個人事業主のダブルワークで気になる確定申告や税金対策、ワーク方法などをチェック
個人事業主がダブルワークや副業!?複数の収入源を確保する場合に参考になる記事まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

個人事業主の方の中には「ダブルワークや副業をすることで収入を安定させたい」と考えている方も多いのではないでしょうか?ここでは、ダブルワークを行った場合の確定申告の方法や税金対策、ワーク・ライフ・バランスを保つためのポイントなどについて書いてある記事をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. 個人事業主がアルバイトをした場合の確定申告
2. アルバイト収入のある個人事業主の税金のこと
3. 扶養問題と、保育園の就労証明について
4. 副業でライターやってみて初めて気付いた理想と現実
5. 在宅ワークで個人事業主+パート勤務のダブルワーク
6. 個人事業主とバイトのWワーク

1. 個人事業主がアルバイトをした場合の確定申告

「鈴木麻紗子税理士事務所」の記事 個人事業主がアルバイトをした場合の確定申告~事業所得と給与所得を合計する~の画像

『鈴木麻紗子税理士事務所』を運営している鈴木麻紗子さんは、八王子・多摩・日野エリアを中心に会社経営者に向けた経営・税務サポートを行っている一人。
鈴木さんが事務所サイトで更新しているブログには、知っておきたい税金ノウハウが多く綴られています。

そこで今回、為になる情報として取り上げたのが《個人事業主がアルバイトをした場合の確定申告~事業所得と給与所得を合計する~》という記事。
ここでは個人事業主がダブルワークをした場合の確定申告方法が解説されています。

記事中でフォーカスしているのは、自身が経営する事業所の所得とアルバイト・パート先の給与所得を、確定申告書の上でどう合わせるのか、という点。

青色申告決算書で「事業所得」を確定した後、勤務先の源泉徴収をもとに「給与所得」を確定申告書Bに転記し、最後に「事業所得」と「給与所得」の合計額を記入する。といった一連の流れが、キャプチャ付きで丁寧にまとめられています。
ダブルワークの税金管理を詳しく知りたい方はぜひ確認してみてくださいね。

上記以外にも、ブログ内には税金の豆知識・税理士の日常・日常生活における気付きなどが語られています。暮らしを豊かにするヒントが充実しているので、こちらも一緒に覗いてみてはいかがでしょう?

【参照元】https://masako-tax.jp/kauteishinkoku2016/
 

2. アルバイト収入のある個人事業主の税金のこと

「じゅんいっちゃんねる」の記事 アルバイト収入のある個人事業主の税金のこと(年末調整と確定申告)の画像

Webサイトの制作やソフトウェアの開発、Webメディアの運営などをフリーで行っているSEのジュンイチさんは、本業の傍らHP制作会社でアルバイトをしているダブルワーカー。
彼のように複数の収入源がある場合、所得税の申告はバイト先の年末調整と個人事業主として行う確定申告のいずれかを選択できます。
しかし、年末調整と確定申告とでは申告時期が異なるため、二足のわらじを履くフリーランスにとっては、どちらで行ったほうが良いのか悩むかもしれませんね。

そこで、ジュンイチさんは自身が調べた内容をもとに書いた、《アルバイト収入のある個人事業主の税金のこと(年末調整と確定申告)》という記事の中で、年末調整と確定申告時のポイントを簡単に教えてくれています。
「申告方法に違いがあれば、税額に違いがあるのか気になる」「書類作成で気をつけるべき点を事前に知りたい」という方は、ぜひ目を通してみてくださいね!

また、この記事が掲載されている『じゅんいっちゃんねる』の中には、新人フリーランスと関わりのある失業保険や国民健康保険のこと、ジュンイチさんの本業であるWeb関連の記事、ガジェットレビュー、キャンプネタなど、多彩なジャンルの記事もエントリーしています。
同じようなジャンルに興味のある方は、他の記事も併せてチェックしてみてくださいね!

【参照元】https://jun1ch.com/freelance-parttimejob-tax

 

3. 扶養問題と、保育園の就労証明について

「年収500万で子供2人☆佐倉家のブログ」の記事 個人事業主とパートを掛け持ちする場合の扶養問題と、保育園の就労証明についての画像

本業はブロガーで、副業としてパートにも出ているという佐倉花子さん。
彼女が運営する『年収500万で子供2人☆佐倉家のブログ』には、家計のやりくり、子育て、商品レビューなどが主婦目線で書かれています。
「将来に不安を感じている」「生活を豊かにしたい」といった方のヒントになりそうな情報が満載ですので、手の空いた時間にチェックしてみてはいかがでしょう?

その中でも、今回のテーマにピッタリだと注目したのが《個人事業主とパートを掛け持ちする場合の扶養問題と、保育園の就労証明について》
この記事では、130万(2018年より150万)の壁が関係してくる扶養の話、そして個人事業主と副業のダブルワークをしている際の就労証明の話が、佐倉さんの実体験をもとに語られています。

結果として、パートナーの扶養に入ったまま収入を得るのであれば、130万の壁を超えなければ大丈夫とのことです。
しかし、ここで佐倉さんが疑問に思ったのが、その130万は「収入」と「所得」のどちらで計算した場合なのかということ。
そこで、パートナーの健康保険組合に確認したところ、なんとパートナーが入っている健康保険により基準が異なるとの回答が得られたそうですよ。

また、就労証明は個人事業主と副業、それぞれ出さなくてはいけないのだとか。
こちらは住んでいる地域によって対応が変わってくる可能性もありますが、ダブルワークの際の就労証明に関する不安を拭うことはできるのではないでしょうか。

