営業、収入、キャリア…フリーランスならではの悩みは解決できる?
フリーランスエンジニアがエージェントを利用するメリット3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスエンジニアがエージェントを利用するメリットとして、下記の3つが挙げられます。

・営業の手間を省ける
・収入の不安を軽減できる
・キャリアについて相談できる

エージェントについて調べる際は、案件数や実績のほか、そのサービスならではの強みやインタビューなどもチェックしてみると良いでしょう。

フリーランスの働き方について話を聞く

0. 目次

1. フリーランスエンジニアがエージェントを利用するメリット
2. エージェントを利用する際の注意点
3. エージェントの選び方

1. フリーランスエンジニアがエージェントを利用するメリット

デスクを挟んで、握手を交わす男女の画像

エージェントを活用するメリットとして、下記の3つが挙げられます。

営業の手間を省ける

フリーランスとして継続的に案件を受注するためには、スキルや経験だけでなく、営業力も必須となります。実績があったとしても、クライアントにうまくアピールできないと希望通りの案件を受注することは難しいかもしれません。

一方で、エージェントに登録すると営業活動や契約更新業務を代行してもらえます。提案・交渉力に不安がある人は、活用を検討すると良いでしょう。

そのほか、エージェントを活用することで、個人では獲得するのが難しい大手企業のプロジェクトに参画できる可能性も。案件の選択肢を増やせることも、エージェントを利用するメリットの一つといえるでしょう。

収入の不安を軽減できる

正社員の場合は基本的に毎月一定の給料をもらえますが、フリーランスになると受注する案件数や単価によって収入が増減します。フリーランスに経済面の不安はつきものですが、エージェントを利用することで継続的に案件を受注でき、収入も安定しやすくなるでしょう。

なお、エージェントや知り合いのつてを介さずに案件を受注する場合、フリーランスになって間もない頃は、一からクライアントとの関係を築かなければなりません。「この案件を断ると次がないかも…」という不安から、自分のスキルやスケジュールに合わない案件を受注してしまうケースもあるようです。

先述のとおり、エージェントを活用すれば営業活動や契約更新を自分でやらずに済みます。「次の案件、どうしよう」「ブランクができないか心配…」といった不安を解消し、業務に専念できるでしょう。

キャリアについて相談できる

フリーランスとして活動する場合、業務・キャリアパスについての相談相手がおらず、困ってしまうことがあるかもしれません。

「チャレンジしたい分野があるけれど、自分の経験だと現実的ではないかも」「今のスキルでどんな案件に参画できるのかわからない」といった悩みがあるとき、エージェントに相談すれば客観的な視点からアドバイスをもらえます。

「自分の市場価値を知りたい」「今後のキャリアプランを相談したい」という方は、エージェントを利用することで状況を改善したり悩みを解決したりできるかもしれません。

フリーランスの働き方について話を聞く

2. エージェントを利用する際の注意点

デスクでパソコンを使用して仕事をするビジネスマンの画像

エージェントを活用する際は、下記の2点を念頭に置きましょう。

常駐型案件が基本

セキュリティ対策などの事情から、企業側は在宅型よりも常駐型を求める傾向があります。エージェントのフリーランス案件は常駐型が基本と考え、業務内容だけでなく参画先企業の所在地もしっかり確認しましょう。

なお、常駐型案件に参画することで、プロジェクトのメンバーから刺激を受けたり、技術に関する最新情報を得られたりすると考えられます。在宅型は、自由度が高い分プライベートとの区別に十分注意しなければなりませんが、常駐型フリーランスとして活動することで、モチベーションを維持しやすくなるでしょう。

実務経験が求められる

フリーランス案件では、基本的には実務経験が求められます。フリーランスエンジニアには、即戦力となることが期待されているからです。

そのほか、企業側は単に「○○のプロジェクトに携わった」という経験だけではなく、主体的に取り組んできたかもチェックしている点に注意。自分の役割を意識して業務に携わったことや、技術を高めるために努力してきたことを言語化できるようにしておきましょう。

3. エージェントの選び方

重なった茶封筒の中から一枚を取ろうとしている手の画像

フリーランスエンジニアの方がエージェントを選ぶ際は、下記に着目すると良いでしょう。

案件数

案件数が多ければ、選択の幅が広がると考えられます。エージェントについて調べる際は、保有案件数のほか、自分のスキルや希望に合う案件がありそうかもしっかりチェックしましょう。

なお、エージェントに登録すると「非公開案件」を見ることができます。非公開案件とは、サービスの登録者だけが見られる案件情報のこと。まずは登録してみることで、Webサイトに掲載されている案件以外にも自分にマッチするものを見つけられるかもしれません。

実績

案件提案サービスを始めて間もないエージェントと、長年にわたり運営を行っている企業とでは、案件数やサービスの質に違いが出るでしょう。

より自分に合うエージェントを選択するためにも、取引実績やそのエージェントならではの強み、ユーザーのインタビューなどをチェックしてみてください。

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?