あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

併せて考えたい定年後
プログラマ35歳定年説は本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

世間でよく言われる「プログラマ35歳定年説」。実際には35歳を超えても活躍しているプログラマの方が多くいますが、気にする方も多いテーマです。また、かつては60歳で定年退職するというのが一般的でしたが、近年では60歳以降も働き続けるケースが増えており、「定年後」も併せて考えておきたい事柄としてあります。

プログラマー案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

プログラマ35歳定年説とは
定年後を見据えて

プログラマ35歳定年説とは

プログラマ35歳定年説の理由には諸説ありますが、その中の例を挙げると「任される仕事が多くなり、スキルアップのために学ぶ時間が確保できなくなる」「ちょうど管理職にステップアップする時期である」といったものがあります。しかし実際には、35歳を超えてもプログラマとして活躍している方も当然いらっしゃるため、字義通りの定年とはなりません。

エンジニアとして活躍し続けるために鍵となるのは、年齢ではなくスキルや実績。単にプログラミング言語の知識を増やすだけではなく、クライアントの立場に立ったアプローチをしていくことも重要です。また、プロジェクトの全体像を把握して課題を解決するスキルも必要になるということを留意しましょう。

関連記事:プログラマーの将来性について

プログラマー案件を提案してもらう

定年後を見据えて

キャリアプランを考える上で「プログラマ35歳定年説」を意識する方は少なくないですが、昨今では「定年後」も見据えておきたいポイントです。多くの企業が60歳を定年としていますが、年金を受給する65歳まで(2019年6月時点)には5年のブランクがあります。

また、平均寿命も平成2年時点では「男性 : 75.92歳、女性 : 81.90歳」だったのが、平成29年では「男性:81.09歳、女性:87.26歳」(厚生労働省「平成29年簡易生命表の概況」より)と年々長寿になっている傾向が見られます。こうした事情から、長い老後に備えるために定年後も働くのが当たり前になりつつあります。

IPA(情報処理推進機構)の2017~2019年のIT人材白書によると、「シニア人材」(定年後の再雇用者や正社員以外も含む)を雇用している企業の割合は下記のとおりです。

・2017年:34.7%
・2018年:40.9%
・2019年:46.1%

IT企業においてシニア人材の採用は年々増加しているほか、同調査では労働力人口に占める65歳以上の割合も年々上がっていることがわかっています。そのためプログラマの方が今後のキャリアについて考える際は、定年退職後も見据えると良いでしょう。

定年後を考える際に留意しておきたいのが、企業側がIT人材の高齢化に対してどのような課題を抱えているかということ。2017年のIT人材白書では、企業側が最も懸念しているのは「新しいIT技術への対応の遅れ」という結果になっています。

一方で、経済産業省の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」(2017年)によると、年齢別の最高年収達成要因として20代・30代は技術力、40代・50代はマネジメント能力が高い割合を占めています。



※出典 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」P. 18より加工して抜粋

これらの結果を踏まえると、年齢が上がっても新しい技術へのキャッチアップは欠かせないといえます。その上で、技術力を尖らせ続けていくのか、マネジメントをはじめとする技術力以外のところにも強みを持たせていくのかは、キャリアプランとして常に考えておく必要がありそうです。

参考:
独立行政法人情報処理推進機構「IT人材白書2017」
独立行政法人情報処理推進機構「IT人材白書2018」
独立行政法人情報処理推進機構「IT人材白書2019」

関連記事:プログラマのキャリアパス・キャリアプラン

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

プログラマー案件を提案してもらう

■求人・案件をお探しの方へ
プログラマー(PG)の求人・案件
東京エリアでのプログラマー(PG)の求人・案件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとプログラマー(PG)の案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.