オンラインカウンセリング実施中

ノマドワーカー=フリーランスではない!2つの違いとは

「ノマドワーカー」はどのような人を指すかご存知ですか?
ここでは、ノマドワーカーの意味や、フリーランスの方がノマドワーカーとして働くメリットなどをご紹介します。自分に適した働き方を考えるために、参考にしてください。

フリーランスになれるか相談する

目次

ノマドワーカーとフリーランスの意味
ノマドワーカーのメリット
ノマドワーカーとして働く際の注意点

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

ノマドワーカーとフリーランスの意味

カフェに置かれた大きなテーブルで沢山の人がパソコンを使用し働いている画像

本来のノマド(nomad)の意味は「遊牧民」ですが、近年はノートパソコンやタブレットなどを持ち運び、場所を変えながら働くスタイルを指すことが多くなりました。
ノマドの職場は、ネット環境が整っている喫茶店や公園、電車内などさまざま。このような働き方をする人は「ノマドワーカー」と呼ばれます。

一方フリーランスは、会社や団体など特定の組織に所属せず、業務を請け負う契約です。
この契約スタイルで働く人は「フリーランサー」と呼ばれ、働く場所をその都度変えるかは人によって異なります。ノマドは作業のスタイル、フリーランスは契約形式の1つのため、「ノマド=フリーランス」ではありません。

フリーランスの方の中には、「企業に常駐して働くか、在宅案件を中心に受注しノマドワーカーとして作業するか迷っている」という人もいるでしょう。
次項ではノマドワーカーのメリットをご紹介するので、参考にしてください。

関連記事 : ノマドワーカーになるには

フリーランスになれるか相談する

ノマドワーカーのメリット

パソコンのキーボードの上に小さな地球儀のオブジェと小さな目覚まし時計が置かれている画像

フリーランスの人がノマドで働くメリットとして、以下の2つが挙げられます。

住居の選択肢が増える

「自然の多い地域に住みたい」「家賃が安い場所を選び、生活費を抑えたい」など住居に求める条件は人それぞれですが、会社や事務所などで働いている場合は通勤を考慮する必要があります。
ノマドはネット環境があれば作業を進められるため、希望条件に合う場所に住めるのがメリットです。

プライベートを考慮できる

介護や子育ての際は、自宅やその周辺で働きたいと考える方が多いでしょう。プライベートに合わせて作業場所を選べれば、無理なく業務を続けることが可能です。

働く場所を自由に決められることで、上記のメリットがあります。
ただし、ノマドワーカーとして働く際は注意点もあるため、次項の内容をチェックしましょう。

関連記事 : ノマドワーカーとして仕事をするメリット・デメリットは?

ノマドワーカーとして働く際の注意点

白いパソコンのキーボードの上に南京錠と鍵が置かれている画像

ノマドワーカーとして作業を進める際は、以下の2点に注意しましょう。

作業場所

喫茶店や図書館などは公共の場であるため、周りへの配慮が必要です。
長時間の作業は避け、マナーを守った行動を心がけましょう。

セキュリティ面

Wi-Fiスポットで作業する際は、セキュリティ対策が行われているか事前に確認しましょう。
通信内容を第三者に閲覧されることがないよう、「https」のWebサイト利用を心がけたり、覗き見防止のフィルターを画面に貼ったりするなどの対策も必要です。

フリーランスに関するお悩みをお持ちの方は、レバテックフリーランスにご相談ください。レバテックフリーランスは、エンジニアやデザイナーの方を対象に案件情報を提供するサービスです。

業界を熟知したカウンセラーがスキルや経験を伺い、希望に合う案件をご提案。企業への条件面の交渉や契約更新業務の代行といったサポートのほか、参画中の相談も対応しています。
無料の個別相談会を実施しているため、お気軽にご相談ください。

関連記事 : フリーランスの作業場選びに役立つ記事まとめ

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.