期間限定アマゾンギフト券プレゼントキャンペーン

期間限定アマゾンギフト券プレゼントキャンペーン

キャンペーンの利用規約(注意事項)

レバテック株式会社(以下、「当社」といいます。)が実施する「Amazonギフト券プレゼントキャンペーン」(以下、「本キャンペーン」といいます。)に参加し、会員登録される方(以下、「登録者」といいます。)は、以下をよくお読みいただきご登録ください。ご登録を以って、本規約に同意されたものとみなします。
本キャンペーンは、以下の条件を満たす方全員にアマゾンギフト券5,000円分をプレゼントするものです。

条件について
以下のすべての条件を満たされた方が対象となります
2019年9月17日(火)~9月30日(月)の期間中にレバテックフリーランス(https://freelance.levtech.jp/)またはレバテッククリエイター(https://creator.levtech.jp/)に会員登録された方
2019年11月29日(金)までにカウンセリングを終えられた方
※過去にレバテックフリーランスのカウンセリングを受けられた方は対象外です。
※ご友人紹介(https://freelance.levtech.jp/friend/)で登録された方は対象外です。
※当社が保有する案件状況等により、カウンセリングをご案内できない場合もございます。予めご了承ください。
賞品の発送について
本キャンペーン条件に該当する方には、2019年11月4日(月)~2019年11月8日(金)注1または2019年12月2日(月)~2019年12月6日(金)注2の期間中にアマゾンギフト券5,000円分利用コードをメールでお送りいたします。
注1) 9/17(火)~10/31(木)にカウンセリングを受けられた方が対象
注2) 11/1(金)~11/29(金)にカウンセリングを受けられた方が対象
注意事項
お一人様、1回までの登録が可能です。
本キャンペーンの参加において、登録者が真実かつ正確なデータを入力していないこと、または登録者から提供された情報が不十分であったことによって賞品が届かない場合、あるいは登録者の転居や長期の不在などの事由によって当社所定の期間内に登録者が賞品を受領できない場合は、キャンペーン該当者の権利が失効・削除されることがあります。
キャンペーン該当者の権利を第三者に譲渡等はできません。
本キャンペーンの賞品の返品・交換は致しかねます。
当社は登録者の個人情報(本キャンペーンの登録時に登録者が提供した情報)を、当社の「個人情報の取り扱いについて(https://freelance.levtech.jp/privacy/)」に従い適切に取扱うものと致します。
当社は、本キャンペーンにおけるサービスの一部または全てを事前に通知することなく変更・中止・終了することができるものとします。なお、変更・中断あるいは中止または終了により生じた損害については、当社は一切責任を負いません。
細心の注意を払って情報を掲載していますが、当社は、提供する情報、プログラム、各種サービス、その他本キャンペーンに関するすべての事項について、その完全性、正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証も行うものではありません。また、登録者または第三者が被った以下の事例により発生した損害については、当社は責任を負いません。
登録者間または登録者と第三者の間におけるトラブル等が生じた場合。
第三者による本キャンペーンのサービスの妨害、情報改変などによりサービスが中断もしくは遅延し、何らかの欠陥が生じた場合。
故意または重過失なくして、当社が提供する本キャンペーンの情報が誤送信されるか、もしくは欠陥があった場合。
レバレジーズグループ社員・関係者からのご登録は無効とさせていただきます。
本規約は日本法を準拠法とし、これに従い解釈されるものとします。また、本キャンペーンに関連して生じた紛争は、東京簡易裁判所または東京地方裁判所の専属的合意管轄に属するものとします。

定期昇給制度がある企業の割合やベースアップとの違いを解説
定期昇給とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

定期昇給は、就業規則等に従って毎年一定の時期に昇給する制度を指します。毎年決まった時期に昇給することにメリットを感じる人もいると思いますが、デメリットもあるのをご存知でしょうか。

ここでは、定期昇給とベースアップの違いや定期昇給のメリット・デメリットをご紹介。そのほか厚生労働省の調査結果を基に、企業規模別、産業別の定期昇給制度の有無などについても解説します。

フリーランスの働き方について話を聞く

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. 定期昇給とは
2. 定期昇給のメリットとデメリット
3. 定期昇給制度の有無と1人平均賃金の改定額
4. 収入アップを目指すには