上記2つについては記事内でより詳しく書かれているので、内容をじっくりと読んで確認してみてくださいね。

【参照元】https://rougohasan.com/kojinjigyou-fuyoudounaru

 

4. 副業でライターやってみて初めて気付いた理想と現実

「山田ハナのブログ」の記事 <フリーランス3ヶ月目>副業でライターやってみて初めて気付いた理想と現実の画像

フリーランスとバイトを掛け持ちする理由には、「フリーランス業だけでは収入に不安がある」「気分転換として外の世界と関わりたい」など様々な背景があるかと思います。
ただ、ライフサイクルがズレやすいダブルワークにはやはり向き不向きがあるもの。実際にそれが本当に自分に合うスタイルなのかは、人によって異なってきます。

そこで、今回参考になるダブルワーク体験談として紹介したいのが、《<フリーランス3ヶ月目>副業でライターやってみて初めて気付いた理想と現実》という記事。
現在、複業スタイルでライターのお仕事をされている山田ハナさんが、フリーライターと接客業を掛け持ちした経験をもとに、リアルな感想を語ってくれています。

記事で山田さんが述べているのは、「両立は意外と難しい」ということ。
山田さん自身、接客で体力消耗した後、ライターとして文章を書くエネルギーが残っておらず、なかなか両立できなかったそうです。

こうした現状を打破するために、山田さんが立てたのが以下の対策。
・早朝に起きて1~2時間集中タイムを作る
・「接客」「ライター」の仕事を1日単位で分ける

両立を成功させるためには、このように自分の体力とモチベーションをきちんと管理し、コントロールすることが特に重要だといえそうですね。
また、フリーランスとバイトを両立するメリットについても言及しているので、併せて一読されることをオススメします。

上記の記事はダブルワーク3ヶ月目の内容でしたが、『山田ハナのブログ』の中には、6ヶ月目・8ヶ月目とさらにその先の体験談もラインナップしています。
山田ハナさんのダブルワークの結果はどうなったのか、その中でどんな気付きがあったのか、気になる方はしっかりブログに目を通してみてくださいね。

【参照元】http://hitomin.tokyo/freelance-3month/

 

5. 在宅ワークで個人事業主+パート勤務のダブルワーク

 

「hug-log.com」の記事【子育てママにおすすめの働き方】在宅ワークで個人事業主+パート勤務のダブルワークで柔軟に働く。の画像

自身の働き方改革に向けて尽力しているsijimiさんが運営する『hug-log.com』というブログの中に、ダブルワークについて書かれていたので紹介しましょう。

《【子育てママにおすすめの働き方】在宅ワークで個人事業主+パート勤務のダブルワークで柔軟に働く。》という記事の内容は、ちゅぴ子さん自身のリアルな体験に基づいたダブルワークと子育てとの相性について。

彼女は個人事業主として働く傍ら、パート勤務で会社に従事し、子育てをしています。
子どもの保育園を利用するには、短時間パートでは月に必要な就労時間を満たせないとのこと。正社員としてフルタイムで働いても、子どもの急な体調不良で欠勤することに気が引けるという人も多いかもしれません。

彼女は個人事業主とパートのダブルワークで子どもを保育園に預けながら、収入を確保しています。
パートに入れる時は集中して稼ぎ、シフトが削られた時は個人事業主として活動することができて、双方のリスクを分散させることが可能になるそうです。
また、主婦、個人事業主、パートと3つの顔を持つことで、思い詰めていたことや悩みがリセットされるのだとか。

「子育てしながら、個人事業主として活動したいけど収入面が不安」という方は、彼女の働き方を参考にしてみると良いかもしれませんよ。

【参照元】https://hug-log.com/doublework-4365

 

6. 個人事業主とバイトのWワーク

「元管理職ワーママ・個人事業主の雑記 池田未千子のプライベートブログの記事 個人事業主とバイトのWワークの画像

「収入に不安があるフリーランスは、副業をしたほうが良い!」
そう語るのは、『元管理職ワーママ・個人事業主の雑記 池田未千子のプライベートブログ』を運営する池田未千子さん。
彼女はフリーランスデビューをした当初、収入のなさからくる悶々とした気持ちを拭うため、ダブルワークをすることを決めました。
しかし、フリーランス仲間の中には、ダブルワークを否定する人もいたのだとか。
なぜなら、副業をはじめるとその安心感から、本業が疎かになってしまう傾向があるからです。

池田さんもその点に関しては気にしていたそうで、副業をはじめる際には「お金のためだけ」と割り切れる職種にしたと言います。
そして、平日の短時間だけ働けるケーキ屋さんのバイトをはじめることに。
幸い池田さんは前職で販売の仕事をしていたため、バイトが本業に及ぼす影響もなかったようですよ。

こちらの記事《個人事業主とバイトのWワーク》には、彼女がダブルワークを決意し、ケーキ屋さんのバイトをはじめるまでの経緯が詳しく書かれているので、副業を検討している方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょう。
計画的にダブルワークを行えば、収入面での悩みを軽減し、本業もそつなくこなせるようになるかもしれませんよ。

【参照元】https://www.ikedamichiko.net/entry/2018/05/11/152524


レバテックフリーランスはIT・Web系フリーランスエンジニア専門エージェントです。ご自身にマッチする案件をご提案するだけでなく、「自分のスキルで通用するか?」「将来性にフリーランス転向を考えているので話を聞きたい」といったご相談も承っています。

もしフリーランスに興味をお持ちで、個人事業主のなり方や段取り、具体的な手続きを知りたいという方は下記の記事も併せてご覧ください。「そもそも個人事業主とは?」「会社員と比べた場合、個人事業主のメリット・デメリットって?」といった疑問にもお答えしています。

関連記事 : 個人事業主になるには?必要な知識と手続き

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?