フリーランスこそ健康に気をつけよう!
フリーランスは健康第一!知って役立つ健康管理の記事まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

自由な反面すべてを自己管理しなければならないフリーランスにとって、健康的な体は一番の資本。しかし、忙しさにかまけていると、ついつい運動不足になったり、健康チェックを怠ったりしてしまうこともあるでしょう。そこで今回は、フリーランスの健康管理の参考になる記事を特集します。生活習慣病や体力のなさが気になる方は、ぜひチェックしてくださいね!

 

(1)健康になるため、岡ブロ 筋トレ部に入部して健康をつかむ!

ブログ『パパンダの年子育児ライフ』を運営し、ライター活動の傍ら、積極的に育児にも参加しているパパンダさんは、フリーランスになって半年経った頃、自身の健康不良が続いていたことを反省したといいます。
そして、健康になるきっかけを探していたところ、共同運営する岡山のブロガーをメインターゲットにした"岡山ブログカレッジ(通称岡ブロ)"に筋トレ部が発足したので、参加することにしました。

こちらの記事《フリーランスは体が資本。より健康になるため、#岡ブロ 筋トレ部に入部して健康をつかむのだ!》によると、"岡ブロ"の筋トレ部とは、専用のFacebookページに会員が集まり、 ボディメイクの報告をしたり、励まし合ったりして、健康的な体づくりを行う場なのだとか。
特定の場所でトレーニングをするわけではないものの、仲間がいることでモチベーション維持につながっているようですよ。

また、パパンダさんは、体重&体組成計を購入し、プロテインを摂取しつつ、仕事前にスクワットや腕立て伏せなども実施しているとのこと。
さらに、筋トレを習慣化するために、Excelシートを使って成果の見える化を試みたり、食生活の見直しも行ったりしており、その詳細についても記事に綴られています。

フリーランスは仕事の獲得から成果物の納品、財務管理など、あらゆることを自分で行わなければなりません。
健康に自信がないという方は、ぜひパパンダさんの取り組みを参考にしてみてはいかがでしょうか。

【参照元】http://www.papanda-life.com/entry/2018/03/28/005620

(2)フリーランスの僕が実践している体調管理・ストレス発散方法

サラリーマン経験を経てフリーランスに転身したデザイナーのshojiさんが運営するブログ『名もなきデザイナーshojiの独り言』には、仕事や趣味、ガジェットに関する記事が数多くエントリーしています。
今回注目したこちらの記事、《フリーランスの僕が実践している1人でできる体調管理・ストレス発散方法のご紹介》もその中の一つ。

shojiさんは、フリーランスになってからというもの、体調不良で収入が途絶えることを恐れて、以前よりも健康に気を使うようになったといいます。
そして、以下のことを行い、心身の健康管理や体型維持に努めているそうですよ。

・ランニング
・自宅での筋トレ
・サウナ
・笑うことによるストレス発散

これら4つはすべて一人で行うことができ、コストもそれほどかかりません。
しかも、時間の融通が利きやすいフリーランスは、スキマ時間を利用して実施できるので、好きなときに自分のペースで続けられます。
記事には、shojiさんが実際に行っている方法や、期待できる効果などが詳しく書かれているので、健康管理に興味のある方はぜひ一読してみてくださいね!

心身の健康が維持できれば、仕事への意欲や集中力も増し、自身の成長にも良い影響が受けられます。
そのため、タスク管理と併せて健康管理にも注意を払いたいものですね。

【参照元】https://shoji014.com/health-management/

 

(3)在宅フリーランスエンジニアを約1年やってわかったこと

フリーランスのiOSエンジニアとして活躍中のGaku NISHIMOTOさんは、こちらの《在宅フリーランスエンジニアを約1年やってわかったこと(2)》の記事で、フリーランスになって実感した身体的な変化を綴っています。

まず言及されているのが体力面。
デスクワーク中心で、外出もせず何もしないでいると、簡単に体がおじいちゃん・おばあちゃん化すると書かれています。

実際にGaku NISHIMOTOさんがジムのフィットネスバイクで体力測定をしたところ、70~80代のレベルだったのだとか。
人は動かなければ、予想以上のスピードで筋力が失われてしまいます。
そのため、Gaku NISHIMOTOさんは体力低下の対策として、週1~2回ジムに通ったり、家で筋トレを実施しているそうです。

また、デスクワークで声を出す機会がなくなると、「話し続けることが辛くなる」ということも感じるとのこと。
それを解消するためには、声を出す機会を意識的に増やすことが必要だと述べられています。
心当たりがある方は、一人カラオケや発声練習などを生活の中に取れ入れてみるといいかもしれませんよ。

今回紹介した記事は、Gaku NISHIMOTOさんが運営する『TYPE :: GADGET』に掲載されています。
ブログ内にはこの他にも、ガジェットやプログラミング、ライフハックをメインに、実用的なお役立ち記事がアップされているので、気になる方は各コンテンツを探ってみてはいかがでしょう。

【参照元】https://www.gakkun.jp/entry/freelance-1year-2

 

(4)健康な身体を維持するために取り入れるべき3つの習慣

「健康な体はフリーランスにとって大きな武器になる!」と語るのは、ブログ『りゅうた学』を運営しているブロガーのりゅうさん。
行動力や発想力は、健康であってこそ発揮できることですが、実は彼は健康に無関心だった頃、体を壊して仕事ができなくなった時期がありました。
そのため、健康がいかにフリーランスにとって重要なことなのかを身をもって痛感したのだそうです。

