USBポート不足に悩む方は注目!
ポート不足を解消!PC周辺機器を接続するおすすめUSBハブ特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

PC周辺機器にはUSBで電源供給をするものが多く見られますが、USBポート数が少ないと思うように機器が使えなくて困ってしまいますよね。そんなときに便利なのがUSBハブ。ここではいろいろなタイプのUSBハブのレビューを紹介するので、USBポート不足を解消するときの参考にしてくださいね。

※尚、こちらの記事はPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事になります。

 

(1)iBUFFALO BSH8U01BKレビュー

『ハガネヤドットネット』は、「お笑いとヘヴィメタルが三度の飯より好き」と語るHAGANEYAさんが運営するブログです。
その中の《iBUFFALO BSH8U01BKレビュー:2本挿しでバスパワーの電力不足をカバーした格安USBハブ》の記事には、iBUFFALOの"BSH8U01BK"の魅力が綴られていました!

記事によると、HAGANEYAさんが使用するデスクトップPCは、USBポートが7ポートあるものの、電流供給が高いのは4ポートだけだったとのこと。
そこで、配線の取り回し改善とUSBポートの増量ができるUSBハブとして"BSH8U01BK"を購入することにしました。
"BSH8U01BK"の強みは、DualバスパワーというUSBの2本挿しで電流共有不足を補える点。
その結果、HAGANEYAさんは、2ポートを使って8ポートに増量することができたそうです。

しかも、PCからの電力供給のみで動くバズパワータイプのUSBハブでありながら、通常のバズパワーUSBハブより2倍の電力供給量があるのも嬉しいポイントなのだそう。
そのお陰で、安定した給電を可能にできたと言っています。
この記事では、他にもUSB充電器に接続して電力供給ができるといった便利な機能も紹介もされているので、興味を持った方はしっかり読んでみてくださいね。

また、HAGANEYAさんは、ブログを書く一番の目的として自己成長を掲げ、ライフハックや仕事術、趣味、WordPressなど、幅広いお役立ち情報を発信しています。
読み応えのある内容が満載なので、ぜひ他の記事も覗いてみてはいかがでしょうか。

【参照元】https://hagane-ya.net/archives/9367

 

(2)新型SurfaceProにおすすめのUSBハブをレビュー

Surface Proシリーズを愛用している方の中には、USBポートが少なくて周辺機器やUSBメモリーを使用するときに不便だと感じている方もいることでしょう。
そんなときに活躍するのがUSBハブですが、Surface Proはシリーズごとに各ポートの位置が微妙に異なり、機種を買い換えると充電中はそれまで使っていたUSBハブが使えなくなることもしばしばあるようです。

ブログ『NatuYuki.com』を運営しているnatuyukiさんも、実はそのような経験をした一人。
natuyukiさんの場合は、Surface Pro3から新型のSurface Proに買い替えをしたときに、充電ケーブルとUSBハブが干渉し合ってしまったと言います。
そのため、やむなくUSBハブを買い換えることにしましたが、新型Surface Pro専用のものは通販サイトではあまり見かけなかったのだとか。
そこで、同じような悩みを持つ方のために、自身が検討の末購入した"CATECK Surface Pro用USB3.0ハブ"の感想をこちらの記事《新型SurfaceProにおすすめのカードリーダー付きUSBハブをレビュー!》にまとめてくれています。

"CATECK SurfacePro用USB3.0ハブ"はSurface Pro3用の商品に比べると長さが短く、充電ケーブルとの同時使用がOKとのこと。
また、USB2.0、USB3.0、SDカードスロット、MicroSDカードスロット、MicroUSBのポートが各1つずつ備わっており、使い勝手も良さそうですよ。

新型Surfac eProに対応しているUSBハブの購入を検討中の方は、ぜひnatuyukiさんの記事を参考にしてみてくださいね。

【参照元】https://www.natuyuki.com/surfacepro-usbhub

(3)3Q-LEVO Type-C USBハブウルトラスリム

「USB Type-Cポートを搭載したUSBハブを探している」という方に、最適な記事を見つけました!
こちらの《新型MacBook Proにぴったり!3Q-LEVO Type-C USBハブウルトラスリムのレビュー》という記事です。
ここには、USB Type-Cポートを搭載した"3Q-LEVO Type-C USBハブウルトラスリム"を使ってみた感想が書かれています。

筆者がUSBハブを買うきっかけになったのは、MacBook Pro Late 2016の仕様。
MacBook Pro Late 2016には、USBポートがUSB Type-Cの1口しかなく、USB、HDMI、SDカードが繋ぎにくく不便さを感じたそうです。
そこで、そんな問題を解消するためにUSBハブの購入を考えることにしましたが、USBハブ選びで重視した条件は以下の4つ。

・USB Type-Cポートがあり、充電できること
・HDMIポート付き
・USB3.0 のポートが2つ以上ある
・SDカードスロットがある

"3Q-LEVO Type-C USBハブウルトラスリム"は、上記の条件をクリアしており、尚かつ12ヶ月の製品保証付きだったことが購入の決め手になったそうです。
記事の中には、実物の写真とともに各ポートの場所の説明や使い勝手が丁寧に語られているので要チェックですよ!

