しっかりとした事前準備で安心のフリーランス生活をスタート
フリーランスになる前に必要な準備は?安心してスタートをきるための参考記事特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスとして独立する時は、事前準備が必要です。ここでは、生活で必須となるお金の話、貯金額の算出方法、開業届の仕方など、個人事業主になる前にやるべきことを綴った記事を紹介しています。地に足をつけ、楽しいフリーランス生活を送りましょう!

 

(1)【フリー準備】これだけはおさえよう!退職前の知識・準備

会社を退職してフリーになる際、すべてが自己責任になってくるため「本当に大丈夫かな」と不安になるものです。
特に税金管理などお金に関することは、フリーになる前からきちんと万全の状態にしておきたいですよね。

そこで、フリーになる前の準備として参考にしてほしいのが《【フリー準備】これだけはおさえよう!退職前知っておくこと・準備》の記事。
こちらでは「お金」「事務」「その他」の項目に分けて、フリーになる前にやっておきたいことが書かれています。

その中の「お金」に関する記述で言及しているのが以下の通り。
・用意しておきたい貯金の目安
・毎月決まった出費額を把握する重要性

上記のポイントを踏まえ、お金に余裕があることが精神的な余裕に繋がり、さらに自分の出費額を知ることで「どれくらい稼ぎたいのか」という部分が見えてくるのだと語られています。

また「事務」の記述では、領収書と確定申告、税金・年金・健康保険などフリーランスにとって必須となるお金の話、そして「その他」の記述では会社員の時点でやっておきたい事柄が書かれているので、ぜひ一読してみてはいかがでしょう。

記事を執筆したAyaさんが運営しているブログ『LOVE WORLD』には、会社を円満に辞めるコツ、ストレスフリーな考え方など、自分らしく生きるためのヒントが綴られています。空いた時間を見つけて、心惹かれる内容をチェックしてみてはいかがでしょう?

【参照元】http://blissful-life-hacks.com/364.html

 

(2)フリーランスになる前の準備。実体験を基にご紹介

フリーランスになることを決めた方の中には、意欲はあるものの「何から手をつけて良いのかわからない…」という方もいると思います。
そんな方にはこちらの記事、《フリーランスになる前に準備しておいた方が良いことを実体験を基にご紹介》がおすすめです。
この記事には、筆者が独立準備で大切だと感じた5つのことが取り上げられています。

・末長く付き合える人脈を作る
・クレジットカードを作る
・ローンが必要なものはあらかじめ組んでおく
・一年間生活できるだけの資金を貯める
・屋号を考え、営業ツールを準備する

記事にはその理由も詳しく書かれているので、独立に向けての参考になるのではないでしょうか。

また、この記事が掲載されている『PRAWN COCKTAIL』には、フリーランス生活が垣間見える記事をはじめ、デザインやWeb制作に関する記事もエントリーしています。
筆者の実体験に基づいて書かれた記事は、どれも読み応えがあるので、ぜひ他の記事も併せて読んでみてくださいね。

【参照元】https://prawn-cocktail.com/blog/308/

 

(3)フリーランスの「屋号銀行口座(営業性個人口座)」の作り方

東京都内を中心に、Web制作や企画、運用などを展開しているモロさんのブログ『ドークツ』には、フリーランスが屋号付きの銀行口座を開設する際の参考情報が載っていました!
こちらの《フリーランス(個人事業主)のための「屋号銀行口座(営業性個人口座)」の作り方》という記事です。(※2016年10月現在の情報です)

フリーランスとして開業届を出すと、屋号付きの名義で銀行口座を作ることが可能ですが、その方法は金融機関によってさまざま。
そこで、6つの銀行を回って実際に屋号付きの口座を開設したモロさんが、各銀行の口座開設の方法を簡単にまとめてくれています。

・三菱東京UFJ銀行
・みずほ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行
・楽天銀行
・ゆうちょ銀行

屋号付きの口座は、個人名の口座開設時とは異なる書類も必要になるので、上記の銀行を利用しようとしている方は、目を通しておくと良さそうですよ。
屋号付きの口座があると、仕事関連の収支管理がしやすくなるので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

【参照元】https://doocts.com/1883

 

(4)フリーランスのクレジットカード。事業用とプライベート用?

