あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

ITエンジニアの職位の種類や収入傾向について解説
管理系の職位を目指すべきか?ITエンジニアのキャリアパスを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

ITエンジニアのキャリアパスは、プログラマーからスタートし、いずれは管理に携わるプロジェクトマネージャーになるというのが一般的でした。しかしながら最近では、専門的な技術を活かしてキャリアアップできるケースも見られるようになっています。

この記事では、従来の職位観と近年のキャリアパス多様化について触れつつ、職位による収入傾向についても言及。「本当は自分の好きな作業を続けていきたいけれど、高収入を得やすい管理系の職位に就いた方が良いのではないか」とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

ITエンジニアの職位について
職位による収入の傾向

ITエンジニアの職位について

本項ではITエンジニアの従来のキャリアパスを確認するとともに、役割の違いからも職位について考えていきます。

従来のキャリアパスとその多様化

ITエンジニアの従来のキャリアパスは、次のような段階を踏んでいくというものでした。

プログラマー→システムエンジニア→プロジェクトリーダー→プロジェクトマネージャー

設計書に基づいてプログラムを組むプログラマーからキャリアを開始し、最終的にプロジェクト管理を担うプロジェクトマネージャーになるという道筋です。このキャリアパスには、職位が上がるにつれて作業に管理の占める割合が多くなり、プログラミングから離れていくという特徴があります。

しかしながら近年は、その傾向に少しずつ変化が見られるようになってきました。職位の細分化に伴い、キャリアパスが以前と比べて多様化してきたのです。マネジメントに進む流れから離れ、自らの専門性を活かせる職位を選択する人も出てくるようになりました。役割の違いによる職位例については、下記を参照してください。

役割の違いから職位を考える

ここでは、管理がメインになるか・専門性に重点が置かれるかという視点から職位を考えます。それぞれの職位の例を見ていきましょう。

管理系の職位

どちらかというと管理寄りとされる職位には、プロジェクトマネージャーやITコンサルタントがあります。プロジェクトマネージャーはプロジェクト管理に関係する一連の作業、すなわちプロジェクトの規模・予算・メンバー等の選定、クライアントとの折衝、進捗管理、スケジュール調整などに携わる職位です。

ITコンサルタントは、クライアントに対してヒアリングや提案を行い、経営課題の解決を図る役割を担います。課題解決のためのプロジェクトでは、必要な人員を揃えた上で進捗管理や品質管理といったマネジメントにも関わります。プロジェクトマネージャー同様、多くの人をまとめ上げるリーダーシップが求められるでしょう。

専門的な職位

専門的な職位の例としては、ITアーキテクトが挙げられます。経営戦略に即したシステムの設計図を作るのがITアーキテクトの役割であり、その設計内容(ユーザーにとっての使い勝手の良さを追及する、企業間のシステム連携を図る、インフラを扱うなど)により個々の専門分野が細かく分けられることがあります。

それ以外には、ネットワークやデータベース、セキュリティといった各要素を扱うことに特化した人たちも。こうしたエンジニアは、しばしばITスペシャリスト(IT技術スペシャリスト)と呼ばれることもあります。分野ごとの専門知識とスキルを活用し、技術面での支援や課題解決、運用・保守などに従事するのがITスペシャリストの役目です。

職位を考える上での注意点

これまでに紹介してきた職位の名称・区分等は、あくまでも一例です。職位観や職位ごとの担当領域については、企業や個人により見解が異なるケースが散見されます。これまでに述べてきた事柄がすべての企業・プロジェクトに当てはまるとは限らないということは、常に念頭に置いておきましょう。

自分に合う案件を提案してもらう

職位による収入の傾向

収入面に目を向けてみると、管理系の職位の方がITアーキテクト・ITスペシャリストと比べて年収が高い傾向にあります(経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」平成29年8月21日)。もし年収アップを狙うのであれば、マネジメント方面を志すことが方法の一つつとなり得ます。

※参考:経済産業省のホームページ「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」

とはいえ企業の中には、専門的技術を重視したキャリアパスを用意しているところもあるようです。そうした企業であれば、能力次第で管理側と同等かそれ以上の待遇を受けられる可能性があるので、専門性を極めつつ高収入を目指したい方はこの方法を選ぶのも得策と考えられるでしょう。
専門的な職位で
も高い年収を得られる道があるとすれば、最終的に管理系の職位を目指すかどうかは本人の希望や適性次第であるといえます。

これまでのあなたのキャリアや習得してきたスキルを振り返り、その上で今後どのような作業に携わることを望んでいるかをじっくりと考えてみてはいかがでしょうか。また、開発に専念しながら年収アップしたいという方には、フリーランスに転向するという手もあります。

※本記事は令和元年6月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.