オンラインカウンセリング実施中

退職願の提出

会社を辞める際は「退職願」を会社に提出する必要があります。退職願が会社に受理されると、退職が成立するという仕組みです。
退職する際の書類には退職願のほかに「退職届」や「辞表」がありますが、会社員が退職の意思を示す場合は「退職願」を提出するのが正しいやり方。
フリーランスになるときは、退職願を書くことになる人が多いでしょう。退職願には書き方のマナーなど注意するべきポイントがありますので、下記解説で詳しく説明します。

フリーランスになれるか相談する

目次

退職願・退職届・辞表の違い
会社都合・自己都合での場合
退職願の書き方

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

退職願・退職届・辞表の違い

退職を希望する際には、まずは2ヶ月ほど前に上司に意思表示するのがマナーです。上司と退職期日を相談し「退職願」を会社側へ提出します。それが会社側に受理された段階で労働契約が終了し、退職となります。

退職願とは?

退職願とは、フリーランスへ転向する方などが退職する意向を会社側に伝えるために提出する書類です。一般的に、会社側に提出するのは表題を「退職願」と表記したものが正式で、「退職届」や「辞表」とは表記しません。退職願は、上司に提出した時点ではまだ申し出をしている段階で、会社側が承認して受理するまでは撤回が可能です。

覚えておきたいのは、退職願を提出する前に、まずは退職する旨の意思を直属の上司に伝えることです。上司への意思表示は、引継ぎ期間を考慮して2ヶ月ほど前を目安にするとよいでしょう。

退職届とは?

退職の意思を撤回することが可能な退職願に対して、退職届は退職することに対し強固な意思を届け出るもので撤回はできません。退職届を提出し、受理された時点で労働契約の終了が成り立ち退職となります。

辞表とは?

辞表とは、取締役や常務などの役職に就き、会社運営に携わる使用者側が離職を申し出る際に提出する書類です。公務員の場合も辞表を提出します。民間企業の会社員の場合は、退職願か退職届を提出するのが一般的です。

関連記事:会社の退職手続き

フリーランスになれるか相談する

会社都合・自己都合での場合

退職理由が会社都合である場合と自己都合である場合とでは、提出する書類が違います。それぞれの場合の注意点を見てみましょう。

会社都合の退職の場合

会社の都合で退職せざるを得ない場合は、「退職届」を提出します。会社側の都合であっても「退職願」を提出すると、自己都合として処理されることもあるため注意しましょう。文面には必ず解雇された旨を記入しておく方が無難です。

自己都合の退職の場合

フリーランスとして活躍する意思が固まり、自己都合で退職する場合は退職願を提出しましょう。退職理由については、会社への不平不満を言及しない方が円満退社に繋がります。同じ業界内で今後関わりがあるかもしれませんので、内容には注意しましょう。

関連記事:会社を退職する際にやることまとめ

退職願の書き方

1行目の中央に「退職願」と表題を書きます。
一行スペースを空け、三行目の一番下に「私事」もしくは「私儀」と記入します。
退職理由は「一身上の都合」と記し、具体的な本来の理由を書く必要はありません。
一行スペースを空け、退職届を提出する日付を記入します。
所属部署名と自分の名前を記入し、捺印します。

宛名には会社の最高責任者の名前を明記し、「様」または「殿」を書き忘れないようにしましょう。

退職願はできるだけ手書きで書き上げ、一般的には縦書き便箋に万年筆やサインペンで記入します。
会社によってはテンプレートを用意しているところもあるので、社内規則を確認しておくとよいでしょう。
退職願は紛失をした際のリスク回避のために、コピーを取る癖をつけましょう。

退職願の封筒の書き方説明

退職願の場合、封筒は白地の縦長のものを使用します。

封筒の表の中央部分に表題の「退職願」と書きます。
封筒の裏には所属部署名と自分の氏名を記入します。
最後に誤字脱字がないかもう一度確認します。

関連記事:円満退社とは

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.