事業用の口座・カードを作るメリットと作成手順について
フリーランスが事業用の口座とクレジットカードを作るには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスになったら、プライベートのものとは別に事業専用の銀行口座を開設しましょう。事業の財政状況を把握するのに役立ちますし、会計管理も円滑になるからです。銀行口座とともに専用クレジットカードも作っておくと、事業のために使ったお金の把握と管理がよりスムーズになります。

本記事では、事業用の銀行口座およびクレジットカードを作るメリットに加え、それらを開設・作成する方法についても紹介します。

◆この記事の監修
あおば会計事務所 共同代表
税理士 小池 康晴氏
IT関連の企業やフリーランス(個人事業主)の顧客を多く持ち、それぞれのニーズを重視した税務アドバイスとコンサルティングを行う。IT業界の税務や新しいサービスの動向などにも精通している。
あおば会計事務所

フリーランスの働き方について話を聞く

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. 事業用口座
2. 事業用クレジットカード
3. 事業用口座とカードの開設・作成手順

1. 事業用口座

グラフの画像にペンで線を記入している人の手元の画像

銀行口座を事業用と私用に分けることには、フリーランスにとってどのようなメリットがあるのでしょうか。この項目では、口座分別と屋号つき口座の利点を説明します。

事業用口座を作るメリット

事業用口座を開設すると、次のようなメリットがあります。

会計管理が円滑になる

フリーランスになると、納めるべき税金額を自ら申告する「確定申告」という手続きが発生します。確定申告には簡易な方法である「白色申告」と、複雑な会計処理が必要な「青色申告」があります。

どちらを選択するにしても、事業で必要になった費用を明確にして記載することが大切です。事業とプライベートで銀行口座を分けていた方がそれらを区別しやすく、混同が少なくなるでしょう。

財政状況の把握に役立つ

上記とも関連することですが、銀行口座が単一だと、1つ1つの収支が事業用なのか私用なのかの区別がつきにくくなります。結果として、事業面での財政状況が把握しづらくなったり、今後の売上目標が立てにくくなったりすることもあるでしょう。

事業用口座を作っておけば、事業面に特化した財政状況の把握が容易になります。また税理士への相談時も、事業専用の通帳を提示する方が、相手にとって金銭の出入りが理解しやすくなると考えられます。

税務調査に対応しやすくなる

あなたが税務調査の対象になった場合、収支の証拠となる書類がチェックされます。もし通帳に私用の収支が混ざっていれば、それを事業用に含めているのではないかという疑いが持たれてしまう可能性も。税務調査を円滑に終わらせるために、また不適切な会計を疑われないようにするためには、銀行口座を事業用と私用に分けておくのが賢明です。

屋号名で開設するとなお良い

事業用口座を作るのなら、屋号名での開設が望ましいといえます。屋号名での口座開設には審査を通過する必要があるため、その口座に対する客観的な信頼度が高まるからです。屋号名の口座を持っていることで、事業に真剣に取り組んでいるという印象を取引相手に与えることもできます。

フリーランスの働き方について話を聞く

2. 事業用クレジットカード

パソコンを操作している女性の画像

事業用口座とともに用意しておきたいのが、クレジットカード。ここでは、クレジットカードを作るメリットについて見ていきましょう。

事業用クレジットカードを作るメリット

フリーランスの方は、事業用クレジットカードを持っておくと便利です。

銀行口座の項目で述べたことと同様ですが、事業用と私用をひとまとめにしていると、事業で使ったお金「経費」の把握が難しくなります。クレジットカードを分別することは、経費の把握・管理作業の簡素化につながるでしょう。

また、事業用と私用が混在していることにより、経費を私的流用しているのではないかと疑われてしまうケースも。この点を考慮しても、事業用と私用でクレジットカードを分けるメリットは大きいといえそうです。

3. 事業用口座とカードの開設・作成手順

オフィスで書類に何かを記入している男性の手元の画像

ここまで、事業用口座およびクレジットカードを持つメリットについて主に解説してきました。最後に、それら開設・作成する方法を確認しておきましょう。

口座の開設方法

屋号つき口座を開設するには、事業が行われていることを証明できる書類を用意する必要があります。例としては、本人確認書類や開業届、名刺、屋号確認が可能なもの(Webサイトのページを印刷した紙、確定申告書の控え、納税証明書など)といった書類です。

次に開設先についてですが、金融機関によっては上記に加えて事業所の賃貸契約書が求められる場合があります。あらかじめ希望する開設先が指定する提示物を確認の上、手続きに赴くようにしましょう。また、個人または法人の開設しか受け付けていない金融機関もあるので要注意です。

金融機関の種類と特徴

金融機関ごとの種類と特徴を、以下にまとめました。フリーランス転向後、事業用口座を作る際の参考にしてみてください。

メガバンク

メガバンクは利用者が多く、全国各地に支店やATMがあります。知名度が高く、取引先からの信頼を得やすい点がメリットです。相手も同様の銀行口座を開設していれば、振込手数料の負担が少なくなる利点も。ただし、審査通過基準は高めに設定されているようです。

信用金庫

信用金庫は、中小企業または個人事業主を対象としています。フリーランスにとっては、口座開設が比較的容易である点がメリットとなるでしょう。長期に渡って取引を続けていれば信頼度が高まり、融資希望時にも対応してもらいやすくなるといわれています。

なお利用に際しては、基本的に信用金庫の営業地域に居住しているか、その地で働いている必要があります。

ネットバンク

オンラインなので自宅からでもお金の管理がしやすく、手数料無料の銀行も多いのがネットバンクの魅力です。口座開設に要する書類も、メガバンクと比べて少ない傾向にあります。
ただし、所得税の還付金(確定申告の結果、多く支払った分のお金が戻ってくること)を受け取る場合、一部のネットバンクの口座は振込先として利用できないため、その点は覚えておきましょう。

クレジットカードの発行方法

クレジットカードの発行元には、銀行系や信販系、流通系といった種類があります。銀行系・信販系は審査の通過難易度が高いのが特徴。流通系はハードルがやや低く、その分利用者が多くいるようです。まずはこうした各系統の特色を踏まえて、発行元を選択することから始めましょう。

申し込みの際、フリーランスの場合は「勤務先」に相当するのが自宅であることも多いのでその通りに申請するようにします。事業用の事務所で申請した方が信頼されるのではないかと思う方もいるかもしれませんが、フリーランスが自宅で作業を行うのは一般的なこと。勤務先=自宅として申請しても構わないといえます。
 

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。


※本記事は令和元年5月時点の情報を基に執筆しております。

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?