この経験はそれまでのりゅうさんの生活を大きく変え、現在では、腸内環境を整える食生活や適度な運動、質の良い睡眠を意識した健康維持に努めているのだとか。
こちらの記事《フリーランスが健康な身体を維持するために取り入れるべき3つの習慣》には、その詳細が綴られているので、興味のある方はぜひ熟読してみてくださいね!
どの習慣もやる気一つですぐに毎日の生活に取り入れられることなので、気負うことなく始められそうですよ。

会社勤めをするサラリーマンと違って、フリーランスは仕事をする場所も時間も自由に選択ができるため、自己管理をしないと不健康な生活に陥りやすくなります。
しかも、一度体調を損ねると仕事に大きなマイナスを与えるので、そうならないためにも健康管理には十分に配慮したいものですね。

【参照元】https://ryutablog.com/health/body/freelance-habit

 

(5)フリーランスの健康管理は習慣化することが鍵

会社に勤めているときとは違い、独立しているフリーランスは健康診断の案内が来ません。
健康に関することは自己管理が必要になります。

そこで、独立後、健康管理を習慣化するようにしたという戸村涼子さんが執筆している《フリーランスの健康管理は習慣化することが鍵》という記事に注目してみましょう。

座る時間が長いデスクワークは、運動不足や肩こりが起こりがち。
そのため戸村さんは、週2~3回ほどのジム通いを習慣化し、体重を適正値に保ったり、肩こりを緩和させたりしているそうです。
また、歯医者通いで歯をメンテナンスし、虫歯予防にも努めているとのこと。
さらに、年に一度は健康診断を受け、検査メニューも自身で吟味しているといいます。

フリーランスだからこそ、健康管理について配慮する点はさすがですね。
自分に合った健康管理法が見つけられない方は、戸村さんの記事を参考にしてみてはいかがでしょう。

上記の記事は『Jewelry ∞ Life』というブログの中に公開されています。
また、ブログ内には、働き方や時間の考え方、独立、開業をはじめ、フリーランスが知りたい情報も満載。
困ったときに知りたい情報は、戸村さんのブログの中にあるかもしれませんよ!

【参照元】https://rtomura-taxacc.com/freelance-health-management-is-a-key-to-making-it-a-habit/
 

(6)【自営業必見】フリーランスがお得に健康診断を受ける方法

『cmblog』を運営する花井雅敏さんは、住宅設備の工業デザイナーとして活躍した後、DTPフリーランスを経て、Web制作中心のフリーランスになった経歴を持つ一人。
自身の経験をもとに、Web制作やデザイン、DTPに関する知識をブログに書き綴っています。
どの記事も読みやすく丁寧にまとめられているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

さて、そんな花井さんのブログの中から今回取り上げるのが《【自営業必見】フリーランスがお得に健康診断を受ける方法》の記事です。

長く健康的に働くうえで欠かせないのが、定期的な健康診断。
しかし、当然ながらフリーランスになると、診断料はすべて自費で支払わなければなりません。
さらに実際にすべての額を支払うとなると、結構大きな負担になってしまいます。
こちらの記事には、そんな負担を少しでも抑えたいフリーランスに向けて、お得に健康診断を受ける方法が3つ紹介されていました。

・加入している保険組合の健康診断を受ける
・40歳~74歳の人は「特定健診」を受ける
・地方自治体主催の健康診断を受ける

費用が気になって健康診断を受けずにいる方は、自分が該当するお得な健康診断の受け方を確認して、ぜひ病気の予防や健康管理を徹底してみてはいかがでしょう。
記事には、健康診断は経費になるか、予約を取るのは何日前が良いかなどの注意点にも触れているので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

【参照元】https://masatoshihanai.com/health-check-for-freelance/

 

(7)クリエイターの最大の敵『腰痛』| 腰を痛めないために

プログラマーやデザイナーといった職業はデスクワークがメインになるので、腰痛に悩まされている方も多いのではないでしょうか。
そこで、ここでは「いまだかつて腰痛になったことがない!」という、映像クリエイターのイノシタさんが書いた《クリエイターの最大の敵『腰痛』| 腰を痛めないために》という記事を紹介したいと思います。

この記事で最初に語られているのは、デスクワーク中に使用するイスのこと。
イノシタさんは現在フリーランスとして活躍していますが、会社員時代に使っていたイスは腰に負担をかけるつくりだったため、独立後はPC以上にイス選びにこだわたったといいます。
そして、いろいろなイスをショップで試した末に出会ったのが、腰に優しい座り心地の"Ergohuman Pro"。
"Ergohuman Pro"はかなり値の張るイスですが、メンテナンスなしで長年愛用していても疲れることがないそうです。

また、同じ姿勢で長時間座り続けると、腰回りの筋肉が硬くなって血行不良を起こすため、体制を変えたり、適度な運動をしたり、ストレス発散をかねた入浴で心身を癒やしたりするのも重要なのだとか。
「腰痛がひどくて仕事に集中できない!」という方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょう。

今回紹介した記事は、イノシタさんのブログ『InovativeWorks.com』に掲載されています。
ブログ内には、お金の話や映像、ライフスタイルに関する記事も数多くラインナップしており、そのどれもが読み応えのある内容ですよ。
クリエイティブなことに興味がある方や、フリーランスの実状を知りたい方は、興味深い記事と出会えることでしょう。
ぜひ、スキマ時間に覗いてみてくださいね。

【参照元】https://inovativeworks.com/waist_lowbackpain/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.