iDeCoの制度や個人事業主が加入することで得られるメリットなどが分かる記事特集
iDeCoに興味がある個人事業主のための参考記事まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

iDeCoへの加入を検討している個人事業主の方必見!ここでは、確定拠出年金で節税を図りたい方や、制度のメリット・デメリットについて詳しく知りたい方におすすめの記事を紹介しています。「資産運用が初めてで不安」という方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. iDeCoを運用する理由と見込める節税&利益
2. iDeCoのデメリット・注意すべきこと【意外な落し穴】
3. 年金はiDeCoで増やす!メリット・デメリットを徹底解説
4. 【40代・50代は至急!】 iDeCoの始め方
5. 知らないと損をするiDeCoのメリット、デメリット
6. iDeCoをはじめたい人におすすめの本6選!

1. iDeCoを運用する理由と見込める節税&利益

「InovativeWorks.com」の記事 フリーランスの僕がiDeCoで運用する理由と見込める節税&利益の画像

確定申告の季節になると、よく耳にする「節税」というワード。
自身でお金を管理する必要がある個人事業主にとって、いかに賢く節税するかが重要となってきます。
その節税対策の1つとして、iDeCoが有用だということはご存知でしょうか?
ただ、iDeCoの存在は知っていても運用までには至っていないという方もいるようです。

ブログ『InovativeWorks.com』の管理人であるイノシタさんもその一人。
現在フリーランスの映像クリエイターとして活躍中のイノシタさんは、独立後の数年間、iDeCoの手続きが億劫だったため先延ばしにしていたと言います。
結果、ひどく後悔したのだそうです。
その理由は、iDeCoを運用することで節税できた上に、利益も得られたから。
iDeCoは「ドルコスト平均法」で積立投資する投資信託であり、非課税・全額控除の対象となっているようです。
運用次第で利益も見込めるそうですよ。

この《フリーランスの僕がiDeCoで運用する理由と見込める節税&利益》には、イノシタさんがiDeCoで積立投資をした場合に見込める節税やその利益について、詳しく解説されています。
また、実際に運用しているファンドにも言及されているので、気になる方は記事の隅々まで目を通してみてはいかがでしょうか。

そして、今回紹介した記事以外にも、ブログには投資やフリーランス、節税関連の記事がエントリーしています。
こちらも併せてチェックしてみてくださいね。

【参照元】https://inovativeworks.com/ideco_riyuu/

 

2. iDeCoのデメリット・注意すべきこと【意外な落し穴】

「人生100年時代を楽しむブログ」の記事 iDeCo(イデコ)のデメリット・注意すべきこと【意外な落し穴】の画像

老後資金を自分で作るお得な制度として、税制上でのメリットがある個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)。
第1号被保険者である個人事業主は、被雇用者より掛金拠出額も多く設定されていることから、大きな魅力があるのではないでしょうか。しかし、うまく資産運用をするためには、デメリットについてもしっかりと把握しておくことが大切です。

《iDeCo(イデコ)のデメリット・注意すべきこと【意外な落し穴】》という記事に、iDeCoを上手に活用して老後資金を作っていくための情報が詰め込まれていましたので、見ていきましょう。

記事によると、iDeCoには以下のようなデメリットがあるとのこと。
・60歳まで資金を引き出せない
・自分で運用する。元本保証ではない
・手数料がかかる
iDeCoには「老齢基礎年金」や「老齢厚生年金」の補完制度として導入された、という背景があります。
60歳まで引き出せないというのは違和感がないように感じられますが、公的年金より拘束力があるため、一度加入したら60歳までコツコツと運用し続ける必要があるのだとか。「収入額に大きな変動がある」という個人事業主の場合だとすれば、しっかりと先を見据えて加入するかを考えることが重要だと言えますね。また、口座を開設するときや運用の際には手数料がかかるとのこと。

メリットだけを見て加入すると、予想外の支出に戸惑うことがあるかもしれません。
記事では、損をしないための運用方法についても詳細に綴られているので、最後まで目を通してみてはいかがでしょう。

『人生100年時代を楽しむブログ』の管理人であるうちたけさんは、FP2級の資格保有者。他にも、お金に関する記事をリリースされているので、アクセスしてみてくださいね!

【参照元】https://enjoy-100years-life.com/ideco_demerit/

 

3. 年金はiDeCoで増やす!メリット・デメリットを徹底解説

「ブタに小判」の記事 年金はiDeCoで増やす!iDeCoのメリット・デメリットを徹底解説の画像

2015年に海外に飛び出し、結婚を機に資産運用を始めた『ブタに小判』の運営者さんは、将来の自分の年金受給額に不安を感じ、個人型確定拠出年金のiDeCoに加入することにしました。
iDeCoは、加入者が毎月一定の掛け金を拠出し、その掛け金で投資信託や保険などの金融商品を選んで運用することで、60歳以降に運用資産を受け取れる仕組みになっていますが、以下のようなメリットとデメリットがあるとのこと。

【メリット】
・所得控除を受けられる
・運用期間中の運用収益は非課税になる
・運用したお金を受け取るときは、年金として受取る場合は公的年金等控除、一時金の場合は退職所得控除を受けられる

【デメリット】
・原則60歳までは運用したお金を引き出すことができない
・毎月手数料がかかる

iDeCoは、長期にわたる資産運用になるため、加入を検討する際には、上記に書かれたメリットとデメリットをしっかり把握しておく必要があります。
こちらの記事《年金はiDeCoで増やす!iDeCoのメリット・デメリットを徹底解説》に詳細が書かれているで、iDeCoへの理解を深めるためにもぜひ一読してみてはいかがでしょう。