1. 定期昇給とは

笑顔でミーティングをしている人たちの画像

厚生労働省の「賃金引上げ等の実態に関する調査」における定期昇給は、就業規則等に従って毎年一定の時期に賃金を増額する制度を指します。ここでの定期昇給には、社員の勤続年数や年齢による自動昇給のほか、能力や業績評価に基づく昇給も含まれます。

業績評価などに基づく場合、査定によって昇給額に個人差が生じますが、原則として一定の時期に社員全員が昇給の対象になるという意味で、定期昇給に区分されています。

似ている用語に「ベースアップ」がありますが、こちらは賃金表の改定に伴って賃金水準の引き上げを行うことを指します。賃金表は、年齢や学歴、職務、勤続年数、職能などによって賃金がどのように決められているかを表にしたものです。

定期昇給は、毎年一定の時期に社員の個々の実績に基づいて行われるのに対し、ベースアップは企業の成長に起因して臨時的に行われる点が違いとして挙げられます。

フリーランスの働き方について話を聞く

2. 定期昇給のメリットとデメリット

パソコンの前で書類に目を落とす男性の画像

ここでは、ベースアップと比べた際の定期昇給のメリット・デメリットを見ていきましょう。

定期昇給のメリット

会社側からすると、定期昇給はベースアップに比べて負担が少ないのがメリットといえます。年齢や勤続年数に基づいて昇給率が高くなる制度の場合、昇給率の高い社員が毎年一定数退職し、その分新卒社員が入社する、という流れになっていれば、昇給にかかる企業の負担は大きく変わりません。

長く勤めることで昇給率が高まる仕組みの場合、社員は勤続することへのモチベーションが高まると考えられます。また、勤続年数ごとの昇給率が明確であれば、ローンなどの将来設計が立てやすいというのもメリットとなるでしょう。

定期昇給のデメリット

定期昇給制度がある場合、会社側は就業規則等の定めに従って実施することが必要です。経営状況によっては規定どおりの定期昇給が厳しくなることもあるため、就業規則等の定めに「業績等の事情により支給を延期、または支給しないことがある」といった但し書きが記載してあることも。

また、勤続年数に基づいて定期昇給が行われる場合、働く社員にとっては成果を出すことへのモチベーションを維持しづらくなるおそれもあります。スキルアップへの意欲が高まらず、結果的にやりがいや成長を感じづらくなってしまうケースも考えられます。また、実績に関わらず勤続年数によって昇給率が決まると、成果を出している社員にとっては会社への不満が生じる原因となり得ます。

3. 定期昇給制度の有無と1人平均賃金の改定額

笑顔を向けるカジュアルな服装の男性の画像

2018年の厚生労働省の「賃金引上げ等の実態に関する調査」によると、一般職において「定期昇給制度あり」の企業割合は全体の85.1%、「定昇制度なし」は14.4%となっています(残りの0.5%は「不明」)。

一般職における企業規模別の定期昇給制度の有無 (単位 : %)
企業規模 定期昇給制度あり 定期昇給制度なし 不明
5000人以上 88.8 10.7 0.5
1,000~4,999人 87.9 11.4 0.8
300~999人 87.2 12.5 0.3
100~299人 84.2 15.2 0.6

企業規模別に見ると、「定期昇給制度あり」の企業割合は5,000人以上の規模で最も高い結果に。企業規模が大きいほど「定期昇給制度あり」の企業割合が高くなっています。

一般職における産業別の定期昇給制度の有無 (単位 : %)
産業 定期昇給制度あり 定期昇給制度なし 不明
鉱業、採石業、砂利採取業 71.0 18.5 10.5
建設業 86.3 13.7 -
製造業 88.5 10.7 0.8
電気・ガス・熱供給・水道業 96.1 3.9 -
情報通信業 91.4 8.6 -
運輸業、郵便業 71.1 28.9 -
卸売業、小売業 89.1 10.9 -
金融業、保険業 90.8 9.2 -
不動産業、物品賃貸業 95.0 5.0 -
学術研究、専門・技術サービス業 87.3 11.4 1.2
宿泊業、飲食サービス業 78.2 21.8 -
生活関連サービス業、娯楽業 77.2 22.8 -
教育、学習支援業 73.3 23.2 -
医療、福祉 76.7 22.2 1.1
サービス業(他に分類されないもの) 83.6 14.5 1.9

