イベント主催の参考に!
勉強会・セミナー開催の参考になる記事まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

勉強会やセミナーなどを開催すると、トークスキルやマネジメントスキルが身に付き、フリーランスとして成長するための糧になります。しかし、未経験だと何から初めて良いかわからなかったり、人前で話すことに不安を感じたりすることも多いはず。そこで今回は、イベント主催の参考になる記事を特集したいと思います!

 

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. セミナー講師をやってみたいと思う人の不安を解消させる記事
2. イベントの企画は思いっきり自分本位に考えていい理由
3. セミナーや勉強会を企画・主催のやり方・ノウハウを晒します
4. 【イベント】初めてセミナー開催してみた
5. セミナーに集客したければ、告知文に最低限書きたい5つの情報
6. 駆け出し講師・初心者のためのセミナー満席ノウハウ7選
7. プレゼンの緊張はたった3つの方法で解決できます。
8. プレゼンにも使える!人気セミナー講師の真似したい話し方
9. 説明上手になるにはちょっとしたポイントがあるんです・・・

1. セミナー講師をやってみたいと思う人の不安を解消させる記事

「なしろのぶろぐ」の記事 初めてセミナー講師をやってみたいと思った人の不安を解消させる記事の画像

名古屋で専門家のセミナーを企画支援をしているという名城真彦さんは、「経験も実績も少ない勉強中の人ほど、人前に立ってセミナー講師をしたほうが良い」と言います。
その詳細について綴られているのが、こちらの《初めてセミナー講師をやってみたいと思った人の不安を解消させる記事》
ここで挙げられているのは、講師をするメリットです。

たとえば、人に教えるという行為は自身で勉強するよりもはるかに知識が身に付き、自己成長に繋がります。
また、実際に人に話すことで、自分が伝えたいテーマの需要があるのかどうかを察知することもできるのだとか。
しかし、中にはまだまだ勉強中という立場にありながらセミナー講師をするのは、少々気が引けるという方もいることでしょう。
そんな方のために、記事では、あらゆる不安を解消する術とセミナー開催のテクニックについても触れています。
ここで得られる情報を読めば、セミナー開催への意欲が湧いてくるかもしれませんよ。

今回紹介した記事は、名城真彦さんが運営する『なしろのぶろぐ』に公開されています。
ブログ内には、他にも、セミナー関連や起業準備、働き方などについて綴られた記事がラインナップしているので、ぜひ気になる記事をチェックしてみてくださいね。

【参照元】https://nashiro2016.com/koushiyarou/
 

2. イベントの企画は思いっきり自分本位に考えていい理由

「自由気ままに、心のままに。 私らしい生きかた・暮らし・はたらき方」の記事 イベントの企画は思いっきり自分本位に考えていい理由の画像

働き方や日々の出来事、時間の整理術などをブログ『自由気ままに、心のままに。 私らしい生きかた・暮らし・はたらき方』に綴っているコンテンツプランナー&ライターのさとゆみさん。
そんな彼女は、過去にワークショップのポータルサイトプランナーをしたり、派遣の仕事で研修の準備を請け負ったりした経験があり、魅力あるセミナーやイベント開催を目指して、2つのことを意識していたと言います。

その1つ目は、”自分が心から参加したいと思う企画をつくる”ということ。
さとゆみさんの場合、裏方としてセミナーやイベントに携わっていたため、講師は専門知識やスキルがある方に依頼していたようですが、自分が参加したいと感じることだと熱心になれたそうです。

また、2つ目は”イベントタイトルは日本語でわかりやすくつける”ということ。
イベントタイトルやその告知文は、それを見た人に一番訴求する部分になります。
そのため、内容が想像できるようなものにするのがポイントなのだとか。

これらのことは、《イベントの企画は思いっきり自分本位に考えていい理由》という記事に詳しく書かれています。
好きなことをイベントという形にすれば、企画から実行までを楽しみながら進められるので、今後自分主催の勉強会やセミナーを行う予定のある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【参照元】http://www.yumikosato8.com/archives/2486

