独立するなら知っておきたい
雇われない生き方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

雇われない生き方をするなら、フリーランスとして働くのも一つの方法です。

フリーランスは案件ごとに契約を結ぶ働き方で、作業時間・場所に融通が利く、案件を自由に選べる、スキル・経験があれば収入アップを図りやすいというのがメリット。

フリーランスエンジニアとして働く際は、クラウドソーシングや人脈を活用するほか、エージェントを利用することで案件を受注しやすくなるでしょう。

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. 雇われない生き方(フリーランス)のメリット
2. 雇われない生き方(フリーランス)のデメリット
3. フリーランスエンジニアとして働くには

1. 雇われない生き方(フリーランス)のメリット

フリーランスには、働き方の自由度が高い、収入アップを図りやすいといったメリットがあります。

作業場所・時間に融通が利く

会社員の場合、所定労働時間や勤務場所は会社の就業規則に従うことになります。

一方フリーランスの場合、在宅型案件であれば作業場所・時間を自分で決めることが可能です。働き方の自由度が高いのは、「通勤のストレスをなくしたい」「プライベートを考慮して働きたい」といった人に大きなメリットとなるでしょう。

なお、常駐型案件の場合は業務を行う場所・時間に制約が生じることもありますが、プライベートとのメリハリをつけやすい、プロジェクトメンバーから刺激を受けられるのでモチベーションを維持しやすいといったメリットがあります。

案件を自由に選べる

会社員の場合、ときには希望と違う仕事に携わることがあるかもしれません。

フリーランスは基本的に案件を自由に選べるため、「スキルアップする」「実績を積む」といった目的を実現しやすいでしょう。

なお、案件の選択肢を増やすのであれば、常駐型を検討することをおすすめします。企業側はセキュリティ対策などの事情から、在宅型よりも常駐型を希望する傾向があるからです。

スキル・経験があれば収入アップを図りやすい

会社員は毎月一定の給与をもらえますが、その分短期間で大幅に収入アップすることは少ないでしょう。

フリーランスは案件ごとに単価が異なり、取り組んだ分だけ報酬を得られるのが特徴。より単価が高い案件を受注したり、一つひとつの案件を効率的に進めたりすることで、収入アップを図れると考えられます。

2. 雇われない生き方(フリーランス)のデメリット

フリーランスには、収入が不安定、確定申告する必要がある、自己管理に注意しなければならないといったデメリットもあります。

収入が不安定

先述のとおり、会社員は基本的に毎月一定の給与を受けとることができます。

フリーランスの場合、営業がスムーズに進まず案件を受注できないと、その分収入が減ってしまうでしょう。

フリーランスとして案件を受注する際は、自分のスキル・実績をアピールする必要があります。基本的にはクライアントと一から信頼関係を築くことになるので、自分のスキル・強みを的確に把握し、言語化できるように準備しておくことが大切です。

なお、自分で営業することに不安がある人は、後述するフリーランス専門のエージェントを活用するのも一つの方法。営業活動を代行してもらうことで業務に専念しやすくなるほか、発注者側のニーズに沿ったアピールをしてもらうことで、自分のスキル・希望に合う案件を受注しやすくなると考えられます。

確定申告する必要がある

会社員の場合、原則として確定申告する必要はありません。というのも、会社側が確定申告の代わりともいえる年末調整を行っているからです。

そもそも年末調整や確定申告は、所得税・復興特別所得税(以下:所得税)の過不足を精算する手続きを指します。

源泉徴収の対象となる給与・報酬を受けとる際は所得税が差し引かれますが、このときの所得税はあくまで概算であり、正確な金額ではありません。そのため1年間の所得が確定した際に改めて所得税の金額を算出し、不足分を納めることになります。

先述のとおり、会社員の場合は原則として会社側が年末調整を行いますが、フリーランスの場合は自分で1年間の所得に対する所得税を算出し、必要事項を記入した確定申告書を税務署に提出する必要があります。

「確定申告ってなんだか難しそう…」と思う方もいるかもしれませんが、国税庁は特設サイトで確定申告書の作成・提出方法などを紹介しており、初めて確定申告する人向けのページも設けています。

また、税務署では電話による相談を受け付けているほか、確定申告期間中は税務署や指定会場で直接相談することも可能です。確定申告について疑問点があるときは、早めに相談してトラブルを防ぎましょう。

参考:平成30年分 確定申告特集 | 国税庁

自己管理に注意しなければならない

在宅型のフリーランスは作業の進め方の自由度が高い分、モチベーション管理やスケジュール調整に気をつけて業務を進める必要があります。

そのほか一人で作業を進める場合は孤独を感じやすく、「相談相手がいない…」といったことが起こりうるため、エンジニア向けの交流会に参加するなどして対策をとりましょう。

なお、企業に常駐して作業を進める常駐型案件であれば、業務とプライベートとのメリハリがつけやすくなるほか、プロジェクトメンバーに相談しながら業務を進めることができます。

参画先企業によっては社内勉強会があるため、その際は積極的に参加することでスキルアップを図れるでしょう。

3. フリーランスエンジニアとして働くには

フリーランスエンジニアとして案件を受注する際は、クラウドソーシングを使う、人脈を活用する、エージェントを利用するといった方法があります。

クラウドソーシングを使う

クラウドソーシングは、インターネット上で案件情報を確認したり希望に合う案件を受注したりできるサービスです。

フリーランスにとっては、複数の案件を比較した上で自分に合うものを選べる、インターネット上で発注者とやりとりできるといったメリットがあります。

クラウドソーシングで案件を受注する際に注意したいのが、業務内容が自分のスキルに見合うかをしっかり確認するということ。単価が高くて魅力的に思う案件でも、自分のスキルに比べてレベルが高すぎる場合は、作業時間が長くなって「割に合わない」「納期ギリギリになってしまった…」という状況になりかねません。

トラブルを防ぐためにも、具体的な作業内容や発注者のニーズをしっかり確認し、スケジュール管理に注意して計画的に受注することが大切です。

人脈を活用する

前職の同僚や知り合いなどから案件を受注するのも一つの方法。発注者側にとってはスキル・実績を知っている人なので依頼しやすい、受注者側にとっては案件について気軽に相談できるといったメリットがあります。

もし人脈に不安があるなら、エンジニア向けのセミナーや交流会に参加する、SNSで情報発信するといったことを実践すると良いでしょう。セミナーや交流会に参加したいときは、開催情報を公開しているWebサイトをこまめにチェックしてください。

なお、人脈を活用して案件を受注する際に気をつけたいのが、相手と親しい関係であっても業務内容や納期、報酬などを書面で確認するということ。口頭だけのやりとりで済ませてしまうと、後々「話が違う」とトラブルになる恐れがあるため、書面で契約を結ぶようにしてください。

エージェントを利用する

フリーランスがエージェントを利用すると、下記のメリットが得られます。

・自分のスキルや希望に合う案件を提案してもらえる
・継続的に案件を受注できるため、安定して収入を得られる
・営業や契約更新業務を代行してもらえる
・キャリアについて相談できる

クラウドソーシングや人脈を活用する際の大きな違いとして挙げられるのが、営業や契約更新業務を代行してもらえるという点。特にフリーランスを初めて間もない頃は「次の案件どうしよう…」といった悩みが生じるかもしれませんが、エージェントに受注関連の手続きを代行してもらうことで、安心して業務に取り組めるでしょう。

そのほかエージェントに登録すれば、「自分の市場価値がわからない」「キャリアの方向性が間違っていないか心配」といったキャリアについても相談できるのがメリットです。

※本記事は2019年7月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?