休みの過ごし方は自分次第!
フリーランスのお休み事情が垣間見れる記事特集!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスとして活躍する場合、仕事はもちろん、休日取得も自身の裁量に委ねられます。いつ、どれくらい、どのタイミングで休暇を取るのかを自分で決定できるのがフリーランスの魅力です。一方で、休暇の取り方や過ごし方に戸惑う方もいることでしょう。ここでは、フリーランスの休暇に対するマインドやお休み事情について取り上げられている記事を集めてみました。ぜひ充実したエンジニアライフを過ごすための参考にしてみてくださいね。

 

(1)『休むのも練習』休息の時間を作る方が生産性は3倍に上がる

「休むことも練習」という言葉をよく耳にしますが、『RINDA OFFICIAL BLOG』を運営しているりんださん曰く、多くの人が普段からこの行動を取れていないといいます。
例え1分であっても、仕事から離れて休む勇気を持つことが大切なのだそうです。
そのことについて書かれているのが、こちら《『休むのも練習』休息の時間を意図的に作る方が生産性は3倍に上がる》

休む方法として、仕事内容と似た過ごし方から離れることが挙げられています。
例えば、なかなか身体を動かすことのない仕事であれば、身体を動かす方法が適しているとのこと。
そうすることで、身体に負担をかけずに休むことができるそうですよ。
ここでは、休むことの大切さだけではなく、趣味の時間を持つためのポイントについても触れられていたので、「なかなか趣味の時間が持てない」という方もぜひ参考にしてみてくださいね。

フリーランスエンジニアの中には、「常に仕事をしていなければ不安が…」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、生産性や仕事の質を良くするうえで、休むことは必要不可欠です。
仕事と休息はもとより、趣味も合わせたバランスをしっかりと考え行動することで、より良い成果を生み出すことができるでしょう。
記事に目を通して、自分が働き詰めになっていないか、少しでも休みが取れているかなどを一度見直してみては?

なお、ブログでは今回紹介した記事の他、ネットビジネスに関する記事を中心とした多方面に及ぶ情報を発信中。
ブログにアクセスすることで、仕事や生活に活かせる情報を入手できるかもしれませんよ。

【参照元】http://masakihayashida.com/yasumu/

 

(2)「時は金なり」で稼ぐフリーランスの「仕事」

フリーランスは、依頼された仕事をこなすだけでなく、営業も金銭管理もすべて自分で行わなければなりませんが、会社に縛られない自由な働き方ができる点は大きな魅力。
そのため、プライベート重視で仕事をしている方も多いことでしょう。

しかし、その一方で、収入重視で休みは少なくても構わないという人もいるようです。
こちらの記事、《「時は金なり」で稼ぐフリーランスの「仕事」》の筆者であるメタルさんも後者のようなタイプの一人。
なぜならメタルさんにとって、時間はお金と同様に貴重なものであり、収入につながるすべての活動を一人でこなすフリーランスは、サラリーマンに比べて時間を売ってお金を稼いでいる傾向が強く、休みを取ると何かと不安を感じるからなのだそうです。

「フリーランスになったものの、どれくらい休みを取るべきか分からない」という方は、参考意見の一つとして、メタルさんの記事を読んでみてはいかがでしょう。
自分が何を重視して、どんな働き方をすべきかのヒントが得られるかもしれませんよ。

また、この記事が掲載されているメタルさんのブログ『フリーランスな笑い声』には、上記以外にもフリーランス生活の実情を知ることができる記事が多数エントリーしています。
現在フリーで仕事をしている方はもちろん、フリーランスに転身を考えている人も、アクセスすると興味深い記事と出会えるのではないでしょうか。

【参照元】https://gogometal.net/timeismoney/

 

(3)「切り替えスイッチと休みを作る技術」意識しないと休めない

数々のメディアでも紹介されているヒビノケイコさん。
彼女は現在、子育てと家事を両立させながら、全国での講座開催・運営、ライフキャリアコンサルティング、ネットでの情報発信など多様な活動をされています。
《「切り替えスイッチと休みを作る技術」意識しないと休めない自営業、フリーランス》は仕事、子育て、家事と慌ただしい日々を送る彼女がフリーランサーとして、生活リズムを確立していくまでの工夫が共有されている記事です。
今回はこちらの記事に注目してみましょう!

