者試験のなかでは、レベル4の高度試験に分類されています。

試験では、ネットワークシステムの企画・要件定義のほか、設計・構築・運用・保守に関するスキルが問われます。また、要求仕様にかかわるモデリングなどの設計技法の知識や実践能力も必要です。

ネットワークに関する豊富な知識や専門的な内容について問われるため、実務経験がない方は、より難易度が高いと感じるかもしれません。ネットワークスペシャリスト試験は、以下の4部構成で行われます。

  • 午前I : 30問の四肢択一の問題
  • 午前II : 25問の四肢択一の問題
  • 午後I : 記述式の問題
  • 午後II : 記述式の問題

試験全体の規模感や午後の記述式が2部ある点から、レベル3の応用情報技術者試験と比べても難易度が高いといえます。一定の試験対策や学習が求められるでしょう。

IPAの公式サイトでは、2019年度の試験応募者数が18,342人、試験の合格率は14.4%との結果が示されています。合格率が2割にも満たないことからも、IPAが実施するIT関連の国家資格のなかでも、かなり難易度が高い傾向にあるといえるでしょう。

ネットワークエンジニアやインフラエンジニアとしてすでに実務経験があり、よりレベルアップしたい人や、上級のエンジニアに適した資格です。

関連記事 : エンジニア向けの資格|取得すべき資格やメリットは?

ITエンジニアにおすすめのベンダー資格・民間資格

ITエンジニアが取得すると、スキルの証明や転職などに役立つ可能性があるベンダー資格・民間資格の例は、以下のとおりです。

  • オラクルマスター(ORACLE MASTER)
  • オラクル認定Javaプログラマ
  • LinuC(Linux技術者認定試験)
  • CCNA(シスコ技術者認定)
  • Microsoft認定資格
  • AWS認定資格

これらの資格では、データベーススキル、プログラミングスキル、サーバーOSを扱うスキル、ネットワーク機器を扱うスキル、クラウドのスキルなどを証明できます。

オラクルマスター(ORACLE MASTER)

資格名 オラクルマスター
(ORACLE MASTER)
運営 日本オラクル社
試験日 試験ごとにスケジュールを選択可能
受験料 32,340円(税込)
合格基準 Bronze DBA : 正答率65%以上
Silver DBA : 正答率60%以上
Silver SQL : 正答率63%以上
Gold DBA : 正答率57%以上
受験資格 なし

※参考 : Oracle University|ORACLE MASTER Portal - be an ORACLE MASTER -|オラクル認定資格制度

「オラクルマスター(ORACLE MASTER)」は、日本オラクル社が実施するデータベース認定資格です。「Oracle Database」シリーズを扱う技術力、データベースの管理や運用スキル、SQLスキルなどが問われます。国際的にも評価されている資格のため、取得により転職やステップアップに役立つでしょう。

試験の難易度は、Gold、Silver、Bronzeの順で低くなっていきます。

  • ORACLE MASTER Gold DBA 2019
  • ORACLE MASTER Silver DBA 2019
  • ORACLE MASTER Silver SQL 2019
  • ORACLE MASTER Bronze DBA 2019

「ORACLE MASTER Gold DBA」は、データベース管理者を対象としており、マルチテナント環境の構成やバックアップ、リカバリ、インストールなどの技術要素を理解していることが重要です。2021年4月時点で行われているORACLE MASTERの試験において、最も難易度が高い資格となっています。

「ORACLE MASTER Silver DBA」は、運用担当者を対象としています。取得により、日常的な運用管理や基本的なSQLなどのスキルを証明できます。

「ORACLE MASTER Silver SQL」は、開発者やデータアナリストを対象としています。SQLのスキルを証明できる資格です。

「ORACLE MASTER Bronze DBA」は、取得によってデータベースの運用管理についての基本を理解していることを証明できる資格です。オラクルマスターのなかでは最も難易度が低く、インフラエンジニアやこれからITエンジニアを目指す人に最適といえます。

オラクル認定Javaプログラマ

資格名 オラクル認定Javaプログラマ
(Oracle Certified Java Programmer)
運営 日本オラクル社
試験日 試験ごとにスケジュールを選択可能
受験料 Bronze : 16,500円(税込)
Gold・Silver : 32,340円(税込)
合格基準 Bronze : 正答率60%以上
Gold・Silver : 正答率63%以上
受験資格 GoldのみSilverに合格していることが条件

