あなたの健康的な身体づくりをお手伝い!
ヘルスケアガジェットを活用せよ!健康でありたいあなたに読んでほしいレビューまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスの方の中には、長時間のデスクワークで何かしら身体に異変を感じているという方もいるのではないでしょうか。そこで、ここでは健康管理や維持、回復に役立つヘルスケアガジェットのレビュー記事を集めてみました。特に、最近悩んでいるという方はアイテム選びの参考にしてみてくださいね。

※尚、こちらの記事はPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事になります。

 

(1)Withing Sleepは睡眠の分析から寝室の環境作りもする

IoTに関する情報を中心に扱っているブログメディア『BENRI LIFE』の運営者Kouさんは、無類のガジェット好き。
もちろんヘルスケアガジェットも愛用しているそうで、こちらの記事《【レビュー】Withing Sleepは睡眠の分析から寝室の環境作りもする優れモノ》には、睡眠に特化したアクティビティトラッカーを一週間使ってみた感想とレポートが綴られています。

Kouさんがこの記事で紹介しているのは、寝ている人の振動やいびきを感知して睡眠サイクルを分析し、スマホアプリにその結果を自動集計してくれる"Withing Sleep"。
専用アプリをスマホにダウンロードした後、本体とスマホをBluetoothペアリングしたら、寝具のマットレスにセンサー内蔵パッドを敷くだけで睡眠計測ができるというスグレモノで、Kouさんはその使い勝手の良さを高く評価しています。
また、測定スコアの精度が気になるところですが、スマートウォッチと併用してみても、まったく遜色なかったとのこと。

しかも、"Withing Sleep"はIFTTTに対応している製品との連携が可能なので、寝たり起きたりといった動作を起点に、寝室の家電を自動で操作することもできるそうです。
Kouさんも実際に照明やスマートリモコン、アロマディフューザーなどを用いて寝室の環境作りを自動化することに挑戦し、そのことについても記事の後半で言及しています。
多くの可能性を秘めた"Withing Sleep"に興味のある方はぜひ、本文を熟読して、その魅力に触れてみてくださいね。

【参照元】https://www.benrilife.com/entry/nokiasleep-review

 

(2)【Fitbit Charge3】健康意識が高まりました!

ヘルスケアガジェットといえば、スマートウォッチを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
スマートウォッチはコンパクトでオシャレなデザインのものが多く、スマホアプリと連動させるとデータ管理も簡単に行えるため、近年ビジネスマンを中心に支持されています。

ブログ『3まるラウンジ』を通して、自分らしい生き方をするための考え方やアイテムを発信している3まるさんも、スマートウォッチを愛用している一人。
3まるさんは以前"エプソン PULSENSE"を愛用していたそうですが、充電がスムーズにできなくなったため、バッテリーが長持ちして防水に優れた"Fitbit Charge3"に買い替えることにしました。
そして、その使用感を《【Fitbit Charge3レビュー】これ1台で健康意識が高まりました!》という記事にまとめられています。

3まるさんによると、"Fitbit Charge3"は、液晶部分が4cmほどしかないため、小ぶりで違和感のないつけ心地なのだとか。
また、心拍数や歩数をはじめ、消費カロリーや睡眠、アクティビティなど、多岐にわたる項目の計測と記録が可能なので、自身の体調を把握し、管理するのに役立っているそうですよ。

デスクワーク三昧で健康が気になる方は、ぜひ3まるさんの記事を読んで"Fitbit Charge3"の詳細をリサーチしてみてはいかがでしょう。
体の状態を可視化できれば、健康管理への意識が高まり、病気の予防にもつながるかもしれませんよ。

【参照元】https://sunmaru.net/fitbitcharge3/

 