仕事と家庭、子育ての空間が同じである場合、線引きが曖昧になってしまうことはないでしょうか?
特に、休みとのメリハリをつけて働くことが難しいと感じる人もいるかもしれません。彼女もその一人で、8年かけてやっと仕事をするリズムを作り出したと言います。
働く環境が設定されている会社員とは異なり、自身で環境を作っていくフリーランサー。モチベーションをキープし、結果を出すためには「仕事を切り上げるタイミング」と「切り替えスイッチ」の技術を磨いていくことが大切なんだそうです。

在宅作業だと、切り上げるタイミングが分からずダラダラとしてしまいがち。それを回避するためには、自分で"意識的に"休みという余白スケジュールを設定することが大事だと言います。
また、切り替えスイッチは"今"に気を置いておく頭を作ると良いのだそう。

心身が休まる時間を作ることは、フリーランサーとして長く活躍するために必要なスキルだと言えますね。

『ヒビノケイコの日々。人生は自分でデザインする。』というブログには、幅広く活躍されているヒビノケイコさんが悩みながら成長していく過程で、身に付けたノウハウなどが書かれています。
気になる方は、ぜひ一度アクセスしてみてくださいね!

【参照元】http://hibinokeiko.blog.jp/archives/29632918.html
 

(4)休日を設定してダイビングを!【普段と違う体験をすべき】

フリーランスとして活躍している方の中には、休日の過ごし方がわからずモチベーション維持が難しいと感じている方もいるのではないでしょうか?
そんな方に注目してほしいのが《フリーランスは休日を設定して、ダイビングをしよう!【普段と違う体験をすべき】》という記事。

この記事の筆者であるヒロさんは、Web系フリーランスダイバーという肩書を持っており、月1でダイビングに出かけているそうです。
記事内でヒロさんは、フリーランスの休日の過ごし方にダイビングを取り入れることを推奨しています。

ダイビングを勧める理由として、PCやスマホから離れられることに加えて、非日常の中で普段と違う体験をすることで違ったアイデアが出やすくなり、凝り固まった思考の整理にも役立つと語っています。

心の底からリフレッシュするために、自分を取り巻く環境をガラリと変えるのは大変有効な方法なのではないでしょうか。
仕事から完全オフモードになれるアクティビティとして、ダイビングを検討してみるというのもいいですね。

さらにヒロさんは、フリーランスが意識的に休むために、休日に関するマイルールを作ることも推奨しており、実際に日頃から実践している休日のルールを公開しています。
オンとオフにメリハリをつけることは、健康的かつ効率的に仕事に取り組む秘訣だといっても過言ではありません。
ヒロさんの休み事情を参考にして、自分に合った休み方を考えてみてくださいね。

ヒロさんのブログ『オーシャンズ・ヒロ』にはダイビングのお役立ち記事や、フリーランスの仕事術と活動記が多くエントリーしています。
ダイビングが気になった方、フリーランスのリアルな日常を知りたい方は、ブログ全体を要チェックですよ!

【参照元】https://ocean-diver.com/freelance-diving/

 

(5)フリーランスって休みあるの?→実状をお答えします。

働き方を自分で决められるフリーランスの休日に対するイメージは、大きく分けると2つあると思います。
忙しくて休みもままならないイメージと、自由に休みを取っているイメージ。
どちらもよくありそうな話ですが、実際はどうなのか気になりませんか?
そんな方に読んでほしいのがこちらの記事《フリーランスって休みあるの?→実状をお答えします。》

フリーランスとして働く傍ら、ブログ『TABI WORKS』を運営しているKazushi Yoshidaさんの場合、フリーランスデビューを果たした当初は、懇意にしているクライアントもなく、収入はゼロに近かったと言います。
そのため、ほぼ毎日フルで稼働していた時期がありましたが、ワークライフバランスが取れていない状態は継続的に活動をしていくうえでマイナスだと感じたとのこと。
そこで、彼は敢えて休む時間を設けて、客観的な視点で物事を考えるようにしました。
すると、作業の効率化や新たな発見が出来るようになり、仕事とプライベートの境目がなくなるほど毎日が充実しはじめたそうです。
Kazushi Yoshidaさんの実体験は、バランスの取れた働き方を考える際に参考になるのではないでしょうか?

