期間限定アマゾンギフト券プレゼントキャンペーン

期間限定アマゾンギフト券プレゼントキャンペーン

キャンペーンの利用規約(注意事項)

レバテック株式会社(以下、「当社」といいます。)が実施する「Amazonギフト券プレゼントキャンペーン」(以下、「本キャンペーン」といいます。)に参加し、会員登録される方(以下、「登録者」といいます。)は、以下をよくお読みいただきご登録ください。ご登録を以って、本規約に同意されたものとみなします。
本キャンペーンは、以下の条件を満たす方全員にアマゾンギフト券5,000円分をプレゼントするものです。

条件について
以下のすべての条件を満たされた方が対象となります
2019年9月17日(火)~9月30日(月)の期間中にレバテックフリーランス(https://freelance.levtech.jp/)またはレバテッククリエイター(https://creator.levtech.jp/)に会員登録された方
2019年11月29日(金)までにカウンセリングを終えられた方
※過去にレバテックフリーランスのカウンセリングを受けられた方は対象外です。
※ご友人紹介(https://freelance.levtech.jp/friend/)で登録された方は対象外です。
※当社が保有する案件状況等により、カウンセリングをご案内できない場合もございます。予めご了承ください。
賞品の発送について
本キャンペーン条件に該当する方には、2019年11月4日(月)~2019年11月8日(金)注1または2019年12月2日(月)~2019年12月6日(金)注2の期間中にアマゾンギフト券5,000円分利用コードをメールでお送りいたします。
注1) 9/17(火)~10/31(木)にカウンセリングを受けられた方が対象
注2) 11/1(金)~11/29(金)にカウンセリングを受けられた方が対象
注意事項
お一人様、1回までの登録が可能です。
本キャンペーンの参加において、登録者が真実かつ正確なデータを入力していないこと、または登録者から提供された情報が不十分であったことによって賞品が届かない場合、あるいは登録者の転居や長期の不在などの事由によって当社所定の期間内に登録者が賞品を受領できない場合は、キャンペーン該当者の権利が失効・削除されることがあります。
キャンペーン該当者の権利を第三者に譲渡等はできません。
本キャンペーンの賞品の返品・交換は致しかねます。
当社は登録者の個人情報(本キャンペーンの登録時に登録者が提供した情報)を、当社の「個人情報の取り扱いについて(https://freelance.levtech.jp/privacy/)」に従い適切に取扱うものと致します。
当社は、本キャンペーンにおけるサービスの一部または全てを事前に通知することなく変更・中止・終了することができるものとします。なお、変更・中断あるいは中止または終了により生じた損害については、当社は一切責任を負いません。
細心の注意を払って情報を掲載していますが、当社は、提供する情報、プログラム、各種サービス、その他本キャンペーンに関するすべての事項について、その完全性、正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証も行うものではありません。また、登録者または第三者が被った以下の事例により発生した損害については、当社は責任を負いません。
登録者間または登録者と第三者の間におけるトラブル等が生じた場合。
第三者による本キャンペーンのサービスの妨害、情報改変などによりサービスが中断もしくは遅延し、何らかの欠陥が生じた場合。
故意または重過失なくして、当社が提供する本キャンペーンの情報が誤送信されるか、もしくは欠陥があった場合。
レバレジーズグループ社員・関係者からのご登録は無効とさせていただきます。
本規約は日本法を準拠法とし、これに従い解釈されるものとします。また、本キャンペーンに関連して生じた紛争は、東京簡易裁判所または東京地方裁判所の専属的合意管轄に属するものとします。

収入アップ、スキル向上を目指すならフリーランス?
フリーランスと会社員 メリット・デメリット比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

正社員は毎月一定の収入を得られますが、業務内容や作業場所・時間についてはフリーランスの方が自由度が高くなります。そのほか、フリーランスはスキル・経験次第で収入アップやスキル向上を図れるのも特徴です。

フリーランスの働き方は在宅型と常駐型の2つに分けられ、在宅型は業務を行う場所・時間に制約がない、常駐型は収入が安定しやすいというメリットがあります。

ここでは正社員と派遣社員、フリーランスの働き方について、それぞれ特徴を詳しく見ていきましょう。

フリーランスの働き方について話を聞く

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. 正社員・派遣社員・フリーランスの働き方を比較
2. 在宅型と常駐型の比較

1. 正社員・派遣社員・フリーランスの働き方を比較

天秤のイラストの中心で考え込む男性の画像

一般的に正社員とは、勤務先の会社と労働契約を結び、フルタイムで働く人のことを指します。雇用期間に定めがないことも、正社員の一つの特徴です。

一方派遣社員は、派遣会社(人材派遣を行う会社)に仕事を紹介してもらい、派遣先の企業で働く人を指します。派遣社員は派遣元の会社と労働契約を結び、給与の支払いや福利厚生も派遣元の企業から受けるのが特徴です。

そのほか勤怠の報告や勤務についての相談は、実際に働いている派遣先企業ではなく派遣元の会社に行うというのも派遣社員の特徴。労働契約は派遣元の会社と結ぶため、勤務している会社が雇用主ではないという点でも正社員と大きく異なります。