3. セミナーや勉強会を企画・主催のやり方・ノウハウを晒します

「ガレージログ」の記事 セミナーや勉強会を企画・主催のやり方・ノウハウを晒します!の画像

「勉強会を開きたいけど、何から準備すればいいのかわからない」という方は少なくないと思います。
しかも、いざ開催となると「どのくらいの規模で行うのか?」「開催前の準備は?」「当日の立ち振舞はどうするか?」など、決めることもたくさんあり、不安も感じることでしょう。
そんなときに頼りになるのが経験者の意見です。

『ガレージログ』の管理人さんは、これまでにセミナーや勉強会を何度も開催しているそうで、開催にあたってのポイントを《セミナーや勉強会を企画・主催のやり方・ノウハウを晒します!》という記事にまとめてくれています。

「企画から開催までの一連の流れが知りたい」という方にとって、有益な情報が盛りだくさんですよ。
特に、登壇者への依頼方法や集客方法は、セミナー開催初心者の方にとっては知りたい内容のはず。
その辺りについても記事には詳しく書かれているので、ぜひ参考にしてくださいね!

また、上記の記事には、主催者になることで得られるメリットについても触れています。
「イベント開催は準備が大変そう…」という方は、そちらに着目してみることで、前向きな気持になれるのではないでしょうか。

【参照元】https://garage-log.com/how-to-study-group

 

4. 【イベント】初めてセミナー開催してみた

「masaki_note」の記事【イベント】初めてセミナー開催してみたの画像

『masaki_note』を運営している有柚まさきさんは、広告会社でデザイナーとして働いた後、独立を果たした漫画も描けるグラフィックデザイナー。
前職では、デザイン以外にも、書類制作やクライアントとの交渉などを行っていたため、フリーになってからその経験が役立っていると言います。

しかし、駆け出しのフリーランスの中には、専門外のことは全く経験がないという人も少なくなく、まさきさんは事務作業や営業に関する相談を受けることもしばしば…。
そのため、仲間の後押しを受け、独立前にすべき準備や書類の作り方、クライアントとのやり取りなどをレクチャーするセミナーを開催することにしたそうです。

まさきさんの行った初セミナーの参加者は、サポーターの方を含めた8名で、終始和やかな雰囲気で進んだとのこと。
また、参加者の反応もまずまずで、まさきさんは手応えを感じたようです。
「フリーランスにとって大切なことなのに、周りに相談できる人がいない」「実体験に基づいた先輩の声が聞きたい」
そんな新人フリーランスの悩みに沿ったまさきさんのセミナーは、きっと参加者のハートに響いたのかもしれませんね!

今回紹介した内容は、こちらの記事《【イベント】初めてセミナー開催してみた》に詳細が綴られています。
セミナー開催の経緯から当日の流れ、参加者の感想などがアップされているので、イベントを主催するときのヒントになるのではないでしょうか。

【参照元】https://msak-note.com/event_dokuritsuwill

 

5. セミナーに集客したければ、告知文に最低限書きたい5つの情報

「しあわせに生き、しあわせに働くヒント集」の記事 セミナーに集客したければ、告知文に最低限書きたい5つの情報の画像

セミナーを開催するための準備として重要なのが、集客のための告知文章。
告知内容にターゲットのベネフィットまで盛り込まれている文章なら、当然「参加したい!」と思う人が増えて、集客に繋がりますよね。
しかし、その内容に仕上げるためには、いくつかのポイントがあります。
そこで、10年ほどでセミナーの告知文章を100種類書いたという遊部香(あそべ かおり)さんの記事を見てみましょう。

こちらの記事《セミナーに集客したければ、告知文に最低限書きたい5つの情報》には、セミナー集客に必要不可欠な情報の詳細が書かれていますが、中でも注目したいのが”なぜこのセミナーを自分が開催するのか”という内容。
遊部さん曰く、セミナーの講師を務めるうえで、プロフィール文は重要になるのだとか。
そのため、読み手の「なぜあなたがそれを語れるの?」という疑問を納得させられるような内容にするのが大切だと言います。

そして、さらに自分がセミナーのターゲットになる人をゴールに連れて行ける人物であることをアピールすると効果的とのこと。
上記の記事には、集客効果がある告知文章のコツがまとめられているので、最後まで読んでみてくださいね!