※参考 : Oracle University|Java SE 11 認定資格|オラクル認定資格制度

オラクル認定Javaプログラマは、Javaの知識とスキルを難易度別に認定する資格です。国際的にも評価されている資格のため、取得すれば転職やステップアップに役立てられるでしょう。

Javaのバージョンアップに合わせて試験もバージョンアップされ、数字が大きいほど最新バージョンの試験であることを意味します。2021年4月時点での最新バージョンの試験は「Java  SE 11」です。

  • Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 11
  • Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 11
  • Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 11

オラクル認定Javaプログラマのうち、Gold SE認定資格は、最も難易度の高いレベルの試験です。この試験では、自分の力だけで機能実装を行える中上級者を対象としています。Javaアプリケーション開発に必要なプログラミング知識のほか、実装に関する能力の評価を目的としています。

Silver SE認定資格は、Javaアプリケーション開発で必要とされる基本的なプログラミングの知識に加え、上級者の指導のもとで開発作業を行える初心者向けの資格です。日常的なプログラミングスキルだけでなく、プロジェクト内で発生するさまざまな状況に対する対応能力も評価されます。

Bronze SE認定資格は、プログラミング言語未経験者向けの入門資格です。オラクル認定Javaプログラマのなかでは初心者向けに分類され、Java言語の基本的な知識の評価を目的としています。これからITエンジニアを目指す人は、まずはBronzeの取得を目指しましょう。

LinuC(Linux技術者認定試験)

資格名 LinuC(Linux技術者認定試験)
運営 LPI-Japan(エルピーアイジャパン)
試験日 試験ごとにスケジュールを選択可能
受験料 16,500円(税込)
合格基準 非公開
受験資格 レベル1から順番に取得する必要あり

※参考 : LPI-Japan|IT資格といえば LinuC|Linux技術者認定試験 リナック

「LinuC」は、LinuxというOSを用いたシステムの運用、開発スキルを問われる試験です。試験では、主に「クラウド」「オープンソースのリテラシー」「システムアーキテクチャ」についての知識が問われます。そのため、クラウド時代におけるLinux技術者に求められる技術力を証明できる資格といえます。

LinuCの試験は、3つのレベルに分けられています。

  • LinuCレベル1 : 101試験、102試験
  • LinuCレベル2 : 201試験、202試験
  • LinuCレベル3 : 300試験、303試験、304試験

LinuCのレベル1では、主に物理または仮想Linuxサーバーの構築と運用について問われます。公式サイトによると、初めて受験する場合の勉強時間の目安は1ヶ月〜3ヶ月程度とされています。仮想環境を含むLinuxシステムの基本操作とシステム管理が行えるレベルに達していれば、初心者でも合格を狙えるでしょう。

レベル2は、仮想マシンやコンテナを含むLinuxシステム、ネットワークの設定や構築について問われます。目安となる勉強時間は3ヶ月〜半年程度とされています。レベル1と比べると、システム設計、ネットワーク構築やアーキテクチャにもとづいた導入、保守までの知識が必要な点で、難易度はやや高めです。

レベル3は、Linux・Windows・Unixが混在するシステムの設計や構築、運用・保守について問われる「Mixed Environment(300試験)」、セキュリティレベルが高いコンピュータシステムの設計、構築、運用・保守について問われる「Security(303試験)」、クラウドコンピューティングシステムの設計、構築、運用・保守について問われる「Virtualization & High Availability(304試験)」に分かれています。初めての受験に向けた時間の目安は半年〜1年程度とされています。幅広く、より専門的な知識や実務経験が必要とされる点で、上級エンジニアの受験を想定した資格といえるでしょう。

CCNA(シスコ技術者認定)

資格名 CCNA(シスコ技術者認定試験)
運営 シスコシステムズ社
試験日 スケジュールから選択可能
受験料 36,960円(税込)
合格基準 非公開
受験資格 なし

※参考 : Cisco|CCNA 認定とトレーニングプログラム

「CCNA」は、シスコシステムズ社が運営するネットワークエンジニアの技能を認定する試験です。シスコ技術者認定試験のなかでも、CCNAは4つあるレベルうち下から2番目のアソシエイトレベルに分類されます。主に以下のような内容が問われます。

  • ネットワークの基礎
  • ネットワークアクセス
  • IPコネクティビティ
  • IP サービス
  • セキュリティの基礎
  • 自動化とプログラマビリティ