産業別に見ると、「定期昇給制度あり」の企業割合は電気・ガス・熱供給・水道業の96.1%が最も高い結果に。続いて不動産業、物品賃貸業の95.0%、情報通信業の91.4%となっています。

次に、同調査による1人平均賃金の改定額(1ヶ月あたり)については、全企業規模・産業における平均が5,675円となっています。なお、ここでの「賃金の改定」は定期昇給のほかベースアップ、諸手当の改定等を指し、ベースダウンや賃金カット等による賃金の減額も含んだ上での改定額が1人平均賃金の改定額として公表されています。

企業規模別 1人あたりの平均賃金の改定額
企業規模 1人平均賃金の改定額(円)
5000人以上 7,109
1,000~4,999人 5,645
300~999人 5,247
100~299人 5,039


企業規模別の結果を見ると、企業規模が大きいほど1人平均賃金の改定額が高くなっています。

産業別 1人あたりの平均賃金の改定額
産業 1人平均賃金の改定額(円)
鉱業、採石業、砂利採取業 6,554
建設業 7,361
製造業 6,326
電気・ガス・熱供給・水道業 4,366
情報通信業 6,056
運輸業、郵便業 4,434
卸売業、小売業 4,951
金融業、保険業 6,233
不動産業、物品賃貸業 8,218
学術研究、専門・技術サービス業 8,746
宿泊業、飲食サービス業 4,643
生活関連サービス業、娯楽業 4,929
教育、学習支援業 5,786
医療、福祉 3,632
サービス業(他に分類されないもの) 3,889

産業別では、学術研究、専門・技術サービス業の8,746円が最も高い結果に。続いて不動産業、物品賃貸業の8,218円、建設業の7,361円となっています。

参照元:厚生労働省「平成30年賃金引上げ等の実態に関する調査の概況」

4. 収入アップを目指すには

カフェでノートパソコンを開き考えているビジネスマンの画像

収入を上げる方法としては、「もらえる手当を増やす」「今より条件の良い会社に転職する」「フリーランスになる」などが挙げられます。

もらえる手当を増やす

定期昇給がない会社で給与を上げたいなら、付与される手当を増やしましょう。職種や仕事内容、会社などにより、特定の資格を取ることで資格手当がもらえる場合があります。

また、昇進して役職につければ、役職手当も付くはずです。臨時昇給がある会社は、業績向上に貢献できれば昇給の可能性もあります。

転職する

今の会社の昇給制度に不満があり、改善の見込みがない人は、転職するのも1つの選択肢です。転職の際は、明確な給与規定があるか、昇給があるかなどをしっかりと確認しておきましょう。

もし、給与に関することは聞きづらいと感じるのであれば、労働条件の確認や交渉、調整などを代行してくれる転職エージェントの活用がおすすめです。

フリーランスになる

一定のキャリアを積み、自分のスキルに自信があるという方はフリーランスになるという道もあります。働いた分だけ収入を増やせるというのは、大きなやりがいになるでしょう。

また、ITエンジニアの場合、安定した収入を得やすい「常駐型フリーランス」という働き方もあります。

常駐型フリーランスとは

レバテックフリーランスは、フリーランスエンジニアの方へ常駐型案件を提案するエージェントです。フリーランスと企業の間に立ち、両者のマッチングを支援。

登録された方のスキルやご要望に合わせて案件をご提案し、企業との交渉や契約も代行いたします。フリーランスが自ら営業する必要をなくし、交渉や契約業務の負荷を限りなくゼロに近づけます。

常駐案件をお探しの方はもちろん、「初めてフリーランスになる」「フリーランスに興味がある」という方もぜひお気軽にご相談ください。これまで多くのエンジニアの方を支援してきた実績を基にサポートいたします。

「今フリーランスになるべきか?」「自分のスキルで通用するか?」といった悩みにもお応えしますので、ご相談だけでもお待ちしております。
 

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。


※本記事は平成30年12月時点の情報を基に執筆しております。

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?