ヒアリング力を高めるには?
ヒアリング力を強化!相手に信頼される「聞き方」がわかる記事まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

クライアントに納得してもらえる提案をするために欠かせないのが、ヒアリング。ヒアリング力が高ければ、クライアントが納得してくれるだけではなく、信頼度も比例して高くなるはずです。そこで今回は、ヒアリング力を強化するためのポイントが綴られた記事をピックアップしてみました。一体何が大切なのかを理解し、ぜひ仕事に活かしてみてくださいね。

 

(1)ヒアリング力を格段に向上させるコツとアクション

営業をしたり、クライアントの意向を仕事に反映させたりするためには、ヒアリング力が重要になります。
しかし、だからといって一方的に相手に質問をすればほしい情報が得られるかというと、そうではありません。
ビジネスシーンでは、相手が話したいと思える雰囲気を作り、質問や提案を織り交ぜながら自分が求める情報を聞き出すことが価値あるヒアリングにつながります。
こちらの記事《ヒアリング力を格段に向上させるたった1つのコツと5つのアクション》には、その際抑えておきたいポイントが詳しく書かれていました。

この記事の筆者である笹田裕嗣さんによると、ヒアリングを行う際に必要なのは、まず相手をリサーチすること。
なぜなら、ヒアリングを行う対象者のことを知らなければ、的確な質問も提案もできないからです。
また、信頼を得るためには自分を知ってもらうことも大切とのこと。
そのうえで、4W2H(What、Who、When、Where、How、How much)を意識して具体的な要望を聞き出し、それに沿って提案をしたり、ヒアリング内容を仕事に結びつけたりるする努力をすることが、業務を成功に導くと述べています。
商談や仕事の打ち合わせをするとき、「思うように会話が弾まない」「時折見当違いの提案をしてしまう」という方は、笹田さんの記事を熟読してみると、新たな気付きが得られるかもしれませんよ!

また、この記事が掲載されている『リスク0で売上UP!成果報酬型営業代行のささだ』には、この他にも目標設定や達成のコツ、売上アップのノウハウなど、ビジネスで役立つ情報がアップされています。
気になる記事をチェックして、共感できることを日々の仕事に活かしてみてくださいね。

【参照元】https://hiroshi-sasada.com/blog/sale-knowhow9/

 

(2)思いやりで聴くと相手の心は動く。言葉の本質とは?

『『IN4U』SEから社内SEに転職してイロイロ楽しくなってきたブログ 』の管理人を務めるのは、一児のパパであるアキクボさん。
勤務時間が不規則な常駐型から、社内エンジニアの仕事に転職したのも、お子さんの誕生がきっかけだったといいます。
社内エンジニアは仕事の効率化を行うことで、業務時間の短縮を図れるのが魅力。
実際に、アキクボさんも効率化を図ることにより、定時帰宅を叶えることができているのだそうです。

アキクボさんのブログには、エンジニアが自分らしく働くためのヒントになるような記事が多数公開されているので、興味のある方はぜひ覗いてみてはいかがでしょうか?

さて、今回紹介するのは《思いやりで聴くと相手の心は動く。言葉の本質とは?(7つの習慣)》の記事です。
「まんがでわかる7つの習慣」の本を読んだアキクボさんがその内容をレビューしながら、「人の話を聞くときに大切なことはなにか?」ということについての持論も述べられています。
まず、大切になってくるのが「思いやり」。
相手から発せられた言葉だけに注目するのではなく、その人の心を理解しようとすることが大事なのだといいます。
また、相手の話を最後まで聞かずにアドバイスしようとするのも、信用性を左右する原因になってしまうのだとか。

記事にはより詳細な内容が綴られているので、ヒアリング力の向上を目指している方は、ぜひ注目してみてください。

【参照元】https://it-neta-4u.com/other/think/omoiyari

 

(3)要件をヒアリングする段階での、認識のズレをなくすコツ

システム開発でクライアントの意向を反映させるには、ヒアリングが重要な鍵になってきます。
そこで今回、ヒアリングで認識を合わせるコツが書かれた記事として注目したのがこちら、《要件をヒアリングする段階での、認識のズレをなくすコツ》

ここで筆者の小早川 敦さんは、ヒアリングのコツとして「会議のテーブルの真ん中に1枚の紙を置くこと」を推奨しています。
紙は白紙でもいいそうですが、こちらのイメージを簡単に図や表で記したものならなおいいとのこと。

記事内では、1枚の紙で認識のブレをなくせる理由として、以下のメリットが挙げられています。

・イメージが視覚化されて意思疎通しやすい
・視線が集中して話がブレにくい
・直接共通の紙に書き込めて、食い違いが起こりにくい
・議事メモ代わりになり、記憶に残りやすい

それに加え、小早川さんは自身が会議のやり直しの現場に参加した体験も綴っており、その際に簡単な図を書いた紙を用いたことで、一気に要件がまとまったと語られていました。
双方の意向のズレをなくすには、図・表を使った視覚的なアプローチが重要なポイントになってきそうですね。