また、ライター兼小説家として活躍する遊部さんが運営する『しあわせに生き、しあわせに働くヒント集』というブログには、文章の書き方について詳しく追及した記事が満載です。
伝え方を学び、セミナー集客に繋げられるよう、他の記事にもぜひ目を通してみてはいかがでしょう。

【参照元】http://vitarals.com/2017/07/kokuchibun.html

 

6. 駆け出し講師・初心者のためのセミナー満席ノウハウ7選

「青山華子ウェブサイト(札幌ときどき東京)」の記事 3000回以上セミナーに登壇した私の、駆け出し講師・初心者のためのセミナー満席ノウハウ7選の画像

セミナーや勉強会を開催しようとする場合、「大きな実績がないと人を集められないかもしれない」という不安や悩みを抱くと思います。
そんなときに読んでほしいのが、《3000回以上セミナーに登壇した私の、駆け出し講師・初心者のためのセミナー満席ノウハウ7選》という記事。
『青山華子ウェブサイト(札幌ときどき東京)』を通して、SNSで自分の価値を上げるためのヒントを発信する傍ら、有限会社らーにんぐぽけっとの代表取締役として活躍する青山華子さんが、集客のポイントをアドバイスしてくれています。

・無料での開催は避ける
・何らかの実績をコツコツと積み重ねておく
・集客のパターンを知る
・自分に合った集客パターンを見極める
・告知はわかりやすくする
・セミナータイトルはターゲットに響くものにする
・集客目標を立てておく

上記の7つはセミナー初心者が人を呼び込むために大切なことなのだそうですが、実は意外と見落とされているのだとか。
そのため、基本を抑えて、事前準備や告知を行う必要があると青山さんは述べています。
勇気を出してセミナー開催をするのであれば、たくさんの人に参加してもらいたいはず。
参加者が多いとモチベーションも上がるので、ぜひ青山さんの記事をじっくり読んでみてくださいね!

【参照元】https://aoyamahanako.com/blog/seminar-knowhow/

 

7. プレゼンの緊張はたった3つの方法で解決できます。

「THE FREEDOM」の記事 プレゼンの緊張はたった3つの方法で解決できます。の画像

「人前で話すことが苦手」「緊張するとうまく言葉が出てこない」
このような悩みを持つフリーランスの方に読んでほしいのが、《プレゼンの緊張はたった3つの方法で解決できます。》という記事。
筆者のナタリーさんが、プレゼンでの緊張を克服する方法を紹介してくれています。

記事によると、過去のナタリーさんはとても緊張しやすい体質で、プレゼンが大の苦手。
緊張のあまり吐き気をもよおすほどだったため、自分の弱点を克服すべく、緊張しない方法をあれこれ試していたと言います。
そして、以下の方法が効果的だったとのこと。

・友だちに協力してもらい、プレゼンの場慣れをする
・トコトン準備と練習をする
・ビデオ撮影をして再チェックをする

「この方法で緊張しなくなるの?」と疑ってしまう人もいるかもしれませんが、上記のことを実戦することで、客観的に自分を見ることができるようになり、緊張から意識を遠ざけられるとナタリーさんは自信を持っておすすめしています。
上記の3つの方法を実戦した彼は緊張を克服し、今ではプレゼンが得意分野になったそうですよ。

こちらの記事は、ブログ『THE FREEDOM』の「不安・緊張・パニック克服」というカテゴリの中に掲載されていました。
緊張しやすく、人前で話すことに苦手意識を持っている方は、ぜひ他の記事も併せて読んでみてくださいね。

