ふるさと納税について知識を深めよう!
個人事業主も参考にできる!ふるさと納税記事まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

地域の特産品が貰えて、所得税や住民税の控除も受けられるふるさと納税は、魅力的な制度。しかし、個人事業主の場合は、上限額の試算方法がサラリーマンとは異なるうえに、確定申告をする必要があります。また、法改正に伴い2019年6月からは対象となる自治体や返礼品にも変化が見られそう…。そこで今回は、ふるさとの納税に関する詳細がわかる記事にフォーカスしてみましょう!

フリーランスの税務について相談する

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. ふるさと納税の手続き方法~返礼品の注文から税額控除まで
2. 【ふるさと納税】は節税になるのか?その仕組みとメリット。
3. 【フリーランス】ふるさと納税の上限額はいくら? (個人事業主)
4. ふるさと納税の返礼品は一時所得に該当。
5. 規制法が成立。6月1日以降のふるさと納税はどうかわるか。
6. ふるさと納税の規制が2019年6月1日から強化される件

1. ふるさと納税の手続き方法~返礼品の注文から税額控除まで

ふるさと納税は、地方の自治体に寄付することで、所得税の還付と住民税の控除が受けられる制度。
しかも、返礼品がもらえるため、そのお得感に興味を持っている個人事業主も多いのではないでしょうか?

そこで、ここでは「今からふるさと納税を始めよう!」という個人事業主のために、ふるさと納税の一連の流れを紹介した《【確定申告者向け】ふるさと納税の手続き方法~返礼品の注文から税額控除まで(個人事業主・フリーランス)》という記事に注目してみたいと思います。

この記事によると、個人事業主がふるさと納税を行う場合は、以下のようなステップを踏むことになるのだとか。

1.寄付できる上限額をシュミレーションする
2.ふるさと納税サイトから寄付先と返礼品を決めて申し込む
3.寄付金受領証明書を受け取る
4.確定申告を行う

ただし、シュミレーションはサラリーマン向けになっているため、個人事業主の場合は経費と他の控除額を引いた事業所得で計算する必要があるそうです。
また、寄付先の自治体から送られてくる寄付金受領証明書の保管も重要とのこと。
確定申告の際には、寄付金受領証明書を一緒に提出する必要があるため、紛失することがないように気をつけなければなりません。
記事には、これらのフローが詳しく載っているので、ぜひ熟読してみてくださいね。

また、上記の記事の筆者で、ブロガー兼投資家 の小林亮平さんは、ブログ『Bank Academy』に、節約ネタやソーシャルレンディング、ロボアドバイザーに関する記事も執筆されています。
経費節減や資産運用に興味のある方は、ぜひ他の記事も併せてチェックしてみてはいかがでしょう。
耳寄りな情報がキャッチできるかもしれませんよ!

【参照元】https://bank-academy.com/hurusato/shinkoku-steps

 

フリーランスの税務について相談する

2. 【ふるさと納税】は節税になるのか?その仕組みとメリット。

税理士の佐藤崇さんは、東京都足立区は北千住にて税理士事務所を開業し、小さな会社・フリーランスに特化した税務サービスを提供しています。
佐藤さんのサイトはこちら→https://sato-takashi-sh.com

佐藤さんは過去の経験から、「自分の人生の決定権を誰にも渡したくない」という想いを持っており、同じ想いを抱く事業主を応援したいという一心で日々活動中。
お金に関することを中心に、税金の話やクラウド会計の話などをサイト内で展開しています。
税金のプロが語る豆知識やアドバイスは、興味深く読めることでしょう。

そんなサイトの中から今回注目したのは、《【ふるさと納税】は節税になるのか?その仕組みとメリット。》という記事。
「ふるさと納税は節税になるのか?」という点に言及し、さらにふるさと納税で税金が減る仕組みや制度のメリット、注意点についても触れています。

この記事で佐藤さんは、「節税になるのか?」という疑問に対して「ちゃんとした節税になるものではない」と回答。
なぜなら、ふるさと納税を行うと、所得税と住民税は控除されますが、実はその分のお金を支払っているからです。
したがって、節税ではなく、自己負担分の2,000円で自治体の特産品を貰える(買える)という点が主なメリットになるのだとか。

また、税金が減る仕組みの解説では、ふるさと納税で確定申告をする場合と確定申告が不要なワンストップ特例制度を利用する場合の詳細も書かれています。
ふるさと納税をするかどうかで迷っている方は、ぜひ熟読してみてはいかがでしょう。

【参照元】https://sato-takashi-sh.com/2018/01/22/hurusatonozei-shikumi/

 

フリーランスの税務について相談する

3. 【フリーランス】ふるさと納税の上限額はいくら? (個人事業主)

『kawadeblog』の運営者さんは、福岡でシステムエンジニアとして活躍しているフリーランス。
主に、PHPやC#を活用したサーバーサイド開発を手掛けており、ブログ内に各言語やソフトウェアの知識をはじめ、ふるさと納税や確定申告に関する記事を綴っています。

今回選んだこちらの《【フリーランス】ふるさと納税の上限額はいくら? (個人事業主)》という記事も、その中の一つ。

フリーランスは、正確な所得税や住民税、事業税、国民健康保険料などは、確定申告するまでわかりません。
しかしそれでは、ふるさと納税の限度額も試算できなくなってしまうので、筆者は総務省のHPを基に計算方法をまとめてくれています。