(3)GARMIN vivoactive 3を半年使ってみた感想

『水戸スヤのSE備忘録』は、現在vbとc#中心の開発に携わるエンジニアとして活躍中の、水戸スヤさんが運営するブログ。
ブログでは、水戸スヤさんならではの視点で書かれたプログラミングに関するものをはじめ、ガジェットや暮らしなどについて幅広く触れられています。
その中から、今回のテーマに沿った内容として注目したのが、《【ガジェット】GARMIN vivoactive 3を半年使ってみた感想》という記事です。

水戸スヤさんはスマートウォッチを選ぶ際、"Apple Watch Series3"と"GARMIN vivoactive 3"とで、とても悩んだといいます。
しかし、"Apple Watch Series3"は画面が常時表示されなかったり、バッテリーの持ちが悪かったりといったマイナス点があることから、それらをカバーしている"GARMIN vivoactive 3"に軍配が上がりました。
"GARMIN vivoactive 3"は、いい意味で主張しすぎないデザイン性、週2回30分のランニングをしても長持ちするバッテリー、GPSの良好な精度、スマホ連携の便利さが、いいポイントとして挙げられています。

ランニングが主な用途だと話す水戸スヤさんにとって、特にバッテリーの持ちやGPSの精度がいい点は魅力的に感じられたようです。
また、専用のアプリを使用することによって、自身の走ったコースはもちろん、タイムラップや心拍数、消費カロリーなど、ランニング中に記録されたデータを見ることがてきるのだとか。
水戸スヤさんはこれらに対して、「やる気を掻き立ててくれるうれしい情報」と大絶賛しています。

このように、さまざまな情報を目で確認できれば、途中で挫けることなく、楽しさを感じながら長く続けられそうですね。
健康を意識してランニングする際には、水戸スヤさんのように"GARMIN vivoactive 3"を検討してみてはいかがでしょう。

【参照元】https://mitosuya.net/review-vivoactive3

 

(4)睡眠の質を改善するウェアラブル型デバイスPEGASI

ガジェット情報やアプリの紹介記事が充実しているブログ『GAJEBU JAPAN』の中にも、ヘルスケアに特化したガジェットのレビューがありました!
こちらの《睡眠の質を改善して健康な毎日を過ごす、ウェアラブル型デバイスPEGASIで安眠はおとずれるのか?【導入編】》という記事です。

この記事で取り上げられている"PEGASI"とは、LEDライトで睡眠の質をあげるメガネ型のデバイスで、Micoro USBで充電してから使用します。
また、専用アプリと本体とをペアリングすると、シャットダウンの時間をカスタマイズできたり、睡眠時間や眠りの深さを記録したりすることも可能なのだとか。
筆者はこのガジェットを1日30分使用したところ、目がスーッと楽になり、いつもより数時間早く眠りにつくことができたそうなので、安眠効果を得られるガジェットを探している方は、ぜひ注目してみてくださいね。

入眠のタイミングをコントロールできたり、自己の眠りの質を知ることができるガジェットがあれば、睡眠不足の解消にも役立つのではないでしょうか。

【参照元】https://gajepan.com/entry/pegasi_sleep_app_introduction

 

(5)新型OURA Ring(オーラリング)を3ヶ月間 使ってみた

『男子校出身営業マンの知恵』というブログの中に、睡眠サポートデバイスとして、眠りの質向上を促進する機能を持つ"OURA Ring"というヘルスケアガジェットが取り上げられていたのでご紹介します。

それがこちらの《【レビュー】新型OURA Ring(オーラリング)を3ヶ月間 使ってみた感想》という記事です。
リング型で指輪のように装着するスタイルの"OURA Ring"は、見るからにオシャレに活用できそうなアイテム。
筆者のRYUさんは、筋トレや入浴、朝の身支度以外はほぼ付けているといいます。とはいえ、通常の指輪よりも厚みがあるため、慣れるのに多少時間はかかったそうですよ。

リングの内側にはセンサーがついていて、こちらでデータを集計。
アプリでは、以下4つの画面で、自身の睡眠状態などを確認できます。
・Home
・Readiness
・Sleep
・Activity
まず、Home画面ではReadiness、Sleep、Activityの概要が書かれてあり、各項目をタップすると詳細が表示されるのだとか。
たとえば、Readiness画面では睡眠中の心拍数や心拍変動、日中との体温の差などのデータを見ることができます。
心拍変動は、ストレス度合を高い精度で知ることが可能とのこと。身体だけでなく、メンタル部分のケアも意識して過ごせそうですね!

