実績を積むならフリーランス?
フリーランスエンジニアのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

エンジニアの方がフリーランスになると、目的に沿って案件を選べる、会社員に比べて働き方の自由度が高くなる、スキル・実績次第で収入アップを図れるといったメリットがあります。

ただしフリーランスは、会社員に比べると収入が不安定、営業・経理を自分で行う必要がある、モチベーション維持に注意が必要といったデメリットも。収入や営業活動、モチベーションへの不安を解消したい方は、エージェントを活用したり、常駐型の案件に参画したりすると良いでしょう。

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. フリーランスの働き方
2. エンジニアがフリーランスになるメリット
3. エンジニアがフリーランスになるデメリット

1. フリーランスの働き方

フリーランスは案件ごとに契約を結ぶ働き方で、大まかに在宅型と常駐型の2種類に分けられます。

在宅型は、基本的に作業場所・時間に融通が利くのが特徴。働き方の自由度が高い分、納期に注意してスケジュール管理を行う必要があります。

常駐型の場合、参画先に常駐して作業を進めます。在宅型に比べると作業時間や場所に制限が生じるかもしれませんが、その分プライベートとのメリハリをつけて働けるでしょう。

なお、企業側はセキュリティ対策などの事情から、在宅型よりも常駐型を求める傾向があります。「フリーランスは在宅型のイメージだった」という人も、より多くの案件から自分に合うものを見つけるために、常駐型を検討してみてはいかがでしょうか。

2. エンジニアがフリーランスになるメリット

ここでは、会社員と比べた際のフリーランスのメリットをご紹介します。

自由に案件を選べる

会社員の場合、ときには希望と異なる業務に携わることもあるでしょう。しかしフリーランスであれば、基本的に希望に合わせて案件を選ぶことができます。

フリーランスとして目的に沿った案件に参画することで、実績を積む、スキルアップするといったことを実現しやすくなるでしょう。

働き方の自由度が高くなる

在宅型案件では、基本的に働く場所や作業時間を自分で決められます。通勤のストレスを軽減したい方や、プライベートの時間を大切にしたい方にはメリットとなるでしょう。

常駐型案件の場合、在宅型に比べると作業場所・時間の自由度は低くなるかもしれません。ただし案件は自分で選べるため、業務内容のほか参画先企業の所在地、稼働時間などを考慮して選択すると良いでしょう。

スキル・経験次第で収入アップを図れる

会社員の場合、基本的に毎月一定の給与が支給されるのがメリットですが、その分短期間で大幅に収入が上がることは少ないと考えられます。

フリーランスは、受注する案件数や単価によって収入が増減するのが特徴。取り組んだ分だけ報酬を得られる働き方のため、より単価の高い案件を受注したり、一つひとつの業務を効率よく進めたりできれば、収入アップにつながるかもしれません。

3. エンジニアがフリーランスになるデメリット

ここでは、会社員と比べた際のフリーランスのデメリットを見ていきましょう。

収入が不安定

先述のとおり、会社員は基本的に毎月一定の給与を受けとれますが、フリーランスの場合は案件の受注数、単価によって収入が変わります。

そのため、営業活動がうまくいかなかったり体調を崩して作業時間が減ってしまったりした際は、その分収入が減ってしまうでしょう。

なお、収入への不安がある方は、フリーランス専門のエージェントを活用するのも一つの方法です。エージェントは案件の提案や契約更新業務の代行といったサポートを行っており、利用することで安定的に案件を受注できると考えられます。

フリーランスのエージェントが提案する案件は、常駐型が基本です。常駐型案件の場合、報酬は契約時に定めた期間ごとに支払われます。どれくらいの収入を得られるかが事前にわかるため、在宅型案件を受注するときよりもライフプランを考えやすくなるでしょう。

経理業務や営業を自分で行わなければならない

会社員の場合、社会保険料や住民税、所得税は毎月の給与から差し引かれますが、フリーランスになると自分で計算して年度末に確定申告する必要があります。

確定申告についての疑問を解決したいときは、国税庁のWebサイトで調べるほか、税務署に電話で相談するのも一つの方法。確定申告期間中には税務署や指定会場に相談窓口が設けられるので、それらも活用すると良いでしょう。

そのほか営業活動に関して不安がある方は、セミナーに参加して人脈を広げる、SNSで情報発信する、エージェントを活用するといったことを実践してみてください。

自己管理に注意が必要

在宅型案件では業務時間・場所に融通が利きますが、その分プライベートとの区別に注意して作業を進める必要があります。先述のとおり取り組み次第で収入が変動するため、そのことを念頭に置いてモチベーション維持や体調管理に注意しなければなりません。

また、在宅型の場合は「周りに相談できる人がいない…」という悩みが生じることもあるでしょう。業務について情報共有・相談できる仲間がほしいときは、セミナーに参加するのも一つの方法です。セミナー情報を提供しているWebサイトなどをチェックし、自分に合うものを探してみてください。

モチベーション維持への不安を解消するなら、常駐型の案件に参画するのも一つの方法。チームで協力してプロジェクトを進めることで、周りから刺激を受けてモチベーションが高まると考えられます。

なお、キャリアについて相談したい場合は、先述したフリーランス専門のエージェントを活用してみてはいかがでしょうか。「自分の市場価値がわからない」「キャリアの方向性が間違っていないか心配」といった悩みを相談できるほか、希望やスキルに沿った案件を提案してもらえるため、不安要素をなくした上で業務に取り組めるでしょう。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?