案件を受注していないフリーランスはニート?
フリーランスとニートの線引き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスは案件を自由に選んだり業務量を調整したりできますが、「自由度が高い分、気を抜くとニートになってしまうのでは?」と不安を抱く人もいるようです。

ここでは、フリーランスとニートの一般的な意味や、両者の線引きにどのような要素があるかご紹介。フリーランスとして働く際に必要なスキルや、案件を受注する方法についても解説します。

フリーランスの働き方について話を聞く

0. 目次

1. フリーランスとは
2. フリーランスとニートの線引き
3. フリーランスとして活躍するには
4. 案件を受注する方法

 

1. フリーランスとは

フリーランスは、特定の企業や組織に所属せず、案件ごとに契約を結ぶ働き方を指します。

フリーランスの場合、案件を自由に選んだり、都合に応じて業務量を調整したりできるのがメリット。
一方、どんな案件を受注するかによって収入が変動する、プライベートと業務の境界線が曖昧になりやすい、といったデメリットもあります。

フリーランスの働き方について話を聞く

2. フリーランスとニートの線引き

総務省の「労働力調査」では、いわゆるニートに近い概念を「若年無業者」としており、若年無業者を「年齢15歳~34歳の非労働力人口のうち、家事も通学もしていない者」と定義しています。

参照元:総務省「ニートの人数」

フリーランスとして働く方の中には、エージェントなどを利用せずに自身で営業活動を行い、案件を受注している人もいるでしょう。安定して案件を獲得できないときや、業務へのモチベーションが下がった際は「このままだとニートになってしまうのでは?」と不安を抱くこともあると考えられます。

フリーランスとニートの線引きは「働くこと」と「ニート」の捉え方によって異なるため、明確な境界線は難しいです。たとえば着手する案件がない期間に、営業活動を行ったりセミナーに参加して人脈を広げたりすることは、フリーランスの活動の一環として捉えることもできるでしょう。先述のとおり、フリーランスは会社員に比べると自由度が高い働き方のため、活躍するためにはスケジュール管理や自己管理などにより一層注意する必要があります。

3. フリーランスとして活躍するには

フリーランスに求められるスキルとして、下記の例が挙げられます。

業務に関する専門知識

知識を身につける手段として、セミナーやスクールを活用するのも1つの方法です。動画で講座を受けられるサービスもあるため、状況に応じて利用を検討すると良いでしょう。

フリーランスとして安定して案件を受注できるようになってからも、日々スキル向上のために努力することが大切です。

自己管理能力

フリーランスは、案件を受注した企業に常駐して作業を進めることもあれば、自宅で業務に携わることもあります。

後者の場合、1日の作業時間は自分で調整できますが、その分スケジュール管理に注意しなければなりません。納期に間に合わないとクライアントとの信頼関係に支障をきたすため、案件の受注管理やスケジュール確認は慎重に行う必要があります。

営業力・コミュニケーションスキル

スキル・経験に見合う案件を獲得するには、自分の強みを効果的に伝える必要があります。クライアントの課題やニーズを的確に把握することも重要なので、傾聴する姿勢や提案力も大切になるでしょう。

4. 案件を受注する方法

フリーランスの方が案件を受注するための手段として、下記の例が挙げられます。

セミナーに参加して人脈を広げる

セミナーによっては、同職種の人だけでなく他職種の人とも交流できるチャンスがあります。セミナーを活用して人脈を広げることで、案件獲得の機会を増やせるでしょう。

クラウドソーシングサイトを活用する

クラウドソーシングサイトでは、スキルを持ったフリーランスを求めるクライアントが案件を提示しています。具体的な業務内容を確認できるため、複数の案件を比較検討することが可能です。

フリーランス専門のエージェントに登録する

自身のスキル・経験などの情報を登録することで、条件に合う案件を提案してもらえます。エージェントであれば、案件の継続的な提案のほか、業務についての相談対応といったサービスも。営業活動や安定的な案件の獲得に不安がある方は、活用を検討すると良いでしょう。

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.