また、小早川さんは参加者全員が手を伸ばして書ける紙を使うことは、全員が参加できる場を提供する有効な手段だと綴っています。
「ヒアリングをしてもなかなか要件がまとまらない」と悩んでいる方は、ぜひ会議の中で1枚の紙を活用してみてはいかがでしょう。

小早川さんが運営する『タノカチ!〜人生楽しんだもん勝ち〜』のサイトには、仕事術・心と体の話・グルメ・登山の記録など、幅広いジャンルの情報が詰まっています。
気づきを得られたり、好奇心を刺激されたりと、見応えのある内容が充実しているので、他の記事もじっくり閲覧してみてくださいね。

【参照元】https://akoba.jp/meeting-technique/

 

(4)これであなたも聞き上手に♬

聞き上手になりたいのであれば、相手が話しているときの相槌も大切。
そう話すのは、『By my weakness... ‐ふみさんが思い描く先‐』というブログを運営し、エスポワコンサルタントとして活躍しているおフミさんです。

聞き上手になるための方法が《これであなたも聞き上手に♬》に書かれており、ここでは5つの相槌の種類について綴られていました。
その5つ相槌の種類とは、以下の通り。

・単純相槌
・バックトラッキング
・要約
・相手の感情を推察する
・自分の気持ちを伝える

おフミさんによると、聞き上手な人は相槌の種類が豊富なのだそうです。
それならば、さまざまな相槌をとにかく活用すれば聞き上手になれるのかといったら、そうではないといいます。
あまり相槌をしすぎるのは、かえって要注意なのだとか。
相槌をする方がいいのに、しすぎには気をつけなければならない理由とは、一体なぜなのでしょう?
その答えは記事中に綴られていますので、まずは熟読することをおすすめします。

ヒアリング力を高めるためには、しっかりと相手の話に相槌を打って理解することが欠かせません。
「クライアントと意思疎通ができない」「会話がうまく進まない」という方は、相槌の方法にも気をつけてみてくださいね。

ブログには、上記の紹介した記事以外にも学びやライフスタイルといったカテゴリーがラインナップしています。
スキマ時間を見つけてアクセスしてみると、新しい発見があるかもしれませんよ。

【参照元】http://xxaaacham24xx.blog.fc2.com/blog-entry-60.html

 

(5)あなたも今日から聞き上手!傾聴力を高める10の方法

『かぜとなれ』は、月間9万人もの読者が訪れる、小林疾風さん運営のブログ。
ブログには、彼のこれまでのさまざまな経験をもとに、アクティブ的かつポジティブ思考になれる記事が揃っています。

今回はその中から、《あなたも今日から聞き上手!傾聴力を高める10の方法》をご紹介しましょう。

ここでは、フリーランスの仕事はもちろん、プライベートでも活かせる「傾聴力を高める」ためのヒントとコツが記載されています。
傾聴力、いわゆるヒアリング力を高めるには、いかに聞き上手になるのかということが重要なようです。
聞き上手だと、相手の要望を話の中で引き出すことができるため、クライアントとの打ち合わせや折衝にも役立つのではないでしょうか。

聞き上手になるための方法として本文で挙げられているのは、全部で10個。
例えば、人の話を聴くときは、話している相手にしっかり興味や感心を持つ姿勢が大前提なのだといいます。
また、理解していることをアピールするため、相槌を打ったり表情を変化させたりといった方法も効果があるようです。
その他、なるほどと納得できる方法がいくつも紹介されているので、本文を隅々まで読み込んで対話で実践してみてはいかがでしょうか。

【参照元】https://www.kobayashihayate.com/entry/kikizyouzu

 

(6)聞き上手の特徴 13条

大阪でフリーランスをしているふじもとkさんは、自身が運営する『稼ぐフリー・ノマドンナになりたい』のブログの中で、フリーランス向けの内容、仕事術、心理系の話など、多様な視点から役に立つ情報を綴っています。

その中から、ぜひヒアリング力を高める際に参考にしてほしい記事として取り上げたのが、《聞き上手の特徴 13条》の記事。

・話し手と同じ表情で聞いてくれる
・否定せず共感してくれる
・張り合わない
・話を遮らない
・相槌のバリエーション

など、上記を含む聞き上手の具体的な特徴が13通り挙げられています。

さらに「人を否定する人の心理」「話を遮る人の心理」など、話を聞くことと相反する行動をしてしまう心理を語った関連記事リンクが添えられているのも嬉しいポイント。
参考にすることで、つい自分がやってしまっていたクセと心の状態が見えてくるかもしれませんよ。

聞き上手の人が実践しているポイントを掴んで、仕事でもプライベートでも活かしてみてくださいね!

【参照元】http://nomadonna.net/mentality-personality/20161007/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.