フリーランス必見!報酬未払いで困らないための参考記事まとめ

クライアントの報酬未払いで困っているフリーランスは、少なくありません。中には、生計にまで影響がある人もいるでしょう。仕事のトラブルを未然に防ぐためには、取引前に会社の情報収集や契約の仕方などに工夫する必要があるそうです。紹介するブログの内容をチェックして、トラブルの予防策、解決策を参考にしてください。

フリーランスになれるか相談する

目次

フリーランスに対しての報酬未払いの対処法
料金トラブルを防ぐ方法。前払いは失礼?後払いとの違いは?
10年目のフリーランスが教える回収不能なケースと予防策
フリーランスが料金未払いに陥らない為に行う5つのこと
先払い?後払い?フリーランスこそ報酬の貰い方にこだわろう
フリーランスが未払いをひとりで回収したプロセス【経験談】
相手の未払いリスクに備える、いくつかの方法
Web制作費の未払い。着手金の支払い有無で先読みできる

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

フリーランスに対しての報酬未払いの対処法

さまざまな情報が飛び交う中、自身のBtoBセールス経験に基づいた実用的な知識を共有してくれている《フリーランスに対しての報酬未払いの対処法》という記事に注目してみましょう。
ここでは、フリーランスとして働く際に起こり得るかもしれない"クライアントが報酬を払ってくれない"というトラブルを避けるための事前対策について綴られています。

記事によると、仕事の契約を交わす前にクライアントの事前調査をして注意しておきたいことがあるそうです。
。その事前調査では、登記情報の確認をします。こちらは有料ですが、トラブルを防ぐために活用しておくと良いでしょう。
登記情報サービスを活用するときは、名刺の住所や代表者名といったプロフィールが一致しているか確認しておくと良いようです。

不信感を抱くことなく、気持ちよく取引するにはクライアントのこともよく知っておく必要がありそうです。
また、住所はストリートビューで確認し、建物自体があるかどうか確認することも大切だといいます。「記載されている住所が畑だった」なんていうことも、あるそうです。
ここで「ちょっと怪しい」と感じたら、「より注意を払う」「取引をしない」など対処することができるため、事前調査は入念にした方が良いでしょう。

その他、記事には報酬未払い後の対処法なども伝えてくれているので、最後までじっくり読んでみてください。

フリーランサーとして活躍するために役立つ記事を発信してくれたひとしさんのブログ『ノマめも。』には、ゲームやガジェットといったジャンルの記事があります。興味のある方は、スキマ時間にアクセスしてみてはいかがでしょうか。

【参照元】
https://hitoc.me/workstyle/post-830/

フリーランスになれるか相談する

料金トラブルを防ぐ方法。前払いは失礼?後払いとの違いは?

料金トラブルを防ぐ方法。前払いは失礼?後払いとの違いは?

『MORIAWASE』の管理人・シェフさんは、前職で先輩の未払い案件を引き継ぎ、未払いトラブルで大変な思いをした1人です。

《料金トラブルを防ぐ方法は?前払いは失礼?後払いとの違いは?》では、そんな過去の経験を踏まえながら、未払いトラブルに巻き込まれないための大事な心掛けや対策をまとめてくれています。

シェフさんが、料金トラブルを未然に防ぐために推奨しているのが以下のことです。

  • 契約書は必ずもらう
  • クライアントの態度を注視
  • 支払いまでの期間は短めに
  • 請求書の送付後に先方に確認

上記を重視する理由、詳しい注意点にも言及しています。

その他に、シェフさんは1番間違いのない方法として「前払いで対応してもらうこと」を挙げ、前払いに対する意識の持ち方と相手への伝え方、前払いで起こりうるデメリットを書き綴っています。

個人で全てを賄うフリーランスにとって、未払いトラブルは大きな痛手になります。
金銭トラブルのリスクを少しでも減らすためにも、シェフさんが提案した方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、シェフさんのブログには、サイト運営のコツ・ビジネスとお金・暮らしのお役立ち情報・音楽情報など、幅広いジャンルの内容が更新されています。
上記の記事と併せて、心惹かれるネタをリサーチしてみても良いかもしれません。

【参照元】
https://moriawase.net/ryoukin-trouble

10年目のフリーランスが教える回収不能なケースと予防策

ブログ『魁!!フリーランス塾』には、フリーランスを目指す方やWeb制作の仕事をする方にとって有意義な情報が数多くラインナップされています。
どの記事も筆者の山崎レモンサワーさん自身の経験に基づいて書かれているので、フリーランスのリアルを知りたい方にオススメです。

例えば、今回紹介する《驚愕!Webの受託制作で稼いだお金の2割は回収不能!フリーランス10年目のベテランが教える回収できないケースと予防策》という記事もその中の1つです。
ここには、フラーランスにとって死活問題となる売掛金(報酬)の未回収パターンと、それを未然に防ぐための方法が書かれています。

