「JSTQB認定テスト技術者資格」「IT検証技術者認定試験」でスキルを証明しよう
テストエンジニアの資格について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

テストエンジニアには、「JSTQB認定テスト技術者資格」や「IT検証技術者認定試験」といった資格があります。両者共に取得しておけばテストエンジニアとしてのスキルを証明できる資格になりますので、是非取得することをおすすめいたします。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. テストエンジニアに役立つ資格
2. JSTQB認定テスト技術者資格の取得方法
3. IT検証技術者認定試験の取得方法
4. テストエンジニアに必要な資格以外のスキル

1. テストエンジニアに役立つ資格

テストエンジニアとしてキャリア開発を図る代表的な資格として、JSTQB認定テスト技術者資格とIT検証技術者認定試験の資格取得があります。

JSTQB認定テスト技術者資格とは、ソフトウェア技術者が高度なテスト技術を持ち合わせていることを認定する資格です。財団法人日本科学技術連盟が運営し、国際的な認定組織からなるISTQBが中心となって実施しています。世界でも通用する国際的な資格のため、ぜひ取得しておきたいところです。

IT検証技術者認定試験とは、IT検証産業協会によって実施されるテストエンジニアの試験です。ソフトウェアやシステム検証に関する知識試験だけでなく、テスト技術の実務試験も同時に行うのが特徴です。IVECが定めたキャリアレベルごとの試験に知識と技術の両方合格することで資格を取得できます。取得していると業界で高評価を得られる資格です。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

2. JSTQB認定テスト技術者資格の取得方法

JSTQB認定テスト技術者資格は、テストエンジニアの基礎知識の把握を問われるFoundation Levelと、より発展的なAdvanced Levelの2段階のレベルにより構成されています。

Advanced Levelはさらに3つの分類があり、テストマネージャー・テストアナリスト・テクニカルテストアナリストに分かれます。テストマネージャーは、テスト戦略を練り、利害関係を調整しながらテストを実行することを問われます。テストアナリストはテスト戦略をテスト実行の段階に展開する、テスト戦略における分析を行うことを、テクニカルテストアナリストは、テスト品質のレベル・パフォーマンス・品質特性などを分析することを求められます。

テストエンジニアの資格であるJSTQB認定テスト技術者資格の概要は、次の通りです。

 
試験実施日 年2回 春と夏
試験時間 60分(Foundation Level) 180分(Advanced Level)
問題形式 多肢選択式

3. IT検証技術者認定試験の取得方法

IT検証技術者認定試験は、知識試験と実務試験により構成され、その両方に合格することで資格を得ることが出来ます。

知識試験はテスト作業中に予想されるさまざまなシチュエーションに対して正しく対応できる知見を持っているかが問われます。実務試験は、知識試験の後、実務に即したトレーニングと修了試験が行われます。テスト工程においてテストの進め方やインシデント管理など、実務作業がメインの試験内容です。知識試験を受けていなくても、実務試験を受験する事は可能です。

また、資格のレベルは大きく分けてエントリーレベル、ミドルレベル、ハイレベルの3段階あり、細かく分けるとレベル1からレベル7までの7段階あります。エントリーレベルではテストの実行能力を、ミドルレベルではテストの設計能力を、ハイレベルではテストのプロジェクトマネジメント能力を求められます。

 
試験実施日 年2回 春と夏
試験時間 60~120分(知識試験) ※レベルにより異なります 180分(実務試験)
問題形式 多肢選択式(知識試験) 記述式(実務試験)

4. テストエンジニアに必要な資格以外のスキル

テストエンジニアに必要なスキルは、「製品に対する理解力と発想力」「分析力」「モノ作り意識」です。

テストエンジニアは、世の中に出回る前の製品に対して幾度となくテストを行い、バグ探しを行います。正常に作動するかを検証するためには、まずは製品のマニュアルを熟知しておくことや、全ての機能を把握しておく「理解力」が必要です。ユーザーによっては予測していない操作を行う可能性もあるため、あらゆる方向性を示唆する「発想力」も求められます。また、デバック作業において不具合が検出された場合は、手順を踏んで網羅した検証を行い、記録を確実にとっておくことで流出原因を探らなければいけません。テストケースを作成し、不具合の経路を見極める「分析力」も重要なスキルの1つだと言えるでしょう。

そして、テストエンジニアも開発者と同じモノ作りの一員であるという「モノ作り意識」を持って作業を行うことが大切です。いずれ世の中に出る製品に対して愛着がわき、ユーザーが使いやすい製品を作ろうという意識が高まります。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?