CCNAには、試験を受けるための正式な前提条件は設けられていませんが、「1年以上のシスコソリューションの実装および管理経験」「基本的なIPアドレス指定の知識」「ネットワーク基礎に関する深い理解」があることが推奨されています。

シスコ製品を扱ったことのあるITエンジニアや実務経験が1年以上のインフラエンジニアなどのスキルアップに役立つ資格といえます。

Microsoft認定資格

資格名 Microsoft認定資格
運営 Microsoft社
試験日 試験ごとにスケジュールを選択可能
受験料 試験ごとに異なる
合格基準 スコア700以上(合格スコアが700になるようにスケーリングされる)
受験資格 なし

※参考 : Microsoft Docs|Microsoft Certifications

「Microsoft認定資格」は、主にMicrosoft製品に関するITスキルを証明する資格です。定期的に試験のリニューアルや廃止が行われており、近年はMTA、MCSA、MCSD、MCSEといった従来の認定試験に代わって、以下のようなロールベースの認定制度への移行が進んでいます。

  • 試験 AZ-900: Microsoft Azure Fundamentals
  • 試験 AZ-104: Microsoft Azure Administrator
  • 試験 AZ-303: Microsoft Azure Architect Technologies
  • 試験 AZ-304: Microsoft Azure Architect Design
  • 試験 AZ-500: Microsoft Azure Security Technologies
  • 試験 AI-900: Microsoft Azure AI Fundamentals
  • 試験 AI-102: Designing and Implementing a Microsoft Azure AI Solution
  • 試験 DP-100: Designing and Implementing a Data Science Solution on Azure
  • 試験 DP-203: Data Engineering on Microsoft Azure
  • 試験 DP-300: Administering Relational Databases on Microsoft Azure

このように、試験科目が豊富なため、自分の職種や業務内容に近いものを選択して受験することが可能です。

たとえば、Azureに関する認定については、インフラエンジニアやネットワークエンジニアに役立つでしょう。

AWS認定試験

資格名 AWS認定試験
運営 Amazon Web Services
試験日 試験ごとにスケジュールを選択可能
受験料 試験ごとに異なる
合格基準 基礎レベルの試験では700点以上、
アソシエイトレベルの試験では720点以上、
プロフェッショナルレベルとスペシャリティの試験では750点以上の換算スコア
受験資格 なし(13歳以上)

※参考 : AWS|AWS 認定 – AWS クラウドコンピューティング認定プログラム

「AWS認定」は、AmazonのクラウドサービスAWSに関する知識を問う認定資格です。基礎レベルから専門知識まで、レベルが分けられています。

基礎レベル : 6か月間の基礎的なAWSクラウドと業界知識

  • AWS 認定 クラウドプラクティショナー

アソシエイトレベル : 1年間のAWSクラウドを使用した問題解決と解決策の実施における経験

  • AWS 認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト
  • AWS 認定 デベロッパー – アソシエイト
  • AWS 認定 SysOps アドミニストレーター – アソシエイト

プロフェッショナル : 2年間のAWSクラウドを使用したソリューションの設計、運用、およびトラブルシューティングに関する包括的な経験

  • AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル
  • AWS 認定 DevOps エンジニア – プロフェッショナル

専門知識 : それぞれの専門知識分野に関する技術的なAWSクラウドでの経験

  • AWS 認定 高度なネットワーキング – 専門知識
  • AWS 認定 データアナリティクス – 専門知識
  • AWS 認定 セキュリティ – 専門知識
  • AWS 認定 機械学習 – 専門知識
  • AWS 認定 データベース – 専門知識

すべてが基本的にAWSクラウドを使用した実務経験がある人を想定した認定となっています。したがって、AWSの実務経験が6ヶ月以上ある人や、インフラエンジニアをはじめとしたAWSを活用するITのエンジニアに役立つ資格といえます。

関連記事 : CCNAとLinuC|資格取得するならどっち?試験内容や難易度を紹介

IT資格を取得して転職を成功させよう

ITエンジニアにおすすめの資格には、未経験でも合格が可能なレベルから、実務経験がないと取得が難しいレベルのものまでさまざまな種類があります。試験に申し込む前に、各試験のレベルを把握しておくことが大切です。ITエンジニアに役立つ資格を取得して、転職やステップアップに有効活用しましょう。

関連記事 : フリーランスが習得すべき資格

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.