フリーランスとして仕事を始めたら、お金の管理は自分で行うことになります。
その際、仕事用のクレジットカードを作るべきかどうか、悩まれる方もいるのではないでしょうか?

どうするかを決める際に参考になる記事があったので紹介します。
それがこちら《【フリーランス】クレジットカードは事業用とプライベート用を分けるべき》です。
記事を執筆した『REFERRE』の管理人さんは、「クレジットカードは分けておいたほうが便利である」という考えを記事で述べられています。
その最大のメリットとして挙げているのが「経費の管理がしやすい」という点。
仕事用のクレジットカードの明細に記載されているものは全て経費にあたるため、会計処理の手間を省くことができるそうです。
「経理作業が苦手」という方は、仕事専用のクレジットカードを作っておくと安心ですね。

メリットはそれだけではありません。
さらに詳しい内容を知りたい方は、ぜひ記事にアクセスしてみてください。
仕事用のクレジットカードを作成することで受けられる恩恵がより具体的にイメージできるようになりますよ。

ブログには、簿記や株式投資、ふるさと納税など、さまざまなジャンルの記事が綴られています。
引っ越しや健康など、フリーランスの方がプライベートで気になる話題も豊富ですので、ぜひ注目してみてくださいね。

【参照元】https://life-0910.com/free-card/

 

(5)個人事業主の印鑑セット【代表印/銀行印/角印】を作ってみた

WEBサイト制作やブログ集客のコンサルタントなどのサービスを提供している『sho-design』
埼玉県蕨市を中心としたエリアで活動している個人オフィスです。サイトには、サービス内容の詳細や制作実績といった仕事に関わる内容はもちろん、代表がプライベートで関心のあるガジェット関連の記事や趣味に関する話題も綴られています。

学びつつ、楽しみながら読めるサイトですので、ぜひ時間のあるときにチェックしてみてはいかがでしょう?

《個人事業に必要な印鑑セット【代表印/銀行印/角印】を作ってみた》では、「開業後は、印鑑を作るべき?」とお悩みの方にこそぜひ読んでもらいたい内容が書かれています。

代表自身、開業した当初は名字のはんこを使われていたそう。
実際のところ、名字のはんこだけでも仕事はできていたものの、お客さまの信頼感を考慮したときに屋号入りの印鑑を作ったほうが良いと考えるようになっだと言います。

出来上がった屋号入りの印鑑を見たとき、身が引き締まる思いを感じたと同時に、うれしさも感じたとのこと。
また「印鑑を途中で変更するのは大変なので、事業を始める時点で準備しておけばよかった」とも振り返られています。

屋号入の印鑑を作る予定のある方は、事前に準備しておいたほうが得策と言えますね。

【参照元】https://www.sho-design.net/made-3seals-for-business/

 

(6)フリーランスになったら「開業届」を出そう!

自分らしい働き方が注目されるようになった昨今、フリーランスに転身する人は増えています。
しかし、心機一転フリーランスとしてやっていく以上はそれなりの準備も必要です。

そこで今回は、出産を機に独立をし、自宅でホームページ制作の仕事をしているおこげさんのブログ『ハピ育ログ』の中から、開業届に関することが書かれた《フリーランスになったら「開業届」を出そう!》という記事を紹介したいと思います!

開業届は個人が事業をはじめる際に税務署に届け出る書類ですが、実は提出の義務はありません。
そのため、フリーランスの中には届け出なしで活動している人もいるようです。
しかし、開業届の提出には、以下のようなメリットがあります。

・青色申告ができるようになり、確定申告で最大65万円控除が受けられる
・屋号名義で口座を作ることができる
・小規模企業共済に加盟できる

特に青色申告は開業届を出す最大のメリットであり、白色申告に比べると控除額に大きな差があるとのこと。

提出書類の作成は面倒に感じるかもしれませんが、おこげさんよると、"開業freee"というソフトを使えば、簡単に開業届と青色申告承認申請書が作れるそうですよ。
詳細が気になる方は、ぜひ本文をチェックしてみてくださいね!
開業届を出すと気持ちも引き締まるので、フリーランスデビューをリアルに実感できることでしょう。

【参照元】https://hapi-iku.net/freee/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.