フリーランスは、特定の企業や団体に所属せず、案件ごとに契約を結ぶ働き方を指します。フリーランスが案件を受注する際は、基本的に「業務委託契約」を結びます。

正社員・派遣社員・フリーランスのメリットとデメリット

正社員、派遣社員、フリーランスの違いをもう少し詳しく知るために、それぞれの働き方の特徴を下記の表で確認しましょう。

厚生年金と国民年金の給付内容 比較
  正社員 派遣社員 フリーランス
収入 原則として一定の収入を得られる 時給制の場合、勤務時間に応じて収入が増減する 案件や契約内容によって増減する
業務 希望通りの仕事ができるとは限らない 派遣元の会社と相談して業務を決められる 望まない案件は拒否できる
働き方 基本的に勤務地や労働時間は決まっている 勤務地、労働時間について派遣元の会社に相談できる 作業場所・時間を自由に決められる※
社会保険 厚生年金、健康保険 厚生年金、健康保険※ 国民年金、国民健康保険

※常駐型フリーランスの場合、作業場所・時間を自由に決めることが難しい場合もあります。

※下記の条件を満たした場合、厚生年金と健康保険に加入します。

(1)1週間あたりの決まった労働時間が20時間以上であること
(2)1ヶ月あたりの決まった賃金が88,000円以上であること
(3)雇用期間の見込みが1年以上であること
(4)学生でないこと
(5)以下のいずれかに該当すること
①従業員数が501人以上の会社(特定適用事業所)で働いている
②従業員数が500人以下の会社で働いていて、社会保険に加入することについて労使で合意がなされている
引用元:厚生労働省のWebサイト「平成28年10月から厚生年金保険・健康保険の加入対象が広がっています!(社会保険の適用拡大)」

正社員のメリット・デメリット

正社員は、原則として毎月一定の収入を得られるのがメリット。会社によっては、基本給に加えて住宅手当や家族手当などが支給される場合もあります。

収入が安定している一方で、勤務地や業務内容に関してはある程度制約も。転勤や異動の可能性があることも念頭に置かなければなりません。

派遣社員のメリット・デメリット

派遣社員は、勤務地や勤務時間、職種などを派遣元の会社と相談した上で仕事を選べます。正社員に比べると働き方の自由度が高く、プライベートの時間を大切にしたい方や興味のある仕事が自分に合っているか確かめたい方にメリットとなる働き方です。

柔軟な働き方ができる一方で、時給制の場合は勤務日数・時間に応じて収入が増減する、正社員に比べると昇給のチャンスが少ないといったデメリットもあります。

フリーランスのメリット・デメリット

フリーランスは、正社員や派遣社員に比べて作業場所・時間の自由度が高いのが特徴です。

ただし在宅ワークの場合、業務についての相談相手が身近にいなかったり、営業活動の進捗状況や体調次第で収入が増減したりするというデメリットがあります。

後述する常駐型フリーランスの場合、場所や時間に制約が生じることもありますが、受注する案件はスキル・経験に応じて選べるので、自分のペースに合わせて実績を積んだりスキルアップを図ったりできます。

フリーランスの働き方について話を聞く

2. 在宅型と常駐型の比較

パソコンやタブレットを開きながらミーティングをしている人たちの画像

フリーランスの働き方は在宅型と常駐型の2つに大別でき、フリーランス専門のエージェント「レバテックフリーランス」では、常駐型の案件をご提案しています。

「フリーランスは在宅で作業するイメージが強い」という人もいるかもしれませんが、特にフリーランスのエンジニアを検討している方は、常駐ならではのメリットも知っておくことをおすすめします。

在宅型フリーランスの特徴

・作業場所、時間を自分で決められる
・働き方に融通が利く分、プライベートとの区別に注意が必要
・常駐型に比べると単発の案件が多い

在宅型の場合、納品をもって契約が終わる単発案件が多い傾向にあるので、安定的に収入を得るためには業務の知識・経験だけでなく営業スキルも必要です。

案件を獲得する方法には、クラウドソーシングを活用する、知り合いに紹介してもらうなどがあります。

常駐型フリーランスの特徴

・契約先の会社に常駐して作業を行う
・在宅型に比べると収入が安定しやすい
・チームで作業を進めることが多く、モチベーションを維持しやすい

常駐型フリーランスの場合、報酬や支払い時期、契約期間などについて常駐先の企業と契約を結び、一定期間ごとに契約を更新するケースが多い傾向に。報酬は契約時に決めた期間ごとに支払われるので、在宅型フリーランスで単発の案件を受注する場合よりも安定して収入を得られると考えられます。

セキュリティ管理やプロジェクトの進行にあたって常駐型を希望する企業は多いことから、エンジニアの案件を探すなら在宅よりも常駐型の方が選択肢が増えるでしょう。

そのほか、チームで作業を行えば周りから刺激を受けてモチベーションアップにつながったり、参画先によっては勉強会に参加してスキルアップを図ったりできるというメリットもあります。

「実際に参画しないと会社の雰囲気がわからないし、在宅型に比べるとハードルが高い」という方は、エージェントを活用すれば業務内容や収入、スキルアップに関する不安を相談した上で希望に合う案件に参画できます。

個人では獲得するのが難しい大手企業の案件も、エージェントを介することで受注できる可能性が高まるので、経験の幅を広げたい方にもメリットとなるでしょう。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?