山崎レモンサワーさんが受託制作を請け負った際に回収できなかったケースは、次の4パータンに分けられるのだとか。

  • 請求書を出してもお客さんがなかなか支払いに応じてくれない
  • 納品のOKが意図的にもらえなかったり、途中でキャンセルされたりする
  • 請求書を送ってから支払日までのスパンが異常に長い
  • 支払い期日が守られなかったり、請求金額と支払われた金額に誤りがあったりする

そして、各パターンで回収できなかった金額をトータルすると、その金額は今まで彼が得た売上げの20%にも及んだといいます。

しかし、山崎レモンサワーさんによると、契約前のリサーチや相手との事前交渉の内容次第では、これらのリスクは減らせるのだそうです。
記事の後半部分にそのノウハウが綴られているので、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

報酬の未払いはフリーランスの生活を揺さぶる一大事です。
大きなトラブルにならないように、参考情報を収集して、予防策をしっかり講じておきましょう。

【参照元】
https://sakigake-freelance.com/money/236

フリーランスが料金未払いに陥らない為に行う5つのこと

『モブスタ』を運営するモブさんは、フリーランスで動画・イラスト・マンガ・ホームページ作成といった広告関係のお仕事をされています。
モブさんは、実際に一度クライアントさんから支払いをしぶられた経験があり、そのときには激しく動揺し、制作費を回収できるまで毎日イライラして大変だったそうです。

こちらの《フリーランスが料金未払いに陥らない為に行う5つのこと》の記事では、そんな金銭トラブルを通じて痛感した、最悪の事態を想定して備えるべきこと、クライアントさんへの対応が書かれています。

  • 相手の制作物の理解度を確認する
  • 高額な案件の場合は前金をもらう
  • メールを残す

など、リスクを防ぐ大事な心掛けがまとめられいるため、一度チェックしておくこと良いでしょう。
それに加え、万が一クライアントさんが支払いに応じてくれなかった場合、代わりにお金を保証してくれる"回収保証"というサービスも紹介されています。
お金の問題に不安を抱かず安心して仕事に打ち込みたい方は、上記を参考にして対策を徹底することをお勧めします。

その他、モブさんのサイトには、Web運営のコツ、動画やイラスト制作に使えるアプリ、スマホ・PC・ガジェット情報など、多岐にわたる記事が充実しています。
サイト全体を閲覧して、自分のためになる記事をチェックしてみてください。

【参照元】
https://mobstyley.net/business/avoid-unpaid-5-rules/

先払い?後払い?フリーランスこそ報酬の貰い方にこだわろう

「フリーランスこそ報酬のもらい方にこだわり、報酬未払いに気をつけるべきだ」と語るのは、『寝屋川の税理士空閑Blog』を運営している空閑敏明さん。

空閑さんは税理士として独立した当初、後払いで報酬を得ていましたが、2年目にクライアントが倒産したことが原因で報酬未払いを経験しました。
そして、この出来事をきっかけに報酬を先払いに変更したそうです。当時のことについて《先払い?後払い?フリーランスこそ報酬のもらい方にこだわろう》という記事に詳細を綴られています。

仕事の契約時に報酬の先払いを申し出るのは勇気が必要ですが、空閑さんによるとそれほど嫌がられるケースはないようです。
また、もしものときに直接回収が難しそうだと感じた場合は、あらかじめカード決済を導入しておくのも一つの方法なのだそうです。
付き合いの長いクライアントに支払い時期や支払い方法の変更を伝えるのは難しいかもしれませんが、新たに契約を結ぶ場合は、このような防止策を取った方がリスクを減らせるかもしれません。

個人で仕事をしているフリーランスは、売上金の未回収が発生すると、仕事にも生活にも大打撃を被りかねません。
いざというときに備えて、空閑さんのアドバイスに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

【参照元】
https://www.kuga-tax.com/remuneration/

フリーランスが未払いをひとりで回収したプロセス【経験談】

フリーランスWebライターとして活躍し、『複雑な編集者の日常』というブログの管理人を務めるのは、佐藤英太さんです。ライフスタイルや旅、語学留学、ビジネスといったジャンルの記事を執筆されている傍ら、Webサイトの改善コンサルタントとしても忙しくされています。 
ブログの中にある《フリーランスが未払いをひとりで回収したプロセス【経験談】》という記事は、佐藤さんが実際に経験したクライアントの報酬未払いを自身で回収したときのことが綴られています。
まず、佐藤さんが伝えたいこととしてあるのは、"感情的にならず、冷静になって解決策を見出すこと"です。

クライアントが報酬を払ってくれないという事態が発生すると、ついつい感情的に対応してしまいそうですが、そこはグッと堪え、まずは問題を整理します。
佐藤さんが報酬を回収するまでの主なプロセスは以下の通りです。

  • 話し合いを求める
  • 内容証明郵便を送付する
  • 簡易裁判所へ民事調停の申し立てをする

佐藤さんが最初に動いたときに求めたのは、話し合いをすることです。このとき、先方に電話を入れても繋がらず、留守番電話で折り返しの電話を入れるようお願いをしても返事はなかったそうです。
先方と連絡が取れないままでは、話しを進めることができません。そこで、佐藤さんは話し合いを求めた証拠を残すために"内容証明郵便"を送りました。
"内容証明郵便"は、日本郵便が誰から誰に、いつ、どんな内容の郵便を送ったのかを"第三者として"証明してくれるものです。
こうして、初めて第三者を交えて解決へと歩み出します。