Sleepは睡眠時間や睡眠効率、Activityはアクティブカロリーや歩数を教えてくれます。
"OURA Ring"を活用してみて、RYUさんは就寝時間を気にするようになりました。
そして、毎朝のコンディションがスコアとして数値化されているので「もっといいスコアを出すぞ」と、ゲーム感覚で楽しめると語っています。

睡眠に関して悩みのあるフリーランスの方は、ぜひRYUさんのレビュー記事をチェックしてみてくださいね!

【参照元】https://kaikaiblog.com/review-oura-ring/

 

(6)最強の体調管理ガジェットOura Ring(オーラリング)

『ひとらぼ』は、ソティさんが運営するブログ。
ブログには、食事や健康、睡眠といった健康志向の方が気になるカテゴリーが設けられており、生活習慣の改善を見直すきっかけとなりそうな情報が発信されています。

その中から、今回注目したのが、《最強の体調管理ガジェットOura Ring(オーラリング)って?買い方と使い方まとめ》という記事。
ここには、自身の体調をデータ化し、客観的に見て管理できるガジェット"Oura Ring"を実際に使用したレビューが綴られています。

この"Oura Ring"は指にはめておくだけで、睡眠の質や活動量など、なかなか自分では把握しにくい行動も全て数値化してくれるというのが最大の魅力なのだとか。
客観的な指標があることで、ピンポイントでより効率的に改善を図ることができるといいます。

さて、そんなソティさんが"Oura Ring"を装着して出した初日のスコアは驚くべきものだったようですよ。
どんな部分を知ることができるのか、またどの部分を改善するといいのかなど、結果が数値と共に掲載されているので、気になる方は記事の後半部分もお見逃しのないように!

記事の中でソティさんは、"Oura Ring"は睡眠ガジェットとしてかなり優秀で、信頼に値すると語っています。
睡眠も運動も、不規則になりがちなフリーランスにとって、注目すべきガジェットなのかもしれませんね。

【参照元】https://hitorism.com/oura-ring

 

(7)タニタの体組成計 RD-909 をお迎えしました

自分の体の状態を知る際、便利なのがスマホとの連携が可能な体重計。
気軽にスマホで体重チェックができれば、運動をする時のモチベーションにも繋がりますよね。

そんな中、今回注目したのが、体重だけでなく体の体組成も分析してくれる体組成計。
こちらの《凄い!筋肉量や筋肉の質も測定できる。タニタの体組成計 RD-909 をお迎えしました》の記事では、筋肉・骨・脂肪率・体水分率といった項目を測定し、さらにスマホアプリで管理が可能な"タニタの体組成計 RD-909"が紹介されていました!

まず"タニタの体組成計 RD-909"の魅力ポイントとして挙げられているのが、測定データの充実度。
体重と体脂肪率とBMI値をはじめ、筋肉スコアや筋質点数、体内年齢など合わせて10以上の項目が揃っています。
また各項目に「多い」「少ない」など標準値との差を表した印も付いているので、ひと目で自分の体の現状を把握できます。
時系列でグラフ表記もできるため、ダイエット中の指標としても役に立ちそうですよ。
体組成計を使って自己管理したい方は、こちらのレポートを参考にしてみてくださいね。

上記の記事が掲載されている『Stationery Life-万年筆ブログ』は、文房具が好きな管理人さんが、筆記用具や手帳など実際に使ったアイテムをレビューしているブログ。興味がある方は、面白そうな内容をリサーチしてみてはいかがでしょう。

【参照元】https://digital-camera.jp/?p=14164

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?