何でも自分で決めなければならないフリーランスは、休日の取り方も自分次第。
しかし、視野を広げたり、新しい仕事のアイデアを得るためには、ワークライフバランスに上手く折り合いをつけることが鍵になりそうですね。
フリーランスのリアルな休日事情に興味のある方は、ぜひ上記の記事を熟読してみることをおすすめします。

【参照元】https://tabiworks.com/freelance-holiday/

 

(6)来月は1ヶ月間の休暇を取ろう!フリーランスで良かったこと

『凡チャレ』は、フリーランスエンジニアとして活躍中の管理人さんが運営しているブログ。
フリーランス生活での気付きや仕事の話の他、IT系、ガジェット・ゲームなどに関連する記事がエントリーしています。

今回その中から、フリーランスの休みに言及した記事としてピックアップしたのが《よし、来月は1ヶ月間の休暇を取ろう!(フリーランスになって良かったことシリーズ)》

ここでまず触れているのが、日本の会社員は長期休暇が取れないという厳しい現実。
フランスでは、バカンス休暇という法律が定められており、1ヶ月以上のお休みを取得できるのは当然のことなのだとか。
それを踏まえると、1週間ですら休むのが難しい日本の働き方は、まだまだ不自由に感じてしまうものです。

そんな中、管理人さんはフリーランスになって良かったことの1つとして、「長期休暇を取得できること」を挙げており、実際に自分が1ヶ月のお休みを取った体験を語っています。

ただその一方で、フリーランスが働かない時間=稼げない時間であることも指摘しており、会社員の有給休暇のありがたみについても述べています。
フリーランスは自由に休めるかわりに、その間は無給という事実が常についてきます。管理人さん自身も「休んだ時間で◯円稼げていたんだな」という考えが頭をよぎるのだそう。
そうした点を考えると、フリーランスが本当に心から休むには、安心してリフレッシュできるような工夫が必要なのかもしれませんね。
会社員としての休み、そしてフリーランスとしての休みの違いが見える内容なので、気になる方は目を通してみてはいかがでしょう。

【参照元】http://freemanplaying.com/2017/11/25/よし、来月は1ヶ月間の休暇を取ろう!(フリーラ/

 

(7)フリーランサーの長期休暇、クライアントとのメール連絡方法

 『フリーランス女子の投資&節税日記』は、WEB系フリーランスとしてネットショップ構築などを行っているmayumiさんのブログ。ブログには、資産運用や個人事業主のための経理関連の記事が豊富にリリースされています。
また、ビジネスにおけるメールマナーといったノウハウも共有されているので、フリーランスでメールのやり取りが多い方は、一度チェックしてみてくださいね。

今回は、こちらのブログの中からテーマに合った記事をピックアップ!それが《フリーランサーの長期休暇、クライアントと上手にメール連絡する方法》という記事です。

PCがあれば、いつでもどこでも仕事をできるのがフリーランサーの魅力。それだけに、オンとオフの切り替えが難しいのもネックになることがあるでしょう。
しかし筆者のmayumiさんは、1週間や1ヵ月といった長期の旅に出る際、PCは持っていかず、メールチェックができるiPod Touchだけ持参しているのだとか。
クライアントとうまくビジネスを進めていけるのは、メールを上手に活用しているからのようです。

mayumiさんは、長期休暇に入る際はクライアントへ事前連絡をすることが大切だと言います。
メールでは、連絡が取れない期間や返信できるタイミングなど、お休みをお知らせする連絡をしておくと、クライアントを不安にさせることもないようですよ。
事前に伝えておくことで、自身も安心して休暇を楽しめるのではないでしょうか。
しかし、それでも新規でのお問い合わせが来ることもあるのだそう。
休暇状況を把握していないクライアントでも、mayumiさんは工夫した伝え方で先方とのやり取りをうまくしているそうですよ。

記事にはメールでの伝え方が具体的に記載されているので、くまなくチェックすることをおすすめします。
メールをうまく活用して、仕事とプライベートのメリハリがつけられると良いですね!

【参照元】https://fltax.net/summer-holidays-for-freelancers/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.