【参照元】https://freedom21.biz/?p=2938

 

8. プレゼンにも使える!人気セミナー講師の真似したい話し方

「表現が苦手な方のためのお客様に届く伝わる表現のコツ」の記事 プレゼンにも使える!人気セミナー講師の真似したい話し方の画像

宏洲千秋(ひろしまちあき)さんは小学校教諭の経験を持ち、そのとき身に付けた文章の書き方や話し方のノウハウを『表現が苦手な方のためのお客様に届く伝わる表現のコツ』というサイトを通して発信しています。
相手の心理を考慮したうえで述べられる「伝わる・繋がる・届く」の発信の仕方は、勉強会やセミナーを開催するときに大いに参考になりそうですよ!

たとえば、セミナーの初主催やLTで初登壇をするときには、こちらの記事《プレゼンにも使える!人気セミナー講師の真似したい話し方》がおすすめです。
ここには、人前で話すときに気を付けたい4つのポイントについて書かれています。

・ほどよい緊張感を持つ
・笑顔を見せる
・トークには間を取る
・落ち着いて話す

特に3つ目の"間を取る"は、人気講師の話し方に共通していることであり、聞き手を自分の話に引き込むためには欠かせないテクニックなのだとか。
経験に裏打ちされた宏洲さんのアドバイスはあらゆるシーンに活かせるので、トークスキルに不安を感じる方は、ぜひ上記のことを意識して話すようにしてみてはいかがでしょう。

【参照元】https://hiroshimachiaki.com/maneshitai/

 

9. 説明上手になるにはちょっとしたポイントがあるんです・・・

「仕事力を向上したいあなたを応援する 『自立型ビジネスマン育成塾』」の記事 説明上手になるにはちょっとしたポイントがあるんです・・・の画像

金子誠志さんは、選択肢を持ち、主体性があるビジネスマンを育てる自立型ビジネスマン育成塾を開講し、塾長として活躍中。
そんな金子さんが運営する『仕事力を向上したいあなたを応援する 『自立型ビジネスマン育成塾』』のサイトには、スキルアップ術やコミュニケーション、大切な心構えなど、仕事の質を上げるノウハウが綴られています。

今回紹介するこちら《説明上手になるにはちょっとしたポイントがあるんです・・・》も、ブログの中に掲載されていた記事の一つ。
ここには、聞き手にわかりやすく説明するときのポイントがまとめられていました。

この記事で金子さんは、"真の説明上手"になるためには、「トークスキルと聞き手がわかりやすいように工夫を凝らすホスピタリティーを持つことが必要」と述べています。
そして、そのポイントとして挙げているのが以下の5つです。

・「結論→理由→具体例→結論」の構成で話す
・わかりにくい言葉を排除する(中学3年生でも理解可能かを基準に)
・数字を積極活用する(説明の各項目を数字で示す)
・自分の言葉を使い、聞き手に顔を向けて説明する
・ 聞き手のペースに合わせる

さらにここでは、5つのポイントが重要とされる理由と具体的な言い換え方など、説明力を上げるヒントもわかりやすく書かれています。
聞き手に寄り添った勉強会やセミナーを実践したい方は、ぜひ一読してみてくださいね。

【参照元】http://jbi-school.jp/blog/説明上手になるにはちょっとしたポイントがある/


レバテックフリーランスはIT・Web系フリーランス専門エージェントです。ご自身にマッチする案件をご提案するだけでなく、「自分のスキルで通用するか?」「将来性にフリーランス転向を考えているので話を聞きたい」といったご相談も承っています。

キャリアの選択肢としてフリーランスへの転向をお考えの方は、下記の記事も併せてご覧ください。フリーランスとは?といった基本から、フリーランスになるために必要な手続きや会社員のうちにやっておきたいことなど、フリーランスの仕事に興味のお持ちの方に役立つ情報をお伝えしています。

関連記事 : フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?