上記が掲載されている『ガジェットノート』は、エンジニアの方が運営しているブログ。
ガジェットやクラフトビール、美食などのカテゴリに属する記事がラインナップしており、購入したアイテムやグルメのレビューが豊富に綴られています。
ぜひ空いた時間を見つけて、気になる記事も一緒に読んでみてくださいね。

【参照元】https://st2one.jp/3q-levo-usb-type-c/

 

(4)atolla CH401レビュー

USBハブには、電源供給をPC側のUSBポートから行なうバスパワータイプと、コンセントからACアダプタを介して電源を供給するセルフパワータイプとがあります。
前者は持ち運びが便利で、消費電力の少ないUSB機器に適しており、後者は消費電力が大きいUSB機器に適していますが、こちらの記事《atolla CH401レビュー|ACアダプタを使わないセルフパワーUSBハブ》には、両方の長所を併せ持った商品が紹介されていました!

この記事の筆者であるAthさんによると、atollaの4ポートセルフパワーUSBハブ"CH-401"は、MicroUSB端子で5Vもの電源供給をすることが可能なので、コンセントを確保する必要がないのだとか。
ACアダプタを使うセルフパワータイプに比べるとやや性能は劣るものの、外出先でも安心して使えるそうですよ。
外付けHDDやスマホなどのように消費電力の大きな機器にも対応できるのは嬉しいポイントですね!
出張が多いエンジニアやデザイナーの方はぜひ記事を熟読して、詳細をリサーチしてみてはいかがでしょう?

また、こちらの記事が掲載されているAthさんのサイト『VOLTECHNO』には、この他にもさまざまな家電やガジェットに関する記事がエントリーしています。
アクセスすると耳寄りな情報をキャッチできるかもしれませんよ。
他の記事も併せてチェックしてみてくださいね。

【参照元】https://voltechno.com/blog/usbhub-ch401/

 

(5)七色に光るドロイドくん型のUSB HUBを購入

「人とは違ったガジェットが大好き!」という方に読んでほしいのは、こちらの記事《七色に光るドロイドくん型のUSB HUBを購入 20個もあって可愛いが止まりません》

この記事の筆者である『orefolder.net』の運営者さんは、Androidのマスコットキャラクターであるドロイド君のファンなのだとか。
あるときGoogle+でドロイドくん型の可愛らしいUSBハブがあることを知り、中国最大級の海外ショッピングモールAliExpressを介してその商品を取り寄せたそうです。

上記の記事には、筆者が購入したドロイドくん型USBハブが紹介されていますが、ユニークなデザインは見る人の気持ちを和ませます。
プラスチック製のカラフルな商品なので、高級感は感じられないものの、USBケーブルでPCと繋ぐと頭の部分が7色に光り、デスク周りをポップに演出してくれますよ。
詳細が気になるという方は、ぜひ本文をチェックしてみてはいかがでしょう。

こちらのドロイドくん型USBハブは、1ロット20個での販売なので、グループで購入したり、プレゼント用に大量購入したいときに良いかもしれませんね。

【参照元】https://www.orefolder.net/blog/2016/08/droid-kun-usb-hub/

 

(6)Surface BookとLaptop用の格安USBハブ

『ポメパン!』は、英語とドイツ語が話せるという会社員兼ブロガーのKitarouさんが運営しているブログ。
こちらには、商品レビューや生活、仕事の役に立つライフハックといったカテゴリーがラインナップしており、アクセスすると気になる情報を入手できるかもしれませんよ。
今回はその中から、《Surface Book & Laptop用の格安USBハブは?僕はORICOのブタちゃんにした!》という記事をピックアップしてみました。

Kitarouさんが購入したという"Surface Laptop"にはUSBの差込口が1つしかなく、USBメモリやHHDの接続に使用していたそうです。
しかし、「マウスをUSBで繋ぎたい!」との思いから、以下の条件でUSBポートを探したと言います。

・2,000円以下の商品
・カラーは"Surface Laptop"に合うグレー
・USB3.0ポートが3つ以上
・SDカードリーダー機能あり
・カッコいいorおしゃれ

記事の中にはいくつかのUSBハブが紹介されていましたが、この条件に当てはまったのは、なんとブタちゃんの姿形をしたUSBハブでした。
大きさはスマートフォンサイズでそれほど場所を取らず、Kitarouさんは次第に愛着が湧いてくると感じたようですよ。
実際にKitarouさんが入手した可愛いブタちゃんのUSBハブが気になる方は、ぜひ詳細を記事でチェックしてみてくださいね。

USBハブはシンプルなものを使っている方も多いかもしれませんが、たまにはこのようなキャラクターの形をしたものを選んで、パソコン周りを楽しくしてみるのもいいかもしれませんね。

【参照元】https://www.mein-pompan.com/entry/surface-usb-hub/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.