内容証明郵便の送付後、先方から連絡が来たものの、納得のいかない主張が続いたそうです。
その後、佐藤さんは民事調停を申し立てたました。最終的に未払いを回収することができたそうですが、そこに辿り着くまでにさまざまな困難があったようです。

記事を最後まで読み、自身にトラブルがあった際の解決策として参考にしてみてはいかがでしょうか。

【参照元】
http://eitasatou.com/genko_ryo/

相手の未払いリスクに備える、いくつかの方法

フリーランスは、受注~売掛金回収までが仕事です。経験を積んでいく中で、もしかするとクライアントが報酬を払ってくれないという事態に遭遇するかもしれません。
そのような時に備えて事前に知識を得ておくことは、フリーランスとして活動するために大切なことでしょう。

《相手の未払いリスクに備える、いくつかの方法》という記事は、報酬未払いが発生してしまった際の対応方法が複数挙げられています。
記事の内容に注目してみましょう。

まず、未払いになった場合に取る手段として"内容証明を送る"ことが挙げられています。
内容証明を送ることは、話し合いを求めている証拠としても活用できるほか「法的な手段の準備をしている」というアピールにもなるのだそうです。
これは相手の心理面にも大きく影響を与えそうですね。

そのほか、"少額訴訟を起こす"や"裁判を起こす"などが挙げられています。
少額訴訟は、60万円以下の金銭の支払を求める場合に限り利用できます。弁護士を立てる、立てないは自身の判断で良いそうです。
相手やこれまでの経緯を見て、難航しそうであれば弁護士を付けるなど、ケースに応じて対応を判断することができます。

また、記事によると"Misoca回収保証"という未払いになった場合に保証してくれるサービスもありますこれは、フリーランスにとって心強い存在です。
しかし、利用するさいの注意点が2つあります。
その内容は記事で確認してみてください。

こちらの記事を執筆した坂本倫朗さんは行政書士として、フリーランスやひとり社長をサポートする活動をされています。
坂本さんが運営している『ひとりちえ袋』というブログは"法律・行政のおトクな話"や"自分の勇気を育てるアドラー心理学"などの情報が発信されています。
ブログにアクセスして、役立つ情報を入手してくださいね。

【参照元】
https://site316.com/archives/2703

Web制作費の未払い。着手金の支払い有無で先読みできる

ゲームアプリをはじめとした、Webサービス開発を行っているたかもくんさんのブログ『たかもブログ』の中に、今回のテーマにマッチする記事を見つけたので紹介します。

それが《Web制作における制作費の未払いトラブル。着手金の支払い有無である程度先読みできる。》という記事です。彼は、クライアント報酬未払いのリスクを回避するための有効的な方法を教えてくれています。

Web制作は打ち合わせやデザインといった上流工程から、工数を大幅に使うお仕事です。
成果物が完成するまでには、数か月かかるといいます。上流工程で多くの工数を使う制作側にとって、安心して作業に入るためにも"着手金"を受け取ってから制作に進むと良いそうです。この時点で、着手金に応じない相手は、支払い期日を先延ばしにしたり、支払いを渋るといった後のトラブルが多い傾向にあるといいます。

着手金を払わない相手の思考としてあるのが「成果物を見てから払うか判断したい」ということです。
成果物ができるまでに工数を多く使う制作側からすると、これは辛いですよね。
ほかにも、すぐに着手金が支払えないといった理由もあるそうです。本格的な作業に進む前に、クライアントの考え、金銭的な信用度がある程度分かれば、大きな損害を受けることも回避できると言えるでしょう。
これは、BtoBやCtoCビジネスでも有効的な方法です。

着手金を支払ってもらうことで、「これから一緒に取り組んでいこう」というイーブンな関係を築くこともできます。
お互いに気持ちの良い取引をするためにも、必要なのかもしれません。
過去に苦い経験をした、これからスムーズな取引をしたいというフリーランスの方は、ぜひ彼の記事を参考にしてみてください。

【参照元】
https://takam0.hatenablog.com/entry/2017/01/11/Web制作において制作費の未払いトラブルなどは、着

レバテックフリーランスはIT・Web系フリーランス専門エージェントです。ご自身にマッチする案件をご提案するだけでなく、「自分のスキルで通用するか?」「将来性にフリーランス転向を考えているので話を聞きたい」といったご相談も承っています。

キャリアの選択肢としてフリーランスへの転向をお考えの方は、下記の記事も併せてご覧ください。フリーランスとは?といった基本から、フリーランスになるために必要な手続きや会社員のうちにやっておきたいことなど、フリーランスの仕事に興味のお持ちの方に役立つ情報をお伝えしています。

関連記事:フリーランスとは?年金・保険などの手続きも解説

※本記事は2021年10月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

どんな手続き
が必要?

安定した収入
を得られる?

どんな案件
を受けられる?

“初めてフリーランス”を
エージェントがサポート

簡単60秒!無料登録して