【参照元】https://i-lovemoney.com/ideoc-merit-demerit/

 

4. 【40代・50代は至急!】 iDeCoの始め方

「ひとまずおきのすけ」の記事【40代・50代は至急!】個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)の始め方の画像

おきのすけさんが運営している『ひとまずおきのすけ』は、「40代の人にエールを送りたい」という気持ちから始められたブログです。
旅行の話を中心に、筋トレや資産運用、仕事といったカテゴリーが並んでいますので、興味のある方はアクセスしてみてはいかがでしょう。

さて、その中から今回注目したのはこちら、《【40代・50代は至急!】個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)の始め方》
ここでは、そもそもiDeCoとは何かというところからはじまり、メリットやデメリット、加入できない人の条件、おきのすけさんのおすすめ金融機関などに至るまで、幅広くまとめられています。
もちろん、始め方についてもしっかりと触れられているので、隅から隅まで目を通すことがおすすめです。

たとえば、iDeCoのメリットのひとつとして挙げられているのが、節税対策になるということ。
iDeCoの掛金は「全額所得控除」となり、所得税や住民税などが安くなるのだそうです。
通常の定期預金は「全額所得控除」とはならないため、節税を気にかけている方にとっては特に見逃せないポイントとなります。
また、国民年金だけでは心許ないというフリーランスの方も、節税をしながら老後のための資産を形成できることに魅力を感じるのではないでしょうか。

なお、ブログの資産運用のカテゴリーには、今回紹介した記事以外にもiDeCoに関する記事が多く取り上げられていましたよ。
「iDeCoをどのように始めたらいいかわからない」「加入するかどうか悩んでいる」という方は、ぜひ併せてチェックしてみてくださいね。

【参照元】https://okinosuke.com/how-to-get-started-ideco

 

5. 知らないと損をするiDeCoのメリット、デメリット

「サラリーマンの貯金箱」の記事 知らないと損をするiDeCo(イデコ)のメリット、デメリットを全部教えますの画像

『サラリーマンの貯金箱』は、老後に不安を感じたという管理人のかずたくさんが、資産運用や節約術などについて綴っているブログです。
彼と同じように「老後が不安」と感じている方は、ブログにアクセスしてみることで自分の役に立つ情報を入手できるかもしれませんよ。

さまざまな資産運用の方法がある中、近年ようやく認知度と加入者が増えてきたのがiDeCoで、かずたくさんももちろん加入者の一人。
彼曰く、iDeCoは加入が遅くなるほど損をしてしまう制度なのだそうです。
そんなiDeCoに関するメリットとデメリットを、《知らないと損をするiDeCo(イデコ)のメリット、デメリットを全部教えます》にまとめてくれていたので紹介します。

まず、メリットとして挙げられていたのは、「掛金が全額所得控除になる」「運用益が非課税になる」「受取時も一定額まで非課税になる」の3点。
中でも「掛金が全額所得控除になる」のは特に注目すべき点で、老後の資金を蓄えられるだけではなく、節税対策にもなるといいます。

一方のデメリットには、「掛金は原則60歳まで引き出せない」「途中で止めると節税効果が得られない」「掛金の変更は年1回しかできない」の3点があるとのこと。
ただし、こちらはみんながみんなデメリットになるわけではなく、場合によってはメリットになることも考えられるのだそうです。

記事では、メリットとデメリットの項目1つ1つに焦点が当てられており、より詳細に理解を深めることができます。
こちらを参考にしてメリットとデメリットを見比べ、自分が加入した方がいいかどうかをしっかりと見極めることが大切だといえるかもしれませんね。

【参照元】https://salary-chokin.com/ideco-asset-management/

 

6. iDeCoをはじめたい人におすすめの本6選!

「低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors」の記事iDeCo(個人型確定拠出年金)をはじめたい人におすすめの本6選!の画像

『低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors』では、ブログ運営者のなるたくさんがオススメするiDeCo関連の本が紹介されていました。

記事のタイトルは、《iDeCo(個人型確定拠出年金)をはじめたい人におすすめの本6選!》です。
ここでは初心者向け・中級者向け・オールマイティの3つのジャンルに分けて、それぞれ2冊ずつをピックアップ。
本ごとに、どんな特徴があるのか、その本から得られる知識は何か、何を求めている方に得する情報が得られるのかなど、なるたくさんのコメント付きで具体的に解説されています。
そのため、今の自分に合った本を選択しやすいのではないでしょうか。
ぜひあなたの本選びの参考にしてみてくださいね。

また、記事後半では、なるたくさんがiDeCoをオススメする理由についても言及されています。
iDeCoをはじめるにあたり、知っておいたほうが良い事柄についても記載されいるため、こちらもお見逃しなく。
そのほか、ブログ内に掲載されている「iDeCoの金融機関選び」や「SBI証券iDeCoの商品比較」といった、iDeCoを特集した記事も勉強になりそうですよ。
投資信託に興味がある方は、ブログの隅々にまで目を通してみてはいかがでしょうか。

【参照元】https://loloinvestors.com/2016/07/17/401k-books/


レバテックフリーランスはIT・Web系フリーランスエンジニア専門エージェントです。ご自身にマッチする案件をご提案するだけでなく、「自分のスキルで通用するか?」「将来性にフリーランス転向を考えているので話を聞きたい」といったご相談も承っています。

もしフリーランスに興味をお持ちで、個人事業主のなり方や段取り、具体的な手続きを知りたいという方は下記の記事も併せてご覧ください。「そもそも個人事業主とは?」「会社員と比べた場合、個人事業主のメリット・デメリットって?」といった疑問にもお答えしています。

関連記事 : 個人事業主になるには?必要な知識と手続き

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?