まず、ふるさと納税における控除額の計算は、納税する年の所得から計算しないければならないとのこと。
しかし、収入が不安定な傾向にあるフリーランスの場合は、限度額の算出が容易ではないと言います。
そのため、確実に「この金額になる」という金額で計算した方が安心なのだとか。

また、筆者は記事の中で控除額の計算式と限度額の計算式をそれぞれ詳しく紹介してくれています。
さらに、計算する際の注意点についても触れているので、ふるさと納税を行う際には、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【参照元】https://kawadev.net/furusato-tax-max/

 

フリーランスの税務について相談する

4. ふるさと納税の返礼品は一時所得に該当。

自己負担金2,000円で、寄付先の自治体から返礼品が貰えるふるさと納税は、所得税の還付や住民税の控除も受けられるので、お得感を感じられる制度です。
しかし、税理士事務所職員で税金コンテンツの『サブタックス』を運営しているhideさんによると、自治体から貰う返礼品は一時所得に該当してしまうとのこと。
そのため、総務省が掲げている「返礼割合は寄付金の3割」を基に返礼品の金額を割り出し、一時所得が特別控除額の50万円以内に収まっているかどうかを調べる必要があるそうです。

ただし、一時所得がふるさと納税の返礼品のみの場合は、166万円もの高額寄付をしない限り50万円を超えることは稀ですが、気をつけなければならないのは、生命保険の満期保険金や借家の立退料、懸賞の賞金品なども受け取ったとき。
これらを合算して50万円を超えた場合は、申告が必要になるからです。
詳細については、コンテンツ内の《ふるさと納税の返礼品は一時所得に該当。返礼品の金額は3割を目安》という記事で紹介されているので、気になる方は一度目を通してみてくださいね。

申告漏れでペナルティを受けると、ふるさと納税の魅力も感じられなくなってしまうので、予備知識として一時所得についても学んでおくと安心ですよ。

【参照元】https://sub-tax.com/in-return-goods-3/

 

フリーランスの税務について相談する

5. 規制法が成立。6月1日以降のふるさと納税はどうかわるか。

神奈川県川崎市に事務所を構える『濱村純也税理士事務所』のサイト内にも、ふるさと納税に関する記事がありました。
こちらの《ふるさと納税の規制法が成立。6月1日以降のふるさと納税はどうかわるか。》という記事です。

ふるさと納税は、過度な返礼品競争を防ぐため、改正地方税法が2019年3月27日に成立しました。
その主な内容は以下の通りです。

・返礼品は調達費が寄附額の30%以下の地場産品に限定
・総務省によってルールを順守すると見込まれた自治体のみを5月に指定
・2018年11月以降の返礼品の送付状況を指定基準として考慮する
・指定されなかった自治体への寄附は、6月1日以降は制度に基づく税制優遇を受けられない

上記の記事では、濱村さんがこの改正内容を見て感じたことや、今後のふるさと納税の課題について言及しています。

6月からはふるさと納税の醍醐味だった返礼品の内容も一変することが予想されるので、改正内容をしっかり調べて、納得したうえでふるさと納税をやるべきか否かを検討するようにしましょう。

【参照元】https://www.hamamura-tax.com/archives/2425

 

フリーランスの税務について相談する

6. ふるさと納税の規制が2019年6月1日から強化される件

観劇やスポーツ観戦が趣味だというくるみっこさんが運営しているブログ『くるみっこ』には、チケットの取り方や観劇・観戦ガイドをはじめ、コラムやふるさと納税に関する記事が数多くエントリーしています。
今回はその中から、2019年6月1日以降のふるさと納税について語られた記事、《ふるさと納税の規制が2019年6月1日から強化されるっぽい件》を取り上げてみましょう!

ふるさと納税は、寄付した金額から2,000円を引いた額が納める税金から減額されるシステムになっていますが、それと併せて寄付金額の30%相当の返礼品が貰える点が好評です。
しかし、全国の自治体間では返礼品競争がエスカレートし、総務省の指導を無視して40%~50%もの金額に相当する返礼品を贈る自治体も出てきたとのこと。
そのため、制度の趣旨をゆがめないようにと改正地方税法が可決され、今後は総務省の指定から外れた自治体に寄付した場合、税金の還付や控除は受けられなくなってしまいます。
したがって、くるみっこさんは規制直前の5月はふるさと納税の駆け込み需要が増し、返礼品のお得感も今まで以上に高まるだろうと記事の中で推測。
また、2019年のふるさと納税のキーワードは「総務省の指定」になると述べています。

今回の改正地方税法では、5月の時点で総務省がふるさと納税の対象自治体を指定するため、そこから外れた自治体が今後どうなるのか、納税者の注目が集まりそうですね。

【参照元】https://kurumicat.com/furusato-2019kisei


レバテックフリーランスはIT・Web系フリーランスエンジニア専門エージェントです。ご自身にマッチする案件をご提案するだけでなく、「自分のスキルで通用するか?」「将来性にフリーランス転向を考えているので話を聞きたい」といったご相談も承っています。

もしフリーランスに興味をお持ちで、個人事業主のなり方や段取り、具体的な手続きを知りたいという方は下記の記事も併せてご覧ください。「そもそも個人事業主とは?」「会社員と比べた場合、個人事業主のメリット・デメリットって?」といった疑問にもお答えしています。

関連記事 : 個人事業主になるには?必要な知識と手続き

フリーランスの税務について相談する

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスの税務について相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?